シャープ KC-HD70-W 空気清浄機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥35,980
シャープ KC-HD70-W 空気清浄機の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ KC-HD70-W 空気清浄機がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/07/13 更新

ランク王編集部

いつも快適な空気環境!除湿・加湿・空気清浄を自動でコントロール

本商品はおまかせワンボタンをおすだけで部屋の空気の汚れ・ニオイ・湿度・温度・照度に応じて、自動的に除湿・加湿・空気清浄を運転させ24時間365日いつも快適な空気環境を作り出します。また、衣類乾燥モードに切り替えれば広角自動スイングルーバーで約110°送風が可能になり、生乾きのニオイを抑え素早く乾燥。

そして、春の花粉・PM2.5・黄砂・梅雨の湿気・浮遊カビ菌、夏の汗臭・秋の浮遊アレル物質・冬のウイルス・結露・静電気など、季節に応じたお悩みを高濃度プラズマクラスター7000で軽減してくれます。アレルギー持ちの方におすすめです。

KC-HD70-Wの基本スペック

適用床面積【畳】 32 畳 イオン有無種類 その他
風量【立方M/M】 7.0 立方M/M 加湿機能有無
除湿機能有無 運転音最小【dB】 20.0 dB
運転音最大【dB】 52.0 dB 集塵フィルタ買替交換対応
最大消費電力【W】 71.0 W 自動運転

KC-HD70-Wのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

シャープ KC-HD70の基本スペック

ヤマダ電機 楽天市場店

【ポイント10倍!5月11日(土)00:00〜5月21日(火)1:59まで】シャープ KC-HD70-W プラズマクラスター除加湿空気清浄機 (空気清浄:〜32畳/加湿:〜18畳/除湿:〜20畳) ホワイト系

価格:55,987円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシ.comで詳細を見る ヤマダウェブコムで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 KC-HD70-W
サイズ 幅40.5×奥行33.7×高さ68.7cm 機能 空気清浄・除湿・加湿・脱臭・PM2.5対応
適用床面積 32畳 センサー ホコリ・ニオイ・湿度・温度・照度
最大風量 7.0㎥/分 清浄時間 除湿8畳/約10分、加湿空清8畳/約9分、空気清浄8畳/約9分

KC-HD70のフィルター

シャープ(SHARP)

【純正品】 シャープ 加湿フィルター 加湿空気清浄機用 FZ-Y80MF

価格:1,767円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

加湿の際に使用するフィルターです。おおよそ10年に1回の交換周期です。(加湿空気清浄運転を1日あたり8時間使用した場合の目安)

シャープ(SHARP)

【純正品】 シャープ 交換用集じんフィルター FZ-GD70HF

価格:3,518円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄の際、微小な粒子をブロックするフィルターです。こちらも交換周期は約10年に1回ですが、使用環境によっては交換のタイミングが早まる場合があります。

シャープ(SHARP)

【純正品】 シャープ 交換用脱臭フィルター FZ-GD70DF

価格:3,306円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄の際、臭いをブロックするフィルターです。集じんフィルターと同様、交換周期の目安は10年に1回ですが使用環境によって交換が必要な場合があります。

シャープ KC-HD70のおすすめポイント

プラズマクラスター搭載、部屋の隅々まですばやく浄化

KC-HD70のおすすめポイントはなんといっても高濃度プラズマクラスター7000が搭載されている点です。シャープが開発したプラズマクラスター技術により、プラスとマイナスの両方のイオンを発生させることができ、これにより空気を浄化します。

 

この技術によって、脱臭や空気中の除電・除菌、アレルゲンの作用を低減してくれます。また、スピード循環気流により、お部屋の隅々まで行き渡る気流をつくり、お部屋全体を快適な状態を保ってくれる点もおすすめポイントです。

 

おまかせ機能を使えば自動的に快適なお部屋にしてくれる

KC-HD70にはおまかせ運転機能がついています。これはホコリ、ニオイ、湿度、温度、照度(お部屋の明るさ)を感知する5つのセンサーにより、お部屋の状態に合わせて自動的に除湿・加湿・空気清浄運転をしてくれるという機能です。

 

季節の変わり目や天候がはっきりしないといったとき、除湿すればいいのか加湿すればいいのか分からないときってありますよね。そんなときには、このおまかせ機能ボタンを押すだけでお部屋の状態にあった適切は運転をしてくれて、快適な状態を保ってくれます。

3つのフィルターでどんなホコリやニオイも集じん

KC-HD70のフィルターはホコリをブロックするフィルター、臭いをブロックするフィルター、微小な粒子をブロックするフィルターの3つがあります。これによって目に見える大きなホコリはもちろんのこと、タバコやペットのイヤな臭いや目に見えない粒子やホコリ、花粉などもしっかり集じんしてくれます。

 

生活する上で発生する臭いや季節によって毎年の花粉が気になるといった方、小さなお子様がいる家庭ややペットを飼われている家庭にもおすすめな一台です。

広角自動スイングルーバーで部屋干しも快適

シャープ独自の広角自動スイングルーバーにより、広範囲に風を送ることができるため、部屋干しのときにも活躍してくれます。その際、先程紹介したプラズマクラスターの効果により部屋干し特有のイヤなニオイを脱臭、また高機能フィルターを通したキレイな風を送ることができるため快適な部屋干しを実現します。

KC-HD70の悪い点をレビュー

除湿の音がうるさい

KC-HD70のレビューを通して多く挙がっていたのが、除湿運転時の音についてです。通常の空気清浄の音は比較的静かであるのに除湿に切り替えると騒音レベルというような口コミも見られました。それほど気にならないという意見もありましたが、除湿運転時の音に関しては、音に敏感な方は注意しましょう。

予想以上に大きい、場所をとる

KC-HD70のサイズ感について言及するレビューも少なからずありました。除湿・加湿・空気清浄機能を一台に集約した製品であるせいか、他の製品と比べ大きいというような声も出ています。また、その大きさや存在感から想像以上に場所をとるので設置場所に悩むかもしれません。

移動が大変

大きいという点に重なる部分もあるかもしれませんが、本体重量も相応にあるので、移動させて使うのには向かないようです。キャスターはついているため、置き場所の調整や少しの移動であれば問題ないですが、置く部屋を変えたり階段を上り下りしたりするときには少々重労働かもしれません。

湿度設定が出来ない

除湿・加湿機能が備わっているKC-HD70ですが、好みに合わせた湿度設定は出来ない仕様になっています。これらの機能はあくまで快適な湿度を保つという目的に限られるようです。特別な理由などで過度に加湿したいという場合には本製品は向かないので注意が必要です。

KC-HD70の良い点をレビュー

ボタン一つで自動運転

おまかせボタンを押すだけで自動でお部屋の空気を浄化してくれるのは、使いやすさの観点から見ても高評価なようです。空気清浄のほか、除湿・加湿も自動で行ってくれるので、とりあえずおまかせボタンを押して一日中つけっぱなしという使い方をしている人も見受けられました。

センサー感度が良い

KC-HD70に搭載された5つのセンサーはいずれもよく感知してくれます。これらのセンサーがお部屋の状況を瞬時に読み取ってくれるようです。さらには、タバコの臭いや外出から帰ったあとにすぐ反応して空気清浄してくれる点も、高く評価できるポイントのようです。

一台で除湿・加湿・空気清浄してくれる

KC-HD70はそもそも除湿・加湿・空気清浄機能を兼ね備えた一台であるため、高機能さが売りの製品であるといえます。1年中これ1台で済んでしまうので非常に使い勝手が良い製品となっています。季節によって加湿器・除湿器を出し入れするのが面倒だと感じている人にとってはそれだけでも本製品を試してみる価値はあるのではないでしょうか。

シャープ KC-HD70の口コミを集めてみました

仕様どおり5種類のセンサーですべてをコントロールしてくれ、外出時も寝る時も本体のボタンにはノータッチ。状況に応じ除湿・加湿・空気清浄をし、暗くなったら運転音を小さくしてくれるおまかせ運転一つだけです。

出典:https://review.kakaku.com

おまかせ機能はやはりこの製品の大きな特長とも言える機能です。一度スイッチを押してしまえばあとは基本ノータッチという使い方をしている人は他にも見受けられました。

期待通りの性能です。ほこりセンサーの感度が良く、外出から帰って前を横切っただけで 「ブォーッ」と作動します。センサーは本体の裏に付いているのに? タバコも火を点けて、正面で煙を吐いた瞬間に「ブォーッ」です。

出典:https://www.amazon.co.jp

KC-HD70に搭載された5つのセンサーの感度は良好なようです。タバコや外出からの帰宅にもすばやく感知して空気清浄運転を行ってくれる点はありがたいですよね。

一台で空気清浄、除湿、加湿の三役をこなすことに魅力を感じて購入しました。使って見ると音が静かでとても満足です。本体が重いですが、キャスターがついているので難なく移動できます。

出典:https://www.biccamera.com

やはり一台で三役をこなす点に魅力を感じてKC-HD70を選ぶ人はいるようですね。音や本体重量については悪いレビューが多いですが、これに関しては個人差があるようです。

料理をしたり、猫のトイレ掃除をすると感知して作動します。洗濯物も良く乾き、重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペットを飼われている家庭にとってもKC-HD70は良い製品であるようです。ペットの臭いにもしっかり反応するようですね。また、洗濯物を乾燥させる際にもKC-HD70は重宝するようです。

通常運転時(おまかせモード)の空気清浄運転は静かです。 プラズマクラスターONの場合に、僅かな「ジ、ジ、ジ…」という音が継続的に発生しますが、気になる場合にはOFFにできます。 除湿運転時には独特の音があります。「何か懸命にやっているな」という音です。古い冷蔵庫から出る音のような…!? 仮に一日中この音が続いているとすれば…迷わず電源を切ると思います。

出典:https://review.kakaku.com

運転音に関するレビューはこの他にも多く挙げられていました。特に除湿運転の音に関しては多くの人が気になると指摘していました。購入を考える際には必ず注意しておきたいポイントですね。

ローラー付きなので平坦な場所での移動は良いですが、かなり重いので階段等の持ち運びには不便です。

出典:https://review.kakaku.com

高機能である反面、本体の重さがどうしてもネックな部分であると言えます。このことからあまり持ち運びせず、同じ場所で運転させておくのが賢明な使い方と言えるでしょう。

大きさもさることながら、背面吸気と背面側に向かう吹出(通常運転)ですので設置場所が限られます。 マニュアルでも「背面10cm以上の空間」との記載と、背面に温度湿度センサーがあることから、もう少し壁面から離したくなりますが、 離しすぎるとインテリア的なバランスが失われる場合があります。

出典:https://review.kakaku.com

本体の大きさはもちろんのこと、センサーの機能面から置き場所に困るという声もあるようです。こういった場合だと、購入の前にきちんと本体サイズとお部屋の置き場所を確認する必要がありますね。

説明書によると室温によって変わる様ですが、現状湿度30%台にならないと加湿されないです。 加湿モードにしても同じです。 湿度設定は出来ません。 これだと別で加湿器買わないと...

出典:https://review.kakaku.com

湿度設定ができない点は意外とネックになるのではないでしょうか。KC-HD70には加湿機能はついているわけですが、自分の好きなように湿度設定できないというのはユーザーによって評価が分かれるポイントではあります。

ヤマダ電機 楽天市場店

【ポイント10倍!5月11日(土)00:00〜5月21日(火)1:59まで】シャープ KC-HD70-W プラズマクラスター除加湿空気清浄機 (空気清浄:〜32畳/加湿:〜18畳/除湿:〜20畳) ホワイト系

価格:55,987円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシ.comで詳細を見る ヤマダウェブコムで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 KC-HD70-W
サイズ 幅40.5×奥行33.7×高さ68.7cm 機能 空気清浄・除湿・加湿・脱臭・PM2.5対応
適用床面積 32畳 センサー ホコリ・ニオイ・湿度・温度・照度
最大風量 7.0㎥/分 清浄時間 除湿8畳/約10分、加湿空清8畳/約9分、空気清浄8畳/約9分

KC-HD70とKC-GD70の違い

シャープ(SHARP)

シャープ 除加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト KC-GD70-W

価格:92,800円 (税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはKC-HD70の前年度モデルになります。

大きく変わった点はありませんが、KC-HD70との主な違いは1.風量、2.温湿度の運転制御、3.モニター・ボタンの3つです。

 

1.に関しては、KC-HD70は前年度モデルのKC-GD70よりも除湿(弱)の風量がアップしています。また、より空気清浄・プラズマクラスターの効果を実感できるようにお任せ運転時の空気清浄(弱)の風量もアップしています。

 

2.に関しては、前年度から除湿の入る温湿度をより細かく制御する運転に変更されています。

 

3.に関しては運転内容がよりわかりやすいようにきれいモニターの輝度がアップされています。さらにボタンの名称もわかりやすくするために、「運転 入/切」から「運転/停止」に。「切換/切」から「除湿/加湿」に変更されています。

 

先にも述べた通り大きな変化が見られないため、この製品からマイナーバージョンアップが施されたのがKC-HD70と言えるでしょう。

なお、現在公式ページに詳細がないためおそらく生産終了したものと思われますが、あくまで前年度モデルの製品なので、購入の際には最新モデルのKC-HD70を選んで間違いないでしょう。

KC-HD70とKC-J50の違い

シャープ(SHARP)

シャープ プラズマクラスター7000搭載 スタンダード加湿空気清浄機 ホワイト KC-J50-W

価格:25,949円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはシャープから出ている空気清浄機のエントリーモデルとなります。

KC-HD70と比べて、モデルは異なりますが下位にあたる製品です。

 

KC-HD70と同様、高濃度プラズマクラスター7000を搭載しています。にも関わらず、薄型のデザインで場所を選ばない点はKC-HD70に比べて優秀であると言えます。エントリーモデルながら、基本的な機能を備えた1台です。

 

KC-HD70と大きく異なる点は除湿機能が備わっていないことです。現在、シャープから出ている空気清浄機で除湿・加湿機能を搭載しているのはKC-HD70のみとなります。また、除湿機能がないことからおまかせ運転機能もありません。ですので、機能面で言えばKC-HD70にはどうしても及ばないところではあります。

 

ただ、空気清浄・加湿機能の使用だけで選ぶのであればこちらのモデルの方がおすすめであるかもしれません。除湿機能がない分、コンパクトなサイズとなっているため、KC-HD70でネックだったサイズ感や置き場所の問題が解消されます。除湿を必要としないことが前提ならば、こちらのモデルを選ぶのも良いでしょう。

KC-HD70とKC-H50の違い

シャープ(SHARP)

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 花粉 ホワイト KC-H50-W

価格:15,590円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上に紹介したKC-J50の前年度モデルになります。

 

KC-HD70とKC-GD70の違い同様、同じモデルのマイナーチェンジの前モデルであるため、照度センサーがついていることのほかは大きく変わったところはありません。しかしながら、古いモデルということでKC-J50に比べ価格が安価となっています。

ですのでKC-HD70とKC-J50を比べたときに、KC-J50の方が良いと選んだ方であれば、予算を鑑みてこちらのモデルをさらに検討してみても良いのかもしれません。

ヤマダ電機 楽天市場店

【ポイント10倍!5月11日(土)00:00〜5月21日(火)1:59まで】シャープ KC-HD70-W プラズマクラスター除加湿空気清浄機 (空気清浄:〜32畳/加湿:〜18畳/除湿:〜20畳) ホワイト系

価格:55,987円 (税込)

Amazonで詳細を見る ヨドバシ.comで詳細を見る ヤマダウェブコムで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー シャープ(SHARP) 商品名 KC-HD70-W
サイズ 幅40.5×奥行33.7×高さ68.7cm 機能 空気清浄・除湿・加湿・脱臭・PM2.5対応
適用床面積 32畳 センサー ホコリ・ニオイ・湿度・温度・照度
最大風量 7.0㎥/分 清浄時間 除湿8畳/約10分、加湿空清8畳/約9分、空気清浄8畳/約9分

シャープ KC-HD70について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

1台で空気清浄・除湿・加湿をまかなえる高機能な製品なので1年を通して重宝するとは思いますが、購入の際には運転時の音やサイズ、置き場所について慎重に検討する必要があると感じました。特に音については、人によって個人差があるようですが、多くの方が口コミやレビューで指摘していたため、可能であれば事前に確認をとるのが良いでしょう。

 

おまかせ運転機能は、お部屋の状況に合わせて空気清浄・除湿・加湿を自動で切り換えて運転してくれるので非常に優れた機能だと思います。ですので、環境に合わせて除湿器と加湿器を使い分けるのが面倒に感じる人、1台でお部屋を快適に保ちたい人にはおすすめできる製品だと思います。

 

いかがだったでしょうか。ぜひこの記事を参考にして、自分にぴったりの1台を見つけてみてくださいね。