口コミで話題!コールマンの焚き火台おすすめ3選|オプションパーツもご紹介

今やアウトドアの必須アイテムとなった焚き火台。その中でも、コールマンの焚き火台は大手メーカーならではの機能性や信頼性があり、アウトドア初心者の方にもおすすめです。本記事では、コールマンのおすすめ焚き火の紹介や特徴について解説します。

2022/09/11 更新

商品PRを目的とした記事です。ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されます。

編集部おすすめの記事

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。
コールマン(Coleman)

ダッチオーブンスタンド

一箇所フックでコンパクトなダッチオーブンスタンド

こちらは焚き火台で調理したダッチオーブンを置くためのスタンドです。一箇所のフックを接続することで簡単に設営でき、かっちりとした噛み合わせのトライアングル構造のため、重いダッチオーブンでも安心して置くことができます。収納はコンパクトですが、ダッチオーブンをのせるだけあって少し重いです。美味しい料理を作るのであれば、その安全性も確保できた方がいいのはいうまでもありません。ぜひ参考にしてみてください。

 

スペック詳細はこちら

重さ
280g
収納サイズ
約15×2×5cm
コールマン(Coleman)

ファイアープレイススタンド

吊るす形で調理できる視覚的にも楽しめるオプションパーツ

地面にペグダウンできるループとペグもついていて、安定した状態でケトルやダッチオーブンを吊るすことができるスタンドです。荷重によって固定されるストッパーによりチェーンの調整も可能です。暗い自然の中で、吊るされた状態のケトルとその下でパチパチと燃える炎というのは、キャンプと聞いてされもが思いつく景色に近いものがあります。気分をあげることもでき、実用性も兼ね備えている優れた商品です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

重さ
3.2kg
収納サイズ
13×13×58cm
耐荷重
約20kg
コールマン(Coleman)

スパークシールド ファイアーディスク用

危険な飛び火などを防ぐ安全のオプションパーツ

こちらの商品は下で紹介する、「ファイアーディスク」に対応している商品で、予測不可能な爆ぜて飛んでくる火の粉や木の破片を減少させる役割を果たすオプションパーツです。家族でのキャンプなどで、お子様がいる場合などは特に重視すべき商品です。通気性を備えているため、このシールドを被せても空気の出入りが行われるため火が消えるというようなことはありません。服に火の粉が飛んで穴が空くのを防ぐことにも役立ちます。

重さ
600g
コールマン(Coleman)

Amazon売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア キャンプ用グリル・焚火台部門 1位

(2024/04/01調べ)

ファイアーディスク

デザイン賞受賞の実用的な焚き火台

「ファイアーディスク」は2017年のグッドデザイン賞にも選ばれており、特徴的な形状から注目を浴びました。形状が特殊ですが設営の仕方は簡単で、畳まれている足を立たせたら円盤の上に炭をおいて準備完了です。無駄を省いた設計のため簡単かつ高強度を実現しています。円盤状の形は薪との間にスペースを生み空気の循環を可能にしているため、火が付かなそうという心配も無用です。アルミホイルを円盤に沿って敷き、汚れ防止に使う人もいます。

 

スペック詳細はこちら

直径
45cm
重さ
1.6kg
耐荷重
30kg
コールマン(Coleman)

ステンレスファイアープレイス3

コンパクトな収納と高火力を実現した焚き火台

「ファイアープレイス」は長年愛され続けてきた『コールマン』の人気ラインです。付属の焼き網を使えば、高火力でこんがり美味しいBBQが楽しめます。井型により、空気の入りが良く薪がよく燃えるだけでなく、頑丈な構造を実現しています。そのため、ダッチオーブンを安定して置くことができます。設営・撤収に手間が少しかかりますが、収納がコンパクトになる魅力の方が大きいです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

重さ
5.7kg
収納サイズ
41.5×30.5×15.5cm
コールマン(Coleman)

ファイアースパイダー

高さの変えられる万能焚き火台

「ファイアースパイダー」は焚き火台の2段階調整の他に、耐熱性に優れたロストル、軽量でコンパクトな収納抜群の燃焼効果など多くの機能を並立している。囲い込む形状のため大きな薪でなければ火の粉や木の破片が飛んでくることも多くありません。高火力でBBQなどの調理をしたいだけでなく、夜は大きな炎を友人と囲みたいと思っている人にとってはぴったりの焚き火台です。

重さ
約5kg
収納サイズ
37×37×13.5cm

 

【見た目別ランキング一覧】

 

【大きさ別ランキング一覧】

 

【目的別ランキング一覧】

 

【メーカー別ランキング一覧】

 

【その他ランキング一覧】

関連する記事

【2023年】コールマンのバーナーおすすめ5選|使い方やメンテナンス方法ものサムネイル画像

【2023年】コールマンのバーナーおすすめ5選|使い方やメンテナンス方法も

2023/01/28

ツーリングにおすすめの焚き火台10選!選ぶ時のポイントや炭の処理方法ものサムネイル画像

ツーリングにおすすめの焚き火台10選!選ぶ時のポイントや炭の処理方法も

2022/09/11

メインランタンのおすすめ6選|ガスやLEDなどタイプ別にご紹介のサムネイル画像

メインランタンのおすすめ6選|ガスやLEDなどタイプ別にご紹介

2021/10/22