【2022年完全版】ヤマハのヘッドホン最強おすすめ【6選】特徴・比較・評価

音楽をじっくりと楽しみたい時に使いたいものといえば、ヘッドホンですね。一口にヘッドホンといっても、さまざま種類やメーカーのもの、リーズナブルなものからハイエンドクラスまで多くの商品があります。その中から日本の楽器メーカーとして有名な、ヤマハのヘッドホンの魅力をご紹介しましょう。

2021/12/03 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

皆さんが音楽を聴くとき使用するのはイヤホンとヘッドホン、どちらが多いでしょうか。

それぞれ音質の好みやメリット・デメリットが存在しますが、音楽を本格的に楽しみたい時にはヘッドホンを使うという方も多いのではないでしょうか。

 

さて、ここではそんなヘッドホンを数多く販売している日本の音楽メーカー、ヤマハのヘッドホンに注目して、特徴やおすすめ商品をみていきましょう。

まずは「ヤマハ」がどんな企業なのかをご紹介しましょう。
ヤマハは世界的有名な日本の音楽メーカーで、特にピアノの生産で世界トップシェアを誇ります。
1887年にヤマハの創業者が小学校のオルガン修理したのがはじまりで、のちにヤマハの前身となるオルガン製造会社を設立しました。
 
 
その後ヤマハは100種類以上の楽器を生産し、楽器作りで培われた製造技術で、多くの製品を開発。
ピアノをはじめスピーカーやオーディオなどの音響機器、スポーツ用品やバイク屋自動車の部品など、音楽以外でもさまざまな分野で製造を行っています。
ヤマハのオーディオ機器の音質は低音がよく通り、高音は美しく伸びやかなのが特徴です。
原音の雰囲気を再現しつつ、誰でも聴きやすい音源は「ヤマハビューティー」と呼ばれ愛されてきました。
生演奏の楽器の音、特にピアノの再現性はプロの音楽家にも評価を得ています。
 
 
音にこだわるヤマハのヘッドホンは、やはり迫力があり高音質の製品が多いです。
また、ヘッドホンのデザインもこだわっており、性能だけでなくファッションとして取り入れられそうな見た目も魅力ですね。
ヘッドホンを購入するとき、まず有線タイプにするか無線タイプにするかを決めましょう。
有線タイプはコードで、音楽プレイヤーとイヤホンジャックを接続して使用します。
ヘッドホンと直接つながるため、良い音質を安定して楽しめるのが有線タイプのメリットです。
 
 
Bluetoothを使って音楽プレイヤー接続するのが、無線タイプのヘッドホン。
有線タイプと比べてコードを引っかけてしまうこともなく、見た目にもスタイリッシュに使えます。
持ち運びにも適した無線タイプは、屋外で使用が多い方におすすめですよ。

「値段の高いヘッドホンは音質も良い」と思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

ヘッドホンはそれぞれ音質に特徴をもっているため、自分の好みに合った音質の製品を選ぶのがおすすめです。

 

ヘッドホンの周波特性を見れば、音を出力したときに強調される音域が分かります。

例えばズンズンとお腹に響くような低音が好みなら、周波特性の下限値が100Hz以下のヘッドホンを選ぶといいでしょう。

作曲や楽器の音を確認するときに使うモニター用のヘッドホンを選ぶなら、あまり得意な音域のない、フラットな周波数をもつ製品がいいですね。

また長時間使用しても疲れにくい、耳への負担が少ないヘッドホンがおすすめです。

 

電子ピアノなどといっしょに使う、モニター専用ヘッドホンがあるので用途に合わせて選んでみましょう。

ヘッドホンの音質を左右するのがドライバーという部品です。

ドライバーとはヘッドホンの耳にあてる部分(ハウジング)に搭載されている振動版のことで、一般的なヘッドホンのドライバー口径は、直径30mm~50mmほど。

 

ドライバー口径が大きいほど低音が鳴りやすく、音質が良いとされています。

しかし、大口径なると高音が響きにくくなる、ボディが重くなるなどの難点もあるのです。

ドライバーと耳が直接あたる形状のヘッドホンを密閉型といいます。

密閉型ヘッドホンは音漏れしにくく、しっかりと音を捉えることができ、低音が聴き取りやすいのが特徴です。

やや閉塞感がありますが、周りの音が入らないので音楽に没頭できますよ。

 

密閉されている分、耳に負担がかかるため、長い時間使用するには疲れやすいのがデメリットです。

密閉型とは逆に、ドライバーと耳が直接あたらないのが開放型ヘッドホンです。

伸びやかな高音と、コンサート会場で聴いているような音の広がりを楽しめます。

圧迫感が少ないので、ヘッドホンの締め付けが苦手という方でも使用しやすいですよ。

 

ただし、音漏れしやすいため、他の人がいるところでの使用は控えた方がいいでしょう。

ヘッドホンの音を出力する部品を覆うカバーをイヤーパッドと呼び、「アラウンドイヤー型」と「オンイヤー型」の2種類の形があります。
アラウンドイヤー型はカバー耳を包むように収めるタイプで、周りの音を遮断し、ヘッドホンを固定しやすいのが特徴です。
 
 
オンイヤー型はヘッドホンで挟むような形で、カバーを耳にのせて装着します。
直接触れる面積が少ないため、耳への負担が少なく、眼鏡を使用している方でも痛くなりにくいです。
イヤーパッドの形に加えて、クッション性や素材にもこだわってヘッドホンを選ぶのもいいですね。
より快適に音楽を楽しめるよう、さまざまなヘッドホンに搭載された機能にも注目してみましょう。
雑音の多い街中でも音量を上げ過ぎずに音楽を聴くのに便利なのが、ノイズキャンセリング機能です。
ヘッドホンから音波を発することで、周囲の音を打ち消してくれる仕組みになっています。
大音量による耳の疲労を軽くし、音漏れで周囲の迷惑にならずに音楽を楽しめますよ。
 
 
マイクを内蔵したヘッドホンを使って通話をするときも、ノイズキャンセリング機能がついていれば、しっかり声が聞き取れるようになるので、会話しやすくなります。
音楽配信サイトでも最近よく見かけるハイレゾ音源を楽しむには、再生機器やヘッドホンもハイレゾ出力に対応している必要があります。
ハイレゾとは音の情報量が多い音源のことで、人間の耳が聞き取れる音域よりも遥かに高い周波数を含んでいます。
 
ハイレゾ対応ヘッドホンは40000Hz以上の再生周波数のもっているため、ハイレゾ音源はもちろん、通常の音源でもかなり高音質で楽しめますよ。
音楽を楽しむとき、ヘッドホンとイヤホンのどちらがいいのか考えたことはないでしょうか?
ヘッドホンとイヤホンを区別するポイントは、耳の穴に入れるか入れないかという点です。
 
イヤホンのメリットはコンパクトなサイズにあります。
歩きながらやスポーツを楽しみながら音楽を聴くときは、スタイリッシュに使用できるイヤホンが便利です。
ヘッドホンはサイズが大きく目立ちますが、逆にファッションとして楽しんでいる方もいますね。
 
 
音質はヘッドホンとイヤホンのそれぞれに利点があるため、どちらがいいとは言えません。
しかし、同じ価格の製品で比較すると、ヘッドホンの方が音の広がりを感じやすい傾向があります。
ヘッドホンを使用しているときに気になるのが、耳への負担による疲れ。
長時間使用しても疲れにくいヘッドホンとは、どのような製品が良いのでしょうか。
負担の少ないヘッドホン購入するなら、まず重量はなるべく軽いものを選びたいですね。
あまりに軽過ぎるものだとズレやすいので、200gほどの重さがちょうど良いでしょう。
 
 
ヘッドホンを装着したときにキツ過ぎたり、プラスチックの部分が肌にあたるのが痛かったりすると疲れやすくなってしまうことも。
そのため、自分の耳に合うサイズやフィット感のヘッドホンを探すことが重要です。
耳にあたるカバー部分が、柔らかなクッション性のあるヘッドホンを選ぶのもいいですね。
1位
ヤマハ

HPH-MT7

価格:21,900円 (税込)

高解像度・高堅牢性を誇る音楽現場に必須のモニターヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、原音のもつニュアンスまで正確に再現する解像度と、ヘビーユーズにも耐えうる耐久性を誇るスタジオモニターヘッドホンです。「CCAWボイスコイル」を採用した40mmカスタムドライバーを搭載し、幅広い帯域で正確なサウンドを実現。イヤーパッドは余分な振動を吸収し、密閉型の遮音性をさらに高めます。

そのため、スタジオでの使用はもちろん、ライブ時のモニタリングにも最適です。「アルミダイキャストアーム」と「肉厚ABSハウジング」の使用により、過酷な使用にも負けないタフさを備えています。イヤーカップは可動するため、片耳モニターもできますよ
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
99 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
360 g
2位
ヤマハ

HPH-50B

価格:2,580円 (税込)

シンプル・イズ・ザ・ベスト!コンパクトなヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ヤマハのシンプルかつコンパクトなヘッドホンです。重量133gと軽量で、装着時の負担が少ないのが魅力的。ハウジングは90°回転するため耳の角度に合わせることができ、ヘッドバンドも長さ調節が可能です。ご自身の頭にちょうど良くフィットさせられるので、長時間の使用でも快適な装着感で楽しめます。

そのため、電子楽器を触り始めた方のエントリーヘッドホンとしておすすめです。低音から高音までバランス良く、電子楽器の多様な音色を高音質で再現してくれます。コードは2mとたっぷりあり、余裕を持って演奏できますよ。お仕事や学校で忙しくて夜間に練習したい方も気軽に使用できる商品です。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
133 g
3位
ヤマハ

HPH-200 BK

価格:10,730円 (税込)

ナチュラルで緻密な音色でシアター鑑賞まで楽しめるヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ヤマハのオープンエアー型ヘッドホンです。大口径40mmドライバーを採用し、低域から高域まで幅広く緻密な音質を再現しています。また、ユニット背面に設けられた通気孔により、音抜けの良い開放的なサウンドを実現。楽器のさまざま音色を忠実かつ自然に届けます。

そのため、楽器演奏から映画鑑賞までさまざまに活用できる高音質ヘッドホンをお探しの方におすすめです。さらに、角度が調整できるハウジング・長さ調節ができるヘッドバンド・ベロア生地のイヤーパッドで、長時間でも快適に装着できます。フラットに折りたためるため、コンパクトに持ち運んで使いたい方にもピッタリです。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
98.5 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
180 g
4位
ヤマハ

HPH-150B

価格:7,238円 (税込)

オープンエアー型ならではの音の抜けが楽しめるヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ヤマハの開放型ヘッドホンです。電子楽器のサウンドを一音一音をリアルに再現します。音抜けと艶やかな音色はオープンエア型ならでは。長時間演奏していても聴き疲れることのない、クリアな音質が楽しめます。また、大口径40mmドライバーを採用しているため、幅広い再生帯域を実現。

そのため、長時間でも快適に練習に集中できるヘッドホンをお探しの方にピッタリです。163gと軽量設計な上、ハウジングは耳の角度に応じて調整可能。ヘッドバンドの長さも調節できるため、ご自身に合わせて快適・軽快に装着できます。ベロア生地を用いたイヤーパッドもつけ心地抜群で、気持ちよく練習に集中できますよ。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
開放型(オープンエアー)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
101 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
163 g
5位
ヤマハ

HPH-100B

価格:3,638円 (税込)

クローズド型ならではの迫力ある音質で楽しめるヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、ヤマハの密閉型ヘッドホンです。低音から高音までバランスよく調整され、電子機器のさまざまなサウンドを高音質で届けてくれます。密閉型ならではの迫力で音色を楽しめるのが大きな魅力です。また、148gと軽量な上、シングルケーブルを採用。重さやケーブルが邪魔にならず、演奏に集中することができます。

そのため、迫力あるサウンドで練習したい電子楽器のスターターにピッタリです。力強い音で確認しながら演奏できるため、より一層練習に集中できます。夜間に練習したい方やリビングのような人のいる場所で集中して練習したい時におすすめです。コード長は2mと余裕があるので、ストレスなく使えますよ。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
103 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
148 g
6位
ヤマハ

HPH-MT8

価格:20,700円 (税込)

高い解像度と分解能を誇る!スタジオユーズに最適なヘッドホン

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、高解像度を追求したスタジオモニターヘッドホンです。正確なモニタリングのための再現力・長時間の使用でも快適な装着感・ヘビーユーズに耐えうる耐久性を兼ね備えています。また、45mmカスタムドライバーには「CAWボイスコイル」と「強磁力ネオジムマグネット」を採用。幅広い音域で優れたサウンドを実現しています。

そのため、正確なジャッジを求められるスタジオでの利用にぴったりです。各パーツも不要な振動を起こさない設計で、サウンドの精度を高めてくれます。原音を精度高く再現するため、音の歪みや割れまでキッチリ見つけたい音楽製作者にもおすすめです。
タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
102 dB
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
-
サラウンド 
-
重量【g】
350 g

ヤマハのヘッドホンの世の中ランキングの比較一覧表

商品画像
メーカー
ヤマハ
ヤマハ
ヤマハ
ヤマハ
ヤマハ
ヤマハ
商品名
HPH-MT7
HPH-50B
HPH-200 BK
HPH-150B
HPH-100B
HPH-MT8
説明
高解像度・高堅牢性を誇る音楽現場に必須のモニターヘッドホン
シンプル・イズ・ザ・ベスト!コンパクトなヘッドホン
ナチュラルで緻密な音色でシアター鑑賞まで楽しめるヘッドホン
オープンエアー型ならではの音の抜けが楽しめるヘッドホン
クローズド型ならではの迫力ある音質で楽しめるヘッドホン
高い解像度と分解能を誇る!スタジオユーズに最適なヘッドホン
価格 21,900円 (税込) 2,580円 (税込) 10,730円 (税込) 7,238円 (税込) 3,638円 (税込) 20,700円 (税込)
リンク
タイプ
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
オーバーヘッド
接続タイプ
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
有線(ワイヤード)
構造
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
開放型(オープンエアー)
開放型(オープンエアー)
密閉型(クローズド)
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
99 dB
103 dB
98.5 dB
101 dB
103 dB
102 dB
Bluetoothバージョン
-
-
-
-
-
-
連続再生時間
-
-
-
-
-
-
充電時間
-
-
-
-
-
-
対応コーデック 
-
-
-
-
-
-
ノイズキャンセリング 
-
-
-
-
-
-
ハイレゾ 
-
-
-
-
-
-
防水・防塵性能 
-
-
-
-
-
-
サラウンド 
-
-
-
-
-
-
重量【g】
360 g
133 g
180 g
163 g
148 g
350 g

ヤマハのヘッドホンの特徴や選び方、おすすめの製品についてご紹介してきました。

原音を忠実に再現し、高性能ながらデザインや価格でも選べるヤマハのヘッドホンは、非常に魅力的ですね。

 

普段のライフスタイルや用途に合わせて、自分に合ったヤマハのヘッドホンを探してみてはいかがでしょうか。

イヤホン・ヘッドホン ヤマハの全商品一覧

関連する記事

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。のサムネイル画像

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。

2021/10/21

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルものサムネイル画像

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルも

2021/10/21