【最新】メッシュの焚き火台のおすすめ6選|選び方や注意点も紹介

キャンプの必需品である焚き火台。中でもメッシュの焚き火台は、軽量かつコンパクトで使い勝手がいいと評判です。本記事では、メッシュの焚き火台を選ぶときのポイントや使用する際の注意点を解説します。また、愛用者の口コミやおすすめ商品も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2021/03/04 更新

アウトドアブームの中、キャンプ場で焚き火台を使用しているのを見かけたことはありませんか?焚き火台は、キャンプをする際に必須のアイテムです。アウトドアブームの中、さまざまなメーカーから販売されていますが、どれ選んだらいいのか悩みますよね。

 

従来の焚き火台は、コンパクトサイズから大型サイズと種類が豊富です。その中でもメッシュタイプの焚き火台は、より軽量かつコンパクトさに特化しているので、持ち運びやすいと人気があります。

 

今回は、メッシュタイプの焚き火台のおすすめ商品や愛用者の口コミをご紹介します。また、選ぶ際のポイントやお手入れ方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!メッシュの焚き火台のおすすめ6選

メッシュの焚き火台は持ち運びやすく設営が簡単なので、手軽に使えると評判です。ここでは、従来の焚き火台との違いや、メッシュタイプならではの魅力を詳しく説明します。

軽量・コンパクト収納で持ち運びやすい

メッシュの焚き火台は、軽量かつコンパクトで持ち運びやすさに優れています。素材は様々ですが、網戸のような形状で1kg未満のモデルが多いのが特徴です。また、ポケットに収まるソロキャンプ向けのサイズも販売されているため、車でのキャンプだけでなくバイクや自転車でキャンプに行く際も荷物を圧迫せずに持ち運ぶことができます。

片付けや準備が簡単

組み立て方がシンプルなのも、メッシュの焚き火台の魅力です。モデルによって異なりますが、脚部分を組み立ててメッシュを固定するタイプが多く、構造がシンプルなのが特徴。

 

そのため、簡単に組み立てることができ、片付けをする際も時間がかかりません。また、片付けの際のお手入れも簡単に行うことができます。従来の焚き火台よりも手軽に使用することができるので、初心者の方や女性の方でも使いやすいと評判です。

定期的にメッシュ部分を交換可能

メッシュの焚き火台は、使用することでシート部分が劣化します。熱を加えることにより曲がったり変形したりするので、耐荷重を確認しながら使用しなければなりません。また、劣化した際はメッシュシートを交換することで長く使用できます。使用期間は素材により異なりますが、メーカーの公式サイトで販売されているので事前に確認しましょう。

メッシュの焚き火台は軽量でコンパクトですが、直接メッシュシートの上で火を扱うので劣化しやすく、従来の焚き火台より耐荷重が低いため、定期的な交換が必要になります。耐荷重はメーカーによって異なるので、大きいダッチオーブンを使用する際は必ず確認しましょう。

 

耐荷重は低いですが、薪だけでなく炭も使用することができるので、簡単な料理をすることが可能です。また、焚き火台への負担を軽減するトライポットを組み合わせることで、料理の幅が広がります。

今すぐ見る!メッシュの焚き火台のおすすめ6選

メッシュの焚き火台を使う際、風に弱い・五徳が必要という点に気をつける必要があります。それぞれについて詳しく解説するので、見てみましょう。

風に弱い

メッシュの焚き火台は、火床が網状のメッシュシートなので通気性が抜群ですが、風に弱いのがデメリットです。風を遮るための風防部分がないため、炎が流されてしまい薪や炭が燃焼しづらくなります。

 

焚き火台のそばにテントやタープなど物がある場合は、風で火の粉が飛び火事の原因にもなるので注意が必要です。また、火事だけでなく怪我や火傷の恐れもあるので、使用する際は細心の注意を払いましょう

五徳が必要になる

メッシュの焚き火台は、従来の焚き火台とは異なり網や鍋を乗せる部分がないタイプが多いため、料理に使用する場合は五徳が必要です。五徳を使用すれば、網や鍋を置くことができるので、ストレスを感じることなく調理ができます。また、鍋を吊るして使用できるトライポッドも販売しているので、気になる方はチェックしてください。

メッシュの焚き火台はコンパクトで使いやすいと評判ですが、どのように使い勝手がいいのか詳細が気になりますよね。ここでは、メッシュの焚き火台を実際に使用している方の口コミを紹介します。

組み立てや撤収は簡単この上なく、焚火を始めるのも後始末〜清掃〜収納も最短で行えます。 収納はとてもコンパクトですが、使用時は市販の大き目な薪でも焚べられます。 ネイチャーストーブなどはストーブのサイズなりの焚火しか出来ませんが、本品はソロでも数人で焚き火を囲むにも、細い木でちびちびと小さな焚火を楽しむにも、太めの薪である程度豪快な焚火でも対応できます。 炎を隠すものがないのでシンプルに焚火を楽しめ、地べたでの焚火にとても近い感覚ですが、風に煽られたときなどは炎や火の粉が豪快に舞うため注意が必要です。

出典:https://www.amazon.co.jp

メッシュの焚き火台は、組み立てやすく片付けも短時間で出来ると評価されています。ソロキャンプだけでなく大人数で使用することができるのは嬉しいポイントです。また上記で説明したように、風に煽られてしまうと火の粉が飛んでしまうので注意しましょう。

他のファイヤースタンド未経験ですが、軽くてバイクキャンプに 重宝しています。やはりたき火はキャンプの醍醐味なので、 気軽に運べるのがよいです。灰は下には落ちませんが、 サイズが小さいので、周りに火の粉が飛ぶのは要注意です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで軽量なメッシュの焚き火台は、積荷を軽くしたいバイクキャンプに最適のようです。焚き火はキャンプの醍醐味なので、気軽に持ち運べるサイズというのが魅力ですね。やはり、風防がないので火の粉が舞うという口コミは多く見られます。

キャンプツーリングで今までB-○君を使用してきましたが、腕くらいの太さの薪をかなり小さく割らないと焚き火台の中に入らない上、コンパクトすぎる故お肉や野菜を焼く範囲が狭くて億劫に感じていました。そこでドッペルさんの秘密のグリルちゃんを購入。 焚き火台としては比較的安いのでお試し感覚で購入したら、想定以上に満足しました。 ・収納サイズW300×D70×H50mm、重量約600gなのでバイクの積載にさほど影響無し ・収納袋の空きスペースに火ばさみ(25cm)も入れられる ・ステーキを焼いてる最中でも横から楽々に大きめの薪を入れられる 少し不満に思えたのは、網を一本ずつ取り付ける際に少し手間を感じて面倒です。 なので100均ショップなどにある水切り板を買って敷いたら、丁度いいサイズで網の上に鉄フライパンやケトルなどが置けます! まだ2回程度しか使用してないので心配な耐久面の方は詳しく書けませんが、確かに薪を載せるメッシュ部分は焦げて色付きはしますが破れたり溶けたりするという事はなさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

荷物が多くなってしまうキャンプで、バイクに積んでもあまり影響がなく持ち運びしやすいと評価を得ています。メッシュ部分は焦げて色は変わるものの、簡単に破けたりすることはない点もポイントですね。

パッケージの箱を持った瞬間あまりの軽さに驚きました。 この軽さでこの安定感は正直驚きです。 両端にだけ網棒掛けただけでも安定感は損なわれないので、そうすれば薪も沢山のせれます。 灰が落ちるのはどのグリルでも有ることなのですが、気になる人は耐熱シートや灰受けとか下に敷けは良いかと。思いの外灰が落ちるのでキャンプ場でトラブルにならないためには敷いた方が無難ですね。 追記。 写真のスキレットは16㎝、手前に網棒3本、角に乗せた状態で安定して調理できました。 もう1つの写真は比較用です。一般的な約40㎝の薪を乗せた状態です。

出典:https://www.amazon.co.jp

「メッシュの焚き火台の軽さには驚いた」と多くに口コミがあります。軽量かつ安定感があるというのは、火を扱うアイテムとして重要なポイントですね。また、種類によってはスキレットを使用して調理も可能なのが嬉しいですね。

メッシュの焚き火台は、さまざまなメーカーから販売されており種類が豊富です。ここでは、メッシュの焚き火台を選ぶ際のポイントをご紹介します。

サイズは使用人数と用途に合わせて

メッシュの焚き火台は、焚き火を行うだけなのか、調理も行うのかといった用途に合わせて選ぶ必要があります。焚き火だけで使用する場合は、耐荷重を重視しなくても問題ありませんが、調理をする際は耐荷重を確認する必要があります

 

また、一人で使用する場合は軽量でコンパクトなタイプでも十分ですが、大人数で使用する際はある程度の大きさが必要です。大きいタイプは重量も重くなるので、メッシュではなく従来の焚き火台を使用する方がいい場合もあります。購入する際は、用途や使用人数を確認しましょう

重量や組み立てやすさ

メッシュの焚き火台は組み立てやすい形状のものが多いですが、商品によって組み立て方は異なります。また、同じ大きさの焚き火台であっても素材によって重量も異なるため、注意が必要です。持ち運びやすい重量なのか、組み立てやすい仕組みなのかも確認しましょう。

デザインで選ぶ

メーカーによってさまざまな形やデザインのメッシュの焚き火台が販売されています。自分がどのように使用するのかを考えたうえで、使いやすい形状のものを選びましょう。風防付きのモデルなら、通気性ゆえに風に弱いメッシュタイプの弱点をカバーできるため、できるだけ風防付きのものを選ぶのがおすすめです。

DOD(ディーオーディー)

秘密のグリルちゃん Q1-506

価格:5,200円 (税込)

ソロ向けの五徳付きメッシュ焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DODの秘密のグリルちゃんは、軽量かつコンパクトに優れているメッシュの焚き火台です。収納時は、ポケットに収まるほどコンパクトに折りたたむことができるので持ち運びやすいのが特徴です。また、料理を楽しむことができるように五徳が付いているので、使い勝手がいいと評判です。素材はステンレスを使用することで、小さいながらも耐久性に優れています。

 

スペック詳細はこちら

使用時サイズ 幅34×奥34.5×高19.5cm 収納時サイズ 幅30×奥7×高5cm
重量 610g 耐荷重 5kg
素材 ステンレス
ユニフレーム(UNIFLAME)

ファイアスタンド2 683064

価格:6,400円 (税込)

人気のユニフレーム

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニフレームのファイアスタンド2は、メッシュの焚き火台の中でも人気の商品です。ユニフレームは、金属製品を数多く販売しており愛用者が多くいます。脚部分はステンレスを使用しており、耐久性に優れているのが特徴です。またメッシュ部分は、特殊耐熱鋼素材を使用することでより一層耐熱性を期待できます。丈夫で軽量なので、長く使用したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

使用時サイズ 幅40×奥40×高30cm 収納時サイズ 直径6×縦57cm
重量 490g 耐荷重 5kg以下
素材 特殊耐熱鋼FCHW2/18-1ステンレス
ロゴス(LOGOS)

ROSY メッシュファイヤーピット 81064060

価格:3,058円 (税込)

王道メーカーロゴスのメッシュの焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロゴスのメッシュファイヤーピッドは、変わった形状なのが特徴です。脚部分を開くだけで自然とX字になる仕組みで設営が簡単と評判です。メッシュ部分は、他メーカーのメッシュの焚き火台とは異なり「たわみ」がないので五徳を置いて調理がしやすくなっています。また、価格も低いので初心者の方や調理でも使用したい方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

使用時サイズ 幅43×奥43×高25.5cm 収納時サイズ 直径10×縦63cm
重量 700g 耐荷重 -
素材 スチール/ステンレス/アルミニウム
BUNDOK(バンドック)

焚火 スタンド ハンディ BD-480

価格:2,345円 (税込)

初めての方におすすめ

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BUNDOKは、ユニフレームと同様に金属製品の品質が優れているメーカーです。実用性に優れていることや、品質の良さが高く評価されており使いやすいと評判です。脚部分を分解して収納することができるので、コンパクトに折りたたむことができ、持ち運びしやすいのが魅力です。価格が低いのでメッシュの焚き火台を初めて使用する方におすすめです。

使用時サイズ 幅41×奥41×高34.5cm 収納時サイズ 幅7×縦44×厚7cm
重量 1.0kg 耐荷重 -
素材 ステンレス
MURACO(ムラコ)

SATELLITE FIRE BASE F001

価格:18,700円 (税込)

斬新なデザインが人気

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MURACOは、アウトドア用品の中でも新しいメーカーで斬新でスタイリッシュなデザインが人気の理由です。他メーカーではあまりなかった、メッシュの焚き火台に加えることができる五徳やシートといったオプションが豊富なのが特徴です。また、フレーム部分が一体型になっているので、パーツを紛失する心配もありません。価格は高いですが、変わったデザインの焚き火台を探している方におすすめです。

 

スペック詳細はこちら

使用時サイズ 幅46×奥43×高24cm 収納時サイズ 直径10×縦38cm
重量 1.8kg 耐荷重 -
素材 耐熱ステンレス/アルミニウム合金
パーゴワークス(PaaGoWORKS)

二ンジャ ファイアスタンド CG001SLV

価格:13,200円 (税込)

軽量に特化した焚き火台

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パーゴワークスは、「Let's pack and go(荷物を詰めて出かけよう)」というコンセプトのもと製造しているメーカーです。名前の通り、ニンジャファイアスタンドは、メッシュの焚き火台のなかでも世界最軽量ではないかと多くのメディアに取り上げられています。機能性にも優れていて、フレーム部分が五徳の役割をしてくれるので調理も楽しむことができるのが魅力です。

 

スペック詳細はこちら

使用時サイズ 幅36×奥36×高28cm 収納時サイズ 直径6×縦39cm
重量 280g 耐荷重 -
素材 ステンレス

メッシュの焚き火台には五徳が付いていないタイプが多く、調理を行う際は別売りの五徳を設置しなければなりません。そのため、自分が使いやすいように自作で五徳を作ったり、DIYでカスタムする愛用者もいます。耐荷重性に問題が出ることもあるので、自己責任で十分注意を払ってカスタムしてください。

メッシュの焚き火台で調理を行う際は、別売りの五徳が必要です。メッシュシートの上に直接鍋や網を乗せることも可能ですが、安定感が悪く調理が限られます。焚き火だけでなく調理も楽しみたい方は、五徳を加えて安全性を高めましょう

ユーラー

クッカースタンド

価格:2,380円 (税込)

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用時サイズ 幅20×奥18×高11.5~18.5cm 収納時サイズ 幅27.5×奥24×高3cm
重量 1.12kg 耐荷重 約30kg
素材 201ステンレススチール

アウトドア用品は、使用後のお手入れや日頃のメンテナンスが重要。特にメッシュの焚き火台は、薪や炭を使用するので使用毎に汚れます。使用後すぐに洗うことができない場合は、家に持ち帰ってから洗いましょう。

 

  1. ブラシで汚れを落としながら水洗いをする
  2. 水気がなくなるまでしっかり乾かす
  3. 錆防止のオイルを塗る

 

汚れがこびりついて取れない場合は、セスキ炭酸ソーダを使うことでより綺麗になります。研磨剤で磨くのも1つの手段ですが、焚き火台に傷が付くので留意してください。

メッシュの焚き火台は、コンパクトで持ち運びやすく使い勝手がいいのが特徴です。また、設営や片付けが簡単に出来るので、ソロキャンパーからファミリーと幅広い方におすすめできます。メッシュの焚き火台を使って、アウトドアをより満喫しましょう。