【2022年完全版】スカルキャンディのヘッドホンの最強おすすめ【7選】

スカルのロゴマークでお馴染みのスカルキャンディのヘッドホンをテーマにした記事です。スカルキャンディのヘッドホンの特徴をはじめ、選び方やおすすめ商品をご紹介しています。自分に合うヘッドホンを探している方はぜひ参考にしてみてください。

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
スカルのロゴマークでお馴染みのスカルキャンディのヘッドホン。2003年にアメリカで誕生したスカルキャンディは、ファッション性の高さに注目が集まりがちですが、音質の技術力においても業界内でトップクラスを誇ります。 多くの人を魅了するスカルキャンディは、現在日本でも着実にファンを増やしています。そこでこの記事では、「オシャレなヘッドホンがほしい方」や「スカルキャンディに興味があった方」などに参考になるよう、スカルキャンディのヘッドホンの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。そこでまずは、スカルキャンディのヘッドホンの特徴をご紹介します。
独自開発しているセンサリーベースによって、深い低音を表現できるスカルキャンディのヘッドホン。人間が聴くことができる低音を下回る低域でも感じられることができるため、驚きの重低音を体感できるでしょう。また、ヘッドホン内部に振動を生み出す技術を搭載しており、この振動によって、これまでの音源を一段階音質の高いものに引き上げてくれること間違いありません。
電車の音が響く駅構内や人通りが多い街頭では、ノイズが多くイヤホンやヘッドホンからの音楽が聞き取りにくいと感じたことはありませんか。いつでもクリアな音で聴きたい方に支持されている、ノイズキャンセル機能がスカルキャンディのヘッドホンにもあります。 スカルキャンディのヘッドホンは、周囲のノイズを測定し、取り除くことでクリアなサウンドを生み出しています。
「重低音を強く感じたい」など、自分好みの音がある方も多いのではないでしょうか。とはいえ、サウンドを毎回自分好みに調整するのは少し面倒ですよね。そんな自分好みの音を簡単にいつも聴きたい方におすすめなのが、スカルキャンディのパーソナルサウンドです。 スカルキャンディのヘッドホンの機能のひとつである、パーソナルサウンドプロファイルは、スカルキャンディのアプリの聴力テスト結果を直接保存し、音色を調整します。自分好みの音はもちろん、これまで得られなかったサウンドも体験できるでしょう。
最近ではワイヤレスのイヤホンやヘッドホンが主流になっています。有線のようにケーブルで音楽プレーヤーと接続する必要がないため、ケーブルが絡まってしまう煩わしさやケーブルの破損がなく、多くの方に支持されています。多くのヘッドホンメーカーと同様に、スカルキャンディのヘッドホンにも、便利なワイヤレス機能が搭載されているので、「ワイヤレスは欠かせない」という方もご安心ください。
先ほどもご紹介したようにワイヤレスのヘッドホンが主流となっている昨今では、充電量や充電の速さはとても重要なポイントといえます。商品によって異なりますが、30時間の連続再生が可能であったり、10分の充電で約5時間利用できたりと、業界内でも高い技術を誇る商品が多数あります。また最先端技術をどんどん取り入れるスカルキャンディでは、今後さらなる向上が見込まれるのではないでしょうか。
さまざまな場所で利用できるヘッドホンだからこそ、無くしてしまう可能性も高いでしょう。しかし、紛失防止のためのTile機能が内蔵しているスカルキャンディのヘッドホンなら安心です。もしヘッドホンが見当たらないときには、スマートフォンのアプリを利用して、ビープ音を鳴らしたり、地図上で確認したりすることが可能。Bluetoothの通信範囲内などの制限はありますが、ヘッドホンを簡単に探せる手段があるのは画期的といえるのではないでしょうか。
スカルキャンディのヘッドホンは、有名人や有名ブランドとのコラボ商品が多くあります。これまでには、トッププロスケーターのエリック・コストンや米シューズブランドSUPRA、VOLCOM(ボルコム)とコラボしたヘッドホンをリリースしています。限定商品のため、常に購入できるわけではありません。人と同じものを持ちたくないという方は、限定商品を狙ってみてはいかがでしょうか。
「今使っているものがイヤホンだから」「ヘッドホンは高そうだから」となんとなくずっとイヤホンを使っているという方は、多いのではないでしょうか。そこで、ヘッドホン初心者に参考になるよう、ヘッドホンとイヤホンのメリット・デメリットについてまとめていきます。
多くの人が利用しているイヤホンは、耳の穴の中にいれて固定するものや、耳にひっかけて固定するものが一般的です。外出時の利用しやすさや持ち運びのしやすさは、イヤホンが優れているといえます。また、安価なものが多く、バリエーションも豊富です。しかしながら、種類の豊富さゆえに、自分のニーズにあった商品を選ぶのは難しかったり、粗雑に扱ってしまい無くしてしまったりすることも多いでしょう。
耳を覆うタイプや耳の上に装着するタイプが一般的なヘッドホン。イヤホンと比較すると、どうしても大きいので、持ち運び時にかさばると感じる方が多いでしょう。しかしながら、その分、安価なヘッドホンでも迫力のあるサウンドを楽しめるものが豊富です。また、カラーバリエーションを豊富にそろえるメーカーも多く、ファッション性が高くなっています。ヘッドホンもコーディネートの一つとして楽しむことも可能です。
カラーバリエーション豊富なスカルキャンディのヘッドホンだからこそ、見た目だけでお気に入りを決めてしまう方も多いのではないでしょうか。もちろんオシャレさは重要なポイントですが、それだけで選んでしまうのは少しもったいないでしょう。 そこで、より自分のライフスタイルにあったヘッドホンを選べるよう、スカルキャンディのヘッドホンの選び方をご紹介します。
ヘッドホンを使用する場所はどこか思い浮かべてみてください。使用する場所によって、ベストなヘッドホンの機能や形などが異なります。そこで、使用する場所別にヘッドホンを選べるようご紹介していきます。
屋外でヘッドホンを使用することが多いなら、密閉型(クローズド)をおすすめします。 密閉型とは、外部との密閉度が高いため、遮音性に優れており、外部のノイズも入りにくい設計となっているヘッドホンのことをいいます。低音や細かな音をしっかり届けてくれるメリットがあり、外部の音漏れも少ないのが特徴です。周囲を気にせず音楽に没頭できることから、屋外で使用することに優れています。 一方、ヘッドホン内がこもりやすいことから、クリアな音を再現しずらいデメリットがあります。
密閉型と対になっているのが、開放型(オープンエアー)のヘッドホンです。開放型は、イヤーカップに細かな穴があいており、こもりを少なくしてクリアな音を生み出すことができます。また、軽い構造になっており、長時間つけていてもラクであるメリットがあります。 一方で、細かな穴があいていることから、音漏れしやすく、屋外では使いづらい仕様となっています。特に低音は外に逃げてしまいがちなので、音楽全体の迫力に欠けると感じてしまうデメリットがあるでしょう。
「ヘッドホンは苦手」という方の多くは、その着け心地に違和感を感じるからではないでしょうか。しかし、ヘッドホンの着け心地にも種類があり、メーカーはもちろん、ヘッドホンの形状でも着け心地が異なります。そこで次に、オーバーイヤー型とオンイヤー型の2つの違いをご紹介していきます。
耳を覆い被せるようにイヤーパッドの中心が凹んでいるイヤホンを、オーバーイヤー(アラウンドイヤー)型といいます。 オーバーイヤー型の特徴は、迫力のあるサウンドを楽しめることです。耳全体を覆うため、外部のノイズの遮音性が高く、音楽に没頭できると定評があります。また、耳を覆うフィット感であるため、耳が痛くなりにくいメリットもあるのです。ピアスなどのアクセサリーを着けていてもヘッドホンで音楽を楽しめるのは、オーバーイヤー型ならではでしょう。
オンイヤー型は、オーバーイヤー型とは異なり、耳にピッタリとしたフィット感を得られるヘッドホンです。特徴のひとつとして、コンパクトな構造であることが挙げられます。そのため、軽量かつ折りたたみ式などの種類があります。音漏れが少なく、コンパクトなサイズ感から、外出時に利用するヘッドホンとして適しているでしょう。
最近は外出先でも、無線(ワイヤレス)ヘッドホンをしている方を多く見かけます。便利に思えるワイヤレスヘッドホンですが、もちろんデメリットもあります。だからこそ、従来の有線のヘッドホンを好んで使い続けている方も多いのです。そこで、無線・有線のそれぞれのメリット・デメリットを改めてご紹介していきます。しっかりメリット・デメリットを理解した上で、自分に合うヘッドホンを選んでみてください。
有線とは、ヘッドホンと音楽プレーヤーをケーブルで接続するタイプです。メリットは、安定した接続が確保できるため、音が途切れる心配がありません。音質においても、外部の影響を受けにくいことから、劣化が少ないと言われています。また、無線(ワイヤレス)とは異なり、充電が必要ないため、長時間再生することが可能です。 「音質にこだわりたい方」や「長時間の再生をしたい方」は、有線タイプを選ぶと良いでしょう。
イヤホンやヘッドホンと音楽プレーヤーをつなぐケーブルが必要ないタイプを、無線(ワイヤレス)と言います。一番のメリットは、ケーブルが絡まってしまう不便さを感じない点です。しかしながら、接続が悪い環境下では、音質が悪くなってしまったり、音が途切れてしまう可能性があります。また、充電式であるため、連続再生可能時間が限られているというネックがあります。
ここまでスカルキャンディの特徴などをご紹介してきました。スカルキャンディのヘッドホンの良さを知れたとはいえ、実際に購入する際、どの商品を選んだらいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで次に、具体的なスカルキャンディのシリーズ・商品の中でおすすめをご紹介していきます。
7位
Skullcandy, Inc.

Skullcandy(スカルキャンディー) HESH2 Wireless (Bluetooth) ヘッシュ2 ワイヤレス ブルートゥース ヘッドホン BLACK [並行輸入品]

価格:5,800円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まずご紹介するのは、2015年に発売スタートしたHESH2です。スカルキャンディーのヘッドホンの中でも、パワフルなヘッドホンと知られており、大口径50mmドライバーを搭載しています。

 

ワイヤレスのヘッドホンにおいて重要なポイントである内蔵バッテリーは、スカルキャンディーのヘッドホンにおいて最長クラスである15時間程度の再生が可能となっています。また、付属ケーブルで有線にすることもできるので、充電が切れてしまったときも安心です。また、イヤークッションの改良もされており、長時間使用しても耳が痛くならないという高評価があります。エントリーモデルとしてスカルキャンディの定番商品といえるでしょう。

 

 

6位
Skullcandy(スカルキャンディ)

Skullcandy Crusher 360 Bluetooth対応 BLACK S6MBW-J373-A 【国内正規品】

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Crusher 360は、リアルオーディオ体験ができると注目されている商品です。低音に合わせてヘッドホンから独自に振動するハプティックベース技術が用いられています。ゲームや映画などにおいてワンランク上の世界観の体験を得られるでしょう。

 

また操作性にも優れており、左のイヤーカップで重低音のレベルを簡単にコントロールすることができます。最大29時間再生が可能かつ、10分の充電で3時間の再生ができる急速充電機能が搭載されているので、充電が切れてしまう煩わしさは感じることはないでしょう。

5位
Skullcandy スカルキャンディー

Skullcandy スカルキャンディー ヘッドホン HESH 3 WIRELESS S6HTW-L678 S6HTW-L678 WHITE FHESH 3

価格:5,900円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

次にご紹介するのは、HESH 2の最新モデルであるHESH 3。改良モデルとして一番の注目すべきポイントは、軽さと装着感です。一般的に重量がある耳全体を覆うオーバーイヤー型ですが、HESH 3の重さはなんと200gという軽さを実現しています。さらにイヤーパッドは形状記憶素材を用いており、快適なフィット感を得られます。長時間利用に適した商品といえます。

 

また、搭載されている高解像度40mm driverはHESH3用に新たに独自開発したものです。これまで以上に全体のバランス感が改善され、素晴らしい音響体験を得られるでしょう。

4位
Skullcandy(スカルキャンディ)

Skullcandy Grind Wireless オンイヤー型ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 BLACK/CHROME S5GBW-J539【国内正規品】

価格:5,680円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Grindモデルで注目すべき点は、搭載されているハイクオリティーなREX40。このドライバーはスカルキャンディーが独自に設計したコイルやバックキャビネットなどを採用しています。それによって、パワプルなサウンドを体験できるでしょう。

 

もちろん評価されている点は、音質だけではありません。人間工学に基づいたヘッドホンの設計は快適なフィット感を生み出しており、メタル素材のヘッドバンドを採用することで軽量化にも成功しています。また、内蔵マイクを搭載しており、自分の趣味だけではなくビジネスシーンなど、幅広い用途で使用することが可能です。

3位
Skullcandy

Skullcandy VENUE ノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 GRAY/CRIMSON S6HCW-L568-A【国内正規品】

価格:18,980円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スカルキャンディーのVENUEモデルは、初のアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載したモデルです。ヘッドホンの外側と内側にある2つのマイクでノイズをキャッチし、ノイズを打ち消す周波数を測定することでノイズキャンセル効果を発揮しています。こだわりの一つとして、音圧による疲れが発生しにくいよう、ノイズ低減をコントロールしていることです。

 

さらに、10分の充電で約5時間利用できたり、スマートフォンの音声アシスタントをボタン一つで呼び出しできたりと、便利な機能が多数搭載されている点も特徴といえるでしょう。

2位
Skullcandy(スカルキャンディ)

【Amazon.co.jp 限定】Skullcandy Crusher Wireless 振動する究極の重低音 ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 A6CRW-K591 BLACK【国内正規品】

価格:14,076円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CRUSHERモデルは、音質にこだわりのある方に支持されるモデルといえます。というのも、CRUSHERはStereo Haptic Bassを搭載し、リアルな低音域の再生を可能にしています。サブウーファーは左右がそれぞれ独立して振動を生み出すため、音楽やゲームの世界に入りこめるでしょう。この機能は、コントロールレバーによって振動の強さを変更でき、必要ない際にはOFFにすることができます。

 

ワイヤレスヘッドホンで気になるポイントである連続再生時間ですが、最大40時間可能な充電バッテリーを採用していることから、利用時間を気にすることなく音楽などを楽しめます。

1位
Skullcandy(スカルキャンディ)

Skullcandy Crusher ANC サブウーファー搭載 ノイズキャンセリングヘッドホン MOAB/RED 【国内正規品】 S6CPW-M685-A

価格:36,663円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おすすめ第1位となったCrusher ANCは、Crusherシリーズの中でもセンサリーベースに特徴があります。従来モデルでは、再生周波数帯域が20~100Hzでしたが、Crusher ANCでは10Hz-200Hzに拡大。音量を上げてもクリアな音質と力強い振動を生み出せるよう、ダンパーの素材を調整しています。

 

人気のノイズキャンセル機能は、デジタルハイブリッド式ANCを採用しています。さまざまな騒音がある駅構内でも、広い帯域のノイズに対応しているからこそ、ノイズキャンセルの効力を十分に発揮できるのです。また、ワンタッチでノイズキャンセル機能を解除することもできます。

 

これらのことから、超没入型ヘッドホンの最高傑作と定評があるのです。スカルキャンディーのヘッドホンおすすめ第1位として間違いない商品といえるでしょう。

ここまでスカルキャンディーのヘッドホンをご紹介してきました。見た目がオシャレなスカルキャンディーのヘッドホンですが、人気の理由は見た目だけではないことが理解できたのではないでしょうか。自分にぴったりのヘッドホンを見つけて、これからの音楽ライフをよりスタイリッシュに楽しんでください。

関連する記事

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。のサムネイル画像

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。

2021/10/21

【2022年完全版】ヤマハのヘッドホン最強おすすめ【6選】特徴・比較・評価のサムネイル画像

【2022年完全版】ヤマハのヘッドホン最強おすすめ【6選】特徴・比較・評価

2021/12/03