ソニー LSPX-P1 プロジェクター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥49,900
ソニー LSPX-P1 プロジェクター ポータブルの商品概要、説明書、おすすめポイントや口コミ・レビュー・評価、ソニーの他製品との比較などをまとめ、ソニー LSPX-P1 プロジェクター ポータブル がどんな人におすすめなのか評価しました。

2022/01/19 更新

ランク王編集部

超画期的な手のひらサイズのワイヤレスプロジエクター

LSPX-P1は従来型のプロジェクターの常識を覆す、全く新しいタイプのプロジェクターです。超単焦点レンズなどの機能により、壁にくっつけた状態でも22インチの画面を、また壁から28cm離すだけで80インチの迫力ある大画面を映し出せます。また、プロジェクター本体は、手のひらサイズでスピーカーやバッテリー内蔵、かつワイヤレス接続により、別の部屋に持ち運んで視聴することも可能な画期的な商品。

片手でも持ち運びできて他の部屋でも視聴が可能な点や、壁際に設置しても投影でき、狭い部屋でも視聴が可能な点など、他のプロジェクターでは真似のできないタイプの本商品。コスパも良く、一般家庭でももちろん1人暮らし用の部屋でも十分使える、人を選ばない万能なプロジェクターです。

LSPX-P1の基本スペック

タイプ 液晶フロントタイプ パネルサイズ【インチ】 0.4 インチ
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ LCOS(反射型3LCD)
光源 レーザー光源 最大輝度【ルーメン】 100 ルーメン
コントラスト比 4000 :1 アスペクト比
パネル画素数 1366x768 対応解像度規格
最大表示色【万色】 騒音レベル【dB】
4K 3D対応
HDR対応 HDR方式
短焦点 Wi-Fi
Bluetooth バッテリー
スピーカー搭載 SDカードスロット
台形補正 ゲームモード
スクリーン付き MHL
HDMI端子 DisplayPort
DVI RGB(VGA端子)
S端子 コンポーネント
コンポジット USB
BNC端子 幅x高さx奥行【mm】 81x131x131 mm
重量【kg】 0.93 kg 40インチ【m】
40インチワイド【m】 60インチ【m】
60インチワイド【m】 80インチ【m】
80インチワイド【m】 100インチ【m】
100インチワイド【m】 エコマーク 
認定番号

LSPX-P1のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

ソニー LSPX-P1の基本スペック

ソニー(SONY)

ソニー SONY プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1

価格:71,342円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ソニー(SONY) 商品名 プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ LCOS(反射型3LCD)
最大輝度 100ルーメン アスペクト比
映像入力端子 サイズ 幅81x高さ131x奥行131 mm
重量 930g 40インチワイド(投影距離)
60インチワイド(投影距離) 80インチワイド(投影距離) 28cm
100インチワイド(投影距離)

ソニー LSPX-P1のおすすめポイント

壁際に置くだけで最大80インチの映像を映し出せる

LSPX-P1は、ソニーが独自開発した小型超短焦点レンズや光学モジュールが搭載されています。これにより、壁際に置くだけで、22インチから80インチまでの大きさの映像を、壁などの空いたスペースに投与できます。

 

具体的には、壁にぴったりくっつけた状態でも22インチ、壁から28cm離すだけで80インチの画面を映し出すことができます。なお、壁だけでなく、テーブルや床面などにも画面の投与が可能です。

無線での接続のため別の部屋でも視聴できる

LSPX-P1本体(プロジェクター)は小型ですが、バッテリーとスピーカーを内蔵しており、持ち運びも楽です。そして、ワイヤレスユニットと無線でつながっているため、例えばリビングにワイヤレスユニットを置いたまま、寝室に本体を持ち運んで映像を視聴することもできます。

スマートフォンを使ったシンプルな操作

リモコン操作などのプロジェクター本体の操作には、スマートフォンに専用のアプリケーションをインストールして使用します。操作は、映像コンテンツを楽しめるように極力シンプルな設定になっています。

いろいろなコンテンツを楽しめる

LSPX-P1はまた、画像をポスターのように楽しめるポスター機能や、時計や現在の天気を表示する機能もあります。また、Bluetooth Low Energy対応スマートフォンがあれば、本体の電源をオン・オフしなくても、スマートフォンが近づくと自動的にコンテンツを再生してくれます。

ソニー LSPX-P1の悪い点をレビュー

外部スピーカーが使えない

LSPX-P1は、プロジェクター本体にスピーカーが内蔵されていますが、本体の音声ではやや物足りないようです。特に映画などでは、臨場感を味わうために外部スピーカーを使いたいところですが、Bluetooth接続ができず音声を飛ばすことができない、との声がありました。

スマートフォンとの接続が悪い

LSPX-P1は、音量の調整などの操作は専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンを使用しますが、操作する際、スマートフォンとプロジェクターの接続状態が悪いとの声もありました。

 

操作は本体だけではできないため、接続できないと何もできず、お手上げ状態と言うユーザーもいました。

光量が不足している

壁などに投影させた時に、光量が不足しているとの声が多くありました。日中で外が明るい状態だと、カーテンを閉め切ってさらに部屋の明かりを消してもはっきりと映らないため、周りが暗くなった夜に照明を完全に落とした状態でないと使えないようです。

 

そのため、多人数で視聴するような場面には向いていないかもしれません。

壁が限りなく平面でないと見づらい

LSPX-P1は超短焦点プロジェクターのため、投影する壁などが真っ平な状態でないとまともに映らない、という声がいくつかありました。わずかな凹凸でも波打ったような画像になってしまい、ちゃんと見られないようです。

 

専用のスクリーンを購入しようと検討したものの、高価なので手が出ず、困ってしまったとの声もありました。

ソニー LSPX-P1の良い点をレビュー

小さくて持ち運びに便利

プロジェクター本体は小さくて軽く、持ち運びも便利との声が多くありました。投影面への設置も簡単なようです。ユーザーによっては、指2本でも持てるとのことでした。

狭い部屋でも投影できる

広いリビングだけでなく、手狭な部屋でも距離に関係なく投影できる点が手軽、との声もありました。個室など自分専用の小さなスペースでも見られたらうれしいですよね。ワンルームの部屋にも使えそうです。

動作音が静か

動作音は静かとの声が多くありました。そもそも超短焦点のため、視聴位置から離れれば音は聞こえにくいものの、近づいてもかすかにファンの音が聞こえる程度であり、気にならないレベルのようです。

コスパが優れている

販売価格に対し、コスパが優れているとの声がありました。小型で軽量、壁際に近接した配置で最大80インチもの巨大な映像を投影できる製品は他にない、との評価です。また、プロジェクターの新しい活用方法を提案する画期的な製品である、と絶賛するユーザーも居ました。

ソニー LSPX-P1の口コミを集めました

画面は予想以上に暗い。 ちょっとした振動ですぐ画面が消える スマホと接続できないときがある。つながらないと何もできない。 金どぶに捨てた気分だ

出典:https://www.amazon.co.jp

画面の暗さや、スマホとの接続の悪さに閉口している様子です。スマホと接続できないと本体の設定などができない点は、改善の余地がありそうですね。

本体がとてもコンパクトで置き場に困らないのが最大の強みでしょうね。ただし拡大縮小がほとんどできず置き場所の距離でしか調節できないのが不便に感じました。 また、あまりにも光量が不足しています。少しでも陽がある状況だとカーテンを締め切って部屋の明かりを切ってもぼんやりとしか映りません。まともに使うには陽が沈んでから、または陽が届かない部屋で照明を完全に落とした状態でしか使えないでしょう。人が集まり少しくらいの明かりが必要な発表会会場などの場で使うには力不足で向かない感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトさを評価しつつも、拡大や縮小ができない点に不便さを感じています。また、光量不足にはかなり不満を感じている声です。外も真っ暗な夜で、しかも部屋の中も明かりを完全に消していないと、ちゃんと見られないようです。

初プロジェクターなので勿論使い方は皆無。 簡単だけど、簡単な事も知らない自分には不親切を感じた一行。 壁際に置き場のない我が家ではあのスタンドの利用価値が分かった。 取り敢えず時計を表示してみました。 電気代が心配になって調べてみましたが、ヘルプに記載されている消費電力(32w)で計算したら 1時間で1円程度。 とは言え、ずっと点けっ放しにすると1日24円、30日で720円。 馬鹿にならない。 それとも時計表示だけなら、もっと安いのかな。 そう言う情報も欲しいですよね。 投写された映像はオートフォーカス機能付きで、そこそこ綺麗。 想像以上。 寿命が約5年くらいと何処かで見た。 高額な割に短い気がする。

出典:https://www.amazon.co.jp

マニュアルは、プロジェクターの知識がない者にも、簡単で分かりやすい説明が望まれるようですね。時計表示などを使い、ずっとつけっ放しにする必要がある状態では、電気代が結構かかってしまうようです。また寿命が5年では、あまり長くないということに心配している様子です。

映像は、部屋を暗くしないとハッキリ映らなかったです。 また、超短焦点の投影のため、投射面のデコボコの影響をかなり受けるので、まっ平らな白い壁やスクリーンに映せるなら良いですが、投射面がデコボコしていたり、ゆがんでたるすると、影が目立ちました。 デコボコした壁に映すとモザイクの様になりましたが、逆に面白いかも知れません。 音声は基本的に、プロジェクター本体のスピーカーからしか出せません。 音量に不満はありませんでしたが、やはり音質は気になります。 BluetoothかAUXケーブルで、外部スピーカーと接続できると良かったです。 あと、投影する画面の大きさと位置は、プロジェクター本体を動かさないと調整ないです。 やはりある程度のズームと投影位置の調整は、本体を動かさなくてもできたほうが嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

光量の不足について、やや不満のようです。また、投射面が真っ平でないと凹凸が目立つ点についても指摘しています。音について、プロジェクターからしか出ないため、こちらもやや不満に感じ、外部スピーカーと接続できるよう要望しています。それと、拡大縮小の調整は、本体を動かす必要なくできるよう、こちらも要望がありました。

家の中でどこでも使える簡単に持ち運べる、このモバイル感はかなりいいと思います。 送信機も繋ぐだけでとっても簡単、HDMIセレクターを入れれば複数機器使えます。ウチはps3でnasne、mac、AppleTVと切り替えも簡単に見れます。 壁、テーブルがこんな簡単に画面になる、使い方によっては天井もいけそうです。ウチは部屋が暗いのでけっこう綺麗に映ります。 アプリの使い勝手もいいです、ポスター機能で何もない壁に窓ができます。ただ、iPhoneの写真はいけますが動画が対応してないファイルとなり見れません。 あと、残念な点は音ですね… iPhoneより音質が残念…

出典:https://www.biccamera.com

家の中で持ち運びができたり、アプリの優れた使い勝手についても絶賛している声です。それだけに、音質がいまいちな点を非常に残念がっているようです。

色再現性は低(i1で計測。色再現性が低くて問題にならない用途限定) また短焦点プロジェクタ共通の弱点であるスクリーン平滑性への要求が厳しい。安い壁掛けスクリーンでは画がゆがむため真っ白で平らな壁がなければ購入すべきではない。(※Googleなどで短焦点プロジェクタ用のスクリーンを検索して弱点を知っておくべき) 逆に平らな面があれば投影距離がほぼ不要なため大変快適。

出典:https://review.kakaku.com

スクリーンは、真っ白で平らな壁でなければ画像がゆがむ点が難点のようです。 また、スクリーンが平らな面でないと購入する価値がない点も指摘しています。

【静音性】 静音性は問題ない。超短焦点のため視聴位置から離れるので、気になるほどの音は聞こえない。 【サイズ】 本体は小さく軽いので、投射面への設置は簡単である。 付属の入力ユニットも小型軽量なので、置き場所に困ることはないと思う。

出典:https://review.kakaku.com

静音性については問題ないとの声です。また、サイズは小さめで軽く、付属の入力ユニットも小型で軽量のため、置き場所を選ばない点も気に入られているようです。

真っ白な壁に投影して観ていますが 大画面で 子供たちは 映画館の様だとこう分気味です。 自動でピントを合わせてくれるので 本体をポンと置くだけで 簡単に観ることができます。 時計や写真も投影できますが、主にドラマや映画を観ています。 手狭な部屋でも 距離関係なく投影できる手軽さがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

大画面で観られる点は映画館のよう、と子供たちにも人気のようです。ピントを自動で合わせてくれる点も良いようです。手狭な部屋でも、手軽に投影できる点についてもプラス評価をしていますね。

色の綺麗さ、光の量ともに十分です。部屋は暗いほうが勿論綺麗ですが、ある程度明るくても大丈夫ですね。 パソコン、テレビ、スマホのコンテンツをワイヤレスに写せるので、練るときにベッドに寝転んだ状態で天井に映し、映画を見つつそのまま入眠、という毎日です。

出典:https://www.amazon.co.jp

色が綺麗で光の量についても満足の声です。パソコンをはじめとする各コンテンツをワイヤレスに写せる点も気に入っているようです。ベッドに寝転んだ状態で天井に映し出し、映画を観ながら眠るのはぜいたくかもしれません。

この価格帯でこれだけ小型軽量かつ壁際に近接した配置で巨大な映像を投射できる製品は他に知りません。唯一無二の製品であり排熱や設置場所、使用時映像を遮る人・モノを気にする必要の無さに依る快適さ、まさに新しいプロジェクターの活用方法を提案してくれる画期的な製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型で軽量、壁際への設置で大画面を投影できる点を絶賛しています。画期的なプロジェクターで唯一無二の製品であり、非の打ちどころがないとの声でした。

LSPX-P1とVPL-HW60の違い

ソニー

ソニー フルハイビジョンホームシアタープロジェクター VPL-HW60B(ブラック)

価格:198,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LSPX-P1とVPL-HW60Bは見た目から全く違いますが、VPL-HW60Bは従来型のプロジェクターであるのに対し、LSPX-P1は、それまでのプロジェクターとは一線を画すタイプであるためです。

 

まず見た目から異なります。VPL-HW60Bは据え置きタイプですが、LSPX-P1は手のひらに乗るほどのコンパクトなポータブルタイプです。重さで比べると、VPL-HW60Bは9kgありますがLSPX-P1は0.93kgと、約10倍の違いがあります。光源も両者異なり、VPL-HW60Bは水銀ランプ光源ですが、LSPX-P1はレーザー光源です。

 

両者の性能で大きく異なる点ですが、まず80インチの映像を見るための投影距離は、VPL-HW60Bは2.03m必要ですが、LSPX-P1は短焦点レンズのため、たったの28cmで済みます。対して、最大輝度の方は立場が逆になります。VPL-HW60Bは1800ルーメンありますが、LSPX-P1は100ルーメンと、比較してもかなり暗めです。

 

実際、口コミなどでも、LSPX-P1は光量が足りないとの声も多くありました。その他の両者の利点としては、VPL-HW60Bは動作音が22dBと静音で、また3Dに対応していること、LSPX-P1は本体にバッテリーやスピーカーも搭載しており、ワイヤレス接続により持ち運んで使用できるという点です。

 

各々、タイプが異なるため、性能面では比較しづらいですが、コンパクトサイズでまた超短焦点のため場所をとらない斬新なLSPX-P1か、従来の据え置き型プロジェクターで3Dにも対応しているVPL-HW60Bか、用途によって分かれるところでしょう。

LSPX-P1 VPL-DX220 違い

ソニー

ソニー データプロジェクター VPL-DX220

価格:57,010円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VPL-DX220はポータブルタイプながら、従来型のプロジェクターのため、LSPX-P1とは見た目も大きさも全く異なります。LSPX-P1はそれほど、今までにない斬新で革新的な製品であるとも言えましょう。

 

それでもVPL-DX220は比較的コンパクトで、重さも2.7kgと軽量タイプです。LSPX-P1はさらにこの約3分の1である0.93kgなので、そのコンパクトさが想像できるでしょう。光源も両者異なり、VPL-DX22は水銀ランプ光源ですがLSPX-P1はレーザー光源です。

 

両者の大きな違いは、VPL-HW60Bとの比較と同様、投影距離と最大輝度です。80インチの映像を見るための投影距離は、VPL-DX220は2.42~2.88m必要ですが、LSPX-P1は短焦点レンズのため、たったの28cmで済みます。対して最大輝度の方は逆に、VPL-DX220は2700ルーメンありますが、LSPX-P1は100ルーメンと、比較してもかなり暗めです。

 

なお、最大輝度に関しては、VPL-DX220は業務用またはスクール用のためより高く設定されており、比較はしにくいかもしれません。両者間は、やはりタイプが異なり、性能面などで比較しづらい面があります。

 

どちらもポータブルタイプですが、より持ち運びが簡単で狭い部屋でも見られるLSPX-P1か、会議室などの大きな部屋で、ビジネス用等として、大人数の視聴にも耐えられるVPL-DX220か、選択肢が分かれるところでしょう。

ソニー(SONY)

ソニー SONY プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1

価格:71,300円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニー プロジェクター ポータブル LSPX-P1の商品概要やおすすめポイント、口コミ、レビューと、同じソニーの関連商品との比較結果などについて紹介してきました。LSPX-P1は従来型のプロジェクターの常識を覆す、全く新しいタイプのプロジェクターです。

 

超単焦点レンズなどの機能により、壁にくっつけた状態でも22インチの画面を、また壁から28cm離すだけで80インチの迫力ある大画面を映し出せます。またプロジェクター本体は、手のひらサイズでスピーカーやバッテリー内蔵、かつワイヤレス接続により、別の部屋に持ち運んで視聴することも可能な、画期的な商品です。

 

一方で、光量が足りず真っ暗にしないと見られないとの声や、音量などの通常の設定は、アプリをダウンロードしたスマートフォンからしか使えず、接続できない時もあって不便との声もあるなど、マイナス面もありました。

 

そういったマイナス面を差し引いても、片手でも持ち運びできて他の部屋でも視聴が可能な点や、壁際に設置しても投影でき、狭い部屋でも視聴が可能な点など、他のプロジェクターでは真似のできないタイプの商品です。

 

コスパも良く、一般家庭でももちろん1人暮らし用の部屋でも十分使える、人を選ばない万能なプロジェクターと言えましょう。