エアコンからピチャピチャ水音がする?原因と対策を紹介!

エアコンを使っていて、突然エアコンから「ポタポタ」と水音が聞こえてきた経験はありませんか?音が気になるのはもちろんですが、水音によっては「利用者に害を及ぼすデメリット」が発生する恐れがあるのです。今回は、そんなエアコンの水音について解説していきます。

エアコンから水音が発生するのには原因があり、水音を止めるにはその原因を解消する必要があります。ではエアコンの水音は何が原因となって発生するのでしょうか?ここではエアコンから水音がする原因について解説していきます。

ドレンホースから空気が侵入している

エアコンは一見壁に取り付けられているだけで完成しているようにも見えますが、実はその裏側には「ドレンホース」というホース状の部品が取り付けられています。ドレンホースとは室内のエアコンから外の室外機の脇まで伸びた、エアコンによって発生する水を排出するためのパーツのことです。

 

このドレンホースは空気が侵入できるほど出口が広く、実際に外の空気がエアコンに到達することがあります。そしてエアコンには「ドレンパン」という水を流すための領域があるのですが、そこの水と外の空気がぶつかることで「ポコポコ」と水音がするのです。

 

ドレンホース、ドレンパンが詰まっている

ドレンホースはエアコンの水を排出する重要なパーツですが、出口が外に露出していることで詰まりやすい部分でもあります。そして実際に詰まると水が排出されずにドレンホースに溜まってしまうんですよね。

 

そこにエアコンの水が水滴のように垂れてきて、結果的に「ポタポタ」と水音が鳴ってしまうのです。

 

またこれはドレンホースだけでなく「ドレンパン」にも起こりえます。ドレンパンの水を流す領域が詰まると同じように水が溜まり、そこに水滴が垂れることでこちらも「ポタポタ」と水音がしてしまうのです。

エアコンの水音と一言に言っても、その音には種類が存在します。しかしどんな音が鳴っているかによっては、何らかの対策を行う必要があるでしょう。そこでここではエアコンの水音から考える注意点を紹介していきます。

「シャー」という水音が鳴る場合

エアコンから「シャー」という水音が鳴るケースは少なくありません。ただこの音が鳴っている場合は問題ないことが多いため、そのまま放置してしまってもOKです。むしろ「エアコンが正常に動いている証拠」でもあるので、逆に安心できる音と言えます。

 

しかしこの音はエアコンの正常な動作音であるために、無音化することはできません。この手の音は主に「霜取り機能が付いているエアコン」から鳴ることが多いので、気になる方は別のタイプのエアコンに買い換える必要があります。

「ポタポタ」、「コポコポ」という水音が鳴る場合

エアコンを使っていると、「ポタポタ」・「コポコポ」と水滴が落ちるような音が鳴ることがあります。しかしその音が聞こえたときは注意しましょう。なぜならドレンホース、もしくはドレンパンに水が溜まっている可能性があるからです。

 

他にも「ドレンホースから空気が逆流する」ことでポタポタすることもあるため、後述するデメリットを防ぐために対処する必要があります。

エアコンから「ポタポタ」・「コポコポ」と水音がすることがありますが、音が気にならない方だとやはり放置してしまいがちです。しかしこの水音は単に音がするだけでなく、放置してしまうことでさらなる悪影響を引き起こしかねません。

 

では水音を放置した場合に生じるデメリットをいくつか見ていきましょう。

エアコンから虫やホコリが出てくる

エアコンはドレンホースから空気が逆流することで水音が鳴ります。それはつまり「ドレンホース」から何かが侵入できる」ということにも繋がってしまうのです。例を挙げるなら虫や外部のホコリなどでしょうか。

 

するとエアコンから室内に虫が入ってきてストレスになりますし、ホコリが入ってきても部屋の空気の質が悪くなってしまいます。そのため「空気の逆流による水音」も可能であれば対処したい所です。

水が漏れてくる

こちらはドレンホースやドレンパンが詰まることで生じる問題です。最初の段階でこそ少ししか水が溜まりませんが、それを長時間放置するとホースがいっぱいになるまで水が溜まります。すると溜まった水が徐々にエアコンに迫っていき、最終的にはエアコンの水漏れを引き起こしてしまうのです。

 

エアコンから水が漏れると床がびしょびしょになって困りますし、何よりエアコンが水に濡れて故障する危険性があります。そのため特に対処すべき問題と言えるでしょう。

エアコンから特定の水音が鳴ると悪影響になりうる事が分かりました。ではその水音を改善するにはどのような対処が必要なのでしょうか?ここでは水音の対処法についていくつか紹介していきます。

窓を開ける

住んでいる家の気密性が高いと、外の空気が家の中に入る手段が限られてきます。その中の手段として挙げられるのが、「ドレンホースンを通じて室内に空気を入れる」というもの。それによって空気がドレンパンの水に接触してしまい、水音が生じてしまいます。

 

これを防ぐために窓を開けるだけでも大分変わりますね。なぜなら空気がドレンホースの代わりに窓から集中して侵入するようになるため、ドレンホースに空気が入ることを防げるからです。

 

しかしエアコンを使っているのに窓を開けてしまうと冷気が逃げてしまうので、最適解な対処法とは言いがたいですね。

換気扇を止める

換気扇は室内の空気を外に逃がす役割がありますよね。しかし家の気密性が高いと、逃がした空気が再び中に入ろうとしても入れなくなってしまいます。そして唯一の入り口であるドレンホースの穴から侵入し、結果的にドレンパンの水と接触、水音を引き起こしてしまうのです。

 

そのため「換気扇を止める」だけでエアコンの水音が止まるケースも多いです。エアコンから水音がしていてなおかつ換気扇を付けがちな人は、「換気扇を止める」という対処法を試してみてください。

換気口を開ける

空気が原因で生じるエアコンの水音は、基本的に「室内へと通じる空気の入り口がドレンホースに限られている」ゆえに引き起こされることが多いです。もし部屋の中に換気口があるなら、その換気口を開けてみるのも良いでしょう。

 

換気口を開ければ空気の入り口が作られるので、ドレンホースに空気が入ることを防ぐことができます。すると結果的にエアコンの水音も解消されるでしょう。

ドレンホースの詰まりを解消する

今まではドレンホースに空気が入ることによる水音についてでしたが、では「ドレンホースの詰まりによる水音」の場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

実はそれを解消する「ドレンホースリーナー」というアイテムが存在します。こちらはドレンホースにアイテムを挿入し、注射器の要領で詰まっているものを取り出すという画期的な商品です。

 

ドレンホースの排出口を確認して何かが詰まっていたら、このドレンホースンを使ってみましょう。ネット通販などで簡単に購入できますよ!

空気の入り口を作ってドレンホースの詰まりを解消しても、エアコンから水音が鳴ることがあります。その場合に考えられるのは「ドレンパンの詰まり」ですが、こちらは専門的な技術が無いと解消するのは難しいです。

 

ではドレンパンの詰まりを解消するにはどうしたら良いのでしょうか?

エアコン修理業者にお願いする

素人だとドレンパンの詰まりを解消するのは非常に難しいです。そこでエアコン修理業者に詰まりを直してもらうのも一つの手と言えるでしょう。相場も4,420円と抵抗がない値段ですし、他に水音が発生する原因があれば合わせて対処してくれます。

 

そのため「水音を確実に解消したい!」という方にもおすすめの対処法です。

 

 

年季が入ったエアコンなら、買い換えてみるのもアリ

年季が入ってエアコンが劣化していると、それに伴いドレンパンが詰まってしまうケースも多いです。加えてドレンパン以外にも様々な部分が劣化している可能性があるので、その場合は思い切ってエアコンを買い換えてみるのも良いでしょう。

 

ちなみにエアコンの寿命は約13年とされているので、それ以上の期間エアコンを使用していて、なおかつ水音が鳴る場合は買い換えをおすすめします。

エアコンの最強おすすめ【15選】選び方と最新情報もご紹介。

エアコンから水音がすると音が気になる上に、虫の侵入や最悪の場合エアコンが故障する可能性があります。そのため水音が鳴ったら「ただの水音」と決めつけずに、今回紹介した対処法をぜひ実践してみてください。