ツーリングにおすすめの焚き火台10選!選ぶ時のポイントや炭の処理方法も

最近では、ツーリングにも焚き火台が必須になっています。しかし、メーカーや商品の多さから、どれを選べばいいか迷いますよね。本記事では、荷物の限られるツーリングに適した焚き火台の特徴や選び方、おすすめの焚き火台10選を紹介します。ぜひ参考にしてください。

2021/02/14 更新

ツーリングは車でのキャンプと異なり、持っていける荷物が限られます。バイクでの移動のため、重いものや大きいものは避けたいところ。しかし、荷物がかさばって困るというのは、多くの人がする経験ですよね。

 

この記事では、限られた荷物しか運べないツーリングでも、満足できる焚き火台について紹介します。焚き火台を選ぶときのポイントやおすすめ商品10選の他に、炭や薪の処理方法も説明します。

 

ツーリングで使う焚き火台について詳細な情報が記載されています。ぜひ、この記事を参考にし、自分のツーリングに必要なものが何かを検討しながら、お気に入りの焚き火台を見つけてください。

今すぐ見る!ツーリングにおすすめな焚き火台10選

そもそも、ツーリングをするときに、焚き火台を持っていく必要はあるのでしょうか?現地に着いてから直火で焚き火をすれば、荷物も減らせるし手間もかからないと思いますよね。

 

実は、最近は環境保護の観点から、キャンプサイトの芝生を守ろうとする意向が増加傾向にある上に、キャンプ場以外の山や渓流でも、直火を禁止にしているところが増えています。そのため、確実に焚き火を行うためには、焚き火台を用意する必要があるのです。

焚き火台を選ぶ際、収納性・軽量性・使用シーン・お手入れ方法などのポイントを確認する必要があります。ここでは、それぞれのポイントについて解説するので、ぜひ焚き火台選びにお役立てください。

収納性や軽量性

1番大事なポイントは、収納性と軽量性です。バイクの積載の制限は、左右15cmまでと決められているため、使用するバイクの積載面積・積載方法を確認しながら焚き火台を選ぶ必要があります。

 

また、アウトドア用品が重たくなると、バイクの運転に影響が出ます。カーブが難しくなったり、制動距離が長くなったりして危険を伴う場合も。こうした点から、収納性があり軽量なものがツーリングには最適です。

 

しかし、収納性や軽量性も大事なポイントですが、薪を載せる広さが足りないと使い勝手が悪いです。自分が楽しみたい焚き火の規模を考えて、購入を検討しましょう。設営や撤収が簡単な、折りたたみ式の焚き火台もおすすめです。

調理に使うかどうか

ツーリング先で暖をとるだけではなく、焚き火台を使って調理をしたいと考える人もいますよね。その場合は、バーベキューなどにも対応できる、汎用性のある焚き火台がおすすめです。

 

また、焚き火台で調理をすると油汚れが付着します。使用した後は、その都度お手入れをして、必要があればフィルターの交換も行いましょう。焚き火台で調理をする場合は、網やロストル(底板)の交換頻度も増えます。

お手入れのしやすさ

焚き火をすると、焚き火台に焦げや煤汚れが付着します。ステンレス製やチタン製の焚き火台なら、水洗いが可能なためツーリング先でも簡易清掃ができおすすめです。

 

また、薪入れスペースが小さいと、焚き火をしながら炭の処理をする必要があります。高さに余裕のあるタイプのものは、炭が溜まっても上から薪を乗せられるので、焚き火が終わってから一気に処理ができますよ。

今すぐ見る!ツーリングにおすすめな焚き火台10選

炭や薪の処理は、焚き火を行う上で最も難しい問題の1つですよね。川に捨てたり放置して帰る人もいますが、ゴミの不法投棄や川に投げ入れて消火する行為は法律で禁止されているので、絶対にやめましょう。

 

燃えている薪は、火消し壺に入れて火が完全に消えるまで燃やし尽くします。一見火が消えていても、薪の内部がまだ熱を持っている可能性もあるので注意してください。残った炭は、キャンプ場の指定した炭捨て場に廃棄しましょう。

 

炭捨て場がない場合は、中まで消火できているか確認してから、ビニール袋や段ボールに入れて持ち帰ってから捨てましょう。自治体によって捨て方が異なるため、確認してください。

価格を抑えたい方におすすめなのが、焚き火台を自作することです。組み立てが大変ではありますが、コンパクトに収納できるメリットもあるため、ツーリングにはぴったりですよ。

 

【材料】

ステンレス製ペグ4本・メッシュネット・ハトメパンチ・ハトメ・針金

【作る手順】

  1. メッシュネットの四隅にハトメパンチでハトメをつける
  2. ペグの穴の空いている部分とハトメを針金で固定する
  3. 地面にペグを打ち付けて安定させて完成

 

組み立てる時、部品の接続部分を固定する際に、ブレないようにしっかり固定することを意識してください。接続がしっかりできていないと、焚き火台が崩れる可能性があります。火がついている状態で焚き火台が崩れると大変危険なので、念入りに確認してから使用してください。

ここからは、ツーリングにおすすめの焚き火台を10選ご紹介します。選ぶポイントは分かっても、どれを選べばいいか分からないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ユニフレーム(UNIFLAME)

ファイアグリルsolo

価格:4,900円 (税込)

ユニフレームの人気焚き火台の軽量タイプ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ユニフレーム』から発売されているファイアグリルのソロサイズで、汎用性の高さが人気の商品の軽量タイプです。コンパクトに収納でき、1kg未満の軽量さも登山やツーリングに適した特徴です。構造がシンプルなため、故障が少なく強度が高いことに加えて設営が簡単なのも魅力です。ツーリングに適した信頼できる焚き火台です。

 

スペック詳細はこちら

重さ 約900g 収納サイズ 210×210×60mm
スノーピーク(snow peak)

バーベキューコンロ・焚火台 S

価格:9,090円 (税込)

アウトドア定番の小型シェラカップ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『スノーピーク』から発売されている焚き火台のSサイズです。丈夫なステンレス素材で、開いて置くだけの設営のため簡単で便利です。未使用時には平らに畳めるため、保管や携行時に場所を取らないところも魅力的です。深さがあり、薪の間の空気の循環をよくしているために強い火力を実現しています。

 

スペック詳細はこちら

重さ 1.8kg 収納サイズ 350×410×25mm
ベルモント(Belmont)

焚き火台 TABI

価格:10,520円 (税込)

超軽量でタフな焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ベルモント』の焚き火台『tabi』の特徴は重量が500g未満という驚異の軽量性です。この軽量さにも関わらず大きな薪も使えるタフな設計とサイズ感で、空気の通りの良さから燃焼効率もよく料理にも最適です。火床にはチタニウム素材を採用し、軽量さと強靭さを実現しています。

 

スペック詳細はこちら

重さ 423g 収納サイズ 178×360×15㎜
ロゴス

ピラミッドグリルコンパクト

価格:4,180円 (税込)

10秒組み立てのお手軽焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ロゴス』から発売されているこちらの商品は、ピラミッド構造に加えてステンレス製のためしっかりと耐久性があります組み立てに10秒程度という簡易さなど、シンプルな構造ゆえの魅力がたくさん詰まった焚き火台です。ただ焚き火を楽しむだけでも活躍する、ツーリングにぴったりの商品です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

重さ 約1kg 収納サイズ 24×18.5×3.5cm
STC

ピコグリル 398

価格:14,000円 (税込)

収納性や軽量性だけでなくデザインも優れた焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この焚き火台はステンレス素材でタフさのほかに、見栄えするデザインと軽量さを実現した製品です。500g未満の超軽量はなかなか見られないほどの軽量性で、平らになる本体の収納性も優れています。パソコンをしまうようにバックパックの背面に入れることでかさばらずに持ち運べます。

重さ 448g 収納性 33.5cm×23.5cm×1cm
ホンマ製作所

ホンマ製作所 折りたたみ焚き火台 ソロ TS-140【日本製】【焚き火台】【アウトドア】【キャンプ】【焚き火】【ソロ】【送料無料】

価格:9,800円 (税込)

折りたたみ式の軽量焚き火台

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この焚き火台は折りたたみ式のため、簡単に設営・撤収ができるのが魅力です。0.63kgという軽量さなどから、有名ブランドではありませんがキャンパーや登山家から高い評価を得ています。ステンレス製により強度も確保している安心の商品となっています。

 

スペック詳細はこちら

重さ 0.63kg 収納サイズ 40x140x133mm
コールマン(Coleman)

ファイアーディスクソロ

価格:4,280円 (税込)

デザイン賞受賞焚き火台のソロ用サイズ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2017年のグッドデザイン賞に選ばれた『ファイアーディスク』のソロ用サイズです。形状が特殊ですが設営の仕方は簡単で、畳まれている足を立たせたら円盤の上に炭をおいて準備完了です。無駄を省いた設計のため簡単かつ高強度を実現しています。アルミホイルを円盤に沿って敷くことで汚れ防止になります。

 

スペック詳細はこちら

重さ 620g 収納サイズ 32X10cm
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)

フラット焚火台 S

価格:3,828円 (税込)

ワンタッチ開閉のコンパクト焚き火台

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は、ワンタッチ開閉式の軽量タイプ焚き火台です。収納時には薄くなるため、保管場所を選ばずにバックパック内でも大きなスペースをとりません。炉の高さが低いため、芝や草に燃え移ってしまう可能性があることだけ注意してください。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

重さ 1.15kg 収納サイズ 19.6×26×3cm
Yoler

折りたたみ焚火台

価格:1,898円 (税込)

炭受けの高さ調節機能をもつコスパ抜群の焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この焚き火台は、低価格にも関わらず汎用性の高いところが1番の魅力です。炭受けの高さを2段階に調節でき、肉や魚を焼く際には炭受けの位置を高くして火力をあげることができます。収納サイズがiPad mini程度とコンパクトなため、登山やツーリングにも最適です。初心者にもおすすめのコスパ焚き火台です。

重さ 800g 収納サイズ 200×155×26mm
HIKENTURE

焚き火台 コンパクト

価格:4,380円 (税込)

コンパクトな多機能焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで持ち運びのしやすい収納サイズを実現した少人数アウトドアに適した焚き火台です。吸排率の高さを重視したデザイン設計のため空気が入りやすく、高火力を実現しています。調理から焚き火まで活躍する多機能性に対して低価格なのも魅力です。初めてのツーリングにももってこいの商品です。

重さ 1.12kg 収納サイズ 24×2×16cm

ツーリングに最適な焚き火台について紹介しました。焚き火台があれば、ツーリングがより楽しいものになります。選び方やおすすめ10選、自作する場合は作り方を参考にして、ぜひ焚き火台を取り入れてください。