メインランタンのおすすめ6選|ガスやLEDなどタイプ別にご紹介

大光量のメインランタンは、アウトドアやキャンプに欠かせないアイテムです。しかし、初心者の方はどんなものを選ぶべきか迷うのではないでしょうか。この記事では、メインランタンの種類や選び方、おすすめ商品に加え、コールマンやほか有名メーカーの特徴を紹介します。ぜひ参考にしてください。

2021/02/20 更新

アウトドアに必須な光源ですが、照らせたらなんでもいいというわけではありません。キャンプで利用する自然豊かな場所は街灯がないため夜は暗く、動物が来ることもあり危険を伴います。しかし、光量が弱いランタンでは周囲を十分に照らせません。

 

そこで主力の光源として使用したいのがメインランタンです。テントサイト全体を照らしてくれる十分な光量を発揮します。メインランタンは商品によって明るさや照らせる範囲が様々なので、選び方がとても重要です。

 

この記事では、メインランタンを選ぶコツとおすすめ商品を紹介します。これからアウトドアに行ってみたい初心者の方もぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!おすすめのメインランタン6選

まずはメインランタンの選び方を見ていきましょう。テント内で使うものやテーブルに置くようなサブランタンとは違い、メインランタンは設営したテント周辺や居住スペース全体を照らす用途で使用します。さまざまな種類があるため、重視したいポイントに合わせて選んでください。

ランタンの種類

メインランタンは大きく分けて、LEDランタンガスランタンガソリンランタンの3種類です。燃料の違いによって明るさや燃焼時間が異なります。メインで使用するなら長時間使えて明るさも強いガスランタンかガソリンランタンがおすすめです。

ECOで選ぶならLEDランタン

LEDランタンは、火を使わずに明かりを灯すことができるエコなランタンです。さらに安全性も高いので、ファミリーキャンプや小さい子供がいるアウトドアでも活躍します。

 

LEDランタンには、充電式のモデルも多いです。移動時に車内で充電できるほか、モバイルバッテリーとしても利用できます。充電と電池両方が使えるタイプだと、万が一充電が切れたときでも電池さえあれば使用できる点もメリットです。

便利に使いたいならガスランタン

ガスランタンは、カセットコンロに使うCB缶やアウトドア用のOD缶を使用して明かりをつけるランタンです。初心者にも手軽に扱えますが、火を使うランタンなので、基本的には屋外で使用しましょう。使用時には火事ややけどに十分注意してください。

 

ガスランタンは種類が豊富なため、使用する場所や人数によってどれくらいの光量やサイズが必要なのかを考慮して選びましょう。

強い明るさならガソリンランタン

大光量のメインランタンを使用したい場合は、ガソリンを燃料とするガソリンランタンがおすすめです。ガソリンを使用する際にポンピングという作業が必要なので、中級者〜上級者向けのランタンといえます。

 

強い光量で周囲一帯を照らす製品が多く、ファミリーキャンプや多人数のアウトドアで重宝します。使う際は、光量が強すぎて近隣の利用者に迷惑がかからないように心がけましょう。

ランタンの光量

ランタンの光量はルーメン(lm)という表記で表されこの数値が高いほど光量が強くなります。では、メインランタンに必要な光量はどのくらいなのでしょうか

1,000ルーメン以上の光量を選ぼう

メインランタンの光量は1,000ルーメン以上を目安にして選びましょう。テントサイト周辺を照らせる光量が必要になるので、光量が1,000ルーメン以上のモデルが多いガスランタンやガソリンランタンがおすすめです。しかし、ガスやガソリンが少なくなると明かりも小さくなるので、燃料の残量には十分注意しましょう

 

LEDランタンにも1,000ルーメン以上のモデルがあります。光量を自由に変えられるのがLEDランタンのメリットです。

1,000ルーメンは何ワット?

ルーメンとワットは別物なので単純に数値を置き換えるのは難しいですが、ある程度の指標は出ています。照明器具の種類により差が出ますが、メインランタンとして使用する場合の1,000ルーメンはワット換算すると約75〜80Wです。

 

ほかにも30W相当の照明器具は約325ルーメンとされており、テーブルランタンのようなサブランタンに適しています。わかりにくい場合には、ワットに換算して選びましょう。

今すぐ見る!おすすめのメインランタン6選

キャンプ用品を販売しているメーカーはいくつかありますが、その中でもメインランタンを取り扱っている有名メーカーを4社紹介します。迷った場合にはメーカーの概要やテーマから選ぶのもおすすめです。

コールマン(Coleman)

コールマンはアメリカ発のアウトドアメーカーで、アウトドア好きは1度は名前を聞いたことがあるほど世界的に有名なブランドです。確かな品質に定評があり、リーズナブルな価格で安心できる性能のアイテムを販売しています。

 

創業当初はランプのレンタル業をしていたため、今でもランタンには根強い人気があります。ランタンだけでなく、テントやタープといったアウトドアグッズを一式コールマンで揃えると、統一感や雰囲気が出ておすすめです。

スノーピーク(snow peak)

スノーピークは新潟県三条市に本社を構える日本のアウトドアブランドです。自社のアウトドア施設があり、実際に使用するユーザー目線で商品開発を続けています。製品はすべて日本製なので、日本の気候や季節に合った活躍をするのも特徴です。

 

ランタンはガスとLEDの2タイプをメインに展開しています。特にガスランタンの使い心地は抜群だと好評です修理や保証サービスも充実しており、長期的に安心して使用できます。

ジェントス(GENTOS)

ジェントスは照射能力と耐久性能が高いライトを数多く発売している、日本のLEDライトメーカーです。光量や点灯時間に差がある高品質なランタンを豊富に取り扱っているため、自分好みのランタンを選べます。

 

LEDランタンの購入を考えているなら、ジェントス製品がおすすめです。安全性が高いLEDランタンは子供や初心者でも簡単に使用できるので、災害や避難などの緊急時にも活躍します。

モンベル(mont-bell)

モンベルは1975年に創業した日本の老舗メーカーです。機能美・軽量・迅速をコンセプトに展開されているアウトドア関連商品は、幅広い層に高く評価されています。ランタンのラインナップはLEDタイプの電池式がメインです。

 

コンパクトなサイズで持ち運びしやすいランタンが多いのも特徴。ファミリーキャンプをする方は子供に持たせるランタンとして1つ用意すると、より安心してキャンプを楽しめます。

メインランタンの選び方を解説しましたが、テーブルやテント内、夜道で使用するサブランタンはどのように選べばいいのでしょうか。

 

室内で使用するサブランタンの場合、LEDランタンでも十分な光量を得られます。火事の心配がないこともメリットです。また、まったりとした雰囲気を作りたい場合は、光量が弱いキャンドルランタンやガスランタンを選びましょう。

 

持ち運びには小さくて軽いコンパクトなLEDランタンがおすすめです。状況によって適したランタンが変わるので、どんなシーンで使うのかを考慮して選んでください。

GENTOS(ジェントス)

LED ランタン エクスプローラー EX

価格:3,480円 (税込)

最大240時間の連続点灯

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアや防災にも最適な高光度のLEDランタンです。電池式ですが最大240時間の長時間連続点灯と1,000lmの明るさで周囲を照らしてくれるメインランタンにピッタリです。充電せずに使えるので、停電などの万が一の時に電池が入っていれば使用できるのも魅力です。また、様々な色合いやモードになるので、シーンに合った使用が可能です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー GENTOS(ジェントス) 商品名 LED ランタン エクスプローラー EX
タイプ LEDランタン 燃料・電源 単3形アルカリ電池×4本
明るさ 120~1,000lm 連続点灯時間 240時間
本体USB充電対応 - モバイルバッテリー機能 -
防水・防塵 IP64
Lighting EVER

LEDランタン パワーバンク キャンプランタン

価格:2,999円 (税込)

充電式ランタン兼モバイルバッテリー

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量18650リチウムイオン電池が搭載されている高光度ランタンです。メインの照明を確保する一方でUSBポートを経由してスマホなどを充電できる便利なランタンです。防滴仕様のIPX4仕様なのも嬉しいポイントです。LEDならではの多機能ランタンなので幅広いシーンで使えるのが大きな特徴です。ベースがラバー加工なので滑りづらいのも魅力です。

メーカー Lighting EVER 商品名 LEDランタン パワーバンク キャンプランタン
タイプ LEDランタン 燃料・電源 USB充電
明るさ 300~1,000lm 連続点灯時間 12時間
本体USB充電対応 対応 モバイルバッテリー機能 対応
防水・防塵 IPX4
コールマン(Coleman)

2500 ノーススター LPガスランタン

価格:10,980円 (税込)

ワイヤークリップで簡単ガスランタン

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤークリップでワンタッチ取り付けが可能なマントルのおかげで、初心者でも簡単に使用できるガスランタンです。内蔵のイグナイター(点火装置)により着火も簡単になっているのがポイントです。昔ながらの雰囲気がある趣のあるランタンですが、改良が重ねられアウトドアに合った雰囲気と使いやすさが魅力のランタンです。

 

スペック詳細はこちら

メーカー コールマン(Coleman) 商品名 2500 ノーススター LPガスランタン
タイプ ガスランタン 燃料・電源 LPガス
明るさ 1,543lm 連続点灯時間 4~8時間
本体USB充電対応 - モバイルバッテリー機能 -
防水・防塵 -
プリムス(PRIMUS)

IP-2245A-S ランタン【日本正規品】

価格:8,660円 (税込)

長年愛され続けているガスランタン

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吊り下げが簡単に行えるワイヤーサスペンダーが採用されており、機能性が高くなったガスランタンです。100Wの大光量でなので1,000lm以上の光量があるので、コンパクトながらメインランタンとして十分機能してくれます。灯を囲むホヤの部分はスリガラスを使用しているので、更に優しい光が特徴です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー プリムス(PRIMUS) 商品名 IP-2245A-S ランタン【日本正規品】
タイプ ガスランタン 燃料・電源 Tガス
明るさ 100w 連続点灯時間 8時間
本体USB充電対応 - モバイルバッテリー機能 -
防水・防塵 -
コールマン(Coleman)

プレミアム ダブル フューエル

価格:14,780円 (税込)

自動車用ガソリンも使用可能

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガソリンランタンの通常燃料であるホワイトガソリンと自動車で使用しているレギュラーガソリンを燃料として使用できるガソリンランタンです。最大光量が861lmなので少し光が弱いと感じますが、ガソリンランタンでは珍しい光度を調整する機能があるのが嬉しいポイントです。レギュラーガソリンが使用できるので、緊急時にも役に立つのが魅力です。

メーカー コールマン(Coleman) 商品名 プレミアム ダブル フューエル
タイプ ガソリンランタン 燃料・電源 ホワイトガソリン・レギュラーガソリン
明るさ 861lm 連続点灯時間 7時間
本体USB充電対応 - モバイルバッテリー機能 -
防水・防塵 -
コールマン(Coleman)

ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A740J

価格:15,980円 (税込)

130wの明るさで周囲一帯を照らす

\ファッションセール!最大80%OFF!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

130Wもの明るさで周囲一帯を満遍なく照らしてくれるシンプルながら大光量のガソリンランタンです。抜群の光量で周囲を頼もしく照らしてくれるので多人数のアウトドアでも1つあれば大活躍してくれます。気温変化に強いガソリン仕様なのでアウトドアにも強いのが魅力です。

 

スペック詳細はこちら

メーカー コールマン(Coleman) 商品名 ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A740J
タイプ ガソリンランタン 燃料・電源 ホワイトガソリン
明るさ 130W 連続点灯時間 7~14時間
本体USB充電対応 - モバイルバッテリー機能 -
防水・防塵 -

メインランタンを選ぶ際には、光量が強く簡単に使用できるものをおすすめします。基本的にはガス・ガソリンランタンがおすすめですが、子供がいる場合はLEDランタンを使用すると安全です。シーンに合ったメインランタンを選んで、キャンプをより快適に過ごしましょう。