【徹底解説】自分でも簡単にできるエアコンの掃除方法やおすすめツール

エアコンを使うと気になるのがカビやほこり。カビやほこりが溜まることでエアコンの効き目にも違いが出ます。しかしどうやって掃除したらいいか分からない方も多いと思います。この記事では、自分でエアコンを掃除する方法を解説します。エアコン掃除をしたい方はぜひ参考にしてください。

2021/10/22 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

エアコン掃除はなかなか手が出しにくい部分かもしれません。「エアコンを開けて戻せなくなったら不安」「機械は怖くて触れない」などの声をよく耳にします。しかし自分でも簡単にエアコン掃除をできるやり方があります。

 

エアコンは正面のふたを開けるとフィルターが最初に出てきます。フィルターはほこりをキャッチする部分なので簡単に取り外して掃除ができるように設計されています。エアコンをワンシーズン使っているとフィルターの網目が見えないほどほこりが溜まることもあります。

 

この記事では、エアコン掃除の際に自分でも簡単にエアコンを掃除するやり方・ポイント・掃除業者に依頼した方がいい部分などを紹介します。ぜひ参考にして快適に過ごしてくださいね。

エアコンを掃除していないと内部にカビやほこりが溜まっていきます。エアコンを掃除しないことで起こるデメリットを紹介します。

エアコン内部には熱交換機といわれる機械が搭載されています。エアコンの冷風と温風をつくる仕組みはそれぞれ異なりますが、冷房と暖房ともにこの熱交換機を通して冷風や温風を排出します。そして排出される風とともにカビやほこりが部屋を舞います

 

また「エアコンに内部クリーンモードが搭載されているのに掃除する必要があるの?」という方もいるかもしれません。しかし、エアコンを使っていない期間でもほこりやカビは溜まります。掃除機能の部分にも汚れが溜まり、掃除機能の役割を果たせない恐れも。そのため、どのエアコンでも定期的に掃除を行うことが大切です。

エアコンは熱交換器にカビやほこりが溜まると冷房と暖房の効率が下がります。冷風や温風がスムーズに排出されなくなることで、より多くの消費電力が必要になり電気代にも影響が出ます。

 

きれいに掃除されているエアコンの場合、風速や風量が少なくてもスムーズに風が排出されるので節電にも繋がります。同時にエアコンが故障するリスクも減るので、買い替えが不要になる節約効果も期待できます。

エアコンは内部にある部分を自分で掃除しようとすると故障に繋がることがあります。ここでは自分で掃除していい部分、業者に頼んだ方がいい部分を解説します。

本体カバーを開けると1番初めに見えるのがフィルターです。上に引っ張ることで簡単に取り外せます。フィルターはすぐにほこりが溜まるので、定期的に取り外して掃除しましょう

フィルター掃除には、以下のものを用意しましょう。ハンディ掃除機が無い場合はお使いの掃除機のヘッドを外し、ホースの状態にしておくといいです。

 

  • ハンディ掃除機など
  • きれいなタオル
  • 使い古した歯ブラシ
  • 中性洗剤(食器用洗剤など)

まず、本体カバーを開けて掃除機でフィルターのほこりを吸います。いきなりフィルターを外すとほこりが散るので、必ずフィルターを外す前に掃除機でほこりを吸いましょう。吸い終わったら、下に引っ張るようにしてフィルターを外します。

 

フィルターに薄めた中性洗剤をつけて、使い古した歯ブラシで優しく擦ります。掃除機だけではカビや細かいほこりが取れないので水洗いをします。水に浸けながら洗ってもいいですが、シャワーを使う場合は裏面から流すとフィルターが目詰まりせずに洗いやすいです。

 

フィルターがきれいになったら乾くまで天日干しをしましょう。完全に乾かすことが大切です。乾いたフィルターを本体上部に沿うようにはめれば掃除終了です。フィルター掃除については、以下の記事でも詳しく解説しています。

吹き出し口(ルーバー)はエアコンカバーを外さなくても掃除が可能です。風向きルーバーの奥に見えるのが吹き出し口です。ここの掃除は一見見落としがちですが、風が直接出るところになので定期的にお手入れをしましょう

吹き出し口の掃除には以下のものを準備しましょう。ハンディ掃除機が無い場合は、フィルター掃除と同様にホースの状態で掃除できます。

 

  • ハンディ掃除機など
  • 割りばし
  • キッチンペーパーもしくは使い古した布など
  • 輪ゴム
  • 中性洗剤(台所用洗剤など)
  • ウエットティッシュ

掃除する前に必ずコンセントから電源プラグを抜きます。吹き出し口(ルーバー)の掃除をしているときに間違えて電源を入れると怪我する恐れがあるので注意してください。

 

手動で風向きルーバーの向きを変えて、自分から吹き出し口が見えるようにします。掃除機で届く範囲のほこりを吸います。吸い終わったら割りばしに使い古しの布やキッチンペーパーなどを巻いて根元を輪ゴムで止め、薄めた中性洗剤をつけて吹き出し口や風向きルーバーを丁寧に擦ります。

 

その後、ウェットティッシュで洗剤が付着した部分や手の届く範囲を拭き上げます。コンセントに電源プラグを挿してエアコンのスイッチを入れ、風向きルーバーが元の位置に戻ったのを確認したら終わりです。

フィルターの奥には熱交換器とシロッコファンがあります。熱交換器は部屋を暖めたり冷やしたりする働きがあります。また、シロッコファンにはフィルターを通してきれいな空気を吸い込んで勢いよく回転をして風を起こす役割があります。

 

フィルターが汚れているとシロッコファンがほこりを一緒に巻き込み、排出される冷風や温風にもほこりが混じります。熱交換器にもほこりが詰まり、なかなか部屋が適温にならないことも。

 

しかし、熱交換器とシロッコファンは非常に繊細な部品なので、経年劣化していると専門業者にもエアコンの掃除を断られる可能性があります。手の届く範囲で自分でやりたいと方は軍手・古い布・使い古した歯ブラシなどで熱交換器やシロッコファンを撫でるように掃除しましょう。詳しい方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

「自分でエアコンの内部まで掃除したいけど知識も技術もない、けれど掃除業者に依頼するのも料金が割高…。」そんなときに活躍するのがエアコンスプレーです。コストもあまりかからずに便利な商品と近年では注目されていますが、注意しないと汚れを悪化させることも

 

エアコンスプレーは熱交換器に噴射して使用しますが、ほとんど表面しか汚れがとれません。そして奥に届いたとしても噴射の力が弱く、逆にほこりを押し込んでいる恐れもあります。また、スプレーした部分が濡れたままだとカビが繁殖するリスクもあるので使用には注意が必要です。

アース製薬

らくハピ エアコン洗浄スプレー Nextplus

価格:585円 (税込)

自分でも簡単にエアコン掃除ができる優れもの

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗浄だけではなく、防カビ・防菌・消臭効果があり、1つで3役をこなしてくれます。熱交換器やシロッコファンに直接噴射するだけで洗浄が終わるので手軽かつ簡単にエアコン掃除ができます。

 

スペック詳細はこちら

サンコー(三つ葉)

びっくりエアコンすきまの汚れ落とし BA-58

価格:776円 (税込)

特殊なブラシで吹き出し口をきれいに

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアコンの吹き出し口を掃除できるブラシです。ブラシ部分は特殊な繊維質なので、大きめのほこりから小さなカビやほこりまでキャッチしてくれます。ブラシ部分は曲がるように設計されており、どんな吹き出し口にも沿ってしっかりと掃除ができます。風向きルーバーの細かいところにもしっかりとフィットしてくれます。

 

スペック詳細はこちら

アイワ

掃除機ノズル エアコンブラシクリーナー

価格:1,298円 (税込)

掃除機にブラシを着用して安全に掃除

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4段階で毛足の長さが異なるヘッドがついているので、どんな凸凹にも応用できる掃除機ノズル型のエアコンブラシです。水も使わないので故障の不安もなく、エアコンの細かいところも掃除ができる便利グッズです。掃除機の吸引力だけではなく、ブラシがあることで根こそぎほこりをかきだせます。

 

スペック詳細はこちら

サンコー(三つ葉)

すきまクリーナー ブラシ

価格:1,188円 (税込)

手が届かない隙間の汚れも逃さない

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もっと細かいところを掃除したいときに便利なグッズです。全長約130mm、スポンジ部分は縦約30mm・横約15mm・厚さ約8mm。細かいところまできれいにしたいけれど、水やスプレーを使うのが不安なときに、これ1つで細かいところの汚れをキャッチしてくれます

室外機は冷媒といわれるガスを移動させることで室内機を通して冷暖房を調整します。室内機と室外機が揃ってエアコンなので、室内機をきれいにしても室外機が汚れいるとエアコンはスムーズに動作できません。室外機は雨風・ほこり・土・草などで汚れやすい状態です。

 

目詰まりを起こすと風量が減ったり、消費電力が増したりします。最悪の場合、エアコンの故障にもつながることも。室外機から異音がしたり、周辺に砂ほこりや草が多かったりしたら注意が必要です。

エアコンを掃除業者に依頼すると高圧洗浄機で内部に溜まっているカビやほこりを根こそぎ取ってくれます。掃除機能付きのものや壁に埋め込み式のものなど、どんなエアコンの掃除もしてくれます。プロにお任せするので故障のリスクが低いのも嬉しいポイントです。

 

掃除業者に依頼すると、一般的な壁掛けエアコンは1台10,000~15,000円ほどです。ダスキンのように複数台頼むと割引をしている掃除業者もあります。また掃除機能付きエアコンは8,000~10,000円ほど加算されます。

 

ダスキンのようにエアコン内部に防カビや抗菌コートをしてくれる掃除業者もあります。それぞれ1,000~2,300円程度のオプションになりますが、エアコンの清潔さを長持ちさせたいときにおすすめです。

日々使っているエアコンは、知らぬ間に汚れています。フィルターや吹き出し口など、ほこりが溜まりやすい風の出入口の部分は自分でも手軽に掃除することができます。定期的に掃除して、いつも快適にエアコンを使用しましょう。

関連する記事

故障?エアコンの室外機トラブルの対処法|異音騒音対策・掃除方法のサムネイル画像

故障?エアコンの室外機トラブルの対処法|異音騒音対策・掃除方法

2021/10/22