キーボードのレンタルサービスおすすめ3選|1ヶ月レンタルは可能?

キーボードがレンタルできることをご存知でしょうか。キーボードをレンタルすれば、購入前にお試しができるメリットがあります。短期間や一ヶ月だけハイスペックのキーボードを使いたいという方にもおすすめ。当記事では、キーボードのレンタルサービスについてまとめました。

2021/10/22 更新

キーボードがレンタルできることはご存じでしょうか。キーボードをレンタルすれば、購入前のお試しができたり短期間の使用をお得にできたりとメリットがたくさんあります。また、キーボードのレンタルは個人でも可能です。

 

しかし、キーボードのレンタルをしたことがない方も多いと思います。どのような業者があるのか、レンタルする前に知っておいたことがいい情報はあるのかなど不安要素もありますよね。

 

当記事では、キーボードのレンタルについてまとめました。レンタルサービスのメリット・知っておきたい情報・おすすめの業者などを解説します。キーボードのレンタルを考えている方はぜひ参考にしてください。

「個人でキーボードをレンタルしたいけど可能なの?」と不安に思っている方はいませんか。キーボードのレンタルは法人向けのサービスが多く見受けられます。しかし、業者によっては個人にレンタルもしているのでご安心ください。さらに、記事の後半では個人向けのレンタルサービスを紹介します。

キーボードをレンタルするメリットは多数あります。まずはキーボードをレンタルするメリットを解説するので、レンタルサービスを利用するか迷っている方は参考にしてください。

パソコン作業が多い方にとってキーボードの使用感は重要なポイントです。しかし、キーボードは打鍵音やタッチ音・疲れにくさなど実際に使用しなければわからないことがたくさんあります。

 

家電量販店で触ることはできますが、普段の使用環境で試したほうが確実です。レンタルサービスなら実際に自宅で使って試すことができるので、購入後の失敗を防止できます。

ハイスペックのキーボードは、購入すると高価になります。レンタルサービスなら期間によっては安く済むので、ハイスペックのキーボードでもお得に利用可能です。一時的なテレワークやイベントでの使用など、短期間だけキーボードを使いたい場合はレンタルサービスの利用を検討してはいかがでしょうか。

HHKBやゲーミングキーボードなど高級キーボードをレンタルしている業者もあります。「高級キーボードを試しに使ってみたい」「高価だからいきなり購入するのは怖い」といった場合は、ぜひレンタルサービスを活用してください。業者によってレンタルしているキーボードが異なるので、比較することをおすすめします。

レンタルできるキーボードは多数あります。どのようなキーボードをレンタルしたいか事前に決めておきましょう。ここからはキーボードの選び方を解説するので、参考にしてください。

キーボードには無線と有線があります。有線はタイピングが反映するまでの延滞がないのが特徴で、素早い操作を要求されるゲームでの使用にぴったりです。また、バッテリーの心配も不要です。無線はコードが邪魔にならないので、デスクの上をすっきり見せたい方におすすめです。

キーボードには日本語配列と英語配列の2種類があります。日本で一般的に使用されているのは日本語配列のキーボードです。「全角/半角」「カタカナ ひらがな」「無変換」「変換」などのキーがあるのが特徴です。

 

そのため、ローマ字入力であっても日本語を入力するなら日本語配列・英文の入力が主であれば英語配列を選択するのがおすすめです。また、プログラミングをする場合は英語配列を選択する人もいます。

テンキーの有無も重要です。表を作ることが多い・数字の入力が多い場合はテンキーがあったほうが作業効率がよくなります。ただし、USBで接続できる単体のテンキーも販売されているので普段はテンキーレスのキーボードを使い、必要時のみテンキーを付けるというパターンもあります。自分に合った方法を選択してください。

キーボードはさまざまなメーカーから販売されています。メーカーによって特徴も異なるので、メーカーから選ぶ方も少なくありません。

 

例えば、キーボードトップシェアの「Logicool」・リーズナブルな「サンワサプライ」・ゲーミングキーボードを多く販売している「Razer」・プログラマーに人気の「PFU」などがあります。ほかにもメーカーはたくさんあるので、自分に合ったメーカーを探してください

キーボードのレンタルサービスを提供している業者は複数あります。ここではレンティオ・モノカリ・flariiをピックアップします。

さまざまな家電をレンタルしているレンティオでは、シンプルなキーボードからゲーミングキーボードまで、さまざまなキーボードをレンタルしています。

 

レンタルしたキーボードはそのまま購入することも可能なので、新しいキーボードの購入を考えている方にもおすすめです。また、送料無料なので気軽にレンタルできます。最短当日出荷なので急ぎの方でも安心です。

PFUの英語配列キーボードと東プレの日本語配列キーボードの2種類を用意しているモノカリ。種類は少なめですが、14日間で約4,500円とリーズナブルにレンタルできます。通常の使用範囲内における故障であれば、修理費を負担する必要もないので安心です。空港やホテルでの受け取りもできるので出張の際にもおすすめ。送料は無料です。

flariiではエレコムの無線フルキーボードをレンタルしています。30日間で1,553円とリーズナブルなので、キーボード買い換えまでの繋ぎとしてもおすすめ。24時までの注文で、翌日午前中に届くというスピーディな対応も強みです。用途に合わせたアイテムをセットでレンタルできる「リモートレンタルプラン」「Windowsレンタルプラン」などユニークなサービスも注目です。

ご紹介したレンティオ・モノカリ・flariiの特徴を比較表にしてまとめました。業者比較に役立ててください。

 

 

レンタル可能期間

借りられるキーボードの種類

価格

保証

レンティオ

7泊8日~

ゲーミングキーボード・左右分離キーボードなど多数

580円~

モノカリ

2泊3日~

有線日本語配列・有線無線切り替え可英語配列

4,200円~

flarii

5日間・30日間・借りホーダイ

無線フルキーボード

777円~

-

レンタルサービスを利用するときには、「もしも使用中に壊してしまったら?」と不安がある人も少なくありません。どんなに丁寧に使っていても、うっかり壊してしまうことがあります。そのため、保証付きのサービスを使うのがおすすめです。保証付きなら故意でなければ壊修理費を請求されないので安心です。

キーボードはレンタルが可能です。レンタルサービスは購入前のお試しや短期間での利用などさまざまな用途に使えます。業者によってレンタルできるキーボードやプランが異なるので、自分に合った業者を見つけてください。

関連する記事

【最新】5,000円前後のキーボードおすすめ10選|ゲーミング用も!のサムネイル画像

【最新】5,000円前後のキーボードおすすめ10選|ゲーミング用も!

2022/01/06

【最新】サンワサプライのキーボードおすすめ7選|口コミの評判も紹介のサムネイル画像

【最新】サンワサプライのキーボードおすすめ7選|口コミの評判も紹介

2022/01/06

【徹底解説】キーボードの選び方|用途や予算に合わせたおすすめ10選のサムネイル画像

【徹底解説】キーボードの選び方|用途や予算に合わせたおすすめ10選

2022/01/06

【2022年最新】おすすめのパンタグラフキーボード16選|人気のワイヤレスものサムネイル画像

【2022年最新】おすすめのパンタグラフキーボード16選|人気のワイヤレスも

2022/01/06

【2022年最新】疲れにくいキーボードおすすめ10選|長時間のPC作業にのサムネイル画像

【2022年最新】疲れにくいキーボードおすすめ10選|長時間のPC作業に

2022/01/06

【2022年最新】人気メーカーのキーボードおすすめ10選|特徴も解説のサムネイル画像

【2022年最新】人気メーカーのキーボードおすすめ10選|特徴も解説

2022/01/06