【プロ仕様】モニターイヤホンの人気おすすめランキング10選

モニターイヤホンとは、普通のイヤホンとは違い、ステージでのモニタリングや音楽スタジオでのミキシングなどの際に音をチェックするためのプロ向けのイヤホンです。しかし実際はプロだけでなく、アマチュアにも愛好されています。今回はモニターイヤホンのおすすめランキング10選をご紹介します。

プロのためのモニターイヤホン

モニターイヤホンとは、ミュージシャンやレコーディングエンジニア、PAエンジニアといったプロが使用する音をチェックするためのイヤホンです。そのため原音をそのままに再現したフラットな音がする特長を持っています。イヤモニ(イヤーモニター)とも言われます。

 

オーディオファン向けのイヤホンは低音をズンズン響かせるために、低音をブーストして強調するといったような、強弱によるサウンドの操作がされることが主流になっています。そういったイヤホンは原音とは違って聞こえてしまうので、プロのための音のチェックには向いていません。

 

またモニターイヤホンは大音量に耐えられるように最大入力の値が高くなっています。さらに音の周波数のレンジが広く、全ての音が鮮明にはっきりと聞こえます。音楽を正確にそのままに再現するので、音楽を純粋に楽しむために使用できます。

 

ここではそういった音楽を純粋に楽しめるモニターイヤホンをご紹介します。

モニターイヤホンの選び方

使い道で選ぶ

イヤホンをモニター用に使うのか、音楽のリスニング用に使うのか、用途に合ったタイプのイヤホンを選ぶ必要があります。

モニター用を選ぶ

モニター用は主にプロのミュージシャンが使用します。全ての音が正確に原曲そのまま聞こえるようにすることを目的としています。よって低音をズンズンと強調したりすることはありません。またモニター用は音の情報量が多いため、長時間利用すると聞き疲れすると言う声もあります。

 

しかし、そういったプロ向けのはずのモニター用を、音楽を楽しむために購入するオーディオファンも多く見られます。またSHUREのSEシリーズのように、もともとはモニター用でありながら、音楽ファンに広く受け入れられたため、モニター向けというイメージが薄れたイヤホンもあります。

 

なおこのページではモニター用イヤホンのみを紹介しています。

リスニング用を選ぶ

リスニング用は気軽に音楽を楽しみたい人に向いています。重低音を重視してズンズン響くようにするなど、音を操作して味付けしています。モニター用と違って音毎に強弱の違いが出るので、このジャンルにはこのイヤホンと言った傾向が生じます。

 

例えばクラシックなら低音重視、高い声のボーカル曲なら高音重視の製品を選ぶことで、音をそのまま再現するモニター用とは違った楽しみ方ができます。プロ向けでは無いので価格も低めに抑えられています。

装着タイプで選ぶ

装着の仕方によって耳へのフィット感が変わってきます。耳触りの好みや音の聞こえ方の違いを把握して自分にあった装着タイプを選びましょう。

カナル型を選ぶ

カナル型は耳に差し込む様に装着するイヤホンを指します。直接、耳に装着するので遮音性が高く、雑音の無い音が楽しめます。モニターイヤホンは音をしっかり確認することが目的のため、このカナル型が多くなっています。

 

またイヤーピースの大きさや素材で装着感は変わってくるので、購入前に素材を確認しておきましょう。イヤーピースは音にも影響があり、最初良くないと思ったイヤホンが、イヤーピースにより改善したという口コミもよく見かけます。

インナーイヤー型を選ぶ

インナーイヤー型は耳の上側に引っ掛けて使うので圧迫感が無いため、耳への負担が少なくなります。カナル型が苦手な方にはこちらのインナーイヤー型がおすすめです。

 

耳への負担が少なく長時間の使用でも疲れにくいという特長があります。しかしカナル型とは違い耳とイヤホンの間に隙間ができてしまうので、遮音性が良くないという欠点があります。

数字スペックで選ぶ

イヤホンに限らず、家電を購入する場合は数字スペックが気になります。スペックが高ければそれに比例して音質が良くなると考えて間違いはないですが、例外もあります。

数値スペックが高ければ音質も良い

イヤホンの性能を示す数値はドライバの数、インピーダンス、再生周波数帯域、音圧感度、最大入力と言った数値があります。それぞれの数値が優れていれば、より音質が良いことになりますが、インピーダンスだけは低い方がより大きな音が出ることになります。

 

なおイヤホンの駆動方式にはダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型がありますが、ドライバが複数ある場合はBA型となります。

 

この数値の中では特にBA型の場合のドライバの数が重要で、ドライバの数が多ければ、低音・中音・高音が広くカバーされて音質が良いということになります。また再生周波数帯域の範囲が大きい程、低音から高音まで広くカバーできることになります。

数値スペックだけで決まらないこともある

それでは、数字スペックが良ければそれに比例して音の評判が良いのかと言うと、口コミを見る限り必ずしもそうではありません。それは、音質がハウジング(イヤー部本体)の構造や材質、ドライバーのチューニングに大きな影響を受けるからです。

 

そういった数字には出ない音質の差は、音響メーカーのノウハウの積み重ねによる所が大きいのです。よって、イヤホンの音が良いかどうか判断するには、店頭で視聴してみるのが一番でしょう。

 

しかし店頭でいくら視聴しても分からないことがあります。それは「エージング」です。エージングとは、音響機器をしばらく使用しているうちに音がこなれてきて変わってくるように感じる現象です。これにより好みの音になる可能性があります。

 

イヤホンの音質の差にはこういった様々な要素が影響して来るので、視聴すること、ネットの口コミを良くチェックすることの両方で検討することが良いでしょう。

駆動方式で選ぶ

2つの駆動方式によって音質や価格が変わって来るので、どちらが自分に合ってるかよく検討しましょう。

ダイナミック型を選ぶ

ダイナミック型は一般に広く普及している駆動方式で、ドライバは大きめの物1つだけで広い音域をカバーします。低音が出しやすく、ハイパワーという特長があります。スピーカーやヘッドホンで長い間使われているシンプルな構造のため開発がしやすく、コストも安くなります。

 

ただし小型化が苦手で、イヤホンのサイズにしてしまうとダイナミック型のハイパワーなメリットが薄れてしまいます。そのため高級なイヤホンではダイナミック型は採用されない傾向があります。

バランスド・アーマチュア型を選ぶ

バランスド・アーマチュア(BA)型は補聴器の小型のドライバをオーディオ向けに改良した駆動方式です。狭い音域しかカバーできない代わりに、小型化が可能です。

 

そのためドライバを複数搭載して低音・中音・高音と分担させることで、ダイナミック型よりも広域なサウンドを実現することができます。低音から高音まで全ての音を確認する必要があるモニターイヤホンに向いているため、多く採用されています。

 

ただし構造が複雑になり、コストも高くなります。そのことから数万円~十数万円クラスの高級なイヤホン向きとなります。

ハイブリッド型を選ぶ

ハイブリッド型は、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型の両方を合わせた駆動方式です。ダイナミック型の大型ドライバ1基と、BA型の小型ドライバが複数といった構成になります。

 

これによりダイナミック型の得意な低音域とBA型の得意な高音域の両方をカバーした、優れたサウンドを楽しむことができます。ただしその分、値段はかなり高くなってしまいます。

イヤーピースの素材で選ぶ

イヤホンは耳に挿す物なので、イヤーピースの装着感が悪いと長時間の使用が難しくなります。またイヤーピースによって音にも変化が生じます。

 

高価なイヤホンにはシリコンやフォームといった複数の材質と、大中小のサイズのイヤーピースがいくつも付属しているので、それらの中に合った物があれば快適に利用できます。合う物が無かった場合でも、様々なイヤーピースが販売されているので、それらを試してみると良いでしょう。

モニターイヤホンのおすすめランキング10選

第10位Fender

DXA1 PRO

価格:12,960円(税込)

フェンダーモニターイヤホンの入門機

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フェンダーはアメリカのエレキギターメーカーで70年の歴史があります。ただギターでは名高いのですが、イヤホンの分野はそれほどでもないようです。メーカーが入門機としているせいか、スペックに見るべき点もなく、特長はデザインが個性的というくらいでしょうか。

 

口コミの音の評価があまり良くなく、値段も安くないので、フェンダーというメーカーに思い入れがある人以外は検討しなくてよいイヤホンだと思われます。

装着タイプカナル型駆動方式ダイナミック型
ドライバ1再生周波数帯域14Hz~22kHz
付属品イヤーピース3セット、キャリングケース、クリーニングツール
第9位MACKIE

MP-240

価格:22,391円(税込)

個性的なハイブリッド型のモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マッキーはアメリカの音響メーカーです。このイヤホンの特長は、本来1つのはずのダイナミック型のドライバを2基搭載している点でしょう。さらにバランスド・アーマチュア型の高音域ドライバを1基搭載したハイブリッド型となります。

 

そのため他のイヤホンとは違う味付けの音になるようで、この音が好きな人にはオンリーワンのイヤホンだと思われます。

 

付属品のイヤーピースはフォーム・シリコン・ダブルフランジの3素材、それぞれが3サイズで9セットになります。値段は若干高いですが、もし視聴する機会があれば試してみたいイヤホンですね。

装着タイプインナーイヤー型駆動方式ハイブリッド型
ドライバ数2+1再生周波数帯域20Hz~20kHz
付属品イヤーピース9セット、ハードモールドプラスチックケース、ステレオ標準アダプター
第8位SoundPEATS

B90

価格:3,299円(税込)

中国製のデュアルダイナミック型モニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SoundPEATSは中国のメーカーです。新興メーカーであるため、ハイスペックながら低価格となっています。特長としては本来1つのはずのダイナミック型のドライバを2基搭載している点です。これにより再生周波数帯域を20kHzから40kHzに拡張していると謳っています。

 

本当にそうなのだろうかとも思うのですが、口コミを見ると音質の評価は上々です。なお30日までは返品可能、1年間保証つきとのことなので、中国メーカーでも安心して購入できるのではないでしょうか。

装着タイプカナル型駆動方式ダイナミック型
ドライバ数2再生周波数帯域20Hz~40kHz
付属品イヤピース3セット
第7位SHURE

SE215

価格:18,500円(税込)

人気のSHUREのモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SHUREはアメリカの音響メーカーで、SEシリーズは日本でとても人気のあるブランドです。上から耳たぶに掛ける様子を「シュア掛け」と呼ばれる程になったくらいです。

 

特長は遮音性の高さで、もともとステージのミュージシャンのために作られたモニターイヤホンのため、口コミでも遮音性が好評です。音質についても評価がとても高く、決して安くは無いのですがコストパフォーマンスが良いと言われています。

 

爆発的に売れてリスニング用として使われることが多くなっているようですが、口コミによるとプロもイヤモニ用としてしっかり使っているそうです。人気のSHUREのイヤホンを検討してみるのはいかがでしょうか。

装着タイプカナル型駆動方式ダイナミック型
ドライバ数1再生周波数帯域22Hz~17.5kHz
付属品イヤピース6セット、キャリングケース
第6位audio-technica

ATH-E70

価格:51,480円(税込)

オーディオテクニカの高級モニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ATH-E70は国内ヘッドホンシェア1位のオーディオテクニカのモニターイヤホンです。ATHシリーズでは最上位モデルのため、下位のATE-E50より多い3基のドライバを搭載し、付属品も多くなっています。

 

口コミではその音質は完璧な音と大絶賛されており、さすがはオーテクの高級イヤホンと言ったところでしょう。価格を度外視すればこの10選で最も音の評価の高いイヤホンです。

 

お金を多めに出しても最高クラスの音を楽しみたい人は、ATH-E70を検討してみてもよいかもしれません。

装着タイプカナル型駆動方式バランスド・アーマチュア型
ドライバ数3再生周波数帯域20~19kHz
付属品イヤピース5セット、ケース、6.3mm変換プラグアダプター
第5位Yinyoo

KZ ZS10

価格:4,508円(税込)

中国製のリーズナブルで高性能なモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KZ ZS10の製造元のYinyooは中国のメーカーです。新興メーカーであるため、KZ ZS10は非常にハイスペックでありながら低価格になっています。

 

駆動方式はハイブリッド式で、ダイナミック式のドライバ1基とバランスド・アーマチュア型のドライバ4基の計5基のドライバが搭載されています。そのため再生周波数帯域は非常に広くなっています。そうでありながら価格はとても安くなっています。

 

しかし口コミを見るとやはり、初期不良や耐久性についての問題を上げる人もいます。ただし12カ月保証があるのでサポートは問題ないようです。音質についてもスペックほどではないと言う意見も多いですが、音の良さは主観であるため、やはりブランドが影響するのではないでしょうか。

 

とにかく安くて高性能なモニターイヤホンを求めている人には、とてもおすすめできます。

装着タイプカナル型駆動方式ハイブリッド型
ドライバ数1+4再生周波数帯域7Hz~40kHz
付属品イヤーピース4セット
第4位ウェストン

UM Pro30

価格:31,236円(税込)

名門ウェストンの充実のモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウェストンは55年以上の歴史を誇るアメリカの音響メーカーで、プロ向けのカスタムイヤホンの先駆的な会社です。モニターイヤホンの分野ではトップメーカーと言えるでしょう。

 

UM Pro30はバランスド・アーマチュア型で3基のドライバを搭載し、口コミでは音質の評価も上々です。

 

また標準のケーブルがタッチノイズを防ぎやすいツイスト型で、これが合えばリケーブルの必要も無いでしょう。イヤーピースは材質はシリコンとフォーム、サイズが大・中・小・トール・ショートと2x5=10セットもついています。ただしその分、値段も高くなっています。

 

ウェストンの高性能のモニターイヤホンを体験したい方は、是非ご検討してみてください。

装着タイプカナル型駆動方式バランスド・アーマチュア型
ドライバ数3再生周波数帯域20Hz~18kHz
付属品イヤーピース10セット、ミニモニターヴォルトケース、クリーニングツール
第3位ゼンハイザ―

IE 40 PRO

価格:11,664円(税込)

ドイツの有名メーカーのモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゼンハイザーは60年の歴史を持つドイツの有名な音響メーカーです。そのゼンハイザー製のIE 40 PROは、付属品がシリコン製のイヤーピース3つにフォームのイヤーピース1つ、ソフトポーチとクリーニングツール付きと、値段の割に充実しているのも特徴です。

 

ただ口コミでは高音域がクリアで響くと評価が高いものの、高音域の音がキツい、装着感が良くない、壊れやすい、ケーブルが独自規格と言った不満も出ているので、ゼンハイザーにこだわりがある人以外は見送ったほうが良いかもしれません。人気上位であるのはドイツのメーカーであることが大きいのでしょう。

装着タイプカナル型駆動方式ダイナミック型
ドライバ数1再生周波数帯域20Hz~18kHz
付属品イヤーピース4セット、ソフトポーチ、クリーニングツール
第2位AKG

IP2

価格:7,200円(税込)

AKGのモニターイヤホンらしいモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG(アーカーゲー)は音楽の都ウィーンで名高いオーストリアの音響メーカーです。「AKGサウンド」と親しまれて日本にも多くのファンがいます。IP2はそのAKGのモニターイヤホンです。

 

口コミでもフラットなサウンドで、細かい音まで良く拾ってくれるモニターイヤホンらしいイヤホンと好評です。デザインが地味という意見もありますが、それもドイツ・オーストラリアらしさでしょう。

 

値段もモニターイヤホンとしては安いので、海外の有名メーカーの本格的なモニターイヤホンの入門用としておすすめできます。

装着タイプカナル型駆動方式ダイナミック型
ドライバ数1再生周波数帯域12Hz~23.5kHz
付属品イヤーピース3セット、保護ケース、キャリングポーチ
第1位ソニー

MDR-EX800ST

価格:21,375円(税込)

ソニーのスタンダードなモニターイヤホン

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MDR-EX800STはソニーの業界標準的なモニターイヤホンです。ダイナミック型のオーソドックスなモニターイヤホンと言えるでしょう。ダイナミック型のためドライバは1つですがサイズは16mmとイヤホンとしては大口径で、再生周波数帯域もとても広くなっています。

 

ただ口コミではダイナミック型特有の低音よりの音で高音域に物足りなさを感じると言う声もあり、バランスド・アーマチュア型の高音ドライバを体験した人は不満を感じてしまうのかもしれません。

 

お値段は少し張りますが、ソニーの代表的なモニターイヤホンを聞いてみたい人は是非ご検討ください。

装着タイプインナーイヤー型駆動方式ダイナミック型
ドライバ数1再生周波数帯域3Hz~28kHz
付属品イヤーピース3セット、キャリングケース

まとめ

モニターイヤホンの人気おすすめランキング10選を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。現在のモニターイヤホンの人気モデルは、有名メーカーのブランド品と、中国メーカーの低価格で高スペックの製品に二極分化しています。よく検討して、あなたに合う物を選ぶと良いでしょう。