【売り切れ続出】Evio(エビオ)のイヤホンの特徴は?なぜこんなに人気?

ワイヤレスイヤホンを販売しているメーカー・「Evio(エビオ)」。あまり聞き慣れないメーカー名なので、「Evio(エビオ)ってどんなメーカー?」と疑問に思う方もいるでしょう。そこで今回はEvio(エビオ)について徹底解説!同メーカーのおすすめイヤホンについても紹介します!

2021/10/21 更新

編集部おすすめの記事

Evio(エビオ)は、主にイヤホンなどのグッズを販売している中国のメーカーです。イヤホン販売メーカーの中ではかなりマイナーではありますが、Amazonで販売している商品が全て5点満点中4.5点の評価を得ていることから、販売しているイヤホンのクオリティが高いことが伺えます。

Amazonで高評価を獲得しているEvio(エビオ)のイヤホン。ではそれらのイヤホンにはどんな特徴があるのでしょうか?ここではEvio(エビオ)のイヤホンに秘められた魅力について解説していきます!

Evio(エビオ)から販売されているイヤホンは全て無線となっています。そのためEvio(エビオ)は「ワイヤレスイヤホンの製造に特化したメーカー」とも言えますね。また機器への接続方法にはBluetoothが採用されており、一度機器へ接続すれば2回目以降はイヤホン側の電源を入れるだけで自動で接続してくれます。

 

さらにコードレスなため、有線にありがちな

 

・コードの絡まり

・断線で使用不可になる

・使用している時にコードが邪魔になる

 

といった問題も綺麗にクリア!無線イヤホンに慣れている方であればストレスフリーに扱えるはずです。

Evio(エビオ)のイヤホンは、その「バッテリー容量」にも目を見張る物があります。現在同メーカーから販売されているイヤホンのバッテリーは全て130mAh。これは満充電で300時間も待機できる持続力があり、音楽も8時間~10時間連続で聞けるほど大容量なサイズです。

 

またUSB充電ケーブルも付属されているため、新たにケーブルを買わなくて良いのがなかなか嬉しいポイント。加えて2時間も充電すれば満充電になるので、寝ている間に充電すれば「充電がなくなって使えない!」といった問題も起こりません。

 

そのため「充電が長持ちするイヤホンが欲しい!」という方にも打って付けなメーカーでもあるのです。

Evio(エビオ)のイヤホンにはマグネットが内蔵されています。マグネットはイヤホン装着部の背面にそれぞれ設けられており、イヤホンの裏面同士を近づけるとピタッと接着。これによりイヤホンが輪っかになるため、コンパクトに収納しやすいですし、使わないときは首に掛けておくといった自由が利きます。

 

この手のワイヤレスイヤホンも使い方によっては絡まることがありますが、マグネットでまとめておけることで絡まる心配が0になるのも嬉しいポイントです。

Evio(エビオ)のイヤホンは防水であることも特徴の一つです。しかもただの防水ではなく、「IPX7防水」という強力な防水仕様が施されています。例えばランニングでかいた汗がイヤホンに掛かってもOKな上、急な雨が降ってイヤホンがびしょびしょになっても故障しないぐらい耐久度が高いです。

 

後述するネックバンドと相まって、その水に強い性質から「スポーツ用のイヤホン」として推奨されています。日頃から「音楽を聴きながら運動をする習慣がある方」には、Evio(エビオ)のイヤホンをぜひチェックして欲しいですね。

Evio(エビオ)のイヤホンはただ音楽を聴くだけでなく、ハンズフリー通話ができるようにマイクも搭載されています。しかもそのマイクに「CVC 8.0ノイズキャンセリング技術」が採用されているのも魅力。この技術には周囲の雑音を軽減する効果があり、通話相手に使用者の鮮明な声を届けることを可能としています。

 

「音楽を聴くだけでなく通話もできるイヤホンが欲しい!」という方には、まさにおすすめのメーカーと言えるでしょう。

Evio(エビオ)のイヤホンの大きな特徴として、「ネックバンド」も挙げられるでしょう。ネックバンドはイヤホンの中間部分に存在する「シリコン製のバンド」のことであり、同メーカーのイヤホンを使う際にはそのバンドが首の後ろに来るようにして耳に装着します。

 

そうすることで走っていてもケーブルが使用者を邪魔することがなく、それでいて首の後ろに負担が掛かりにくいのも魅力です。先ほど紹介した「強力な防水性能」と相まって、Evio(エビオ)のイヤホンはまさに「スポーツのお供に最適なアクセサリー」と言えますね。

先ほどはEvio(エビオ)のイヤホンの良い所を紹介していきましたが、やはりどんなイヤホンにも欠点は付き物。もちろんそれは同メーカーであっても例外ではなく、目立つデメリットもいくつか存在します。本質を知るためにも、Evio(エビオ)のイヤホンのデメリットもしっかりとチェックしておきましょう。

Evio(エビオ)の中で特に惜しいのが、「現時点で2つのイヤホンしか販売されていない」所。他のメーカーであれば何十種類と存在するイヤホンの中から自分好みの代物を探せますが、Evio(エビオ)は2つの内のどれかしか選べません

 

加えて選択の自由度が低いことでその人に合ったイヤホンを探しにくい点もあるため、このメーカーのイヤホンは人を選ぶ商品であることも否めないでしょう。しかし「現時点で2つ」であるため、Evio(エビオ)の今後に期待したい所ですね。

Evio(エビオ)から販売されているイヤホンは2つとも完全無線式です。そのため有線に慣れている方だと「充電しなければいけない」、「音質が劣って聞こえる」といった不満を抱えてしまうことも考えられます。「どうしても有線じゃなきゃダメだ!」という方は他のメーカーからイヤホンを探すのが得策と言えるでしょう。

 

しかし現代は無線イヤホンが非常に流通していますから、逆に「無線イヤホンが好きな方」もいると思います。その方にとっては無線式イヤホン2つのどちらかから選べば良いですから、「どれを買おうか…」と悩む必要がないのがメリットでもありますね。

Evio(エビオ)のイヤホンは「スポーツのお供として使用する」ことが推奨されています。あくまでも「音楽鑑賞に特化したイヤホン」ではないため、その手のイヤホンと比べると音のクオリティに劣るのも否めません。

 

しかし販売されている2つのイヤホンは、低音から高音までをバランス良く鳴らしてくれますから、「普通に音楽を聴くだけ」ならそこまでクオリティに物足りなさは感じないでしょう。むしろ「音が良い」という口コミも多数見受けられるので、音質にかなりのクオリティを期待している方でなければ満足できるはずです。

Evio(エビオ)から販売されている2種類のイヤホン。しかし実際に買う際にはどちらを選ぶのが正解なのでしょうか?ここからはEvio(エビオ)のイヤホンの選び方を紹介していきます。

Evio(エビオ)のイヤホンは、1つが2,000円台、もう一つが14,000円台と値段設定にかなりの差があります。そのためイヤホンを値段で選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

できるだけ安くイヤホンを手に入れたい場合は安い方を、高くても良いから高音質なイヤホンが欲しい場合は高い方を選ぶ、といった選び方もおすすめです。

Evio(エビオ)のイヤホンは2つとも持っている特性が非常に似ています。しかし明確に違うのは音質の良さです。安い方はバランスの良い音を鳴らしてくれる一方で高音が弱点ですが、高い方は高音の弱点を克服した上で、低音・中音にも優れているのが魅力ですね。

 

「音質にあまりこだわらない」のであれば安い方を、「音質にこだわりたい」のであれば高い方を買うのが得策です。

ここからはEvio(エビオ)のイヤホンを紹介していきます!現在購入できる同メーカーのイヤホンは一つしかありませんが、なかなか魅力的な商品なのでぜひ見ていってください!

Evio(エビオ)のスポーツワイヤレスイヤホンです。黒い見た目に金属質で高級感溢れるイヤー部分の造形、そして半透明なイヤーチップやワンポイントのレッドカラーが非常にオシャレ。Bluetooth式のイヤホンとなっているので、コードレスなイヤホンをお求めの方におすすめです。

 

また「スポーツ」と名前に付いているように、このイヤホンはスポーツしながら使用するのが推奨されています。特にランニングしながら曲を聴く習慣がある方にはもってこいのイヤホンと言えるでしょう。

EVIO

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応 iPhone/ipad/Android適用

価格:2,680円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

値段は2,680円とイヤホンの中ではかなり安い部類に入ります。しかしAmazonで現時点で約3,800個の評価を得ている上に、全体的な評価率が5点満点中4.5点を記録。この評価率から詳細を見ずとも、値段以上の魅力を発揮するイヤホンであることが想像できます。

こちらのイヤホンには130mAhのバッテリーが設けられています。付属のUSB充電ケーブルで充電する形となっており、2時間で満タンになるスピーディーなチャージ力も便利ですね。

 

また稼働時間にも優れており、満充電で300時間の待機が可能となります。そして音楽も8~10時間もの間聞き続けられるのも素晴らしいですね。そのため夜寝るときに充電し、目覚めたときからイヤホンを使用し始めても基本的には充電切れになりません。これによりモバイルバッテリーを用意する手間も省けるでしょう。

まずBluetoothなことで、断線のリスクがかなり軽減されます。コンパクトなので絡まって断線したり、ケーブルが物に引っかかって断線する恐れもほぼありません。加えてIPX7防水という、強力な防水加工も施されています。

 

例えばランニング中に使用して、汗がイヤホンに付着すると本来は故障に繋がりますよね。しかしこのイヤホンなら汗がどれだけ付いても壊れませんし、急な雨でイヤホンが濡れても問題ありません!この「Bluetoothであること」、そして「IPX7防水仕様」から、耐久性はかなりのものと言えます。

Evio スポーツワイヤレスイヤホンは使いやすさにも優れています。まず見るべきなのは「ネックバンド」でしょうか。このネックバンドは他のイヤホンと比べて厚めに作られており、首の後ろに掛けて継続的に音楽を楽しんでも疲れにくいのが魅力です。

 

次に「マグネット」。イヤー部分の背面にはそれぞれマグネットが搭載されているため、背面同士をくっつけるだけでコンパクトにまとめられます。その状態でフックに吊したりと、保管の自由度が高いのも嬉しいですね。

 

最後に「通話機能」。このイヤホンにはマイクも搭載されており、しかも「CVC 8.0ノイズキャンセリング技術」が採用されています。これにより周囲の雑音を削減した上で相手に声を伝えられるので、快適なハンズフリー会話が可能です。

Evio スポーツワイヤレスイヤホンの音質タイプは所謂バランス型であり、低音・中音・高音までの幅広い音域をはっきりと鳴らすことが得意です。この中では「低音」の音質が特筆すべき部分で、基本レベルの低音を始めとして、重低音も音圧を感じさせるダイナミックな音を響かせてくれます。

 

しかし一方では「高音」がやや弱く、特に高いボーカル系の曲だと少々耳に違和感を覚えるでしょうか。加えてタッチノイズもやや目立つため、「音楽を聴くためだけのイヤホン」としては物足りなさを覚えてしまいますね。

 

ですが値段以上の音のクオリティであることは確かであり、音だけ聞けば5,000円以上のイヤホンと言われても信じてしまうぐらい良い作りです。それを2,680円で買えるのですから、間違いなくお得なイヤホンであることは間違いないでしょう。

EVIO スポーツワイヤレスイヤホンはイヤホンだけがパッケージに梱包されているのではなく、他にも以下のアイテムが付属されています。

 

・イヤーピースS・M・L

・USB充電ケーブル

・日本語説明書

 

一般的なイヤホン商品と梱包内容は同じですね。しかし海外のイヤホンだと説明書が外国語で書かれることも多いので、日本語の説明書が入っているのはかなり嬉しいです。

 

ちなみにアイテムではありませんが、EVIO スポーツワイヤレスイヤホンには「保証」も付いています。これは万が一イヤホンに不具合が生じていてた場合、そして満足感が得られなかった際に購入後45日以内であれば返品・返金対応してくれる内容です。

 

元々耐久性が高いイヤホンですが、それに追加して45日の保証が付くのは力強いですね。

Evio(エビオ)が販売しているのはEvio スポーツワイヤレスイヤホンだけでなく、他に「Evio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1」という商品も存在しています。こちらは先ほど紹介したイヤホンの上位機種でもあり、特に「より良い音を聞きたい方」にはかなりおすすめです。

 

しかし現在売り切れるぐらいにレア商品なので、気軽に購入できないのが惜しいでしょうか。ですがEvio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1がどこかで販売されたら、ぜひともチェックしておきたい所です。

Evio(エビオ)が直接販売しているEvio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1はどのサイトでも売り切れ状態ですが、中古で販売している所もあるので入手難易度自体はかなり高い訳ではありません。しかし中古品となると使い続けられたことにより音質の劣化といった問題も考えられるので、できるだけ新品に近い状態のものを探すのが得策と言えるでしょう。

 

また「新品じゃなきゃだめだ!」という方でも、Amazonなどでは別の出品者が新品を販売しているケースもあります。こちらでは本来よりも安い値段で買えることが多いので、お得にEvio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1を入手したい方にもおすすめですね。

 

ですが注文から到着までに10日~20日掛かるため、その点だけは注意です。

Evio スポーツワイヤレスイヤホンの上位機種に値する「Evio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1」。ではこのイヤホンのスペックは一体どのようなものなのでしょうか?ここからはそれについてポイント別に紹介していきます。

Evio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1の参考価格は14,320円となります。Evio スポーツワイヤレスイヤホンに比べると約6倍以上と、結構高い値段で販売されていますね。その値段設定から手軽に買えないのが惜しいですが、捉え方を変えれば「高級イヤホン」でもあるので愛着や満足感は得やすいでしょう。

 

ただ中古だと6,000円以上、別の出品者からだと約10,000円以上で購入が可能となります。「できるだけイヤホンに出すお金を抑えたい!」という方は、それらから買うのが得策ですね。

充電に関しては、Evio スポーツワイヤレスイヤホンと全く同じと考えて良いでしょう。130mAhのバッテリーに2時間で満充電になるスピーディーさ、そして300時間の待機時間や8~10時間と、こちらも快適な使用が可能なレベルで充電面が優れています。

耐久性もEvio スポーツワイヤレスイヤホンと同じと言った所でしょうか。Bluetoothによる断線リスクの低下良し、IPX7防水を採用した強力な防水加工も良しと、一般的なイヤホンと比べると耐久面も優れていますね

使いやすさもEvio スポーツワイヤレスイヤホンと同レベルですね。ネックバンドの厚さから首の後ろに掛けてイヤホンを装着しても疲れにくく、ランニングなどの運動を伴ってもストレスフリーに音楽を堪能できます。

 

そしてマグネットにより簡単にイヤホンをまとめることができる他、「CVC 8.0ノイズキャンセリング技術」を採用した高クオリティなハンズフリー通話が行えるのもグッドですね。

 

加えてイヤホンの手元部分には電源ボタン・音量調節ボタンが付いていますから、それらをコントロールすればスマートフォンの簡単な操作が可能なのも魅力です。

Evio スポーツワイヤレスイヤホンとEvio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1の決定的な違いは、やはり音質のクオリティですね。前者も低音・中音・高音までバランス良い音を鳴らしてくれますが、後者はさらに良い音を鳴らしてくれます。

 

まず見るべきなのは「高音」で、Evio スポーツワイヤレスイヤホンの場合は違和感のある高音を鳴らしてしまうことも多いのですが、Evio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1ならそういった違和感があまりなく、より良い音を楽しむのに向いています。

 

そして中音や低音も強化されており、特に重低音を聞き比べれば迫力の差が分かるぐらいにダイナミックな音を聞かせてくれますね。しかし「音楽鑑賞に特化したイヤホン」と比べると音が全体的に軽いのも否めないでしょうか。

 

ですが「スポーツのお供に使うイヤホン」としては、申し分ないクオリティです

Evio(エビオ)はマイナーなメーカーではありますが、中身を覗いてみると「高品質なワイヤレスイヤホンを販売している」点に目を見張る物がありますね。また販売しているイヤホンが全て「スポーツイヤホン」として製造されているので、運動しながら曲を聴く習慣がある人には、ぜひEvio(エビオ)のイヤホンをチェックして欲しいです。

 

残念なことにEvio・Bluetoothスポーツワイヤレスイヤホン・X1は現在売り切れ状態ですが、安価で買えるEVIO スポーツワイヤレスイヤホンも非常におすすめ!こちらもクオリティが高いのでおすすめですよ!

関連する記事

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】のサムネイル画像

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】

2021/10/21

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選のサムネイル画像

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選

2021/10/21

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。のサムネイル画像

【2022年完全版】赤いヘッドホンの最強おすすめ【12選】赤好き必見。

2021/10/21

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版のサムネイル画像

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版

2021/10/21

コスパ最強おすすめイヤホン17選|有線タイプとワイヤレスタイプを徹底比較!のサムネイル画像

コスパ最強おすすめイヤホン17選|有線タイプとワイヤレスタイプを徹底比較!

2021/10/21

OKIMOのイヤホンのおすすめ特集。【特徴・比較・評価・口コミ】のサムネイル画像

OKIMOのイヤホンのおすすめ特集。【特徴・比較・評価・口コミ】

2021/10/21

スカルキャンディのイヤホンの最強おすすめ【10選】特徴や選び方をご紹介のサムネイル画像

スカルキャンディのイヤホンの最強おすすめ【10選】特徴や選び方をご紹介

2021/10/21

ワイヤレスイヤホンの正しい付け方講座!イヤホンの種類別に解説【カナル型】のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホンの正しい付け方講座!イヤホンの種類別に解説【カナル型】

2022/01/13

【一味違う音質を】高音質ワイヤレスイヤホンのおすすめ【12選】のサムネイル画像

【一味違う音質を】高音質ワイヤレスイヤホンのおすすめ【12選】

2021/10/21