イヤホンが耳から外れる場合の対策を紹介|外れにくいイヤホンおすすめ3選も

私生活でイヤホンは欠かせないアイテムになっている方も多いです。よく聞く悩みは「イヤホンが耳から外れる」こと。誰しも1度は、イヤホンが耳から外れた経験があると思います。そこで本記事では、イヤホンが耳から外れる原因や対処法、外れにくいイヤホン3選をご紹介します。

2021/11/15 更新

イヤホンは通勤・通学中や作業中など、日々の生活で欠かせないアイテムです。しかし、「新しく買ったイヤホンが耳から外れやすい」「だんだん外れやすくなった」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

イヤホンが外れるのは、自分の耳の形が原因だと思っている方もいますが、イヤホンの形やイヤーピースが合わない・そもそも付け方が違っているなど原因はさまざまです。自分にぴったり合うイヤホンを見つけたいですよね。

 

そこで本記事では、イヤホンが耳から外れる原因や、購入する前にできる対処法を解説します。耳から外れにくいイヤホンおすすめ3選もご紹介するので、イヤホンのフィット感にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!耳から外れにくいイヤホンおすすめ3選

イヤホンが耳から外れる原因はさまざまです。耳の形が原因の場合もありますが、中には自分で改善できる原因もあります

 

 

1つずつ解説するので、自分のイヤホンが耳に合わないと感じている方は参考にしてください。

イヤホンのサイズが合っていない

イヤホンが耳から外れる原因の1つは、イヤホンのサイズが自分の耳に合っていないことです。家電量販店で購入する場合は商品の試着ができるので、購入前に必ず試着しましょう。

 

インターネット通販で購入する方は、イヤーチップの取り替えが可能なカナル型イヤホンを選ぶと間違いが少なく済みます。また、返品が可能かどうかも確認しておけば自分の耳の形に合わなかった場合も安心です。

イヤホンの型が合っていない

イヤホンの型が自分の耳に合っていないことも外れる原因です。完全ワイヤレスイヤホンは機種によってイヤホン本体の形が違うため、自分の耳の形に合うものを探すことが重要。家電量販店で試着ができる際は、耳にフィットする形ものかどうかも意識しましょう。

 

また、イヤホンには大きく分けて以下の3つの型があります。

 

  • カナル型
  • インナーイヤー型
  • 耳掛け型

 

カナル型は、シリコンのイヤーピースが付いているタイプで、イヤーピースを付け替えることによってサイズ調整ができます。インナーイヤー型は、サイズ調整ができないため、あまりおすすめできません。

 

耳掛け型イヤホンは、耳にイヤーフックをかけることで外れにくくする仕組みです。どのイヤホンでも耳から外れる方は、耳掛け型イヤホンを購入するのがおすすめです。

そもそも付け方を間違っている

イヤホンの正しい付け方を知っている人は少なく、なんとなく付けている方が多いです。例えば、コード付きイヤホンの正しい付け方は「SHURE(シュア)掛け」といわれています。そのまま耳に付けるのではなく、イヤホンのコードを耳の裏を通して耳の上からイヤホンを持ってきて付ける方法です。

 

シュア掛けは、重力によってコードが下に引っ張られることがありません。間違った付け方ではコードが重力によって下に引っ張られるため、耳から外れやすくなります。ただし、iPhoneに付属しているEarPodsはシュア掛けができません。シュア掛けをすると左右逆に装着する必要があり、立体的な音を聞く際に違和感があります。

 

さらにイヤホンが外れにくくなる方法を、以下でイヤホンの型別に詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

【インナーイヤー向け】スタビライザーを付ける

インナーイヤー型のイヤホンの場合、スタビライザーを付けるのがおすすめです。スタビライザーはシリコン素材のパーツで、耳甲介と呼ばれる、耳孔の横から上にかけてある溝のような部分に沿う形に作られています。耳の内側からイヤホンを支えるため、シュア掛けと併用すればイヤホンをしっかり固定できます。

 

スタビライザーはウィングチップとも呼ばれています。耳のサイズに合わせて変えられるよう、2~3種類のサイズがセットになっているモデルが多く、値段は300円~1,000円程度と安価で気軽に購入できるのがメリットです。人気なイヤホンには専用のスタビライザーもあるため、自分のイヤホンに合うスタビライザーを検索しましょう。

【カナル型向け】イヤーピースを交換する

カナル型の場合はイヤホン先端についているイヤーピースを自分に合うサイズに交換するのがおすすめです。カナル型は耳の奥までイヤホンを入れるため、イヤーピースがフィットしているだけで落ちにくくなります。サイズ違いのイヤーピースが付属しているはずなので、まずは付属品を使ってサイズを変えましょう。

 

付属品を全部試しても外れやすいは、別売りのイヤーピースを購入するのがおすすめです。イヤーピースを購入する際は素材に注目しましょう。具体的に素材ごとにどのような特徴があるか紹介します。

 

素材 メリット デメリット
シリコン素材
  • イヤホンに付属している場合が多い
  • モデルの数が多い
  • 水洗い可能
  • 遮音性が低く、周りの音が気になる
  • フィット感がよくない
低反発素材・ウレタン素材
  • 遮音性が高い
  • 耳にフィットしやすい
  • 耳が痛くなりにくい
  • 耐久性が低いため、定期的な交換が必要
  • 水洗い不可で、手入れがしにくい

ここでまで、イヤホンが耳から外れる原因についてまとめました。しかし、これからイヤホンを購入するなら、そもそも外れにくいイヤホンを購入するのがおすすめです。 どうすれば外れにくいイヤホンを見つけられるか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

レビューをしっかり確認

昔からある製品ならあまり確認しなくても情報が溢れているのでいいのですが、新しい製品では情報があまり出ていないので注意が必要です。Amazonや楽天で購入するなら商品ページにレビューが載っているので確認しましょう。

 

Amazonだけでなく、個人でレビューを発信している人の情報を確認するのも大切です。実際の使用感やリアルな声を聞けます。最近ではYoutubeやブログなどで情報発信をしている人も増えているので、SNSやネットで調べるのもおすすめです。

試着する

続いて初歩的な方法ですが、試着をするのも大切です。実際に耳に付けないとわからないことも多いので、試着できる場合は必ず試着してフィット感を確かめましょう。大半の製品は通販だけではなく、実際の店舗にも在庫があるので家から近い店舗に行くのがおすすめです。

audio-techinca(オーディオテクニカ)

ハイブリッド型カナルイヤホン ATH-IEX1

価格:100,800円 (税込)

カスタムイヤホンのような装着感のイヤホン

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤホンの王道といえばオーディオテクニカ。値段は高いですが、ハイレゾ対応で高性能です。調節可能なイヤーピースと2ポジションポストによって、既製品ながらカスタム品のようなフィット感を体感できるアイテムです。独自技術によりノイズの少ないケーブルを使用しているので、より上質な体験ができます。カスタムイヤホンのような装着感を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー audio-techinca(オーディオテクニカ) 商品名 ハイブリッド型カナルイヤホン ATH-IEX1
タイプ カナル型 装着方式 両耳
プラグ形状 ミニプラグ/4.4mmバランス コード長 1.2 m
その多機能 ハイレゾ・リケーブル
Victor(日本ビクター)

Victor WOOD HA-FW1500

価格:49,780円 (税込)

立体感のあるクリアな音を楽しめるイヤホン

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼の高い日本ブランド、Victorのイヤホン。左右で分離した高性能なケーブルを使用している為、立体感のあるクリアな音を楽しめます。スパイラルドット(プラス)イヤーピースは装着感がよく、サウンドもクリアなのが特徴です。サイズはS・MS・M・ML・Lの4種類が付属しています。価格は比較的高めですが、高級感のあるキャリングケースやハイレゾ対応など、価格分の価値はあるイヤホンです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー Victor(日本ビクター) 商品名 Victor WOOD HA-FW1500
タイプ カナル型 装着方式 両耳
プラグ形状 ミニプラグ コード長 1.2 m
その他機能 ハイレゾ・リケーブル
シュア

SE215 SPECIAL EDITION

価格:12,600円 (税込)

クリアで迫力のあるサウンドが特徴のイヤホン

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「SHURE掛け」の由来ともなっているブランド、SHUREのイヤホンです。クリアで迫力のあるサウンドが特徴。着用方法によってフィット感に違いが出ないように、イヤホンの着用部分とケーブル部分が着脱できます。1万円前後で購入できるコスパの高さも魅力です。ホワイト・ブルーの2色展開で、クリアとブラックはスペシャルエディションではないので購入する際は注意しましょう。

 

スペック詳細はこちら

メーカー SHURE(シュア) 商品名 SE215 Special Edition ホワイト・ブルー
タイプ カナル型 装着方式 両耳
プラグ形状 ミニプラグ コード長 1.16 m
その他機能 リケーブル

既製品で自分に合うものを見つけられない場合、自分だけのカスタムアイテムを作ることもおすすめです。カスタムイヤホンは、自分に完璧にフィットするイヤホンを手に入れられるうえ、既製品にはないオリジナルデザインを選択できます

 

デメリットは、既製品に比べ値段が高い点。また、完璧にフィットするとはいえ、むくみや体調変化によってフィット感が変わる場合もあります。ただ、カスタムイヤホンは既製品よりも満足度は高いため、予算と相談して挑戦してください。

ここまで、イヤホンが外れる原因や、外れにくいイヤホンを紹介しました。イヤホンは、選び方や付け方次第で自分の耳に完全にフィットさせられます。カスタムして究極のイヤホンを作るのもおすすめです。本記事を参考にして自分に合ったイヤホンを見つけましょう。

# おすすめ