【徹底解説】キーボードの選び方|用途や予算に合わせたおすすめ10選

キーボードの選び方が分からなくて、悩んでいませんか?ゲーミング用・静音タイプ・疲れないキーボードなど、さまざまな角度からキーボードの詳しい種類と選び方を徹底解説。また、用途別におすすめのキーボードを紹介します。キーボードの選び方で悩んでいる方は必見です。

2021/10/22 更新

キーボードは毎日パソコンを使って仕事をする方の必需品ですね。キーボードを新しく購入したいと考えているけれど、たくさんの製品が発売されているので、どれが1番自分に合っているキーボードなのかわからなくなっていませんか?

 

キーボードの種類は、「メンブレン」「パンタグラフ」「メカニカル」「静電容量無接点」の4つがあります。いずれも特徴やキーボードの打ち心地などが変わってくるので、購入を検討されている方は、実際に気になるキーボードを試してから決めてもいいでしょう。

 

本記事では、キーボードの種類や詳しい選び方。またゲーミングキーボードとの違いについても解説します。さらに、用途別でのおすすめキーボードも紹介するので、キーボードの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!【用途別】あなたに合ったおすすめキーボード

キーボードの主な種類は次の4つです。

 

  • デスクトップPCに多いメンブレン
  • ノートPCの搭載されているパンタグラフ
  • より良い打鍵感を追求するならメカニカル
  • プロ仕様の静電容量無接点

デスクトップPCに多いメンブレン

メンブレンキーボードは、デスクトップパソコンに多く採用されているキーボードです。比較的安価で手に入りやすく、種類も多くあるのが特徴。メンブレンは、回線が張り巡らされたシートを重ねており、キーを押すとカバーが接触し張り巡らされた回線によりキーを感知します。

 

全てのキーボードを1枚のシートでカバーする形状で、ラバードームを採用しているので、打鍵感はゴムのような感触です。しっかりキーを押しこむ必要があるため、素早くキーを打つというより、確実に間違えずにキーを打ちたい方向けです。

ノートPCに搭載されているパンタグラフ

パンタグラフキーボードは、ノートパソコンに多いキーボードです。メンブレンとは違い、支持構造を持っており、キーを支える仕組みです。支持構造が搭載されているので、キーの中心部を押さなくても、反応します。

 

タイピングの際に、疲れにくく高速で文字入力できることも特徴です。また薄型のキーボードが多く、持ち運びに向いています。比較的安価な商品が多いので、サブキーボードとして使用するのに最適です。

より良い打鍵感を追求するならメカニカル

メカニカルキーボードには、スプリングが採⽤されているのでキーを押した時に反発⼒が強く、打鍵感が強いキーボードです。このタイプのメリットは耐久性があり、キーパーツの交換も可能な点。そしてデメリットは重量があり、持ち運びには不向きな点です。茶軸・赤軸・青軸などの機械軸の違いによって、打鍵感や⾳が違ってきます。この後、それぞれの軸の特徴を解説します。

茶軸:オーソドックス

「茶軸」は、赤軸と青軸とのちょうど真ん中に位置する機械軸です。打鍵感は、軽すぎず重すぎず、クリック感と重さがちょうど良く万人受けするキーボードです。初めてメカニカルキーボードを使用する方にも人気があります。

赤軸:軽いタッチで疲れにくい&静音

3つの機械軸の中で、一番打鍵感が軽い「赤軸」。キーを押した時に、反発力が高くあまり力を入れずに軽くキーを押せることから、長時間のタイピングでも疲れないという意見があります。軽く押しただけで反応してくれるので、素早くキーを押す必要があるゲームにも最適です。

青軸:ゲーミング用に人気

青軸のキーボードは、3つの機械軸の中で最もクリック感が軽く、クリックしたときの音がカタカタいうことが特徴的。打鍵感が心地いいので打った感じが欲しい方や、プロゲーマーやライターにも人気があります。ただし、打鍵音が大きいので周りを気にせず入力ができる方におすすめです。

プロ仕様の静電容量無接点

静電容量無接点は、他のキーボードとは違ってスイッチに接点がありません。スイッチ内部で静電気を発生させ、感知することで入力ができます。打鍵感は比較的軽く、スプリングを利用しているため反発力もあります。

 

無接点は静音性が高く、底打ち感もありません。また耐久性が高く、ほとんど劣化しないこともメリットです。高価な商品が多く、主に高速入力が必要な仕事で使われています。

キーボードには、打鍵感だけでなくスペックでも多様な種類があります。以下では、選ぶ基準となる主なスペックの違いを紹介します。

接続方法

キーボードの接続方法には、「ワイヤレス(無線)」と「有線」の2種類があります。それぞれ特徴やメリットデメリットがあるので紹介します。

ワイヤレス(無線)

ワイヤレス(無線)のキーボードのメリットは、ケーブルなしでパソコンに接続可能なところです。ケーブルがないので、パソコン回りがすっきりします。デスク回りをすっきりとさせたい方におすすめです。

 

ただし、有線に比べて接続が不安定になる時があるので、反応が遅れるおそれがあります。また、キーボードに電池を入れたり、バッテリーを充電したりする必要があるので、電池残量を確認したり、充電したりする手間がかかるところがデメリットです。

有線

有線のキーボードは、パソコンにケーブルを接続して使用するキーボードです。直接パソコンに接続するので、接続状況が安定しキーを押したときの反応が遅れることなく使用できます。安定かつ遅延することがないので、ゲーム用に使用したい方に最適です。

 

ただケーブルを使用するので、デスク回りをすっきりとさせたい方にとっては邪魔に感じてしまうかもしれません

対応OS

キーボードを購入するときは、対応OSもきちんと確認しましょう。手持ちのパソコンに対応していなければ、キーボードが使用できない可能性があります。手持ちのパソコンに対応しているかどうかを、きちんと確認して購入しましょう。

テンキーの有無

キーボードには、テンキーがあるタイプとないタイプがあります。テンキーは数字の入力をする時にとても便利です。数字を入力することが多い方は、テンキーがあるキーボードを選びましょう。ただテンキー付きだと、キーボードが長くなってしまいます。

 

テンキーがなくても、数字を入力することはできるので、横幅が気になる方はテンキーなしを選びましょう。またテンキーだけを外付けで接続することも可能です。

静音性

キーボードを選ぶ際に、静音性を重視するのであれば、メカニカルタイプか静電容量無接点タイプを選びましょう。静電容量無接点タイプは、キーボードの中でも一番静音性に長けています。ただ高価な物が多く、気軽に手を出せないかも知れません。比較的安価で手に入れたいなら、メカニカルタイプの「赤軸」がおすすめです。

キーボード配列

キーボード配列には、日本語配列と英語配列の2種類があります。日本語配列には、「全角/半角」「変換」などのキーがありますが、英語配列にはありません。基本的には、今まで使用してきた文字配列のキーボードを選ぶ方が安心です。

 

操作方法やキーの形や大きさも少し違うので、使いにくいと感じてしまう恐れがあるからです。文字配列は、慣れているタイプを選びましょう。

今すぐ見る!【用途別】あなたに合ったおすすめキーボード

キーボードの打ち心地は、「キーストローク」と「キーピッチ」で変わります。キーストロークとは、キーを押したときの深さ。またキーピッチとは、キー間隔の長さを表します。

キーストローク

キーストロークとは、キーを押した時に底につくまでの距離のことを指します。ノートパソコンのキーボードでは、2~3mm程度が多くデスクトップパソコンでは、4mm程度のキーストロークが一般的。打鍵感が欲しい方は、キーストロークの深いタイプがおすすめです。

キーピッチ

キーピッチは、キー間隔の長さを表します。デスクトップパソコン用のキーボードは、キーピッチが19mmのものが多く、19mmがほぼ基準となっています。小型のキーボードではキーピッチが狭くなるので、手が小さい人におすすめ。

 

逆に手が大きい人はキーピッチが狭いと、押し間違いが増える原因になるので、キーピッチの広いタイプがおすすめです。

ゲーミングキーボードと普通のキーボードとの違いは、次の5点です。

 

  • キーの反応速度が速い
  • 複数のキーを同時押しできる
  • 打鍵感の良いキーボードが多い
  • メカニカルキーボードが多い
  • 耐久性がある

 

ゲーミングキーボードは、普通のキーボードと用途が少し違い、キーボードの反応速度が速く複数のキーを同時押しできる機能が重宝されます。また、ゲーム中の打鍵感の良さを求める方が多く、メカニカルキーボードが人気です。

安いキーボードと、高級キーボードの違いは、種類(スイッチング)と機能による違いです。安いキーボードでは、1万円以内で買えるキーボードが数多くあります。事務や一般的な使用には十分です。しかしゲーム用では、1万円を軽く超えてくる高級キーボードも存在します。

 

中古販売では、比較的値段が下げられた状態で販売されています。もし、「高価なキーボードが欲しいけど手が届かない」と悩んでいる方は、中古販売で目当てのキーボードを探してみてはいかがでしょうか。

メール作成や文書作成で使用する場合

キーボードを購入する際は、使用環境に応じて選びましょう。メール作成や、文書作成で使用するキーボードを探しているのであれば、比較的安価であり、静音設計の「メンブレン」や「パンダグラフ」のキーボードがおすすめです。

エレコム

キーボード TK-FDM063TBK

価格:1,386円 (税込)

安定した通信で快適に操作可能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスキーボードなので、デスク回りをすっきり保ちます。メンブレン式を採用しており、快適なタイピングが可能です。キートップの刻印は、スタイリッシュで見やすいフォントを採用。傾斜角を2段階調節可能で、自分に合った高さでタイピングができます。防水設計ではないものの、本体裏面の水抜き穴から液体を排出できる機能を装備しているので、飲み物をこぼしたら裏から排出されます。

 

詳細スペックはこちら

取扱説明書はこちら

メーカー エレコム 商品名 キーボード
タイプ メンブレン キーピッチ・キーストローク 19 mm・4.0mm
ワイヤレス対応 USB 対応OS Windows
スマホ・タブレット対応 - テンキー
キーレイアウト 日本語108 電源・電源寿命 単3電池・単3形アルカリ乾電池・単3形マンガン乾電池・単3形ニッケル水素2次電池のいずれか1本
その他機能 角度調整機能 サイズ・重量 452x41x138 mm・554 g
エレコム

有線キーボード TK-FCM108KBK

価格:1,600円 (税込)

サクサク軽い打ち心地

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

打ちやすい薄型キーボード。テンキー付きなので、数字の入力に便利です。エクセルでの作業も効率化できます。キーを押した時の重さが、従来品と比べて約18%軽くなっており、軽い力で入力可能。角度調節機能が搭載で打ちやすい角度で作業ができます。キーピッチは19mmで打鍵しやすくなっており、誤入力しにくい作りです。

 

詳細スペックはこちら

メーカー エレコム 商品名 有線キーボード
タイプ メンブレン キーピッチ・キーストローク 19 mm・2.5mm
ワイヤレス対応 - 対応OS Windows
スマホ・タブレット対応 - テンキー
キーレイアウト 日本語109 電源・電源寿命 -
その他機能 角度調節機能 サイズ・重量 441.5x33.5x127.6 mm・535 g
エレコム

Bluetoothキーボード TK-FBM111BK

価格:2,063円 (税込)

スマホ・タブレット・パソコンをマルチに接続可能な3台切替機能

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンキーレスのコンパクトキーボード。コンパクトながらキーピッチが19mmあるので、誤入力しにくくなっています。Bluetooth接続が可能で、最大3台までマルチペアリングができます。不使用時に電源オフできるので、電池の消耗を予防できます。折り畳み式タブレットスタンドが付属されているので、傾斜角を2段階まで調節できて便利。

 

詳細スペックはこちら

取扱説明書はこちら

メーカー エレコム 商品名 Bluetoothキーボード
タイプ メンブレン キーピッチ・キーストローク 19 mm・3.5mm
ワイヤレス対応 Bluetooth 対応OS Windows・macOS・iOS・android・ipadOS
スマホ・タブレット対応 テンキー -
キーレイアウト 日本語92 電源・電源寿命 単3電池
その他機能 角度調節機能・電源スイッチ サイズ・重量 364.3x42x150.8 mm・507 g
サンワサプライ

Bluetoothスリムキーボード SKB-BT22BK

価格:2,564円 (税込)

スリムながらもテンキー搭載

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タブレットやスマートフォンでも使用できるBluetoothキーボードです。省スペースながらもテンキーを配置し、超コンパクトを実現。軽快な入力感が味わえるパンタグラフ式。充電池は、繰り返し充電可能なリチウムイオン電池を採用し、電池の消耗を防ぐための電源スイッチも搭載しています。使用しない時は、立てて収納が可能で場所を取らず便利です。

詳細スペックはこちら

取扱説明書はこちら

メーカー サンワサプライ 商品名 Bluetoothスリムキーボード
タイプ パンタグラフ キーピッチ・キーストローク 19 mm・2.0±0.1mm
ワイヤレス対応 Bluetooth 対応OS -
スマホ・タブレット対応 テンキー
キーレイアウト 日本語102 電源・電源寿命 充電池・リチウムイオン電池 連続使用時間:約165時間
その他機能 角度調節機能・電源スイッチ サイズ・重量 345x19x115 mm・350 g
エレコム

キーボード ワイヤレス TK-FDP099TBK

価格:2,344円 (税込)

超薄型コンパクトキーボード

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した通信で快適に操作可能なワイヤレスキーボード。コンパクトで邪魔にならないサイズのマイクロレシーバーを採用しています。キーボードは、パンタグラフ式を採用しており、軽い力で打鍵可能。12種類のファンクションキーを搭載しており、作業効率化を図ります。外出先でも使用できるように、電池式になっています。また薄型なので持ち運びにも便利。

 

詳細スペックはこちら

取扱説明書はこちら

メーカー エレコム 商品名 キーボード ワイヤレス
タイプ パンタグラフ キーピッチ・キーストローク 19 mm・2.0mm
ワイヤレス対応 USB 対応OS Windows・mac OS
スマホ・タブレット対応 - テンキー
キーレイアウト 日本語104 電源・電源寿命 単4電池
その他機能 電源スイッチ・Mac用キー配列 サイズ・重量 367.1x21.2x127.5 mm・488 g

ゲームで使用する場合(ゲーミングキーボード)

ゲームで使用する場合、メカニカルキーボードがおすすめです。メカニカルキーボードは、他のキーボードに比べて、軽いタッチで反応したり反応速度が速かったりするためです。ここでは、おすすめのメカニカルキーボードを紹介します。

Logicool(ロジクール)

メカニカルキーボード 赤軸 K835OWR

価格:6,500円 (税込)

静音・モダンかつコンパクト

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンキーレスでコンパクトな有線メカニカルキーボード。赤軸スイッチを採用しており、軽くてなめらかな打鍵感が特徴的。ストローク音も比較的小さく、標準~速いキータッチの方におすすめです。また、長時間使用しても疲れにくい構造です。耐久性が高くスタイリッシュなデザインなので、機能性やデザインを重視される方に最適。

詳細スペックはこちら

メーカー Logicool(ロジクール) 商品名 メカニカルキーボード 赤軸
タイプ メカニカル キーピッチ・キーストローク 19 mm・4mm
ワイヤレス対応 - 対応OS Windows
スマホ・タブレット対応 - テンキー -
キーレイアウト 日本語 電源・電源寿命 -
その他機能 角度調節機能 サイズ・重量 355x36.3x127 mm・650 g
Logicool(ロジクール)

メカニカルキーボード 青軸  K835GPB

価格:6,500円 (税込)

高い耐久性

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンキーレスで、省スペースでの作業に最適。モダンかつスタイリッシュなデザインなので、機能性とデザイン性を兼ねそろえています。青軸を採用しており、カチッとしたタイピング感覚や音を楽しみたい方にはおすすめ。角度調節機能が搭載しているため、自身のタイピング角度に合わせて調節可能。高い耐久性があり、5000万回のキーストロークに耐えられます。

 

詳細スペックはこちら

メーカー Logicool(ロジクール) 商品名 メカニカルキーボード
タイプ メカニカル キーピッチ・キーストローク 19 mm・4mm
ワイヤレス対応 - 対応OS Windows
スマホ・タブレット対応 - テンキー -
キーレイアウト 日本語 電源・電源寿命 -
その他機能 角度調節機能 サイズ・重量 355x36.3x127 mm・650 g
サンワダイレクト

メカニカルキーボード 赤軸 400-SKB057R

価格:9,980円 (税込)

バックライト搭載

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽く滑らかな押し心地で、クリック感のない赤軸のメカニカルキーボード。素早く入力ができて、長時間使用しても疲れにくい設計です。LEDバックライトを搭載しているので暗い場所でもはっきりキーを確認できます。明るさやバックライトの動きを自分好みにアレンジ可能です。スタンダードな日本語配列なので、事務仕事にも向いています。

 

詳細スペックはこちら

取扱説明書はこちら

メーカー サンワダイレクト 商品名 メカニカルキーボード
タイプ メカニカル キーピッチ・キーストローク 19 mm・3.0±0.5mm
ワイヤレス対応 - 対応OS -
スマホ・タブレット対応 - テンキー -
キーレイアウト 日本語91 電源・電源寿命 -
その他機能 角度調節機能・バックライト搭載 サイズ・重量 354x22.5x127.5 mm・500 g
Razer(レイザー)

Huntsman Mini  RZ03-03390400-R3M1

価格:16,979円 (税込)

高級な静音ゲーミングキーボード

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ゲーミングキーボード。携帯性に優れており、省スペースで設置可能。高速かつ軽量で、滑らかな入力を実現しています。また摩擦の少ない操作で、高い耐久性を実現。印字が消えない工夫がされており、二次機能を確認しやすい設計です。コンパクトながら、デザイン性も高いのでとても人気が高いゲーミングキーボードです。鮮やかなライトアップで、モチベーションもアップすること間違いありません。

 

詳細スペックはこちら

メーカー Razer(レイザー) 商品名 Huntsman Mini
タイプ メカニカル キーピッチ・キーストローク -
ワイヤレス対応 - 対応OS Windows
スマホ・タブレット対応 - テンキー -
キーレイアウト 英語 電源・電源寿命 -
その他機能 角度調節機能 サイズ・重量 293.3x36.8x103.3 mm・523.3 g
東プレ(Topre Corporation)

REALFORCE R2-JPV-IV

価格:18,780円 (税込)

静電容量無接点式で静音性に長けている

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一番高級な静電容量無接点を採用したキーボード。静音性に長けており、指への負担が一番少ないタイプです。同時押しでもすべて入力されるので、ゲーム用に最適です。さらに各列に段差があるステップスカルプチャー構造により、ゲームをする際にキー入力がしやすく、快適な長時間プレイを実現しました。5000万回のキー入力耐久試験をクリアするほど、高い耐久性を実現しています。

 

詳細スペックはこちら

メーカー 東プレ(Topre Corporation) 商品名 REALFORCE
タイプ メカニカル キーピッチ・キーストローク -
ワイヤレス対応 - 対応OS -
スマホ・タブレット対応 - テンキー
キーレイアウト 日本語108 電源・電源寿命 -
その他機能 角度調節機能 サイズ・重量 455x30x142 mm・1400 g

キーボードを購入する際は、使用環境や用途によっても選ぶ種類が変わります。どんな機能が搭載されていてほしいのか、また大きさやテンキーの有無などをしっかり考えて、キーボードを選びましょう。

# 選び方