【2019年最新版】Mac用キーボードの人気おすすめランキング10選

commandやoptionなど、Windowsとは様々な違いがあるMac用キーボードですが、デザイン性に優れたApple純正キーボード以外にも様々なメーカーから、様々なモデルが発売されています。特徴などの解説を交えて、おすすめのキーボードを紹介いたします。

Windows用とMac用のキーボードの違いとは

文字入力やショートカットなど、様々な用途で必要になるキーボード。

特にWindows用のモデルは家電量販店にもたくさん売っていますがあまりMac専用のキーボードって店頭では見かけない気がします。

WindowsとMacではキー配列に違いがある為、設定用のソフトウェアなどを入れないと反応してくれないキーが存在したり、設定も手間、かつ慣れが必要な為やはりMac専用キーボードが望ましいですよね。

 

となると、やはりMacユーザーは全員純正のキーボードを使っているのでしょうか?

実はそんなことはなく、様々なメーカーから様々なタイプのキーボードが発売されています。

 

また純正モデルもワイヤレスモデルや有線モデル、テンキーの有無やカラーバリエーションなど、実はいくつかのモデルが発売されているんです。

タイピングをたくさんする人、キーボードショートカットがメインで文字はあまり打たない人、利用用途によって使い勝手は全然違いますが、それぞれのキーボードの特性なども書きつつ、おすすめモデルを紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

Mac用キーボードの選び方

Mac用キーボードの選び方はいくつかポイントがありますので以下に掲載いたします。

種類や接続方法、配列や掃除のしやすさなどのポイントがありますので、参考にしてみてください。

 

キーボードの種類で選ぶ

Mac用キーボードを選ぶとき、ざっくりと大きく分けて

・パンタグラフ

・メンブレン

・メカニカル(接点接触型)

・メカニカル(静電容量無接点方式)

と4種類の構造があり、様々な特徴があります。

パンタグラフ

主にノートパソコンのキーボードや、薄型のキーボードに採用されている構造です。

その他の構造に比べるとキータッチが軽いという特徴がありますが、いわゆる格安のキーボードなどにも使用されている構造です。

また、キーストロークが平均2mmと浅いのが特徴で、好き嫌いがわかれやすいポイントと言えます。特にタッチが力強い人にとっては打鍵感が感じられず、快適なタイピングができないといった意見も上がりやすい構造ですが、ソフトタッチな人にとっては楽にタイピングができるため、大変好まれる傾向にあります。

メンブレン

メンブレン構造は歴史の長い、以前までのパソコンのキーボードでは一般的なキーボードでした。

キーの下に1枚のシートが貼られており、全てのキーの信号を1枚のシートで受け持っています。

各キーとシートの間にはドーム型のゴムが配置されており、ゴムの力によって打たれたキーが戻るというシンプルな構造で、安価で作れることから今だに格安キーボードなどでも使用されています。

 

厳密にはパンタグラフキーボードもメンブレンと同様に1枚のシートで信号を受信するため、同じグループとなりますがキーの押し戻しなどの構造が違います。

その違いの影響はキーストロークの深さに影響しており、基本的にはメンブレン式構造は4mm程度と、パンタグラフと比較すると深いストロークになっています。

 

また、メンブレン式は構造がシンプルな為、飲み物をこぼしてしまったなど、液体に比較的強い特徴があります。またキーを取り外すときなども、パンタグラフ式はツメが折れる可能性が非常に高く推薦されませんが、メンブレン式は気軽に外すことができます。

メカニカル(接点接触型)

メカニカル(接点接触型)は、一つのキーに一つのスイッチを搭載している、スプリング式のキーボードです。

 

メンブレン式やパンタグラフ式と違い製造に手間がかかる為、比較的高級となる機種が多く、また頑丈さを求めた作りやその構造から、他のキーボードと比べると重さがだいぶあり、気軽に持ち運びをするというよりは据え置きで使うことが前提のキーボードとなります。

 

また、高級モデルなどでは各キーの「軸」を変更することができ、キータッチの感覚を変更することが可能なモデルも存在します。

メカニカル(静電容量無接点方式)

メカニカル(接点接触型)と似通った部分も多いですが、その名前通り非接触のスイッチを搭載している為、物理的な損傷が少なく寿命が長い構造となっています。

 

高速入力にも適しているため、タイピングをよく使う方や、そういった仕事のプロの現場で使用されている事が多い構造です。

有線/無線で選ぶ

キーボードとMacの接続方式には有線/無線の2種類が存在します。

無線は厳密には複数あるのですがここではまず大前提の線の有無による違いを紹介いたします。

有線キーボード

主にUSB接続で使用するキーボードです。

コードを用いて物理的に接続されている為、基本的には接続切れや動作の遅れなどはなく、安心して使用する事ができます。

最近では無線の接続安定性も向上しており、あまり頻繁にトラブルに見舞われるイメージはなくなっていると思いますが、それでもやはり有線の方が信頼できるという方も多い事と思います。

 

また当然と言えば当然ですがコードが邪魔になる事がある為、基本的には場所を固定して使用する事が前提になると言えるでしょう。

無線キーボード

Mac用キーボードの場合、iMacなどデスクトップ型のモデルを購入した際に特に指定をしなければ付属してくるのが無線タイプのキーボードになります。

USBレシーバーを使用して無線接続するタイプと、Bluetooth接続を使用するタイプにわかれます。現在はBluetooth接続のモデルもリーズナブルなものなども発売されており、細かい位置の調整や、姿勢を変えての使用などケーブルによる阻害がなく、人気を得ています。

キーボードの配列で選ぶ

キーボードの配列には大まかに分けて日本語配列(JIS)と英語配列(US)の2種類でわけられています。

双方にメリット/デメリットが存在しますので、確認の上参考にしていただければ幸いです。

日本語配列(JIS)

日本語配列のキーボードはJISと呼ばれ、文字通り日本語でのタイピングに適した配列です。特別なこだわりがない場合はかな/英数キーなどの変換キーなどの利便性が高く、日本語入力に優れたJIS配列のキーボードを使用するべきと言えるでしょう。

 

デメリットとしてはreturnキーが大きく、打ちやすい反面デザイン的には統一感が薄れる事、さらに各キーにひらがなの刻印がされている機種が多く、見た目的にはあまりかっこいいキーボードとは言えないという事が挙げられます。

また英語のみで入力をされるような使用をされる場合、変換キーが使わないのにあって邪魔という点もありますね。

英語配列(US)

英語配列のキーボードはUSと呼ばれ、文字通り英語のみの配列となっているキーボードです、先述の変換用のキーが存在せず、シンプルに日本語入力が不便という大きなデメリットが存在します。

 

しかし、スペースバーが大きめに作られていたり、returnキーが小さく作られていてデザイン的に統一感があるなど、美しいという理由からUS配列のキーボードを好まれる方も一定数います。

確かに、デザインに優れたUSキーボードを使いこなしているととってもカッコいいですよね。

 

各キーの下にひらがなが刻印されているのがカッコ悪いと思われる方も多く、ネット上ではUS配列こそがキーボードの神髄とする意見も散見されますが、一方で大きな利便性を失っているのは事実ですので、こだわりがない方はJIS配列を使用するのが良いでしょう。

掃除のしやすさで選ぶ

キーボードは手が直接触れる部分で、汚れが気になるポイントです。

またパソコン作業をしながらちょっとした飲食をされる方も多いと思われますが、ふと汚れがついてしまった時などに掃除が気軽にできるかどうかは重要なポイントとなりますね。

 

特に液体などをこぼしてしまった場合、先述しましたがパンタグラフ式のキーボードはキーを外す際にツメが折れてしまうなどのトラブルに遭遇しやすく、キーの取り外しをしての掃除には適していません。

しかし、日常の拭き掃除やブラシがけであれば、薄型のキーボードの方が凹凸が少なく掃除はしやすいといえるでしょう。

また、キー同士に隙間があるタイプのキーボードなども日常の掃除はやりやすいですね。

 

しかしながら、キーボードの奥は予想以上にホコリなどのごみが溜まりやすく、可能であれば定期的に分解清掃を行った方が良いといえるでしょう。

そういった際に掃除がしやすいのはキーが外しやすく、また外した際に掃除を阻害する要素の少ない物になります。

その他特徴で選ぶ

上記に挙げた選び方の他に、キーボードに付随する様々な特徴があります。

Mac以外にも様々なデバイスで使用できる、持ち運びに適しているなどのポイントがありますので、自分の利用環境と照らし合わせてメリットとなるポイントを見つけて選ぶのもおすすめです。

マルチデバイス対応

Macユーザーの方の中には、iPhoneやiPadなどApple製品のデバイスを複数所有されている方や、WindowsPCも別途所持している方などもいらっしゃると思います。

 

デバイス毎にキーボードを用意するのも使い分けができ快適ではあると思いますが、デスクが乱雑になってしまいますよね。

マルチデバイス対応のキーボードであれば、キーボード一つで複数の機器をカバーする事ができ、デスクをコンパクトにまとめる事が可能です。

 

基本的にはiPhoneやiPadなどのデバイスにも対応している事が前提となっている商品が多い為、Bluetooth接続の製品が多くなります。

Bluetoothの接続先を変更するスイッチが付属している製品もあるので、そういった製品を選べばスイッチ一つで切り替えができ、スムーズに入力先を変更する事が可能です。

Windows/Mac両対応

Mac/Windows両対応のキーボードならば、どちらのOSを使用しても快適にキーボードを使用する事ができます。

家電量販店などで多く陳列されているWindows用キーボードは、Macに接続することは特に問題なく可能なのですが、キー配置などの違いがあり、必要なキーボードが想定通りに反応しなかったりとデメリットが非常に多く、ソフトウェアなどで設定もできるのですが多少知識が必要かつ、手間がかかる為あまり便利とは言えません。

 

両対応のキーボードは接続するOSによって動作をきちんと想定したものにしてくれる為、いつもの感覚で使用する事ができます。

折りたたみ式キーボード

折りたたみ式キーボードは持ち運びに特化したキーボードです。

基本的にはパンタグラフ式が採用されている事が多く、キーストロークが浅くなりがちなモデルが多いですがその分コンパクトで、非常に軽い製品が多い事が特徴になります。

 

またマルチデバイス対応のものも多い為、Macbook備え付けのキーボードにトラブルが発生してしまっている時や、外出時に複数のデバイスでタイピングを行いたい時など、様々な利用ができ便利です。

普段はiPhone/iPad用として持ち歩き、何かしらのトラブル時などに、Macにも使用できるという安心感は大きなメリットですね。

Mac用キーボードの人気ランキング10選

第10位Qtuo

無線(2.4GHz)キーボード&静音マウスセット日本語配列全109キーワイヤレスキーボード

価格:2,999円(税込)

ワイヤレスマウス付きのお得モデル

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Windows/Mac/PS4に対応したワイヤレスマウス付きのキーボードです。

薄型で、キーボード、マウス共に打鍵音やクリック音が静かな事が大変好評のモデルになります。

キーストロークは浅めに作られているため、力強くパワフルにタイピングを行うタイプの方にとっては少々物足りないモデルとなる可能性はありますが、特にオフィスなどで使用する場合など、周囲への配慮が必要な場合は静かな方がいいですね。

 

ただし、こちらはキー配列はWindowsに準拠している為、ファンクションキーの動作など対応不足のポイントが見受けられます。

マウスとキーボードどちらも欲しいという方にとってお得であることは間違いありませんが、Mac専用キーボードと同等の快適さは持ち合わせていませんのでご注意ください。

種類情報なし(パンタグラフ?)接続無線
配列日本語(JIS)サイズ435×141×22mm
第9位Anker

ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

価格:2,199円(税込)

Apple純正に似たデザインの、リーズナブルなキーボード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Mac標準搭載のワイヤレスキーボードに非常に似たデザインをしており、またキー形状や、打鍵感も純正に寄せたキーボードです。

 

飲み物などのトラブルで純正が壊れてしまった際の代打として活躍してくれそうですね。

価格も安く、万が一に備えて一つ持っておくという選択もありかもしれません。

 

しかし、一つ注意点がありこちらはマルチデバイス対応モデルという事もあり、キー配列がUS仕様のものとなっています。JIS仕様の物と少々違う部分があるため、長くJIS配列で使用してきた方にとっては最初のうちは戸惑ってしまうかもしれません。

 

その点さえ克服してしまえば、価格も安く、またデザインもMacにマッチする為、非常に使いやすくお得なキーボードと言えます。

種類パンタグラフ接続無線
配列英語(US)サイズ28.4 x 12.2 x 1.85 cm
第8位EBEAUTYDAY

新型 折りたたみ式 Bluetoothキーボード 157g超軽量

価格:3,780円(税込)

持ち運びに最適な折りたたみ式キーボード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンと同等のサイズ感を持つ薄型・折りたたみのキーボードです。

バッグに入れても煩わしくならないサイズは、どこに持ち運ぶにも非常に便利な為、出先でちょっとしたタイピングを行いたい時などには最適のモデルという事ができます。

 

さらに、折りたたみ式というとキーピッチが小さく使いづらいのではないかと思われるかもしれませんがこちらの商品は一般的なキーボードとほぼ同等のキーピッチが採用されており、矢印キーなどを含む一部はかなり小さく設計されていますが、通常の文字入力においては特に問題なく使用できるかと思われます。

またキーストロークに関しても通常のパンタグラフ式同等のストロークは保持されており、ノートパソコンのキーボードなどに慣れている場合特別打ちづらいという事もなさそうです。

 

価格も比較的抑えられており、普段使いとまではいかずとも、出先でタイピングをする為にかばんに入れておいても邪魔になることはないでしょう。

種類パンタグラフ接続無線
配列英語(US)サイズ290 x 99 x 6mm
第7位Apple(アップル)

Magic Keyboard - 日本語(JIS)

価格:10,194円(税込)

デザインは断トツ1位の純正キーボード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple Magic KeyboardはiMacなどデスクトップ型のMacを購入した際に、特に指定がなければ自動で付いてくるApple純正のキーボードです。

 

旧世代の物から進化し、乾電池での動作だったものをLightningケーブルを使用しての充電式に変化し、一度の充電でさらに長く使える様に進化しています。

また非常にコンパクトであることが特徴で、すっきりとしたデスクを目指している場合、ベストに近い選択肢と言えるでしょう。

 

しかしながら価格が高い事、そして汚れに弱い事がデメリットとして挙げられます。

こちらのページを拝見されている方にも、純正が使えなくなってしまい代替品を探しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

弱点はありますが、軽いタッチでしっかりと反応してくれる事や、キーとキーの間にスペースが設けられており、誤タッチを防いでくれる構造など、クオリティは高いためおすすめできるキーボードと言えるでしょう。

種類パンタグラフ接続無線
配列日本語(JIS)サイズ279x10.9x114.9 mm
第6位Apple(アップル)

Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

価格:13,317円(税込)

Apple純正ワイヤレスキーボードのテンキー付きモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7位で紹介した純正キーボードのテンキー付きモデルとなります。

必然的に大型になってしまう為、スペースはとってしまいますが、やはりテンキーは必須と考える方も多くいらっしゃると思います。

最近までApple純正のテンキー付きモデルは有線しか存在しませんでしたが、ワイヤレスモデルが登場し、より一層便利に使う事ができる様になりました。

 

また、こちらのテンキー付きモデルは矢印キーがフルサイズになっており、より操作感が良好になっている事が特徴として挙げられます。

 

しかしながらどちらもキーストロークが浅く作られている為、メカニカルキーボードの様なストロークの深い打鍵感を求めている方にとっては少々納得のいかないモデルと言えるでしょう。

種類パンタグラフ接続無線
配列日本語(JIS)サイズ418.7x10.9x114.9 mm
第5位Logicool(ロジクール)

ワイヤレスキーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS対応

価格:2,711円(税込)

3つのデバイスをスイッチで切り替えられるマルチデバイス対応キーボード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファンクションキーに当たる部分が黄色いキーとなり、3つの黄色いキーを駆使する事で手元で入力先のデバイスを変更する事ができる、マルチデバイス対応のキーボードです。

 

またコンパクト、軽量である事も特徴で、折りたたみには及びませんが持ち運びも可能なサイズ感となっています。

独特なキーの形状もかわいらしく、どちらかというと手の小さな方や女性におすすめしやすいモデルと言えるでしょう。

手が大きめの方にとっては、丸型キーの影響から隙間も大きく、変な場所に指が激突してしまう可能性も高くなり少々扱いづらくなってしまう可能性も秘めています。

 

またキーストロークも1.5mmと非常に浅く作られている為、力を入れずにタイピングを行いたいという方にとってはうってつけのモデルと言えますね。

種類パンタグラフ接続無線
配列日本語(JIS)サイズ279x124x16mm
第4位PFU

Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac 日本語配列かな印字なし

価格:6,300円(税込)

高い性能が人気なハッピーハッキングキーボードシリーズのMac専用モデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハッピーハッキングキーボードは長い歴史を持つ高性能キーボードシリーズです。

 

メンブレン式で深いキーストロークを持ちながら、全体的にコンパクトなデザインで場所を取らず、発売されてから現在まで高い評価を受けているシリーズのMac専用モデルがこちらになります。

非常にコンパクトなモデルながら、キーピッチはフルサイズのものと同等になっており、使用感を損なうことなくタイピングを行うことができます。

 

Mac用のキー配列に加え、付属のCD-ROMに入っているソフトを使用することで、キーの割り当てを変更することが可能になっています。

 

しかし、ファンクションキーが存在せず、Fnキーと数字キーの組み合わせで入力することになる為、ファンクションキーを頻繁に使用される方にとっては少々慣れが必要なモデルとなります。

種類メンブレン接続有線
配列日本語(JIS)サイズ294x121x39mm
第3位バッファロー

フルキーボード USB接続 パンタグラフ Macモデル

価格:1,843円(税込)

低価格ながらフルサイズで打ちやすいお得モデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンキー・ファンクションキーなどのキーを網羅し、キーピッチもフルサイズといった充実の装備を持ちながらも非常にリーズナブルな価格が魅力のモデルとなります。

 

特別な機能などは有しておらず、構造もパンタグラフと一般的なものになりますがキーストロークが2.5mmと、ノートパソコンなどで採用されているものと比較すると少々深めのキーストロークが採用されており、丁度良い打鍵感が持ち味の製品です。

 

OSのバージョンなどによってはファンクションキーが想定しているように動作しないなどの問題はありますが、Karabinerというキーバインドアプリを使用することによって解決できますのでさほど問題にはならないでしょう。

 

リーズナブルながらその高い耐久性も非常に魅力的な商品で、私は5年前に購入したこちらの製品を使用していますが、今だトラブル一つなく現役で大活躍してくれています。

種類パンタグラフ接続有線
配列日本語(JIS)サイズ444×129×23mm
第2位東プレ

REALFORCE for Mac 変荷重 昇華印刷キー

価格:26,050円(税込)

キーボード界の帝王REALFORCEのMac専用モデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードに一定以上のこだわりがある方に、おすすめのキーボードは?と聞いたときにREALFORCEの名前が挙がることも多いと思われます。

Windowsにおいてはライバルとなるようなシリーズも続々と登場し、激戦が繰り広げられていますがMac専用モデルとしてみるとあまり高級キーボードは進出しておらず、こちらのREALFORCEも比較的最近登場したMac専用キーボードです。

 

メカニカル(静電容量無接点方式)が採用されており非常にタフであることはもちろん、その打ち心地はとことん追求されています。

こちらのモデルは変荷重という小指などでタッチするような部分は軽く、また人差し指などでタッチする部分は重く設定されており、ブラインドタッチなどで高速タイピングを行う方にとって、どのキーを打っても快適に反応するよう緻密な設計が行われています。

 

また、Nキーロールオーバーという技術が採用されており、複数のキーを同時に入力した際もキーが押された順番に従って認識してくれます。

特に最近ではゲームなどでキーボードを使う方に重宝されている技術ですね。

 

何よりそのタイピングのしやすさについてはまさに最上級と言えるモデルで、私もWindowsを所持していた頃はREALFORCEを愛用しておりました。

こちらのMac専用モデルはまだ試し打ちのみで、購入には至っていませんがまさにREALFORCEと呼べる打鍵感は非常に素晴らしい物でした。

 

しかし、Apple純正キーボードからの移行の場合、Commandキーなどの位置がズレているため、キーボードショートカットを利用する際は慣れが必要です。

種類メカニカル(静電容量無接点方式)接続有線
配列日本語(JIS)サイズ455x30x142 mm
第1位東プレ

REALFORCE SA for Mac 日本語JIS配列 無接点 APC 静音 Nキー

価格:30,910円(税込)

All30gの軽いキータッチ、APC搭載のREALFORCE

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先述のREALFORCEは変荷重という、キーの位置によってその重さが変化しているモデルでしたが、こちらはAll30gとすべてのキーが非常に軽いモデルになります。

 

標準的なキーの重さが45gとされているので、30gはかなり軽いですね。

長時間タイピングを続ける方などにとって、非常に疲れにくいという事からそういった業務に従事されている方に非常に人気の高いモデルとなります。

 

また最大の特徴としてAPCという技術が搭載されており、キーを打った時に反応するスイッチの位置を変更することが可能となっています。

1.5mm、2mm、3mmと変更が可能で、素早く入力したいキー、誤入力を防ぎたいキーなど個別に設定が可能となっており、個々の癖に合わせてキーボードをカスタマイズすることが可能です。

 

変荷重の方が良いという方も多く、好みが分かれるところではありますが、APCの搭載などまさに最上級と呼べるモデルとなっています。

しかしながら、REALFORCEシリーズはその価格も帝王級の為、気軽に手に入るモデルとはいいがたいことが難点ですね。

種類メカニカル(静電容量無接点方式)接続有線
配列日本語(JIS)サイズ455x30x142 mm

まとめ

ここまでMac用キーボードの人気ランキング10選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。一言にキーボードといっても特にキーストロークやキーピッチなどは人によって好みが分かれるところなので、自分の今までの感覚を大事に選んでみてはいかがでしょうか。より快適なMacライフが送れるようになる手助けになれば幸いです。