Wi-Fiプロジェクターおすすめ15選!スマホの映像を手軽に大画面で!

Wi-Fiプロジェクターはスマホとの連携もできるので使い勝手もよくとても便利です。中にはアプリを利用できるものもあり豊富な動画コンテンツが手軽に大画面で楽しめます。この記事ではおすすめのWi-Fiプロジェクターのおすすめ15選を紹介します。

プロジェクターは手軽に映像を大画面で楽しめる、人気の便利アイテムです。Wi-Fi機能付きのものであればスマホを使って操作でき、手軽に鑑賞できるため特に注目を集めています。種類も豊富でお家でホームシアターが楽しめるものやビジネス用までさまざまです。

 

魅力的なので購入を検討する方も多いですが、Wi-Fi機能付きプロジェクターは選ぶ際に注意するべきポイントも多くあります。そのため何を確認して選べば自分に合っているものを見つけられるのかわからないという声も多いです。

 

この記事ではおすすめのWi-Fiプロジェクター15選を紹介します。メリットや選び方、人気のメーカーなども解説するので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!Wi-Fiプロジェクターのおすすめ15選

Wi-Fiプロジェクターには多くのメリットがあります。さまざまな場面で活用でき1台あればきっと重宝すること間違いなしです。ここではそんなWi-Fiプロジェクターのメリットを解説します。

コードレスで見た目もスマート

Wi-Fiプロジェクターは、Wi-Fiを利用してワイヤレスで接続をするためコードレスで見た目もスマートです。また、コードが絡まったりする煩わしさもないためストレスフリー。コンセントの位置なども気にする必要もなく自由に移動も可能で設置場所の心配もありません。途中で位置の調整をしたい場合も快適です。

プロジェクターから離れていても簡単操作が可能

Wi-Fi機能付きのプロジェクターなら本体から離れていてもスマホから操作ができます。トイレに行きたい時も手元で一時停止や再生などができ快適です。

 

使い勝手のよさが抜群なのでどんなシーンにも活躍してくれます。遠くに座ったままでも自由に操作ができるのでいちいち立ち上がる必要もなく映像に集中することができます。

動画アプリが利用可能なモデルもある

Wi-Fi機能付きプロジェクターの中にはYouTubeやNetflixなどのアプリが本体にインストールされているものやHuluなどもインストールが可能な機種もあり、本体だけで動画の投影が可能なため注目されています。いつでも手軽に大画面で好きなユーチューバーの動画が迫力満点で楽しめるのは魅力的ですね。

プロジェクターには家庭用とビジネス用がありますがどのような違いがあるのか知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは家庭用とビジネス用のプロジェクターの違いについて解説します。

家庭用

家庭用のプロジェクターはテレビ番組や映画などの娯楽用の動画の鑑賞を想定して作られているため、画質へのこだわりが強いアイテムが多いのが特徴です。安いものであれば1万円以下でも購入することができます。

 

接続端子が搭載されていて解像度が高いものであればより鮮明な映像を体感できます。投影画面の細かな調整が可能なレンズシフト機能付きのものであれば、正面以外からの投影でも歪みのない綺麗な映像を楽しむことが可能です。

ビジネス用

ビジネス用のプロジェクターは会議などのビジネスシーンにも対応できるように暗い部屋でも見やすく快適な明るさを重視した造りが特徴です。安いモデルであれば3万円前後から購入できます。

 

広い設置場所がなくても綺麗に投影が可能な短焦点プロジェクターやコンセントに繋ぐ手間が不要でバッテリーを内蔵したモバイルプロジェクターなどがあります。コントラスト性能が高いものであればグラフなどの比較資料も見やすいので便利です。

今すぐ見る!Wi-Fiプロジェクターのおすすめ15選

Wi-Fiプロジェクターを選ぶ際は確認するべきポイントがたくさんあります。ここではWi-Fiプロジェクターの選び方を解説します。自分の利用場所や用途を思い返しながらぴったりのものを見つけましょう。

パネルタイプで選ぶ

プロジェクターのパネルタイプは主に「液晶パネル」「DLP」「LCOS」の3タイプに分類されます。それぞれメリットデメリットが異なるため自分に合ったタイプがどれなのかをしっかりと確認しておきましょう。

安さ重視なら液晶パネル

安さを重視するなら液晶パネルのものがぴったりです。液晶パネルは色の表現力に優れており、赤・緑・青の三原色に光を分解して投影する方法です。種類も多く幅広いアイテムの中から選ぶことができます。あまり画質が良くないというのがデメリットですが、最近は解像度が高く綺麗な映像を楽しめるものもあります。

バランスの良さならDLP

DLPは光を鏡の反射を利用して投影する方法です。コントラストがはっきりとしていて比較的画像が綺麗というメリットがあります。シンプルな構造でコンパクトで軽量さに優れているというのも特徴です。デメリットとしてはレインボーノイズという残像が残りやすいという点があげられます。神経質な人にはあまり向きません。

高画質を求めるならLCOS

LCOSは性能の高い液晶タイプともいえる方式です。DLPは鏡で反射させるのに対しLCOSは液晶を利用した反射で投影します。コントラストにも優れており解像度も高いので鮮明ではっきりとした綺麗な映像を楽しむことができます。しかし値段が高価で本体のサイズも大きいのがデメリットになりがちなので上級者向けといえます。

設置スペースで選ぶ

プロジェクターを選ぶ際は設置スペースに合わせて選ぶことがとても重要です。ここをてきとうに選んでしまうと失敗のもとになるので注意が必要です。自分が想定する利用場所を考えながら慎重に選びましょう。

余裕があるならホームプロジェクター

設置スペースに余裕がある場合は、一般的な投影が可能なホームプロジェクターが最適です。スクリーンから離れた場所にプロジェクターを設置して使用するので映像を大きく大画面に投影することができます。臨場感の感じられる迫力映像を求める場合やホームパーティーなどで大人数での鑑賞の際にも便利です。

余裕がないなら短焦点プロジェクター

ひとり暮らしなど小さめの部屋での使用で設置スペースに余裕がない場合は、スクリーンとの距離が短くても映像を大きく映し出すことができる短焦点プロジェクターがおすすめです。場所を気にせず気軽に使用ができるため使い勝手も抜群です。コンパクトなものも多く持ち運びもしやすいので使用場所も選びません。

映像の美しさで選ぶ

プロジェクターは映像の美しさも肝心です。プロジェクターの映像の美しさを左右するポイントは主に「画質」「解像度」「コントラスト比」です。綺麗な映像を求める場合はこの3点に注目してみましょう。

画質はハイビジョン以上を選ぶ

プロジェクターの画質はハイビジョン以上を選びましょう。ハイビジョン以下のものを選んでしまうと映像が粗かったりぼやけたりノイズが入ったりと見にくく、せっかくの動画などの映像コンテンツを十分に楽しむことができません。プロジェクターを購入する前に、しっかりと画質をチェックして綺麗な映像を満喫しましょう。

解像度にも注目

解像度とは映像を映し出す際の点の細かさを表す数値で解像度が高いほど点が細かく繊細でなめらかな映像になります。この解像度が低いとぼやけたような見にくい映像になります。映像の綺麗さに大きく関わるので要チェックです。解像度は1920×1080以上の数値が高いものを選ぶのがおすすめです。

暗い部分の綺麗さを左右するコントラスト比もチェック

プロジェクターはコントラスト比によっても映像の見やすさに差が出ます。コントラスト比とは暗い部分と明るい部分の明るさの比率のことで、このコントラスト比が大きいほどくっきりと鮮明な見やすい映像を映すことができます。特にビジネスシーンなどでグラフを示したい場合などにコントラスト比が高いと見やすいです。

アスペクト比は16:9のものがおすすめ

アスペクト比とは投影する映像の縦と横の長さの比率のことです。16:916:10のものアスペクト比のものが主となっています。一般的な動画や映画などのコンテンツは16:9のものがほとんどです。

 

なので、DVDなどの映画や動画での利用が多いプロジェクターの場合、アスペクト比が16:9のものを選ぶのがおすすめだといえます。

音質重視なら内蔵スピーカーの性能も要チェック

臨場感やインパクトのある映像を楽しみたい場合は音質も重視するのがおすすめです。内蔵スピーカーの性能は最大音量を左右するW数に注目しましょう。W数の数値が大きいほど大きな音量を出すことが可能です。

 

部屋の広さにもよりますが10帖以下の部屋で使用する場合は5~15W広めの室内での使用なら20W以上あれば迫力のある十分な音を体感することができます。

Wi-Fiプロジェクターはあると便利な嬉しい機能を備えているものもあります。購入後の使い勝手にもかかわってくるので、ぜひ自分の用途に合わせて必要な機能をチェックしてみてください。

補正機能付きなら台形ゆがみも解消

補正機能付きのWi-Fiプロジェクターなら、映像の台形ゆがみを補正することができ綺麗な長方形の映像を映し出してくれます。また、補正機能には「タテ台形補正」と「ヨコ台形補正」の2種類の補正方法があります。上下・または左右の斜めから投影しても綺麗な長方形に見えるように補正をしてくれるため鑑賞中の邪魔にならないというメリットもあり便利です。

ファンの音が静かなものならストレスフリー

プロジェクターは使用中の冷却ファンの動作音が静かで静音性が高いと快適でストレスフリーに使用ができます。ファンの音がうるさいとせっかくの映画の雰囲気の妨げになり気が散ってしまいます。

 

静音性は騒音レベルを表すdB(デシベル)で確認ができます。中には30dB以下の静音設計のプロジェクターもあるので音を最小限に抑えたい場合に注目してみましょう。

Wi-Fiプロジェクターを扱うメーカーは多く存在します。メーカーによって扱うプロジェクターの特徴や得意分野もさまざまです。ここではその中でも人気のメーカーについて解説します。それぞれの特徴を把握して、目的に合ったメーカーを見つけましょう。

EPSON(エプソン)

EPSONはビジネス用のプロジェクターをメインに販売しています。長い間トップクラスのシェアを獲得し国内外からの人気も高いです。ビジネス用に便利な機能を搭載しており、高画質で映像も綺麗で使い勝手も抜群なのが魅力です。家庭用のものも取り扱っており機能性が充実していてバランスもよく初心者でも扱いやすいです。

Anker(アンカー)

Ankerは4Kなどの高画質やサラウンドサウンド技術を搭載したスピーカーで迫力のある高音質が楽しめるプロジェクターが多いのが特徴です。ラインナップも豊富で、小型で持ち運びにも便利なモバイルバッテリー式のものにも優れています。さまざまなストリーミングやアプリにも対応しており幅広い動画コンテンツが楽しめるのも魅力です。

BenQ(ベンキュー)

BenQは台湾の電機メーカーでお手頃価格なプロジェクターが多いのが特徴です。短焦点タイプやモバイル型などラインナップも豊富に揃っており、希望に合ったプロジェクターを見つけやすいです。ゲーム用としても最適なプロジェクターも多数販売しており、さまざまな用途に対応してくれます。ビジネスよりも映画鑑賞やゲームなどの娯楽用としての利用におすすめです。

家庭用

ベンキュージャパン

EW800ST

価格:75,747円 (税込)

立体物投影3D機能対応で迫力の3D映像を楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短焦点タイプのプロジェクターで狭い場所での使用も快適です。スマホをリモコン代わりに使用できるので遠く離れた場所でも操作が手軽にできます。エコスマモード搭載で省エネにもなりバッテリー持ちもばっちりです。立体物投影3D機能対応で3Dメガネがあれば迫力の3D映像を楽しむことも可能です。AndroidOS対応で使い道も幅広く対応します。

 

スペック詳細はこちら

パネルタイプ 最大輝度 3300 lm
アスペクト比 16: 10 映像入力端子 HDMI 2.0、mini D-Sub 15pin
サイズ 25 x 29.6 x 12 cm 重量 2.6 Kg
Anker

Nebula Capsule II

価格:59,800円 (税込)

YouTubeやAmazon Prime Videoなど5,000以上のアプリに対応

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界初 Android TV搭載モバイルプロジェクターでYouTubeなど5000種類以上のアプリケーションに対応。さまざまな動画コンテンツを楽しむことができおうち時間がより充実します。コンパクトで持ち運びをしやすく使用場所も選びません。約10時間の長時間連続再生が可能なのでアウトドアにもぴったりです。Wi-FiだけでなくBluetoothなどの接続方法にも対応しており周辺機器との相性も抜群です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ DLP 最大輝度 200ANSIルーメン
アスペクト比 16:9 映像入力端子 HDMI 1.4(最大1080p入力),USB-C,AUX.USB-A
サイズ 8 x 8 x 15 cm 重量 739.36 g
エプソン

dreamio EH-TW650

価格:119,980円 (税込)

用途に合わせて映像モードに変更可能で最適な映像を楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルHD解像度で画質のよさも十分で綺麗な映像を楽しむことができます。ピタッと補正機能搭載で斜めからの投影も安心です。コンパクトかつ軽量さも兼ね備えた持ち運びしやすい仕様なのも嬉しいポイントです。シネマやゲームなど用途に合わせて映像モードに変更可能で最適な映像を楽しむことができます。明るい部屋での使用でも見やすく鮮明な映像を満喫することが可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 3LCD 最大輝度 3100ルーメン
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 30.2 x 25.2 x 9.2 cm 重量 2.7 Kg
FunLogy

X-03

価格:39,800円 (税込)

90°回転ヘッドで天井への投影で寝ながら快適に使用可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

400gの軽量で持ち運びにも便利です。90°回転ヘッド搭載で天井にも投影することができ寝ながら快適に好きな映像を見ることもできます。Wi-Fiがない場所でもミラーリング可能で便利です。明るさ調整機能や反転機能など便利機能も充実しており使い勝手も抜群です。自動台形補正機能付きなので調節の手間がなく操作も簡単に行えます。

 

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ DLP 最大輝度 1000ルーメン
アスペクト比 16:9/4:3 映像入力端子 HDMI、USB2.0、microSD
サイズ 19.9 x 12.8 x 10.5 cm 重量 630 g
エプソン

ドリーミオ EF-12

価格:124,800円 (税込)

360°どこにでも投影可能で置き場所も困らず便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマハ製スピーカー付きでシーンに合わせて音声モードを設定でき、映像だけでなく高音質で好きな動画を満喫できます。AndroidTV機能搭載モデルでYouTubeなどの動画アプリが幅広く楽しめます。360°どこにでも投影が可能なので置き場所にも悩みません。コンパクトでおしゃれなデザインなのでインテリアとしても馴染みます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 最大輝度 1000 lm
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 17.5 x 17.5 x 12.8 cm 重量 2.1 Kg
ソニー(SONY)

LSPX-P1

価格:48,800円 (税込)

超短焦点タイプでかなり狭いスペースしかなくても安心

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超短焦点タイプなので置き場所がかなり狭いスペースしかないという場合にも映像を十分大きく映し出すことができ快適です。手のひらサイズのコンパクトさからは想像できないパワフルな高性能です。別売りのブルーレイレコーダーと接続すれば録画した映像などを視聴することもでき活用の幅も広がりますシンプルな見た目でお部屋にも馴染みます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ SXRD 最大輝度
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 13.11 x 8.1 x 13.11 cm 重量 2.56 Kg
ベンキュージャパン

GV1

価格:31,980円 (税込)

傾斜を調整可能でセットアップもお手

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5Wスピーカー搭載で音質も高性能です。どんなシーンにもぴったりで持ち運びも楽々です。スピーカーにもなるので音楽を楽しむこともできます。迫力の大画面でゲームや映画もスリルを体感できます。傾斜を調整可能でセットアップもお手軽なので使い勝手もばっちりです。アプリのインストールもでき、幅広い映像庫運転つを満喫可能です。早い動作で操作も快適です。

 

スペック詳細はこちら

パネルタイプ 最大輝度 200ルーメン
アスペクト比 16:9 映像入力端子 USB-C, HDMI
サイズ 8 x 8 x 15.5 cm 重量 708 g
エプソン

ドリーミオ EH-LS300B

価格:239,800円 (税込)

3600lmで暗い部屋での使用も明るく見やすい映像を投影

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3600lmで暗い部屋での使用も明るく見やすい映像を投影してくれます。 ヤマハ製高音質スピーカー付きで音質も文句なしの高音質です。超単焦点モデルなので狭い部屋での使用も問題ありません。最大120インチのワイド画面で臨場感のある感動的な映像コンテンツを楽しむことが可能です。スタイリッシュでおしゃれなデザインなのでインテリアとしてもばっちりです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 最大輝度 3600 lm
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 40 x 46.7 x 13.3 cm 重量 7.2 Kg
Anker

Nebula Astro

価格:29,990円 (税込)

部屋の壁や天井への投影もでき使用場所を選ばない便利さ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Android搭載でAmazonPrimeVideoやNetflixなどの数多くのアプリにも対応します。ペアレンタルコントロール機能搭載でお子様の使用時間の制限も可能です。りんごと同じサイズで手軽に移動や持ち運びができます。部屋の壁や天井への投影もでき使用場所を選びません。専用アプリを使えばスマホをリモコンとして使用も可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ DLP 最大輝度 100ANSIルーメン
アスペクト比 16 : 9 映像入力端子 HDMI 1.4
サイズ 8.92 x 8.2 x 9.12 c 重量 約380g
Anker

Nebula Cosmos

価格:79,980円 (税込)

最大120インチ投影可能なワイド画面でインパクト大

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AndroidTV9.0搭載で豊富な動画コンテンツを楽しめます。最大120インチ投影可能でワイドな画面でインパクト大な映像を体験できます。オートフォーカス機能搭載でブレのない綺麗な映像を楽しむことが可能です。20Wスピーカー内蔵なので大音量で臨場感も感じられます。ズームイン機能付きでアップしたいシーンの操作もばっちりです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 最大輝度 900ANSIルーメ
アスペクト比 16 : 9 映像入力端子 HDMI x 2 / USB-A x 2
サイズ 28.9 x 19.8 x 9.2 cm 重量 1.5 Kg

ビジネス用

エプソン

EB-1795F

価格:104,480円 (税込)

明るさも抜群で会議などでの利用にも最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るさも抜群で会議などでの利用にも最適です。軽量なので持ち運びにも便利でビジネスシーンに大活躍してくれます。解像度も高く鮮明な映像で画面の見やすさもばっちりです。コントラストもくっきりしており、グラフなどを示す際にわかりやすいのも嬉しいポイントです。ピタッと補正機能搭載で斜めからの投影も快適です。短焦点レンズ搭載なので狭い部屋でも使い勝手も問題ありません。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 3LCD 最大輝度 3,200lm
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 29.2 x 21.3 x 4.4 cm 重量 1.8 Kg
VANKYO

V630

価格:15,999円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の明るさで暗い部屋での使用も安心です。フルHDでワイドな迫力のある映像を楽しめます。 ±45°デジタル台形補正で画像がぼやける心配もなく綺麗な投影を満喫できます。 4K対応なのでより上質で鮮明な映像を体感することができます。1920×1080ネイティブ解像度でなめらかなリアルさも感じることが可能です。ゲームなど幅広い用途にも対応しておりビジネスシーン以外でも重宝します。

パネルタイプ 最大輝度 6800ルーメン
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 43.6 x 32 x 15.6 cm 重量 4.04 Kg
エプソン

EB-1780W

価格:52,000円 (税込)

スリムでコンパクトかつ軽量設計なので持ち運びも楽々

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 ピタッと補正機能付きで斜めからの投影でも快適で会議中なども邪魔になりません。明るさもばっちりで暗い部屋での使用も見やすく快適です。スリムでコンパクトかつ軽量設計なので持ち運びも楽々です。3LDC方式で色味も綺麗に表現が可能でくっきりと見やすい映像を楽しめます。短焦点タイプでスペースに余裕がなくても安心して使用できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 3LCD 最大輝度 3,000lm
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 29.2 x 21.3 x 4.4 cm 重量 1.8 Kg
WiMiUS

WiMiUS プロジェクター K1

価格:20,007円 (税込)

50%ズームが可能でプレゼンなどの際も便利

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K対応と1920×1080の高い解像度で格別の綺麗な映像を楽しめます。4ポイントデータ台形補正機能付きで正面以外からの投影にも対応します。 50%ズームが可能でプレゼンなどの際も便利です。周辺機器との相性もよくビジネスシーンも安心して使用できます。Wi-FiだけでなくBluetoothにも対応で使い方も幅広いです。スマホでの操作もできるので使い勝手も抜群です。

パネルタイプ 最大輝度 7500lm
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 26 x 23 x 11 cm 重量 3.24 Kg
エプソン

EB-2142W

価格:110,436円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 広い会議室でも十分の明るさ持ち運びに適したサイズと重量で機能性も抜群です。ピタッと補正機能搭載で横からも斜めからも投影が可能で快適に使用ができます。スマホなどの機器の映像をそのまま映し出すことができるので会議やプレゼンの際も手間がなく使い勝手も抜群です。接続インターフェースも充実しており周辺機器も安心して使うことができます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

パネルタイプ 液晶 最大輝度 4,200m
アスペクト比 映像入力端子
サイズ 38 x 38 x 17 cm 重量 3.82 Kg

Wi-Fiプロジェクターは種類もさまざまで用途に合ったものを選ぶことが大切です。確認するべきポイントも多く悩んでしまいますが慎重に見極めることが購入後の使い勝手を左右します。Wi-Fiプロジェクターがあれば映画や動画などをもっと楽しむことができます。自分に合ったWi-Fiプロジェクターを見つけて充実の映画ライフを送りましょう!