iPhoneでも大画面で!プロジェクターおすすめ10選!USB接続のメリットも解説

USB接続はプロジェクターとスマホやタブレット、パソコンなどのいろんなデバイスと可能です。しかし、どんなUSB接続プロジェクターがいいのか選び方に悩む方も多いでしょう。そんな方はプロジェクターの特徴や選び方、おすすめ商品などを詳しく説明するのでぜひ参考にしてください。

2021/11/11 更新

一般的なプロジェクターはHDMIやVGAといった映像出力ケーブルを用いることでPCやタブレットの映像を出力しますが、ケーブルをわざわざ買ったり信号を変換するアダプタがまた別途必要になったりと、タブレットやスマートフォンの接続にはちょっと面倒くさいです。

 

USB接続ができるプロジェクターならスマートフォンに付属しているUSBケーブルで映像を出力することができるほか、USBメモリーに入れた映像をそのまま流すこともできます。わざわざPCを用意する必要がないため手軽にプロジェクターを利用したい場合には非常におすすめです。

 

パソコンを持ち込めない場所や、気軽に映像の共有を行いたい時などにも使ことができるため、USB接続ができないプロジェクターとUSB接続ができるプロジェクターで悩むなら、USB接続ができる製品を買った方が何かと便利のためおすすめです。この記事で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ見る!USB接続できるプロジェクターの世の中ランキング10選
今すぐ見る!おすすめのデータ通信用USBケーブル6選

最初に、プロジェクターの接続方法についてご紹介します。接続方法としては、HDMIやUSB、Wi-Fiなどを使用した無線接続が可能です。それぞれ自分に合った接続方法を参考にしてください。

HDMI

一般的なプロジェクターで使用されているのがHDMIによる接続方法です。DVDプレーヤーやパソコンを接続して、音や映像を劣化させず美しい映像を出力することが可能です。

 

HDMI接続はデジタル音声と映像をケーブル1つで送ることができます。プロジェクターをパソコンに接続する場合は、ドライバをインストールする必要がなく、瞬時に映像の認識ができるので簡単です。パソコンによっては音声は設定で調整することもあるので覚えておきましょう。

VGA

以前は、VGA端子を使用する接続方法が主流でした。こちらは、アナログの映像信号の出力が可能です。現在でもVGA端子を搭載している古いパソコンを使用している方は、プロジェクターの接続に使用しています。

 

VGA接続では、VGAケーブルを使用しますが、音声が流れないので注意してください。そのためスピーカーが内蔵されているプロジェクターを選ぶか、別売の外部スピーカーを購入することになります。

無線接続

最近では、Wi-FiやBluetooth機能を搭載しているパソコンやスマホ、タブレットなどさまざまなデバイスで接続が可能です。

 

プロジェクターの使用頻度が高い方は、無線接続がおすすめです。ケーブル接続をせずに映画などを楽しむことができます。環境によっては、無線接続では映像や音声の遅延が発生することがあるので、ビジネスシーンなどではケーブルも用意しておくといいでしょう。

USB・SDカード接続

USB端子を搭載しているプロジェクターではパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットと接続できます。スマートフォンやタブレットは購入時に付属されているUSBケーブルで簡単に接続可能です。そのため、無駄なコストがかかりません

 

また、USBメモリやSDカードが使用できるプロジェクターは、保存されている映像や画像を、パソコン不要で投影できるのがおすすめです。以下の記事ではプロジェクターの接続端子について詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてください。

プロジェクターをUSB接続で使用する場合のメリットを説明します。スマートフォンやタブレット、パソコンなどと接続する際、それぞれどのようなメリットがあるのか参考にしてください。

スマートフォン・タブレットと接続

プロジェクターのUSB端子を使用して、スマートフォンやタブレットと接続するにはケーブルが1つあれば簡単です。しかし、プロジェクターにUSB端子がない場合は直接接続することができないので、スマートフォンやタブレット側のMicroUSB(Lightning)から変換させる必要があります。

 

プロジェクターにUSB端子がない場合は、androidやiPhoneに対応した変換アダプタを購入すれば接続可能です。androidスマホで接続する方は、USB Type-C(MicroUSB) HDMI変換アダプタで接続しましょう。

 

一方iPhoneの方は、Lightning-Digital AVアダプタでHDMIなどに変換して接続してください。また、USB端子を備えたプロジェクターは、スマートフォンへ給電できるモデルもあります。外出時に、充電器を持ち運ぶ必要もないため便利です。

PCと接続

プロジェクターとPCをUSB接続する場合は、USBケーブルを挿すだけなので、接続が簡単です。しかし、PCとUSB接続をする場合には、ドライバーをダウンロードしなくてはならないこともあります

 

プロジェクターを発売しているさまざまなメーカーの公式サイトなどで、ドライバーはダウンロード可能なので、必要に応じてダウンロードしてください。

 

また、PCの古さによっても、ドライバーが提供されていない場合があります。そのため、USB接続をしてもプロジェクターが使えないこともあるため、自分の使用しているPCでドライバーがダウンロードできるかチェックしてください。

USBメモリを使う

プロジェクターにUSB端子が備わっていれば、USBメモリに保存された映像や書類などを投影できます。友人や家族と思い出の画像を楽しんだり、仕事のプレゼンテーションで活用できるでしょう。

 

USBメモリとプロジェクターがあれば、スマートフォンやタブレット、パソコンなどが不要です。USBメモリを挿すだけなので使い勝手がいいでしょう。パソコンなどほかのデバイスが必要がないので場所を取らないこともおすすめです。

今すぐ見る!USB接続できるプロジェクターの世の中ランキング10選
今すぐ見る!おすすめのデータ通信用USBケーブル6選

USBケーブルの中でも、プロジェクターで映像を出力できないモデルもあります。給電するのみで急速充電ができるUSBケーブルが販売されており、映像は投影できないので注意が必要です。

 

映像や画像を投影したい方は、データ通信が可能なUSBケーブルを購入してください。USBケーブルの見た目だけでは、判断ができないので、説明書や箱に書いてある用途で選ぶといいでしょう。せっかくお金をかけるので、間違えないようにUSBケーブルを購入してください。

ここでは、USB接続に対応したプロジェクターが欲しい方が、悩みがちな選び方について説明します。映像の美しさを追求したい方には出力解像度や映像機能、パネルの種類などが基準になるので参考にしてください。

 

また、プロジェクターを持ち運びたい方はモバイルプロジェクターについての説明もしますので、ぜひ参考にしてください。

持ち運ぶならモバイルプロジェクターがおすすめ

USB接続に対応したモバイルプロジェクターは、ビジネスシーンや、プライベートでも屋外へ手軽に持ち運びが可能なプロジェクターです。近年モバイルプロジェクターは、さまざまなメーカーからコンパクトで軽量かつ、高性能なモデルが多く発売され、注目されています

 

USB接続に対応しているモバイルプロジェクターは、パソコンのほかに、iPhoneやandroidなどのスマートフォンやタブレットなど、それぞれの相性に合ったモデルを選ぶといいでしょう。以下の記事では、持ち運びに便利な小型プロジェクターを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

出力解像度で選ぶ

プロジェクターをより美しい映像や画像をご覧になりたい方は、出力解像度が高いモデルを選びましょう。出力解像度はプロジェクターが出力する解像度のことで、フルHDでは1920×1080と表現され、解像度が高いほど繊細で美しい映像が見れます

 

また、プロジェクターは用途や場所によっては、解像度が低いと見えなかったりするので、気をつけてください。プロジェクターは映像や画像を出力する機器で、WXGAやフルHDなどのさまざまな入力解像度に対応していることがおすすめです。

 

プロジェクターはUSBメモリなどかから読み込んだ映像を、出力可能な映像サイズに圧縮して出力します。なるべく入力解像度と出力解像度を同じに合わせることで、圧縮することなく、そのままの美しい映像を出力できます。解像度の高いプロジェクターをお探しの方は、ぜひ下記のリンクもご覧ください。

映像機能で選ぶ

プロジェクターの映像機能はモデルによってさまざまです。明るさを表す輝度や、コントラスト比、HDRなどの機能について詳しく説明するので、参考にしてみましょう。

輝度で選ぶ

プロジェクターの輝度とは明るさのことで、単位は「ルーメン」で表し、数値が大きいほど明るく投影されます。輝度はプロジェクターを選ぶ基準として重要なポイントで、部屋の環境やスクリーンなどによって、それぞれ数値が異なるので覚えておきましょう。

 

明るい部屋でビジネスのプレゼンなどをする場合は、2,500ルーメン以上の輝度が必要になります。家庭でも明るい部屋では、1,000~2,000ルーメン程度が基準になるでしょう。一方暗い部屋では、1,500ルーメン程度あれば明るさは問題ありません。

 

モバイルプロジェクターの輝度は、約100~300ルーメンが主流ですが、800ルーメンという明るいプロジェクターもあります。それぞれの用途によって輝度を確認してください。下記の記事ではルーメンについて詳しく解説しています。

コントラスト比で選ぶ

コントラスト比とは最も明るい白い部分と、最も暗い黒い部分の差のことです。コントラスト比の数値が高いと、明るい部分と暗い部分の差は大きくなり、くっきりと綺麗な映像が鑑賞できます

 

例えばコントラスト比が2000:1と1000:1を比べると、コントラスト比が高い2000:1の方が、明暗が分かりやすいメリハリのある映像になるのです。プロジェクターで映画鑑賞をする場合には、コントラスト比が高いモデルを選びましょう。コントラスト比について詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

HDRって何?

HDR(ハイダイナミックレンジ)は映像の暗い部分と明るい部分を、鮮やかに表現してくれる技術です。従来の技術であるSDR(スタンダードダイナミックレンジ)よりも、暗い部分の詳細や、本来の色彩をよりリアルに再現してくれます。

 

SDRでは、高輝度な映像は圧縮されて表現されていました。しかし、HDR10という標準規格によって従来より約100倍の明るさを捉えることで、肉眼で見たような世界を楽しむことができます。HDR対応プロジェクターは輝度にこだわる方におすすめです。

映像補正機能で選ぶ

プロジェクターからスクリーンへ投影する際、画面が台形に歪んでしまうことがあります。そのようなことを避けるためにも、補正機能があると便利でしょう。また、ピントが合わない場合はフォーカスレバーで調整してください。

 

プロジェクターは縦方向の台形に歪むことが多いので、多くのモデルに縦向きの台形補正が備わっています。正面からではなく、場所が取れなくて斜めから投影をする場合は、横向きの台形補正機能があれば便利です。

 

ただし、横方向の歪みはプロジェクター本体を手動で左右に回転させながら補正できるので、必須ではありません。メーカーによっては、縦・横どちらの歪みも自動補正してくれる機能が備わった、便利なモデルもあります。以下の記事では台形補正機能搭載のプロジェクターを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

パネルタイプで選ぶ

プロジェクターには投影方式がいくつかあります。ここでは3LCDやDLP、LCOSの3つの投影方式について詳しく説明するので、知っておくと役に立つでしょう。

3LCD

3LCD方式は古くからプロジェクターを使用している方には、多く知られている投影方式です。3LCD方式は、国内ではEPSONをはじめとしたメーカーが、多くの一般的消費者向けのプロジェクターに搭載しています。

 

3LCD方式はプロジェクターに内蔵されたランプの光を、赤・緑・青の光の三原色に分解して、液晶パネルに投影する仕組みです。明るい映像を鑑賞したい方にはおすすめで、明るいライトがある環境でも適しています

 

また、映像を再生中に、グラデーション(特に暗い部分)をリアルに再現できるのが、持ち味です。3LCD方式は、リーズナブルなモデルからスタンダードモデルまでさまざまなモデルに採用されています。手軽に購入できるプロジェクターもあるのが嬉しいポイントです。

DLP

DLP方式とは「デジタル・ライト・プロセッシング」の略称で、反射型の鏡を使用する投影方式です。コントラスの高い映像作品を鑑賞したい方におすすめです。落ち着きのある映像表現がご覧になれます。

 

リーズナブルなモデルからスタンダードなモデルまで、さまざまなモデルが発売されており、データ用からホームシアター用など、選択肢は豊富にあります。

 

DLP方式は、プロジェクター内部の部品が少ないために、本体を軽量かつコンパクトに仕上げることが可能です。そのために持ち運びに便利なモバイルプロジェクターや安価なモデルの多くが、DLP方式を採用しています。

LCOS

LOCS方式のプロジェクターは、コントラストと解像度が共に高く、優れた性能が持ち味です。高解像度で高コントラストのために、ホームシアター用や医療用などのハイエンドモデルに主に採用されています。比較的に高価なモデルが多いためハイエンドユーザー向けでしょう。

 

LOCS方式プロジェクター内部のランプの光を赤・緑・青に分解して、反射型液晶パネルで映像をつくり投影する方式です。また、本体内部の構造が複雑で、そのために本体が大きいサイズになってしまうので、置く場所を考慮して購入する必要があります。

USB接続できるプロジェクターの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 アンカー

Nebula Apollo

価格:39,999円 (税込)

最大4時間連続再生が可能なプロジェクター!初めての方にも◎

Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はDLPの先進的な投影技術で、明るく高画質な映像を大画面に映し出すことができるプロジェクターです。コンテンツを最大4時間連続再生することが可能なのも魅力の1つ。350mlのアルミ缶サイズで、持ち運びしやすいので移動も簡単にできます。

また、ボディがアルミ製なので耐久性に優れているのも嬉しいポイントです。高精細な映像をリビングや寝室で楽しむことができることに加えて、アウトドアのような電源のない場所でも映画鑑賞をすることができます。タッチパネル搭載で直感的に操作することができるため、はじめての方でも安心です。
タイプ ポータブル
2位 アンカー

Nebula Astro

価格:29,990円 (税込)

ペアレンタルコントロール機能搭載!子供用のプロジエクターにも

Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、まるでリンゴを持っているかのような超コンパクト設計のプロジエクターです。好きな場所で好きな映画や音楽、ゲームなどのコンテンツを楽しめるのがポイント!最大100インチの大画面で楽しむことができますよ。また、Android7.1を搭載しているので、Wi-Fiに繋ぐだけでYouTubeやNetflixなどのコンテンツを楽しめます。

旅行先などにも持って行きたい方におすすめのプロジェクターですまた、子供が使用できるアプリを管理したり使用時間を制限できたりする「ペアレンタルコントロール機能」も搭載しています。子供用プロジェクターとしてもピッタリですね。
タイプ ポータブル コントラスト比 400 :1
パネルサイズ【インチ】 0.2インチ
3位 ヴィヴィテック

QUMI Q8

価格:98,000円 (税込)

フルHDなのに超コンパクト!持ち運びもしやすいプロジエクター

Yahoo!で詳細を見る Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、フルHD対応ながら、圧倒的な小型化が素晴らしいプロジエクターです。フルHD対応の機種となると、据え置き型の大型で重さもしっかりしているものが多くなりがちですが、本商品はなんと621g!天吊りの際に落下の不安がないという安心感も嬉しいですね。さらに、別売の外付けのバッテリーまであり、外に持ち出せるメリットがあります。

見た目もとても小さいので、天吊りの際も部屋の雰囲気を壊しません。さらに、10秒クイック起動という機能が搭載されており、起動時の待ち時間がとても少ないです。ストレスなく起動できる点も毎日のことですので重要となってきます。美しい画像で日常的に映画などを楽しみたい方にはまさにぴったりの機種ですね。
タイプ ポータブル コントラスト比 30000 :1
パネルサイズ【インチ】 0.47 インチ 3D対応
4位 エプソン

ドリーミオ ホームプロジェクター コンパクトモデル EF-11

価格:92,300円 (税込)

ミラーリングやWi-Fi接続で楽しめるプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルHD解像度対応で3LCDで明るいカラー表現が魅力のプロジェクターです。コントラスト比が非常に高く、部屋を真っ暗にしなくても鮮やかな映像を楽しむことができます。PCやスマホなどの画面をミラーリングすることもでき、Wi-Fi接続で動画ストリーミングサービスを楽しめます。22dBと動作音が小さいので気になりません。

手軽に大画面でゲームプレイしたい方、家庭で快適に高画質の映像を楽しみたい方におすすめです。コンパクトサイズで片手でも持ち運びやすい点も便利ですね。補正機能が充実しているのでストレスなく大画面を楽しめますよ。
タイプ ポータブル パネルサイズ【インチ】 0.62インチ
5位 エプソン

EB-S05

価格:42,960円 (税込)

ビジネスシーンで活躍が期待できる低価格プロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

120cm距離で40インチを映写する液晶パネルの短焦点プロジェクターです。入力端子にミニD-Sub15pinやRCAを備えているので、お手持ちのPCにHDMI端子が無い場合でもスムースに使用が可能です。コントラスト比が15,000:1なので映像がくっきりと鮮明。図形や表なども高精細、広範囲で投写できます。

なにより強みはその低価格。3万円代で3200lmとしっかり輝度もあるモデルなので、ビジネスシーンでの使用がおすすめ。自動補正機能で画面のゆがみ調整をする必要がなく、プレゼンテーションもスムーズに進みます。比較的小型なので会議室間の持ち運びもラクラクです。
タイプ 液晶フロントタイプ コントラスト比 15
パネルサイズ【インチ】 0.6インチ
6位 アンカー

Nebula Capsule Pro

アイテムID:6114265の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:6114265の画像1枚目

価格:50,800円 (税込)

ビジネスシーンからアウトドアまで!コンパクトプロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、従来の製品よりも明るさが1.5倍の150ルーメンとなっており、鮮明さとコントラストは文句なしの仕様です。驚くほど洗礼された映像出力で「最大100インチまでのサイズ出力」が可能なため、迫力ある映像を体感できますよ。サイズもコンパクトで、重量は470グラムと軽量仕様。互換性も高く、接続可能な機器も幅広いので、さまざまなデバイスと接続ができるモバイルプロジェクターです。

コンパクトな見た目とは相反して、バッテリーの持ちが良いのが特徴。充電時間約2.5時間に対して動画再生が約4時間、音楽再生が約30時間という長時間の連続使用が可能です。そのため、ビジネスでの営業ツールとしてはもちろんのこと、アウトドアでも使いたい方に最適なプロジェクターです。
タイプ ポータブル コントラスト比 400 :1
パネルサイズ【インチ】 0.2インチ
7位 エプソン

EB-1795F

価格:79,800円 (税込)

使い勝手と投影性能に優れたビジネス用モバイルプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はコンパクトで軽量なのにも関わらず、高い投影性能を持ったフルHDモバイルプロジェクターです。最大輝度が3200ルーメンと大きいので、大きな会場や明るい場所でも鮮明に映像を映し出せます。また、「ピタッと補正」も採用。さらに、無線接続にも対応していて、PC以外の機器を使えるのも魅力です。

高出力なビジネス用プロジェクターの中では軽量なので、明るくて持ち運びやすいプロジェクターを求めている方にピッタリです。また、USBやスマートフォンからでも接続できるのも嬉しいポイント。設置の手間が少なく操作性に優れるので、プロジェクターの使いやすさを重視する方にもおすすめしたい商品です。
タイプ 液晶フロントタイプ コントラスト比 10
パネルサイズ【インチ】 0.61インチ タイプ ポータブル
パネルサイズ【インチ】 0.61インチ
8位 アンカー

Anker Nebula Capsule II (D2421N12)

価格:57,700円 (税込)

最強の使い勝手をほこるAndroidTV対応モバイルプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Anker Nebula Capsuleの後継機にあたるAndroidTV対応の小型モバイルプロジェクターです。Nebula Capsuleと比較して2倍以上の画素数と輝度を持つので、大きなスクリーンにも鮮明な映像を投影できます。電源が近くになくても動画再生を行える充電式のプロジェクターであるため、屋外でも使えるのが魅力です。

他のプロジェクターよりもサイズが小さく場所を選ばずに使えるので、寝ながら映像を見たい人にピッタリ。NetflixやYouTube等の配信動画も見れるため、ネット配信サービスのコンテンツを視聴したい人にもおすすめしたい商品です。
タイプ ポータブル コントラスト比 600 :1
パネルサイズ【インチ】 0.3インチ
9位 xgimi

XGIMI Halo(WK03A)

価格:81,800円 (税込)

高解像度で3D・フルHD対応のポータブルプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1920×1080Pの物理的解像度と、800ANSIルーメンの明るさを備えたポータブルプロジェクターです。3DおよびフルHDに対応しており、投影された映像が想像した以上に鮮明で素晴らしいとの高い評価を集めています。また、手動で焦点を合わせずに鑑賞できる高速オートフォーカス機能を搭載しました。

垂直・水平±40°までの傾きも、4点キーストーン補正ソフトで自動補正。さらに世界中で人気のHarman Kardon製スピーカーを内蔵しています。高い輝度と高音質を併せ持つ、コンパクトなプロジェクターを探している方におすすめです。
タイプ ポータブル パネルサイズ【インチ】 0.33インチ
3D対応
10位 エプソン

EH-LS300B

在庫なし

4K入力対応!インテリアとしてもおしゃれなプロジェクター

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、エプソンより発売された超短焦点レンズ採用プロジェクターです。投写距離は約46cmで80インチと、わずかな距離でも大迫力の画面を楽しめますよ。エプソン独自の4Kエンハンスメントテクノロジーで「高繊細な4K相当の高画質」を実現しています。

美しいデザインはどんなお部屋にも馴染むので、引っ越しやレイアウト変更の際にも安心。また、投写窓付近に障害物があっても光源の明るさを落とす機能を搭載!誤って覗き込んだときも安全なので、お子さまがいるご家庭にもピッタリ。4K入力にも対応しているので、高繊細な映像をお求めの方にもおすすめです。
タイプ 据え置き パネルサイズ【インチ】 0.61インチ

USB接続できるプロジェクターの話題の商品

  • 世の中で多く検索されている定番の商品を紹介しています。
エプソン

EB-W06

価格:60,606円 (税込)

3LCD方式!機能性も充実した使い勝手のいいプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はエプソンより発売された色鮮やかかつ高画質なプロジェクターです。カラー映像も明るい「3LCD方式」を採用。これにより、お部屋を真っ暗にしなくてもフルHDの高画質映像をお楽しみいただけます。また、ヤマハ製の高音質ステレオスピーカーを搭載。

充実した機能性と映像美・音質を追求したい方におすすめの1台です。ボタン1つで「タテ自動台形補正」と「ヨコスライダー補正」に加え、「タテレンズシフト」が可能なので、機械が苦手な方にもピッタリ。HDMIやアナログ端子も装備していることも嬉しいポイントです。
タイプ ポータブル パネルサイズ【インチ】 0.59インチ
エプソン

EB-U42

価格:112,068円 (税込)

迷っているならこれ!スタンダードなビジネス向けプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EPSONのビジネス用プロジェクターの基本的なモデル。無線LANを内蔵していて、ワイヤレス接続が簡単に行えます。また、明るい部屋でもはっきりと映像を映し出せるように、3600ルーメンを確保しています。さらに歪みを自動で感知する「タテ自動台形歪み補正機能」やレバーで補正が可能な「スライド式ヨコ台形補正機能」が搭載されています。

セッティングをスムーズに進められ、部屋を暗くする必要もありません。40インチの投影距離はわずか1.2メートルのため、小さめの会議室でも快適に使用できます。ビジネス用のプロジェクターで迷っている人は、ベーシックなこのプロジェクターがおすすめです。
タイプ 液晶フロントタイプ コントラスト比 15
パネルサイズ【インチ】 0.7インチ
エプソン

EB-535W

価格:106,800円 (税込)

部屋が狭くて設置できない悩みを解消!超短焦点プロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すべての色が鮮やかでクリアに見える3LCD方式映像に加えて、短い距離でもピンボケがないデスクトップ型超短焦点プロジェクターです。80cmで80インチの画面は狭い個室での少人数指導を実現し、生徒と教員の距離を近づけます。WXGAの高解像度によりビジネスのプレゼンにも使われている業務用で、HDMI端子でハイビジョン動画も映写することができます。

超短焦点なので、スペースの問題でプロジェクターが設置できず悩んでいた方におすすめ。距離が取れない部屋や会議室でも設置が可能、さらにタブレットとも連携できるので、プレゼンテーションの質も向上すること間違いなしです。
タイプ 据え置き パネルサイズ【インチ】 0.59インチ
エプソン

EB-E01

価格:41,060円 (税込)

明るい会議室でもしっかり見れる!3LCD搭載のプロジェクター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はエプソンから発売されたビジネスプロジェクターです。明るい環境でも見やすい「3300ルーメン」が特徴。また、本体はコンパクトで持ち運びもらくらく。面倒な操作が不要なUSBディスプレイを搭載し、使い勝手もよく便利です。

3LCD搭載により明るい場所でもはっきりと見れるので、ビジネスシーンでも大活躍。メリハリのある映像投写ができ、ストレスなくお使いいただけます。面倒な接続も不要なため、突然の会議の場でも安心。比較的低価格で買えるのも魅力的と言えます。コスパを求める方におすすめの商品です。
タイプ ポータブル パネルサイズ【インチ】 0.55インチ
エプソン

EB-2265U

価格:375,900円 (税込)

ビジネスシーンで大活躍!5500ルーメンのプロジェクター

Yahoo!で詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、エプソンから発売された色が明るくきれいに投映できるプロジェクターです。輝度が5500ルーメンと平均よりも高めなので、中規模の会議室から大会議室でも使用でますよ。スクリーンミラーリングに対応しているため、スマホやタブレット・パソコンからワイヤレスで画像や動画を投写できるのも優れた点です。

フルHD映像をLAN接続によって最大100m転送することができるので、ホール・講堂・イベント・レンタル用途で威力を発揮します!また、スマホのカメラで撮影した映像をリアルタイムで投影できるのでビジネスシーンでお使いいただきたい方にもピッタリです。
タイプ ポータブル パネルサイズ【インチ】 0.76インチ
ハンファ

Lightning ケーブル

価格:1,080円 (税込)

リーズナブルなLightningは超耐久性モデル

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のLightningケーブルで、充電速度や転送速度共に速く、評価が高いモデルです。一般的なケーブルと比べて約5倍の優れた耐久性を持っており、重さ約26.7kgの負荷をかけても断線しません。耐久性モデルですが、細いケーブルでまとめやすいのも便利でおすすめです。

 

ケーブルの長さが15cm~2mから選択ができますが、どの長さを選んでも値段が同じなのが嬉しいポイントでしょう。環境によって用途に合わせた長さを購入してください。

メーカー ハンファ 長さ 15cm 50cm 1m 1.5m 2m
Anker

プレミアムライトニングケーブル

価格:1,178円 (税込)

Ankerの高品質な逸品

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AmazonなどのECサイトで人気の高いLightningケーブルで、「Apple Mfi」認証されているので、さまざまなLightningコネクタを備えたデバイスを安全に使用できます。ケーブルを4000回以上曲げても劣化しない耐久性で、耐熱端子を備えた長期間使用できるモデルです。

 

Ankerは家電やモバイル周辺機器などを販売しているメーカーで、最新技術を駆使した製品は高品質な製品が多く、アメリカや日本、イギリスなど世界各地で注目を集めています。

メーカー Anker 長さ 0.9m
エレコム

マイクロUSBケーブル MPA-AMBS2U12BU

価格:640円 (税込)

高耐久のUSBケーブルがおすすめです

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンやモバイル機器の周辺機器を販売しているエレコムのケーブルです。スリムなケーブルですが、付け根部分が断線しにくい「ロングプッシュ構造」と、優れた耐久性を持つ「高耐久メッシュケーブル」で耐久力のあるケーブルに仕上げています

 

USB2.0規格に準拠しているので、スマホと接続するパソコンやプロジェクターなどのデータ転送が高速に行えるのでおすすめです。また、2Aに対応しているため急速充電も行えます。

メーカー エレコム 長さ 1.2m
RAMPOW

USB Type C ケーブル

価格:679円 (税込)

大きなデータも素早く転送してくれるType-C

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB3.0規格に準拠したUSB Type-Cケーブルのため、最大5Gbpsの高速データ転送を実現しています。映画1話を数分あればデータ転送することができる速さです。また、充電は最大で20V/3Aの急速充電が可能にしており、時間を短縮することができるでしょう。

 

高品質なケーブルにするために、網紐のナイロン素材を採用しており、長い間使用しても劣化しにくい設計になっています。遠い場所でも接続できる3mケーブルを活用してみましょう。

メーカー Rampow 長さ 3m
UGREEN

Type C ケーブル

価格:1,499円 (税込)

4Kコンテンツも楽しめるケーブルで映画に没頭しよう

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB Type-C端子を搭載している2つのデバイスを繋げるケーブルで、USB3.1規格に準拠しています。映画や大量の画像など容量が大きいファイルを、最大5Gbpsの高速で転送するので、処理にかかる時間が短縮できるので重宝するでしょう。

 

USB Type-C端子をモニターなどに接続すれば、高品質な4K動画なども鑑賞できます。コードはナイロン編みの高耐久性で、断線や摩耗を低減し、絡みにくいので毎日使う方におすすめです。

メーカー UGREEN 長さ 1m
Apple(アップル)

Lightning - Digital AVアダプタ

価格:6,112円 (税込)

HDMI変換アダプタでiPhoneを接続してみよう

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界的に人気のiPhoneやiPadを、テレビやプロジェクターなどのデバイスと接続できるHDMI変換アダプタです。iPhoneなどに保存された画像や映画鑑賞を楽しんだり、仕事では会議のプレゼンなどで役に立つでしょう。

 

解像度は1,920×1,080のフルHD画質でミラーリングされた映像を楽しめます。しかし、HDMIケーブルが付属されていないので、別売で購入する必要があります

メーカー Apple 長さ コネクタ 約3.8×2.6×0.8cm ケーブル約9cm

さて、ここまでUSB接続ができるプロジェクターについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。どんなUSB接続プロジェクターを購入すべきか悩む方に、特徴や選び方、おすすめ商品を説明してきました。購入前にしっかりチェックしてお得に買物をしましょう

プロジェクター USB接続可能の全商品一覧

商品一覧を見る