自分でできる!洗濯機の水抜き方法を詳しく解説|引越し・買い替え

引越しなどで洗濯機を搬出する時は、事前に水抜きが必要です。水抜きをしないと、ケガや他の家財の破損に繋がる恐れがあります。水抜きはプロに頼めますが、自分で作業するのも難しくありません。今回は、洗濯機の水抜き方法や水抜きがうまくいかない場合の対処法を解説します。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

引越し時には大きな家具も含めすべて運び出す必要があり、安全に注意を払わなければいけません。洗濯機が原因で家具や家電に傷をつけたり壊したりせず、安全に運び出したいですよね。安全な搬出のために、運ぶ前に必ず洗濯機の水抜きをしましょう

 

洗濯機の水抜きを怠ると、思わぬ事故やケガに見舞われる可能性があります。洗濯機を買い替える場合にも、運び出す前に水抜きが必要です。しかし、滅多にやらない作業のため、手順が分からない方が多いのではないでしょうか。

 

洗濯機の水抜きに難しい作業は必要ありません。そこで今回は、洗濯機の水抜き方法を解説しますので、手順を覚えましょう。水が抜けない時の対処法やホースの凍結対策もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

普段、洗濯機本体にはほとんど水は残っていません。洗濯機の水抜きは、主に給水ホースと排水ホース内にある水を排出する作業です。水抜きをしないと運ぶ時に水がこぼれることがあり、他の荷物が濡れる可能性があります。

 

また、洗濯機を運び出す作業員が、水で足を滑らせ転倒する恐れもあり危険です。洗濯機から漏れた水で転んだ結果、作業員がケガをするかもしれません。また、洗濯機を倒してしまうと、家の壁や床に傷が付いてしまう可能性もあります。

基本的に洗濯機の水抜きをするタイミングは自由です。ただし、水抜き時にはホースなどの各部品を外すことになるため、基本的に水抜きした後は洗濯できません。水抜き後に洗濯が必要になれば、再びホースを繋ぐ作業が必要です。

 

そのため、早く水抜きをしてしまうと余計な手間が発生する可能性があります。洗濯機をほぼ毎日使う方は、搬出の前日に水抜きするといいでしょう。前日に洗濯機を使う可能性がない場合は、その前の日でも問題ありません。

洗濯機の水を抜くために何をすればいいか解説します。縦型洗濯機とドラム式洗濯機で、水抜き方法はやや異なります。持っている洗濯機のタイプに合わせて作業しましょう。

洗濯機の水抜きをする時は、タオル・洗面器・ビニール袋・養生テープを用意しましょう。給水ホースがネジで固定されているならドライバーも必要です。洗濯槽に洗濯物が入っているならすべて取り出しましょう。

 

また、ホースに溜まっている水が漏れる可能性もあります。そのため、洗濯機の近くに濡れてはいけないものがあるなら、離れた場所に移動させます。給水栓の蛇口が開いたままでは水が抜けないので、蛇口を締めて準備完了です。

洗濯機の電源を入れ、洗濯槽が空の状態で通常運転を開始すれば水が抜けます。30秒ほど経過したら運転を止め、給水ホースを外しましょう。少量の水が溢れることがあるので、蛇口の下で洗面器を持ちながら外すのがおすすめです。水抜きをせずに給水ホースを外すと水が飛び散るので、必ず蛇口を閉めて洗濯機を回しましょう。

排水ホースの水を抜く方法は、洗濯機のタイプによって異なります。ドラム式洗濯機の場合は作業工程が1つ増えるので、ドラム式洗濯機を使っている方はチェックしてください。

給水ホースから抜けた水は本体に残りますが、脱水運転すると排水ホースに溜まった水と一緒に排出されます。脱水時間は一番短い設定で問題ありません。脱水後、本体を傾けると排水ホースに残った水を出し切れます。

 

排水口から排水ホースを抜く時は、水が漏れた時のためにタオルを当てましょう。ホースの差し込み口をバンドで固定しているなら、バンドを外して引っ張ればホースが抜けます。ネジ式ならネジを緩めれば簡単に外せます。

水抜きのやり方はドラム式洗濯機と縦型洗濯機で大きくは変わりません。ただし、ドラム式洗濯機は脱水運転の前に糸くずフィルターの水抜きが必要です。給水ホースを取り外した後、つまみを緩めて糸くずフィルターを取り出します。

 

糸くずフィルターから水がこぼれるので、床に洗面器を置いて水を受けましょう。水を出し切ったらタオルで水気を拭き、洗濯機に戻します。その後の排水ホースの水抜き手順は縦型洗濯機と同じですが、本体を傾けてはいけません

排水ホースの水を抜いたら電源コードとアース線を外します。蛇口に付いているパッキンが自分で取り付けたものであれば、忘れずに外しましょう。排水ホースは先端をビニール袋に入れ、養生テープで本体に固定します。部品を紛失しないように、1つのビニール袋にまとめることをおすすめします。最後に本体の水気を拭いて完了です。

やり方が正しくても、うまく水が抜けないことがあります。水抜きできない原因と対処法を解説しますので、水抜きがうまくいかなかった時に試してみてください。

水抜きがうまくいかない原因として多く見られるのは、排水口・排水ホース・糸くずフィルターの詰まりです。水が抜けない場合、いずれかにゴミが溜まっている可能性が高いのでチェックしてみましょう。

 

本体に異常がなければ、ゴミが水の流れを妨害しているだけなので、掃除すれば直ることが多いです。排水口が詰まっていたら、排水口用クリーナーを流しましょう。排水ホースや糸くずフィルターのゴミを取り除く時には、歯ブラシがあると便利です。

洗濯機に残った水を強制的に排水させるには、槽洗浄コースを使用します。槽洗浄コースは洗濯槽の臭いやカビを予防する効果があり、1か月に1回のペースで使うと効果的です。排水する時は必ず給水栓の蛇口を閉めましょう。

 

その後、排水ホースが排水口に接続されているか確認し、槽洗浄コースで運転させるだけです。それでも排水できなければ、洗濯機自体が故障している可能性があります。修理を依頼するか、長期間使ったものなら引越しの機会に買い替えるのもおすすめです。

ベランダなど屋外に洗濯機を置いている方は、冬期間の凍結に注意しましょう。給水ホース内の水が凍ったら蛇口を閉め、給水栓と洗濯機本体からホースを外してお湯に浸けます。お湯は40℃以下のぬるま湯を使いましょう

 

早く溶かすために熱いお湯を使うと、急激な温度変化でホースが破損することがあるためです。排水ホース内の水が凍った場合は、ドライヤーの温風を当てると徐々に溶けます。取り外しできる場合は、ぬるま湯を使用しても構いません。

縦型洗濯機は揺れに強い構造ですが、運搬中に転倒すれば他の荷物にぶつかり破損させる恐れがあります。そのため、倒れないように固定するのがおすすめです。また、横向きにすると洗濯槽に負担がかかるので、必ず縦にして運びましょう

 

ドラム式洗濯機は揺れに弱いので、転倒防止策が欠かせません。ドラム式洗濯機には運搬時に固定するためのネジが付いています。衝撃を受けて故障するのを防ぐため、運搬前に本体をネジで固定するのは必須の作業です。

洗濯機の水抜きは業者にやってもらうという選択肢もあります。引越し前に水抜きの時間をとれない方は、引越し業者に依頼するとよいでしょう。無料で引き受けてくれる場合もありますが、別料金を加算する業者もあります

 

そのため、業者に作業を依頼する予定の方はあらかじめ料金を確認しましょう。自分で作業するかどうか、追加料金の金額で決めるのもおすすめです。また、全体の費用を正確に把握するために、洗濯機の運搬や設置の費用もチェックしましょう。

洗濯機を使うと必ず水が溜まるので、運び出す時には水抜きが必要です。洗濯機の水抜きに特別な技術は必要なく、方法さえ知っていれば自分でできます。正しい手順で洗濯機の水を抜き、安全でトラブルのないようにしてくださいね。

関連する記事

洗濯機は業者に頼まずに掃除できる?掃除方法や頻度を解説!のサムネイル画像

洗濯機は業者に頼まずに掃除できる?掃除方法や頻度を解説!

2021/10/21

その洗濯機、買い替えどきかも?洗濯機の買い替え時期や寿命・処分方法を紹介!のサムネイル画像

その洗濯機、買い替えどきかも?洗濯機の買い替え時期や寿命・処分方法を紹介!

2021/10/21

洗濯機の給水ホースの困ったを解決!取り付け方、おすすめホースも!のサムネイル画像

洗濯機の給水ホースの困ったを解決!取り付け方、おすすめホースも!

2021/10/21

洗濯機の置き台おすすめ9選|かさ上げキャスターのデメリットは?のサムネイル画像

洗濯機の置き台おすすめ9選|かさ上げキャスターのデメリットは?

2022/03/17

洗濯機を安く処分するには?方法と買い替えにおすすめの洗濯機を紹介!のサムネイル画像

洗濯機を安く処分するには?方法と買い替えにおすすめの洗濯機を紹介!

2021/11/03

洗濯機が壊れた!対処方法・処分方法・故障の原因を解説|コインランドリー・買い替えものサムネイル画像

洗濯機が壊れた!対処方法・処分方法・故障の原因を解説|コインランドリー・買い替えも

2021/12/07