エプソン EB-W05 プロジェクターの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.54
最安値:¥48,681
エプソン EB-W05 プロジェクターの商品概要、説明書、おすすめポイントや口コミ・レビュー・評価、同社他製品との比較などをまとめ、エプソン EB-W05 プロジェクターがどんな人におすすめなのかを評価しました。

EB-W05の基本スペック

  • 本体横幅 : 302.0mm
  • 画面サイズ : 300.0インチ
  • タイプ : 液晶フロントタイプ
  • 本体高さ : 77.0mm
  • 本体奥行 : 234.0mm
  • 入力端子種類 : D-sub
  • コントラスト比 : 15
  • プロジェクタ質量 : 2.5kg
  • 解像度種類(新) : 1280X800
  • パネルサイズ : 0.6インチ
  • ランプ(光源)出力 : 210W
  • HDCP対応 : ●
  • HDMI端子数 : 1
  • WiFi : WiFiReady
  • EB-W05のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    エプソン EB-W05の商品情報

    エプソン EB-W05の基本スペック

    エプソン

    エプソン プロジェクター EB-W05 (3300lm/WXGA/2.5kg)

    価格:58,586円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーEPSON(エプソン)商品名EB-W05
    用途ビジネス用・ホーム用パネルタイプ液晶(透過型3LCD)
    最大輝度3300ルーメンアスペクト比16:10
    映像入力端子HDMI端子、RGB(VGA端子)、コンポジット、USBサイズ302x77x234mm
    重量2.5kg40インチワイド(投影距離)1.11~1.34 m
    60インチワイド(投影距離)1.68~2.02 m80インチワイド(投影距離)2.25~2.7 m
    100インチワイド(投影距離)2.81~3.38 m

    EB-W05の交換用ランプ

    EachLight

    EachLight プロジェクター交換用ランプ V13H010L96 / ELPLP96【100%新品】互換性のあるランプ 対応機種 EPSON エプソン EH-TW5650 EH-TW5650S EH-TW650 EH-TW650S EB-S05 EB-S41 EB-W05 EB-X05 EB-U42 EB-X41 EB-W41 EB-S41 EB-2042 EB-2142W EB-2247U EB-960W EB-970 EB-980W EB-990U EB-W05C9 EB-X05C9【ケース付き/

    価格:11,434円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    プロジェクターランプは、ブロジェクターの中でも大切な部品の一つです。

    しかし、プロジェクターランプには寿命があります。

     


    ランプの推定寿命数時間前になり警告ランプが表示されたら、新しいプロジェクターランプへの交換が必要です。

    EB-W05の天吊り金具

    エプソン

    EPSON 天吊金具 ELPMB23 EB-1735W/1730W/1725/1720/W6/X6 EMP-1825/1810/1715/1710/823/400W用

    価格:21,182円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    オプションの天吊金具を使えば、プロジェクターを天井に吊り下げて設置できます。

    高天井や化粧板天井に設置する時には、さらにオプシがョンのパイプを使用することで天吊ができるようになります。

    エプソン EB-W05のおすすめポイント

    きれいなハイビジョン高画質

    EB-W05は、ハイビジョン液晶パネルを搭載しているので、風景だけでなく人の肌なども細かいところまで表現豊かに映像に映し出すことができます。

     

    また、3枚の液晶ディスプレイを使って細かいところまで映像を再現する3LCD方式を採用しているので、明るくきれいなカラー映像を楽しむことができます。

    独自の補正機能で置き場所を選ばない

    フレームフィットボタンを押すだけで、ヨコや台形、タテや自動台形の歪みが自動で補正されます。

     


    このエプソン独自の「ピタッと補正」を使えば、ななめ横から投写した時の台形歪みも簡単に補正できるので、場所を選ぶことなく簡単に置くことができます。

    明るい部屋でもはっきり見える高画質

    開口率の高い液晶パネルをつかっているので、部屋が暗くなくても、高画質な映像をはっきりとみることができます。

     

    部屋を暗くしなくてもいいので、遮光カーテンがない会議室やリビングでもOK。

    ブロジェクターを使う場所を選ばないのがうれしいです。

    エプソン EB-W05の徹底レビュー(評価・口コミ)

    エプソン EB-W05の悪い点をレビュー

    スピーカーへの接続がむずかしい

    EB-W05には音声出力の端子がついていません。

     

    音量を最大にすると音割れがあるようですが、スピーカーから音を出すためにはモニターケーブルで繋がなくてはいけません。

    直接プロジェクターとスピーカーをつなげることが出来ないので、スピーカー接続になれていない人は難しいと感じることがあるようです。

    気軽に持ち運ぶことができない

    プロジェクターの中では2.5kgと軽く持ち運びができるサイズではありますが、気軽に持ち運ぶにはまだ重さがあります。

     

    また無線LANのユニットやアダプターをつけると出っ張ってキャリアケースに入らないことがあるので、いちいち取り外して持ち運ぶ必要があります。必要なものを取り付けたまま運べないのはめんどうくさいです。

    WiFiでの動画視聴が不安定

    WiFiで動画が見れる仕様にはなっていますが、実際はWiFiで動画をみるととぎれることが多くきちんと見れないと思うことが多いです。

     

    静止画は問題がないので、プレゼンで使用するときはWiFiでもいいかもしれませんが、動画視聴はケーブルでつないだほうが安定します。

     

    動画だと無線のメリットを生かせないのが残念です。

    音質がイマイチ

    音質はいいといえるレベルでは決してありません。

    あくまで、映像を見るときの補助レベルと考えたほうがいいです。

     

    プレゼンで使う時は気にならないレベルではありますが、映画や動画をひんぱんに見る場合は音に物足りなさを感じる可能性はあります。

    エプソン EB-W05の良い点をレビュー

    迫力ある高画質が楽しめる

    3.5mほどの距離を確保できれば、100インチ以上の大画面を投影することができます。

     

    画面を大きくしても画質は荒れることなくきめ細やかなので、家庭でも簡単に大迫力な映像を楽しむことができるのがうれしいです。

    置き場所を選ばない

    エプソン独自の「ピタッと補正」でプロジェクターを斜めにおいても正面に投影をさせることができるので、置き場所を選びません。

     

    正面に置き場所を用意しなくてもいいので、手軽にプロジェクターを使うことが出来ます。

     

     

     

     

     

     

     

    部屋を暗くする必要がない

    プロジェクターを使用する時、遮光カーテンを閉めて部屋を暗くしないと見えづらいことがありますが、EB-W05はその必要がありません。

     

    部屋を暗くしなくても十分に映像をみることができるので、環境を選ばずにプロジェクターを使うことが出来ます。

    エプソン EB-W05の口コミを集めました

    気軽に持ち運ぶにはまだまだ大きくもっと本体が小型化されてもいいのかなと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    2.5kgはプロジェクターとして軽いと思いますが、やはり気軽に持ち運ぶというのにはまだ重くて大きいようです。持ち運んで使う人も多いので、軽いほうがうれしいですね。

    プロジェクターからの音はよくありません、あくまで映像を見る時の補助程度のレベルかと。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    音質はあまりよくないようです。大音量にすると音が割れることがあるようなので、映画や動画を観るときは、気になることがあるかもしれません。 音声出力がついていないので、スピーカーにつなぐのが少し大変という声もあります。

    無線LANのユニットが外付けのため引っかかりやすく、キャリングケースをつけてしまうとユニットが安定するものの、簡単には外せなくなってしまい収納に不便です。外付けにしても本体からはみ出ないような取り付けができたらと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    無線LANを使う時のユニットを取り付けると、本体からはみ出るため持ち運びに不便なようです。 本体からユニットがはみ出ると収納する時に引っかかったりなど収納の邪魔になるので、要課題というところではないでしょうか。

    無線ユニットを使う際のアプリが、動画を読み込めないなど、使用に制限がありすぎです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    無線ユニットを使うためのアプリケーションが全然使えない、という声が多いです。 無線LANを使うよりも有線でつないだほうが安定して動作するので、無線LANの便利さを生かせないのが残念です。

    以前のものと比べ格段に明るく映像がきれいです。 冷却用ファンも静かでほとんど気になりません。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    明るさがあり映像がきれいで見やすいのは、大切ですよね。 大切なプレゼン中など冷却ファンの音がうるさいと邪魔になりますが、音が気にならず静かなのもうれしいです。

    安い商品では3000ルーメンの明るさがあっても部屋を暗くしないとはっきり見えなかったのに対し、この商品は宣伝通り、明るい部屋でもプレゼンができます。非常に満足しました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    部屋を暗くしなくてもブロジェクターが使えるので、遮光カーテンがない場所でもきれいな画質を見ることが出来ます。使用する場所を選ばないのは、助かりますよね。

    DVDプレイヤーと接続して、大画面での視聴をしましたが、迫力がありとても満足しています。画面サイズも3.5m程度離れた距離で100インチ以上のサイズで楽しめます。値段は安いプロジェクターと比較すると高く感じますが、機能や映像の質に満足してます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    プロジェクターの一番の魅力は、自宅で手軽に大画面動画を楽しめることですよね。 EB-W05は3.5mの距離さえ確保できれば、100インチ以上の大画面を楽しむことができるので、自宅でも映画館気分が味わえちゃいます。

    特に使い方はほとんど変わらず、斜め方向へ投影した場合の角度補正が手元の操作でできるのが便利です。

    出典:https://review.kakaku.com

    プロジェクターを正面に置かなくても正面にピタッと投影できる「ピタッと補正」がすごく便利です。置き場所を選ばないので、せまい会議室でも正面にスクリーンが来るように調整が出来ます。色々な場所で大活躍間違いなしのプロジェクターです。

    エプソン EB-W05の関連商品と比較する

    EB-W05とEB-W41の違い

    エプソン

    EPSON プロジェクター EB-W41 3600lm 15000:1 WXGA 2.5kg 無線LAN対応(オプション)

    価格:89,227円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    EB-W41はEB-W05と同時期に発売され、EB-W05の上位モデルになります。

     

    W41とEB-W05の一番大きな違いは、明るさです。

    ルーメンとは光の量を表す単位。 プロジェクターごとにルーメンが決まっており、出せる光の量が決まっているのですが、 確認したところ、W05が3300ルーメン、EB-W41は3600ルーメンでした。

     

    8畳の広さに適している明るさが3300~4300ルーメン。

    同じくくりになってはいますが、300の差は映像の見え方にももちろん影響します。

     

    また、EB-W41が騒音なしなのに対し、EB-W05は28 dBの騒音があります。

    しかし、28 dBの騒音というのは、「鉛筆の執筆音」「ちいさなささやき声」相当の音。音がうるさくてじゃまになることはあまりない程度の騒音ではありますが、会議など静かなシーンでは気になる可能性はあります。

     

    そのほかに、EB-W41とEB-W05に大きな違いはありません。

    サイズや重さも、液晶のタイプや画素数も同じです。

     

    金額はEB-W41のほうが3万円ほど高いです。

    でも、映像のきれいさにそこまで大きな差はないので、個人で映像を楽しむだけなら安くて使いやすいEB-W0がおすすめです

    EB-W05とEB-X05の違い

    エプソン

    EPSON プロジェクター EB-X05 3300lm 15000:1 XGA 2.5kg 無線LAN対応(オプション)

    価格:51,600円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    EB-X05は、EB-W05と同時期に発売されたモデルのプロジェクターです。

     

    EB-W05とEB-X05は、大きさ・重さ共に差はありません。

    唯一違うところは、パネルの縦横の比率です。

    パネルの縦横の比率はアスペクト比とも呼ばれているのですが、EB-W05とEB-X05はここが全く違います。

     

     

    EB-W05がワイド画面なのに対し、EB-X05は正方形に近い画面比率。

    ワイド画面はプレゼンだけでなく映画などの映像を楽しむときにも観やすいですが、B-X05の画面はプレゼン用のサイズなので映画には向きません。

     

    ビジネス使用目的であれば問題なく使うことができますが、やっぱりワイド画面のほうが資料が見やすい気はします。

     

    値段も1万円前後しか変わらないので、「ホームシアターのように映画を楽しむのではなく、ビジネスでプレゼンをするのに使用できれば十分!」というあなたでも、ワイド画面の見やすさはプレゼンの成功にもかかわってくるかも。


    EB-W05はホームシアターでもプレゼンでも、ビジネスでもプライベートでも使うことできる、万能プロジェクターです。

     

     

     

     

     

    エプソン EB-W05の総合評価

    エプソン

    エプソン プロジェクター EB-W05 (3300lm/WXGA/2.5kg)

    価格:58,320円(税込)

    amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    エプソン プロジェクター EB-W05について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。


    EB-W05には、わざわざ室内を暗くしなくても映像がぼやけずはっきり見えたり、プロジェクターを横においても正面に映像を投影できる補正機能など便利な機能がたくさんついています。


    液晶テレビと同じワイド画面を投影できるので、プレゼンの資料の見やすさはもちろん、映画館のような映像を楽しむことができるのもうれしいですね。

    むずかしい操作の必要なく画面のサイズや補正が簡単にできるEB-W05は、プロジェクター初心者に自信を持っておすすめできる一台です。

     

    是非、ご自身でもレビューや製品コメントを検索していただき、ご自身の希望や予算にぴったりの機種を選んでみてください!

     

    関連する商品

    プロジェクターの人気商品