iPhone向けイヤホン変換アダプター【4選】後悔しない選び方と注意点を解説

iPhone7以降のiPhoneではイヤホンジャックがなくなったので、ワイヤードイヤホンを使うには変換機が必要になりました。変換機の性能は種類ごとに違うので、ここでご紹介する選び方とおすすめ製品をもとに自分にあった変換機を選んでください。

2021/10/21 更新

Bluetoothイヤホンを利用する

AppleはiPhone7の発売を機にメインとなるオーディオ機器の接続方法をAirpodsなどのBluetooth機器との無線に切り替えました。

Bluetoothでオーディオ機器を接続すればiPhoneのLightning端子がケーブルで埋まらないので、充電しながらの音楽再生が可能になります。

 

ただ、Bluetooth接続をするために設定が必要で、これが面倒だと感じてなんとかして有線でイヤホンを利用したいと考える人も少なくありません。

iPhoneに変換アダプターをつなぐ

iPhone7が登場してからイヤホンの接続方法はBluetoothがメインになったiPhoneですが、端末のLightning端子に変換ケーブルやアダプターを差して従来通り有線接続をする方法もあります。

 

変換ケーブルやアダプターをLightning端子に差すと音楽を再生しながらの充電ができないデメリットが生じますが、あとでご紹介するアダプターを使えばこの問題を解決できます。

Apple製品との互換性があるのか

iPhone用のイヤホン変換ケーブルとアダプターはあらゆるメーカーが販売していますが、どれを買ってもいいわけではありません。

製品ごとにAppleとの互換性があるかが異なるからです。

 

Appleとの互換性があるかは、その商品がMFi認証を受けているかを確認すればわかります。

MFi認証を得ている変換ケーブルやアダプターであれば問題なく動作します。

安価な変換ケーブルやアダプターにはMFi認証を得ていないものが多く、iOSのアップデートなどが切っ掛けで使用ができなくなるリスクがあるので購入を避けなければいけません。

音質の良さ

音質の良さはイヤホンの品質だけでなく、使用する変換ケーブルやアダプターの性能にも左右されます。

値段の安さだけで変換機器を選ぶと、ハイレゾ対応の再生アプリを使っても音質が悪くなる恐れがあります。

そのため、音質の良さにこだわりがある人は、性能が高い変換機器を選んでください。

 

なかには高音質のHi-Fi対応変換機もあり、従来の製品よりも心地の良いサウンドを奏でてくれます。

イヤホンを使いながらの充電ができるのか

iPhoneの変換ケーブルや変換アダプターには、イヤホンを使いながら充電できるタイプと、充電できないタイプの2種類があります。 Apple MusicやSpotifyなどのストリーミング再生ではネット通信が必要でバッテリーを消費をしやすいので、バッテリーが気になるのであればイヤホンの使用と充電が同時にできる製品を選びたいところです。

急速充電対応なのか

イヤホンの利用と同時に充電ができる変換機を買うのであれば、急速充電に対応しているのかもポイントです。

急速充電に対応してればiPhoneへの充電時間を大幅に短縮できるからです。

バッテリーを満タンにできるまでの時間は製品ごとに異なりますが、急速充電に対応している製品を選んで損はしません。

音声通話ができるのか

変換機器を使用する場合、マイク付きイヤホンを使えば必ず音声通話ができるわけではありません。

音声通話を利用するには、変換機器が通話に対応している必要があるからです。

 

すべてのiPhone用変換ケーブルやアダプターが音声通話に対応しているわけではなく、非対応の製品は珍しくありません。

そのため、iPhone用の変換機器を買うときは、音声通話に対応しているかもチェックしておきましょう。

リモコン操作ができるのか

リモコンマイク付きイヤホンを使用したい人は、リモコン操作ができるかも確認してください。

リモコン操作に対応しているかも変換器ごとに違っています。

リモコン操作はiPhoneで音楽を聴くときに活用したい機能なので、対応の変換器を買っておきたいところです。

耐久性の良し悪し

変換アダプターを購入するときは、本体へ接続するケーブルの耐久性も重要なポイントになります。

耐久性が低い変換機を買うとすぐに断線して使いものにならなくなるので、長持ちする上部なものを選びたいところです。

 

耐久性の良し悪しは製品の販売ページのレビュー情報を見ると一目でわかり、評判が悪い製品の販売ページで「すぐに断線した」との口コミがいくつも挙がっています。

断線したとの口コミがない製品は耐久性が強いと思っていいでしょう。

Apple(アップル)

Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

価格:1,061円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AppleのLightning 3.5mヘッドフォンジャックアダプタは純正品なので、互換性を確認する必要がなく安心して購入できます。

値段は千円代と安価でありながらリモコン操作が可能なので、「とりあえずiPhoneにイヤホンを接続できる状態にしたい」とお考えの人にはおすすめです。

 

ただ、値段が安いせいか耐久性に関する評判は良くなく、断線しやすいとの口コミでのレビューが多く見受けられます。

同時充電ができないデメリットもあるので、耐久性と機能性を求めるのであれば他の製品をチェックしてください。

Jawwe

【令和音質強化最新版】iphone Lightning 3.5mm イヤホン 変換アダプタ ライトニング アダプター 急速充電 変換ケーブル 2in1 音楽再生 iPhone8/8Plus/X/XS/XSMax/XR/11/11Pro/11Pro Max【 iOS12 iOS13】に対応

価格:1,293円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Jawweの変換アダプターではイヤホンの使用とiPhoneへの充電が同時にできるうえに、急速充電対応なのでバッテリーが満タンになるまでの時間を短くできるアイテムでもあります。

サイズが小さめで持ち運びがしやすいのも魅力的です。

音質面も良く、最新のテクノロジーが採用された高級チップを内蔵してノイズのないサウンドを実現しています。

 

販売価格は安いですが、ケーブルに芯が強めで断線もしにくく耐久性の評判は悪くありません。

ただ、音声通話には対応していないので注意してください。

Beyeah.JP

【高音質+通話可能】 iPhone イヤホン 変換アダプタ 音楽調節 3.5mm イヤホン + 急速充電接続ケーブル iPhone 充電 イヤホン 同時

価格:3,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beyeahの変換アダプターは音質に特化していて、Hi-Fi対応によるクリアな高音質再生が可能です。

イヤホンの使用と同時に充電ができ、急速充電対応なので機能性も抜群です。

音声通話とリモコン操作も可能なので、iPhoneの良さが損なわれません。

 

他の製品と比べると値段がやや高めですが、音の機能性の良さを求めるなら検討する価値があります。

耐久性も値段相応のクオリティなので安心です。

Lader

iPhone イヤホン変換アダプタ (サポート音楽+充電+電話コール) アイフォン イヤホン 充電 2in1 イヤホン変換アダプター+LightningポートiPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone XR/iPhone7 / 7Plus / 8 / 8Plus / X 超軽量/携帯性 通話 急速充電 音楽調節 変換コネクタ-(シルバー)

価格:899円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Laderの変換アダプターは形状がコンパクトかつ横長なのでiPhoneにフィットした接続が可能で、画面を横向きにするときでも端末が持ちやすくなるメリットがあります。

画面を横向きにした際の持ちやすさはイヤホンを装着してのゲームプレイを快適にしてくれる要因なので、フォートナイトやPUBGをiPhoneでプレイしている人に向いています。

 

小型でありながら急速充電ができ、音声通話も対応しているので機能性は抜群でありながら、販売価格は千円以下とお買い得です。

ケーブルがないモデルなので、断線の心配もありません。

iPhone用の変換ケーブルやアダプターのなかにはHDMIへの変換機やSDカードリーダーが主旨の製品もありますが、イヤホン用の変換機にはHDMI端子やSDカードが併用できる製品はありません。

イヤホン用の変換機で併用できるのは充電端子のみなので注意してください。

なお、HDMI端子とSDカードリーダーの両方が搭載されたアダプターも存在していません。

ここではiPhoneにイヤホンをつなぐための変換ケーブルやアダプターの選び方とおすすめ製品をまとめました。

 

変換ケーブルやアダプターはどれも同じではなく、製品ごとにイヤホン利用時に充電が可能なのか、音声通話やリモコン操作ができるかに違いがあります。

そのため、自分にとって使いやすい変換ケーブルやアダプターを選んでください。

 

音質もどの製品を使うかで変わってくるので、サウンドにこだわるならHi-Fi対応の変換機を選ぶのが望ましいです。

耐久性も良し悪しも製品ごとにかなり違いがあり、断線を防ぐのであればレビューでの評判が良い変換機をチョイスしてください。

ここでは口コミでのレビューも踏まえて解説してきたので、機能性と耐久性も踏まえたうえで変換機が選べます。

# 選び方