エプソン EH-TW6700 プロジェクター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥169,585
エプソン EH-TW6700の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、エプソン EH-TW6700がどんな人におすすめなのかを評価しました。

EH-TW6700のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

エプソン EH-TW6700の基本スペック

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター(70000:1 3000lm) 3D・Bluetooth対応 EH-TW6700

価格:184,845円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー エプソン(EPSON) 商品名 エプソン dreamio EH-TW6700・EH-TW6700W ワイヤレス
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ 液晶(透過型3LCD)
最大輝度 3000 ルーメン アスペクト比 16:9
映像入力端子 HDMI、VGA サイズ 410x157x304 mm
重量 6.9 kg 60インチワイド(投影距離) 1.76~2.86 m
80インチワイド(投影距離) 2.35~3.82 m 100インチワイド(投影距離) 2.95~4.78 m

エプソン EH-TW6700の交換用ランプ

エプソン

EPSON プロジェクター交換用ランプ 純正 ELPLP85

価格:22,129円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW6700はランプ点灯時間を記憶し、累計が交換時間に達すると、メッセージやインジケーターでお知らせします。ランプ交換をした後は、必ずランプ点灯時間の初期化をしてください。

エプソン EH-TW6700の天吊金具

エプソン

EPSON 天吊金具 ELPMB22 EB-G5350/G5200W/G5100用

価格:23,506円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天吊りして投写する場合は、[設置モード]を[フロント・天吊り]または[リア・天吊り]に設定します。

天吊りにして内蔵スピーカーを利用する場合は、[音声左右反転]を[オン]に設定します。

エプソン EH-TW6700のおすすめポイント

高画質映像を照明を落とさずに楽しめる

EH-TW6700はフルハイビジョン液晶パネルを搭載し、高精細画像を余すところなく投影します。色再現性の高い3LCD、7万:1の高コントラスト比、3,000ルーメンの明るさにより、リビングで照明を落とさずに大画面で映像を楽しむことができます。

 

また3Dシネマ/3Dダイナミックモードで3D映像にも対応しています。

ネット動画配信サービスを大画面で満喫

EH-TW6700はApple TV、Chromecast™、Amazon Fire TV、Fire TV Stick等のメディアストリーミング端末や、スマートフォン・タブレットで視聴している動画を、投射して大画面で楽しむことができます。

様々な便利機能を搭載

EH-TW6700は10Wのスピーカーを搭載しているので、別途スピーカーを用意することなくプロジェクター本体だけで音声を楽しめます。またBluetooth対応スピーカーを接続することも可能です。

 

Fastモードにすると応答速度が上がり、ゲームを快適に楽しむことができます。また2画面モード、スライドショー、HDMIリンクと言った豊富な機能で様々な使い方が可能です。

エプソン EH-TW6700の悪い点をレビュー

本体サイズが大きい

EH-TW6700は高性能である分、プロジェクターとしてはかなりサイズが大きくなっています。子供のランドセルより一回り大きい、天吊金具で天井に設置すると非常に存在感があると指摘されています。

ミュートにした後再起動するとミュートが解除される

EH-TW6700の本体の音をミュートにした後、電源をオフ・オンすると設定が記憶されてなく、ミュートが解除されてしまうそうです。常時、外部スピーカーを使う場合は使う度に毎回ミュートする必要があるので不便ですね。

レンズシフトの微調整ができない

EH-TW6700は2つのレンズシフトダイヤルで画面の上下と左右の位置を決められますが、あまり細かく位置調整できないとのことです。

リモコンの文字が英語表記

EH-TW6700のリモコンの文字は英語のみということです。日本向けテレビのリモコンは日本語が当たり前なので、慣れるまで不便ですね。

エプソン EH-TW6700の良い点をレビュー

高いクオリティの大画面映像

EH-TW6700の映像のクオリティの評価は非常に高くなっています。コントラストが高く、他のプロジェクターより黒がしっかり出る、奥行き感が凄く自分がその場所にいるように感じる、100インチ以上のスクリーンで見ると70インチの4Kテレビよりも臨場感が凄く出ていると絶賛されています。映画館に行くことがあまり無くなりそうとまで評価されています。

 

また3D映像もテレビより綺麗で、ゲームの映像のタイムラグも感じないとのことです。

部屋を暗くせずに見られる

プロジェクターと言えば部屋を暗くして見るものというイメージがありますが、EH-TW6700はコントラストが高いため、部屋を暗くせずに見られます。カーテン無しで何もせず普通のテレビの様に見られるという声が多くありました。

 

ただスクリーンに日光が当たるとさすがに無理で、昼はカーテンで遮光しているという人もいました。

EH-TW6700Wは電源以外の配線をする必要がない

EH-TW6700Wはワイヤレス仕様で、電源をつなぐだけで他の機器と無線で接続して使えます。天井に設置する場合はワイヤレスが必須でしょう。

 

ただワイヤレス非対応のEH-TW6700は見る前に各機器との接続に時間がかかるという声がありました。

エプソン EH-TW6700の口コミを集めました

自宅改修工事のついでに、22.5畳LDをホームシアターにすべく、天井に下地板を入れ、本機を天吊りし、Grandview 電動150インチスクリーンに投写した。ブルーレイレコーダと接続する映像ケーブルの長さは10m。天吊り器具をEPSON純正品(薄型)にしたのは大正解で、設置にかかった工事費用はスクリーンとプロジェクタ、天井裏配線を合わせて10万円。なお、スクリーンを吊る梁はホームセンターで買った4×6板2枚をL字形に組合せた自作品だが、3層塗装のせいか家族の評価は良。  最初のソースはブルーレイレコーダ録画の「高慢と偏見」。内蔵スピーカー使用で、レンズシフトと台形補正しかしなかったが、おばあちゃんがまあ感激すること。4Kではないので画像の滑らかさには欠けるが、奥行き感がすごい。とくに全景や、風景の中の人物がいい。女優の肌の色も自然。BSや地デジの野球中継も、芝生の緑がきれいだし、奥行き感がある。外国の街角を散歩する番組もそこに居るかのようだ。地デジの「今日の料理」でさえ、なんか圧倒される。しかも、大画面で見ると、今まで見えなかったものが見える。これまでもSHARP:4K、70インチ液晶TVなのだが、分解能より大きさと言うことか。とにかくすごい。  夜、電灯を消すと、本当に素晴らしい色調だ。明るいので、夕方でも多少くすんでいるが十分使用に耐える。DMDでは虹が見えるし目が痛くなる。プラズマTVもそうだがパルスで明るさ制御をするディスプレィは、疲れ目には本当に応える。本機のように3LCDは目に優しいので良い。  難を言えば、レンズシフトの微調ができないことぐらい。これ以上は4Kしか無い。

出典:https://review.kakaku.com

天吊にすると本体価格込みとはいえ10万円かかってしまうものなんですね。映像については満足されているようですが、レンズシフト(位置調整)に不満とのことです。ただこれを言っている人はこの方だけでした。

ワイヤレストランスミッターとプロジェクターが接続出来ず。連休でメーカーに問い合わせもできず。 数日後、トランスミッターの裏側にあるSetupボタンを押したところ接続出来るようになりました。 映像ですがもう少し明るいかと期待してました。灯りが付いてると若干薄くなる感じです。 プロジェクターからの音は良くないので毎回ミュートにしています。電源を切るとミュートが解除されてしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

EH-TW6700Wで接続できない場合はSetupボタンを押すと上手くいくのかもしれません。 ミュートの仕様は改善して欲しかったですね。

この製品の率直な印象は「めっちゃ明るい」です。 部屋の照明がついている状態でも普通のテレビ画面並みに見えます。 そして画像が鮮明です。 地デジを普通画質で録画したもの(アニメ)を約90インチのサイズに拡大しても、全く違和感がなくてびっくりしました。 黒色の部分も変な感じにならずに濃淡がしっかりと表現されています。 セッティングも説明書無しで感覚的に出来るのでお手軽です。 細かいセッティングは説明書を見てやろうと思います。 ピントはレコーダーのシステムメッセージの文字がぼやけない様に合わせれば大丈夫です。 プロジェクターやスクリーンの向きがずれると映像が傾くので、視聴中に動いたりしない様に気を付ける必要があります。 出したり片付けたりするなら、その都度傾きの微調整は必要になると思います。 一応、本体にスピーカーが付いてるので最低限の音声は聞けます。 ヘッドホンのジャックもあるのでヘッドホンも接続できますが、これからは音にもこだわりたいと思います。 この段階で別途購入したスクリーンは到着していないので、部屋の壁に映像を投影しています。 諸事情を考慮して80インチサイズのスクリーンを買ったのですが、これだけ奇麗に映るなら100インチのスクリーンを買えばよかったと若干後悔しています。 初めてプロジェクターを買う人はプロジェクターの性能を確認してからスクリーンを買ってもいいかもしれません。 まだ映像ソフトしか映していませんが、スクリーンが届いたらPS4とかPCも繋いでみたいと思います。 その時に気が向けば追記しようと思います。 最後になりましたが、これは良い買い物をしたと大変満足していることを、ここに表明します。 追記 PS4を接続した結果、オフラインのゲーム(RPG)はタイムラグなどは、ほぼ全く感じませんでした。 文字も奇麗に表示されますし、PS4特有の美しい画像も損なわれません。 激しい動きのゲームや、オンラインではどうなのかは不明。

出典:https://www.amazon.co.jp

80インチスクリーンだと大画面テレビとあまり変わらないかもしれませんね。口コミを見ているとできれば100インチ以上欲しいようです。

大満足!アマゾンプライムさんの映画を観ても非常にキレイに観られます。コードレスなので配線もスッキリ。ターミナルに配線する事で他の機器との接続も良好です。80~100インチ程度の視聴では現在使っている55インチの4Kテレビより迫力があり画質も満足出来るものです。六畳の部屋で2メートル弱の距離から観てますが、自分的には非常に満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

六畳間で2メートルの位置からで満足できるとのことです。80~100インチスクリーンの場合55インチ4Kと比べてかなり満足できるようですね。

使っていたサンヨーのプロジェクタから買い換え 理由は3Dが見たかったから 映像は比べるまでもなく綺麗になりましたが、初めてプロジェクタ買ったときの感動と比べると、こんなもんかなと思います 3d対応でなければ買い換えなかったと思います おそらく4kだの8kだの出ても、値段と感動考えるとこれでいいやと レンズカバーをつけたり外したりするのがめんどくさいのが難点

出典:https://www.amazon.co.jp

画質を絶賛するレビューが多いのですが、このように醒めている人の意見は貴重でしょう。 レンズカバーの取り外しは仕方がないような気もするのですが。

ソニー製VW12HTのプロジェクターを使用していましたがランプが切れた為この機種に買い替えました。使っていた機種は10年ほど前に50万円で購入したものです。この商品が届いて写した画面を見て驚きました。全然比べ物にならないくらい画面は明るいし、細かい部分まで良く映し出しています。また自宅で初の3D映像を体験しましたが、映画館もう行かなくても良いかなぐらいのレベルでした。視聴環境はキクチスクリーン100インチです。この値段でこんな映像が見られるなんて、、。とても良い買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

100インチスクリーンで、10年前の50万円のソニーのプロジェクターとは比較にならない程の差があるとのことです。

2015年末に、我慢できずに購入。同時にシアターハウス様の自立式100インチスクリーンも購入しました。 ワイヤレスは、本当に便利です。3~4m話さないと100インチが実現しないので、コードレスは助かります。 私は強度の近眼で眼鏡着用ですが、付属の3D眼鏡で、スターチャンネルの3D放送を問題なく見られました。 エヴァンゲリオンのブルーレイを再生した際は、画面がまぶしすぎると感じるほどの輝度があります。 ホームシアターを体験すると、もう戻れない・・といった感動です。

出典:https://www.amazon.co.jp

100インチの場合は3~4メートル離れる必要があるようですね。これは投影距離の仕様と同じです。3D目当てで買った人も多いようです。

リビングシアター用に購入。 本当は4Kプロジェクターが欲しかったが、金額面で断念。 しかし、本品は、2Kでも充分綺麗な映りである。

出典:https://www.biccamera.com

EH-TW6700は4Kではないのですが、十分綺麗とのことです。

EH-TW6700 と EH-TW5650 の違い

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター 2500ルーメン 60000:1 1080P フルHD 無線LAN内蔵 EH-TW5650

価格:119,964円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW5650はEH-TW6700の1年後に発売されたdreamioプロジェクターです。EH-TW5650はEH-TW6700の後継モデルと言えますが、機種名の数字が示す通りスペックが若干落ちています。

 

まずEH-TW5650は明るさが7000の3000ルーメンに対し2500、コントラスト比がEH-TW7000の7万:1に対し6万:1と映像性能が若干下がっています。10WスピーカーもEH-TW5650は1基と、EH-TW6700の2基より減っています。

 

さらにレンズシフト機能はEH-TW5650は左右のみしか画面を動かせません。EH-TW6700は上下にも動かせます。

 

ただしその代わりサイズと重さはEH-TW5650はEH-TW6700より大幅にコンパクトになっています。EH-TW5650の重量は3.5kgとEH-TW6700の半分に減りました。消費電力も312WとEH-TW6700の384Wからだいぶ下がっています。そして実勢価格もEH-TW5650の方が大幅に安くなっています。

 

結論としては、サイズ・重量・消費電力・価格を度外視して最高の映像性能を求める場合はEH-TW6700を、ほどほどの性能でコンパクトさやリーズナブルさを重視するならばEH-TW5500の購入を検討すべきでしょう。

EH-TW6700 と EH-TW8300 の違い

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター(1000000:1 2500lm) 4K/HDR/3D対応 EH-TW8300

価格:308,212円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EH-TW8300はEH-TW6700と同時期に発売されたdreamioプロジェクターです。その機種名の数値が示す通り、EH-TW8300は上位モデルとなります。

 

最も大きな違いは、EH-TW8300は4K解像度でHDRに対応していることです(画素数が1920x1080なのに4Kと言っているので疑問を感じますが、1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、縦横の解像度を実質2倍にする技術「4Kエンハンスメントテクノロジー」で実現しているそうです)。そしてコントラスト比はEH-TW6700の70万:1に対し、EH-TW8300は100万:1となっています。ただ明るさはEH-TW8300は2500ルーメンとEH-TW6700の3000ルーメンより劣っています。上位モデルのはずなのにこれは不思議に感じます。

 

そしてEH-TW8300はスピーカーがありません。そうでありながら、大きさと重さはEH-TW8300はEH-TW6700より非常に増しています。EH-TW6700でもかなり大きいと言われるので、これは購入前に配置できるかよく検討すべきでしょう。投影距離もEH-TW8300はEH-TW6700より少し離れる必要があります。

 

なお消費電力はEH-TW6700は384W、EH-TW8300は373Wとほぼ同じです。これはEH-TW8300が明るさを抑えているからでしょう。そして実勢価格はEH-TW8300はEH-TW6700より非常に高くなっています。

 

結論としては4Kに強くこだわるならばEH-TW8300、そうでなければEH-TW6700で良いでしょう。EH-TW6700でも十分ハイエンドな性能を持っています。

エプソン

EPSON dreamio ホームプロジェクター(70000:1 3000lm) 3D・Bluetooth対応 EH-TW6700

価格:184,845円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エプソン dreamio EH-TW6700について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

EH-TW6700の概要は以下になります。

 

7万:1の高コントラスト比と3000ルーメンの明るさにより、部屋を暗くしなくても十分良く見えるプロジェクターであること。

EH-TW6700Wはワイヤレスモデルのため、電源以外の配線をせずにスリムに使えること。

口コミではフルハイビジョンの綺麗な映像と3D機能が高く評価されいるものの、サイズの大きさが指摘されていること。

 

以上のことから、

 

・フルハイビジョンで部屋を暗くしなくても使えるプロジェクターを求めている人

・80インチスクリーンでは物足りない声もあるため、できれば100インチ以上のスクリーンと3~4メートルの投影距離を部屋に確保できる人

 

そんな方々には是非、このEH-TW6700Wをおすすめしたいと思います。

関連する商品

プロジェクターの人気商品