【徹底解説】プロジェクターのルーメンとは?|ANSIルーメンとの違いや商品6選も

大画面で映画を観たいときだけでなく、ビジネスシーン・アウトドアシーンでもニーズが高まっているプロジェクター。今回は、プロジェクターの明るさを表す「ルーメン」について徹底解説します。利用シーンに応じたルーメン数の選び方、ANSIルーメンとの違いやおすすめ商品も紹介します。

2022/09/15 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

壁やスクリーンに映像を投影し、音楽ライブ・映画鑑賞・プレゼン会議でも使用されるプロジェクターは、小型モデルや高画質モデルも多く登場し、自宅やオフィスに取り入れたいと考える方も多いです。

 

そこで、プロジェクターを選ぶときに知っておきたいのが「ルーメン」です。ルーメンとは光の明るさを指す単位です。プロジェクターだけでなく、電球や懐中電灯を購入する際に言葉を目にした経験がある方もいますよね。

 

この記事では、ルーメンに注目してプロジェクターの魅力を詳しく紹介します。アメリカ規格協会(ANSI)が定めているプロジェクターの明るさである「ANSIルーメン」についても解説しているほか、利用シーンに応じた商品の選び方や、タイプ別の人気商品までたっぷりと紹介しますので、ぜひチェックしてください。

プロジェクターを購入するときや調べているとき必ず目にする単語「ルーメン」について、知らない方も多いです。ここからは、プロジェクターのルーメンについて詳しく解説します。

 

【目次】

ルーメン(lm)とはプロジェクターやライトの明るさを表す数値で、「輝度」と表される場合もあります。数値が高いほどプロジェクターから出る光が明るくなるのが特徴です。

 

一般的に普及しているプロジェクターは100ルーメン程度の商品から3000ルーメン以上のものもあり、かなり幅広いです。商品を購入するときには、必ずルーメン数を確認しましょう。

 

ただし、ルーメンが高ければ画面が見やすいわけではありません。暗い場所で見るときにルーメンが高すぎると、画面が白飛びして見づらい場合もあります。使用場所の明るさや環境に合わせて、最適なルーメン数の商品を選ぶのが重要です。

自分の部屋で映画を楽しみたい方と、広い会議室でプレゼン用に利用したい方では最適なルーメン数は異なります。今回は利用シーンに合わせたおすすめのルーメン数を紹介しますので、商品選びの際はぜひ参考にしてください。

 

【目次】

カーテンを閉めた真っ暗な部屋や夜間の暗さであれば、ルーメン数の高さはそれほど必要ありません。たとえば、暗い場所での映画鑑賞には100~1500ルーメン程の明るさを持ったプロジェクターがおすすめです。

 

また、スクリーンの大きさもルーメン数選びのポイントになります。壁や天井など広い所に投影する場合はその分強い光が必要です。使用する場所のスクリーンサイズもしっかり確認しましょう。

どうしても光が入ってしまう空間や明るい部屋、会議・プレゼンなどのビジネスシーンでは2500~4000ルーメンのものがおすすめです。これは100インチの大きなスクリーンでもくっきりと映せる数値です。文字や表をはっきりと表示する必要があるプレゼンでも活躍します。

 

また、プロジェクターの価格は基本的にはルーメン数の高さと比例します。強い明るさを持った商品は高くなる傾向があると理解しておきましょう。

ホールで行う講演会や学校の体育館などで使う場合は、6000~7000以上のルーメン値が必要になります。巨大なスクリーンに投影するため、より強い光を出せるプロジェクターでなければいけません。

 

一般的なプロジェクターはこのような高いルーメン数は持ち合わせていないので、購入の際は業務用やスクールプロジェクターといった専用の商品を購入しましょう。

利用シーンごとのおすすめの明るさを紹介しましたが、「自分の部屋に最適なルーメン数は?」と気になる方も多いですよね。お部屋の明るさやスクリーンサイズに合わせたルーメン数の選び方を紹介します。自分の環境にぴったりのプロジェクターを見つけましょう。

 

【目次】

一般的な家庭用プロジェクターのルーメン数は、100〜2000ルーメンほどです。夜の使用や、遮光カーテンなどがある暗い部屋であれば、500ルーメンの明るさでも十分です。ルーメン数は基本的に調節ができるので、500~1500ルーメン程度の性能があれば問題ありません。

 

一方で、昼間の明るい環境でもプロジェクターを使用したい場合は、1000ルーメン以上のものがおすすめです。しかし、ルーメン数が高いプロジェクターは大きなスクリーンへの投影を考えて作られているため、2000ルーメン以上のものは家庭用としては使いにくく、ビジネスシーンにおすすめです。

投影したいスクリーンの大きさによっても、選ぶルーメン数は異なります。大きなサイズのスクリーンであればあるほど、強くて明るい光が必要になります。使用したいスペックの大きさを確認し、最適なものを選びましょう。

 

  • 80インチ…1500~3000ルーメン
  • 100インチ…2000~4000ルーメン
  • 120インチ…2500~5000ルーメン

 

暗い環境で使用する場合、おすすめのルーメン数範囲内であれば十分に使用できます。明るい環境で使用するときは、上記のルーメン数の最大値かそれ以上にものを選ぶと安心です。

 

このほか適切なスクリーン輝度を算出してプロジェクターを選ぶのもおすすめです。スクリーン輝度はスクリーンに投影された映像などの明るさを表し、「ANSIルーメン÷(スクリーン面積(平方メートル)×円周率)」で求められます。おすすめのスクリーン輝度は300 cd/平方メートル程度です。また、ANSIルーメンについては後ほど解説します。

プロジェクターの見やすさは、「ルーメン数」と「部屋の明るさ」と「スクリーンの大きさ」といった複合的な条件によって決まります。高いルーメン数のものを購入しても、小さなスクリーンで使用する場合はかえって見づらい可能性があります。

 

プロジェクターを購入するときは、まず使用環境を確認してから必要な性能を持った商品を選ぶのが重要です。おすすめのルーメン数の目安を表で紹介しますので、参考にしてください。

 

スクリーンサイズ 暗い環境 明るい環境
80インチ 1000~2000 2000~3000
100インチ 2000~2500 3000~4000
120インチ 2500~3000 4000~5000

プロジェクタースクリーンには反射加工が施されているため、プロジェクターの光を最適な明るさで映し出します。スクリーンなしでは光が分散したり、壁の凹凸によって映像が見ずらくなったりするので注意してください。

 

見やすさを考えるとプロジェクタースクリーンを使用するのが理想ですが、スクリーンを使えないのであれば1ランク上のルーメンを選びましょう。明るさが増し、光の減衰を抑えられます。

 

プロジェクタースクリーンが気になる方は、以下の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

明るさを表す数値「ルーメン」を紹介しましたが、中には「ANSIルーメン」といった言葉が使われている場合があります。ネットショップの商品ページで見かけた方もいますよね。「ANSI(アンシ)」は、アメリカ国家規格協会が定めたプロジェクターの規格です。

 

一般的にプロジェクターの光は、スクリーンの中央と端では多少明るさが異なります。メーカーごとの表記のムラを防ぐために、全体的な明るさの平均値を表しているのが「ANSIルーメン」です。
ANSIが記載されていないルーメン値は明るさの最大値であったり、最も明るい部分を指したりしている可能性があるので、商品を選ぶときにはよく確認しましょう。

ルーメンについて大体理解できたと思いますが、ルーメン別のおすすめプロジェクターを紹介する前に、ここでは自宅やアウトドアでプロジェクターを楽しめるシーンをご紹介します。ぜひ参考にして、用途に合わせて最適な選択をしてください。

 

【目次】

プロジェクターの最大の特徴は、大画面で投影した映像を楽しめる点です。映画鑑賞はもちろん、音楽ライブを見たりゲームを楽しんだりするのもおすすめです。最近では、テレビ代わりとして部屋に導入する方も増えています。

 

また、軽量でバッテリー内蔵のものであれば持ち運びに便利です。友達の家で一緒にプロジェクターを楽しめます。手のひらサイズのものや、名刺サイズの商品が登場しているのでチェックしてください。

プロジェクターは映像だけでなく、パソコンやスマートフォンに保存されている写真や動画などを投影するといった使い方も可能です。ユーザーの中には壁にお気に入りの写真を映し出し、インテリアの1つとしてプロジェクターを使用する方もいます。

 

また、絵画や写真立ての代わりにもなり、気分によって投影するものを変更できるので便利です。シンプルな壁紙に飽きたときは、ぜひ試してください。

近年、キャンプやピクニックなどのアウトドアがブームになりつつあります。バッテリー内蔵のプロジェクターがあれば、アウトドアシーンで使用するのもおすすめです。BBQをしながらスポーツ観戦や、音楽ライブを観てフェス気分を味わえます。

 

さらに、夏の夜空を見ながら映画鑑賞など、使い方が広がります。いつもの休日がさらに楽しくなります。ぜひ、外出先での利用も検討してください。

1位
ソニー

LSPX-P1

価格:78,400円 (税込)

超画期的な手のひらサイズのワイヤレスプロジエクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

LSPX-P1は従来型のプロジェクターの常識を覆す、全く新しいタイプのプロジェクターです。超単焦点レンズなどの機能により、壁にくっつけた状態でも22インチの画面を、また壁から28cm離すだけで80インチの迫力ある大画面を映し出せます。また、プロジェクター本体は、手のひらサイズでスピーカーやバッテリー内蔵、かつワイヤレス接続により、別の部屋に持ち運んで視聴することも可能な画期的な商品。

片手でも持ち運びできて他の部屋でも視聴が可能な点や、壁際に設置しても投影でき、狭い部屋でも視聴が可能な点など、他のプロジェクターでは真似のできないタイプの本商品。コスパも良く、一般家庭でももちろん1人暮らし用の部屋でも十分使える、人を選ばない万能なプロジェクターです。
用途
ホーム(家庭用)
パネルタイプ
LCOS(反射型3LCD)
光源
レーザー光源
タイプ
ポータブル
最大輝度【ルーメン】
100ルーメン
コントラスト比
4000 :1
アスペクト比
-
パネル画素数
1366x768
パネルサイズ【インチ】
0.37 インチ
幅x高さx奥行【mm】
81x131x131 mm
重量【kg】
0.93 kg
2位
LGエレクトロ二クス

PF1000UG

価格:108,000円 (税込)

PCなしでのプレゼンが可能!ホームシアターシステムとしても◎

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は狭い部屋でも大画面を投射することのできる、超単焦点プロジェクターです。60インチを確保するのに驚きの11センチで可能。また、HDMI、WiFi対応はもちろんのこと、USBストレージを挿入することにより、ワード・エクセル・パワーポイント・テキストファイル・PDFなどのドキュメントファイルをそのまま再生することができます。パソコンなしでのプレゼンができるのも魅力の1つです。

さらに、内部に3W+3Wの内臓スピーカーを搭載。加えて、アンプやヘッドホン出力、Bluetoothによって外部スピーカーとの接続もできます。ホームシアターシステムとして使用したい方にもおすすめしたい商品です。
用途
ホーム(家庭用)
パネルタイプ
DLP
光源
LED光源
タイプ
ポータブル
最大輝度【ルーメン】
1000ルーメン
コントラスト比
150000 :1
アスペクト比
16:9
パネル画素数
1920x1080
パネルサイズ【インチ】
-インチ
幅x高さx奥行【mm】
131.4x128.8x309 mm
重量【kg】
1.9 kg
3位
LGエレクトロ二クス

HF85JG

価格:108,000円 (税込)

20cmの距離でも120インチの大画面で見れるプロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、高光束1500ルーメンで映像を楽しむことができるLGのプロジェクターです。フルHD(1920×1080)の高画質映像で、鮮明な画質で見れます。また、Bluetooth®オーディオ対応に対応しており、スクリーンシェア機能が充実しているのも魅力の1つ。手持ちの端末から簡単に楽しめますよ。

さらに、投影面より20cmの距離でも120インチの大画面で写しだつことができるため、場所が限られているご家庭や職場での使用にピッタリ!I型エンジンによるコンパクト設計で持ち運びにも適しています。 最大20,000時間の長寿命も嬉しいポイントですね。
用途
ビジネス(業務用)ホーム(家庭用)
パネルタイプ
DLP
光源
レーザー光源
タイプ
据え置き
最大輝度【ルーメン】
1500ルーメン
コントラスト比
150000 :1
アスペクト比
16:9
パネル画素数
1920x1080
パネルサイズ【インチ】
-インチ
幅x高さx奥行【mm】
118x193x353mm
重量【kg】
3kg
ベンキュー

GV1

価格:32,482円 (税込)

ビジネス・ホームどちらでもOK!軽量設計のプロジェクター

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ベンキューより発売されている持ち運びに最適なポータブルプロジェクターです。本体重量は約708gで手のひらサイズなのがポイント。Wi-FiとBluetoothスピーカーも搭載しているので、この1台で映像やスライドを楽しむことができます。また、自動台形補正機能がついているため、より快適な画面の形で見ることができます。

軽量・コンパクト設計なので、持ち運んで使いたいビジネスマンにピッタリです。出張先や外出先でもサっと取り出してお使いいただけますよ。また、収納や設置スペースにも困らないので、ご家庭でも十分に楽しむことができます。置き場所に困らないコンパクトなプロジェクターを探している方におすすめです。
用途
ビジネス(業務用)ホーム(家庭用)
パネルタイプ
DLP
光源
LED光源
タイプ
ポータブル
最大輝度【ルーメン】
200ルーメン
コントラスト比
100000 :1
アスペクト比
16:9
パネル画素数
854x480
パネルサイズ【インチ】
-インチ
幅x高さx奥行【mm】
80x155x80 mm
重量【kg】
0.708 kg
popIn

Aladdin Vase PA21AV01JXXJ

価格:69,800円 (税込)

最高な空間を演出してくれる空間に馴染むプロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は「壁から暮らしに魔法をかけること」をコンセプトに、popInから発売が予定されている、スマートライト型プロジェクターです。台形補正で水平30°・垂直30°に対応しており、画面サイズは最大100インチ。リモコンで簡単に角度調整でき、操作も簡単とのこと。また、ブルーライトとは違う反射光を使用しているため、目に優しいのも魅力の1つでしょう。

さらに、音を光で彩ってくれる「サウンドモード」だけでなく、心地いい眠りに導いてくれる「スリープモード」を搭載しているそうです。そのため、寝室での使用にもピッタリ。デジタルインテリアとしての壁時計も高級感を演出してくれます。映像を楽しむだけでなく、最高の生活のパートナーとなる本商品は、特別なプレゼントにもおすすめです。

発売日は2021年12月末を予定しています。現在公式サイトから1,000台限定で先行予約を受け付けており、先行予約をした方には12月23日(木)までに発送されるそうです。クリスマスプレゼントに検討してみてはいかがでしょうか?
用途
ホーム(家庭用)
パネルタイプ
DLP
光源
LED光源
タイプ
据え置き
最大輝度【ルーメン】
200ルーメン
コントラスト比
-
アスペクト比
-
パネル画素数
-
パネルサイズ【インチ】
0.3インチ
幅x高さx奥行【mm】
80x169x80 mm
重量【kg】
0.65kg
1位
エプソン

EB-1776W

価格:22,050円 (税込)

野菜のみずみずしさも忠実に再現してくれるビジネスプロジェクター

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は3LCD方式を採用しているエプソンのビジネスプロジェクターです。カラーを明るくきれいに映し出し、コンテンツのカラーを忠実に再現してくれます。野菜のみずみずしさや、まるでそこにいるような青空などを楽しむことができますよ。また、厚さは44mmで重さ約1.7kg

そのため、持ち運びや設置がしやすく、外部での会議やプレゼンでも活躍します。A4サイズとコンパクトでビジネスバックにも入りますよ。「ピタッと補正」で簡単にセッティングできます。さらに、短焦点レンズを搭載しているため、設置する場所もあまり気にしなくていいのも嬉しいポイントです。
用途
ビジネス(業務用)
パネルタイプ
液晶(透過型3LCD)
光源
水銀ランプ光源
タイプ
ポータブル
最大輝度【ルーメン】
3000ルーメン
コントラスト比
-
アスペクト比
16:10
パネル画素数
1280x800
パネルサイズ【インチ】
0.59インチ
幅x高さx奥行【mm】
292x44x210 mm
重量【kg】
1.7 kg
2位
ベンキュー

MH733

価格:97,500円 (税込)

ランプの寿命が長持ち!ビジネス・スクール用プロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ベンキューから発売されているフルHD・高輝度4000ルーメンのビジネスプロジェクターです。明るい場所でもしっかり視聴することができますよ。「ランプセーブモード」を使えば、最大で約11000時間ランプの寿命を延ばすことが可能に。USBタイプAポートで、パソコンがなくても文章や画像を直に投写できるのも便利なポイントです。

ビジネス用としてだけでなく、スクール(学校)用として使えるプロジェクターをお探しの方におすすめ。部屋の明るさを気にせずにお使いいただくことができます。また、ランプの寿命が長持ちするので、長く使用できるプロジェクターをお求めの方にもピッタリです。
用途
ビジネス(業務用)スクール(学校用)
パネルタイプ
DLP
光源
水銀ランプ光源
タイプ
据え置き
最大輝度【ルーメン】
4000ルーメン
コントラスト比
16000 :1
アスペクト比
16:9
パネル画素数
1920x1080
パネルサイズ【インチ】
-インチ
幅x高さx奥行【mm】
296x120x221 mm
重量【kg】
2.5kg
3位
エプソン

EB-W05

価格:3,810円 (税込)

小さなお部屋でも大画面で楽しめるプロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、「ハイビジョン液晶パネル」を搭載しているエプソンのプロジェクターです。「WXGAの解像度」でディテールまでを再現!また、短焦点レンズを採用してるのも魅力の1つです。最短投写距離約2.3mで80型ワイドスクリーンに投写することができます。

そのため、小さなお部屋でも大画面で楽しみたいという方にピッタリ!さらに、タテ自動台形歪み補正とヨコ台形歪み補正をしてくれる「ピタッと補正」により、斜め横から投写することも可能に!スペースが限られている方には嬉しいですね。3300ルーメンで、明るいお部屋でも見やすいプロジェクターです。
用途
ビジネス(業務用)ホーム(家庭用)
パネルタイプ
液晶(透過型3LCD)
光源
水銀ランプ光源
タイプ
ポータブル
最大輝度【ルーメン】
3300ルーメン
コントラスト比
-
アスペクト比
16:10
パネル画素数
1280x800
パネルサイズ【インチ】
0.59インチ
幅x高さx奥行【mm】
302x77x234mm
重量【kg】
2.5kg
エプソン

EH-TW650

価格:58,320円 (税込)

小型で軽量!6畳間でも使用できる家庭用プロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、無線LAN内臓で輝度が3100ルーメンある家庭用プロジェクターです。十分な明るさがあるため、昼間でも部屋を暗くせずに視聴ができます。また、100インチの大画面の投影距離も2m少しなので、6畳間でも使用できるのは嬉しいですね。

さらに、小型で軽量なため運びやすく、画面の歪みを自動で補正する機能もついています。リビングや自室など、場所を移動して使用する方にピッタリ!シネマやゲームなど用途に合わせて映像モードに変更可能で最適な映像を届けててくれるため、スポーツ・映画・動画配信を高画質で楽しみたい方にもおすすめしたい商品です。
用途
ホーム(家庭用)
パネルタイプ
液晶(透過型3LCD)
光源
水銀ランプ光源
タイプ
据え置き
最大輝度【ルーメン】
3100 ルーメン
コントラスト比
-
アスペクト比
16:9
パネル画素数
1920x1080
パネルサイズ【インチ】
0.61インチ
幅x高さx奥行【mm】
302x87x249 mm
重量【kg】
2.7kg
ASUS

ASUS H1

価格:154,364円 (税込)

鮮やかで大迫力な映像を楽しめるプロジェクター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、 3000ルーメンのLEDを搭載しているASUSUのプロジェクターです。40~200インチの投影に対応していることに加えて、出力10Wのスピーカーを内蔵しているので、クリアな音でワンランク上の映画視聴ができます。また、120Hzのリフレッシュレートにより、滑らかな映像を実現!

そのため、ゲームプレイでも活躍してくれます。鮮やかで大迫力な映像を楽しめますよ。さらに、スタイリッシュなデザインは、インテリアにこだわりたい方にピッタリ!天井に取り付けることもできるので、置き場所に困らないのもポイントです。
用途
ホーム(家庭用)
パネルタイプ
DLP
光源
LED光源
タイプ
据え置き
最大輝度【ルーメン】
3000ルーメン
コントラスト比
800 :1
アスペクト比
16:9
パネル画素数
1920x1080
パネルサイズ【インチ】
0.65 インチ
幅x高さx奥行【mm】
405x99x283 mm
重量【kg】
5.7 kg

プロジェクターは決して安い買い物ではありません。プロジェクターの実際の明るさや使用感がわからないまま購入に踏み切るのは、ハードルが高いと考える方も多いですよね。そんなときは、レンタルサービスを利用するのがおすすめです。

 

実際に使って使用に問題がなければ、そのまま買い取り可能なサービスもあります。さまざまなプランが用意されているので、自分に合ったものを選びましょう。

 

下記の記事では、プロジェクターのレンタルサービスについて詳しく紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

今回は、ルーメンの意味や最適なプロジェクターの選び方などを紹介しました。さまざまなメーカーから多くの商品が登場していて選ぶのが難しいと考えている方も、ぜひこの記事を参考に自分の部屋に合ったルーメン数・プロジェクターを見つけて、楽しい時間を過ごしましょう。

プロジェクター 2000ルーメン以下の全商品一覧

プロジェクター 3000ルーメン以上の全商品一覧