エプソン EH-TW650 プロジェクター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥119,800
エプソン EH-TW650 プロジェクター機の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、エプソン EH-TW650 プロジェクターがどんな人におすすめなのかを評価しました

2022/01/26 更新

EH-TW650の基本スペック

タイプ 液晶フロントタイプ コントラスト比 15
パネルサイズ【インチ】 0.6 インチ

EH-TW650のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

エプソン EH-TW650の商品情報

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター 3100ルーメン 15000:1 1080P フルHD 無線LAN内蔵 EH-TW650

価格:91,269円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー エプソン(EPSON) 商品名 ホームプロジェクター dreamio EH-TW650
用途 家庭用 パネルタイプ 0.61型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル
最大輝度 3,100lm アスペクト比 16:9
映像入力端子 ミニD-Sub15pin、HDMI®×2(1つはMHL対応)、1RCA サイズ 幅302mm×奥行249mm×高さ87mm
重量 約2.7kg 60インチワイド(投影距離) 135cm~165cm
80インチワイド(投影距離) 181cm~219cm 100インチワイド(投影距離) 227cm~275cm

エプソン EH-TW650の交換用ランプ

エプソン

エプソン ELPLP96 交換用ランプ

価格:9,255円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW650の交換用ランプです。使用時間が最短で約3900時間を経過したとき、交換の時期を迎えます。1日2時間程度の利用で5年ほど使える計算です。

 

交換時期がくれば投写開始時にメッセージが表示されます。ランプが破裂する危険もありますので、メッセージが表示されたら速やかに交換しましょう!

エプソン EH-TW650の天吊り金具

エプソン

EPSON 天吊金具 ELPMB23 EB-1735W/1730W/1725/1720/W6/X6 EMP-1825/1810/1715/1710/823/400W用

価格:21,182円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW650には純正の天吊り金具があります。おおむね見栄えもよくしっかり設置でき、設置後に多少の調整も可能であるようです。天井の高さが合わない場合や梁が邪魔なときは、天吊り用追加パイプにも純正品があります。

エプソン EH-TW650のおすすめポイント

明るい場所でもしっかり高画質な大画面

EH-TW650はフルHD液晶パネルを採用。また、3100ルーメンの明るさで、部屋を真っ暗にしなくてもしっかりと投写でき、フルHDの美しい画面を鑑賞することができます。

 

また、コンテンツや部屋の環境によって選べる4つのカラーモードを搭載。用途別に最適な映像を楽しむことができます。

 

 

狭い場所でもOK!設置性に優れる

設置個所を選ばないのも魅力の一つです。投写距離約2.3m、6畳間ほどの空間でも使うことができます。また、狭い部屋でまっすぐ投写できる場所に設置できなくても大丈夫。斜め横から投写した際の台形ゆがみもレバーで直感的に補正が可能です。

 

また、約2.7kgと軽量・小型なフォルムのため、家庭内だけでなくパーティールームなどの外出先にも手軽に持ち運ぶことができます。

様々な機器と連携して動画配信サービスも楽しめる

EH-TW650は動画配信サービスに対応。Apple TV、Amazon Fire TVなどのメディア端末やスマートフォンで視聴している動画を大画面で楽しむことができます。また、MHL、HDMI端子を搭載し、テレビ、ブルーレイやゲーム機と接続することができます。

 

さらに無線LANにも対応していますので、アプリ経由でコンピューターの写真やドキュメントをプロジェクターから投写できます。 

エプソン EH-TW650の悪い点をレビュー

排熱が多く、ファンもうるさい

明るく投影するモードでは排熱が多くファンの音がうるさい、部屋が暑くなるという口コミがありました。ファンの音については複数の口コミがありましたが、大音量で視聴する方であればスピーカーからの音でファンの音はかき消されるため気にならないという方もいました。少し大きめな音ですが、プロジェクターとしては許容範囲なようです。

スピーカーの音質が良くない

EH-TW650に搭載されているスピーカーは2Wのものがひとつと、映像の美しさと比べると貧弱です。音が良くないという口コミも複数寄せられていました。

 

ホームシアターを楽しむ方であればもともとスピーカーやウーファーなど環境を整えられているかもしれませんが、そうでない方は外部スピーカーやヘッドフォンが欲しくなりそうです。

投写距離が短い

投写距離は短めで範囲も狭く、100インチのスクリーンで227~275cmと公式にある通り、3メートル程度の位置からだとスクリーンから大きくはみ出してしまいます。ただし、メニューからの調整で3メートルの位置から100インチのスクリーンへ投写できたという方もいました。

Bluethooth機能がない

EH-TW650は無線LAN、ミニD-Sub、HDMI、RCAでの接続に対応しています。Bluetooth接続には対応していませんので注意が必要です。

 

最近の機器にはBluetooth接続のみのものもありますし、普段使用している機器との接続が可能か事前に確認したうえで選んでいきましょう。

エプソン EH-TW650の良い点をレビュー

激しい動きも再現できる

スポーツ映像やゲームを大画面で楽しみたい方にも、満足のいく応答性であるようです。ゲーム画面を投影して遊んでも特にストレスは感じなかったという声がありました。

 

大きな画面でゲームやスポーツの迫力ある映像を楽しむのは、映画とはまた違った臨場感で盛り上がれそうですね!

フルハイビジョン映像に対応

80インチ、100インチの画面に投影するならフルHD以上でないと画質の粗さが目につきますが、EH-TW650はその点しっかり対応しています。ハイクラスの製品に慣れた目の肥えた方でなければ、十分きめ細かなきれいな映像を鑑賞できると高い評価を得ていました。

狭い部屋でも問題なく使える

投写距離が短めであるのは短所ですが、その分狭い部屋にも対応しています。公式でうたわれている通り狭い部屋で使用しても大画面で投影でき、また横から投影した際の台形補正もスムーズに行えると喜ばれていました。ただし、上下の調整はできないので設置時注意が必要です。

コストパフォーマンス良好!

10万円を切る価格でこの性能が手に入ると、喜びの声が多く見られました。また、海外メーカーにはもっと安いフルHDプロジェクターもありますが映像の美しさや使いやすさがかなり違うようで、このぐらいのクラスにはしないと満足感が得られないという声もありました。手ごろな入門機としては間違いない機種であるようです!

エプソン EH-TW650の口コミを集めました

シネマモードだと非常に静かだが、ブライトシネマやダイナミックといったモードにするとファンが結構な音になる

出典:https://www.biccamera.com

画面の明るいモードではファンの音が大きくなるようです。大音量で映画などを視聴していればかき消されてしまいますが、映像だけを流す場合や静かなシーンでは気になるかもしれません。

音声以外は全て満足できる商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロジェクター内臓のスピーカーは低評価でした。音質も悪く、音量も出ないようですので、あまりあてにできません。外部スピーカーやヘッドフォンの導入を検討したほうが良いでしょう。

スクリーンを100インチにして大体三メートル以内に固定といった距離感が限界でそれ以上放すと、スクリーンのサイズが足りません。

出典:https://review.kakaku.com

投写距離に関する口コミです。EH-TW650は焦点距離が短めで、レンズだけでの調節だと遠くから投射しようとするとすぐにはみ出してしまいます。設置位置とスクリーンのサイズは考えておく必要があります。

あとブルーツゥース機能がないしスピーカーとの相互性が低いです

出典:https://www.amazon.co.jp

Bluetooth接続が使えないのは、普段使っている人からすると致命的です。ほかに接続したい機器に対応しているかは大変重要な点です。

最近はみんなでゲームをするのに使っています。 応答速度も一般的なswitchのソフトでは問題無いかと

出典:https://www.yodobashi.com

大画面でゲームを楽しんでいる方からの口コミです。激しい映像でも問題なく、ストレスなく遊んでいらっしゃるようですね!色々な使い方が広がりそうです。

明るすぎて光源を直視できないぐらいなので、カーテン不要で昼間でも映画見れます。

出典:https://review.kakaku.com

なんと、昼間でもカーテン不要だったという声もありました。遮光カーテンなどの設備のない、一般の家庭での使用には嬉しいですね!もちろん天候にもよるのでしょうが、多彩な環境下で使用できます。

10万円以下でフルハイビジョンのプロジェクターを探していてこれにしました。画質、使いやすさともに大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

画質についても、フルHD対応で十分に美しく満足だという声が寄せられていました。ブルーレイを鑑賞する場合でも、フルHDであればきめ細かい映像を堪能することができます。

六畳3.5mの距離で映写して、110インチスクリーンでもしっかり鑑賞できると思います。

出典:https://www.yodobashi.com

実際に6畳の部屋で使用している方からの口コミです。狭い部屋だとあきらめがちになる大画面を実現されています。ただし置きたい場所と映したい場所の距離はしっかり確認を!

ホームプロジェクターの中では、安価でほしい機能は搭載してとても満足してます。

出典:https://www.biccamera.com

コストパフォーマンスに優れ、満足しているという口コミも多かったです。高画質な大画面テレビを購入しようとすると非常に高価ですが、プロジェクターならスクリーンと合わせても10万円台前半で環境を整えることができます。

EH-TW650とEH-TW5650の違い

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター 2500ルーメン 60000:1 1080P フルHD 無線LAN内蔵 EH-TW5650

価格:118,764円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW5650はエントリー機種であるEH-TW650の1ランク上のモデルです。位置づけとしてはホームシアター用プロジェクターのエントリー機種ですが、EH-TW650よりも画質と設置性を向上させたモデルで、コストパフォーマンスに優れると評価されています。

 

具体的な違いを見ていきましょう。まず、外観の色はどちらも白で、デザインも同じような印象ですが、サイズはEH-TW5650のほうが一回り大きいです。重さもEH-TW5650は約3.5kgと、約2.7kgのEH-TW650よりも重くなっています。

 

サイズは大きいですが、EH-TW5650にはEH-TW650にはないレンズシフト機能があり、投写距離も許容範囲が大きいです。家庭でどうしても棚などに設置して使用しなければならない際、スクリーンとの高さが合わない場合やうまくピントが合わず頭を悩ませることがありますが、よほど設置場所が小さいのでなければ、EH-TW5650のほうが設置が簡単でしょう。

 

次に、映像面の差です。解像度はどちらも同じですが、最大照度はEH-TW650は3100ルーメンに対しEH-TW5650は2500ルーメンとEH-TW650のほうが明るく、コントラストについてはEH-TW650の15000:1に対しEH-TW5650は60000:1と、EH-TW5650のほうがくっきりした映像を楽しめます。暗い場面の多い映画など視聴する場合には大きなの差が出てくるでしょう。

 

また、画質モードについてもEH-TW650は4モードであるのに対し、上位機種であるEH-TW5650は6モードと多彩な環境に対応しています。

 

その他、内臓スピーカーの性能やブルートゥース接続の有無において、EH-TW5650のほうが優れます。一方でRGB端子はEH-TW650にのみ用意されています。年代物のビデオカメラや骨董品のゲーム機などと接続して使う場合にはRGB接続が必須であるためEH-TW650を選択するべきです。どのような機器と組み合わせて使いたいかによっても機種選びは変わって決ます。

 

両者の価格差は約3万円程度です。入門機としてはEH-TW650でも十分な機能を果たしますが、明るい場所で使用したい場合や本体価格をとにかく抑えたい場合でなければ、EH-TW5650のほうが満足度は高いと思われます。

EH-TW650とEH-TW650Sの違い

エプソン

エプソン EH-TW650S dreamio ホームシアタープロジェクター

価格:99,999円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW650Sは、EH-TW650のスクリーン付属モデルです。プロジェクターとしてはEH-TW650と全く同じものです。セットスクリーンは80型です。

 

EH-TW650Sを選択すれば、ホームシアターを楽しみたいけれども写す場所がないというとき、スクリーンもセットで購入することができます。既にスクリーンを持っている人、白い壁で十分という人はスクリーンなしのEH-TW650を選びましょう

合わせてスクリーンの購入を検討している人はEH-TW650Sを検討してもよいかもしれません。

 

セットスクリーンについては三脚スタンド床置き式の80型(およそ177cm×100cm)です。高さは最大で184cm。床面からの高さ30~80cmで調整が可能です。

また、壁掛けにも対応していますが、吊り金具やワイヤーなどは別途市販品を用意する必要があります。スクリーンの重量(1.9kg)に耐えられるものを使用してください。ケースも付属します。

 

EH-TW650との価格差は現在10000円~20000円程度。スクリーンを別途購入する場合、約20000円~の買い物になるかと思います。どのような環境で使用したいか、この仕様で耐えられるのか、よく比較検討して選びましょう。

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター 3100ルーメン 15000:1 1080P フルHD 無線LAN内蔵 EH-TW650

価格:91,269円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エプソン EH-TW650 プロジェクターについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

EH-TW650はエプソンの家庭用プロジェクターのエントリーモデルであり、10万円を切る価格ながらフルハイビジョン対応・高輝度を実現し、薄暗い程度の明るさのもとでの使用や狭い部屋での使用も可能です。素早い動きにも対応でき、ゲームや映画の鑑賞にも十分です。小型・軽量であるために持ち運びもできます。

 

半面、スピーカーの性能はあまり良いとは言えませんので、気になる方は別途音響環境を整える必要があるでしょう。また、ブルートゥースに対応しませんので、お使いの機器が接続できるか予め確認しておきましょう。

 

総じてコストパフォーマンスに優れ、10万円以下で購入可能なプロジェクターとしては高い評価を得ています。ただし、あと数万円を上乗せすればさらに美しい映像を投写でき、利便性の高いモデルも購入できます。

 

どの程度の映像を求めるのか、どのような機器と組み合わせることを想定しているのか、予算上限をどこに設定するのかを吟味し、最適な機種を選んでください!