ソニーのICカードリーダー「PaSoRi」を徹底解説!|使い方や注意点も

ソニーのICカードリーダー/ライターPaSoRiは、非接触技術を利用してICカードを読み取り、確定申告やネットショッピングに利用できる便利なアイテムです。今回はICカードリーダーの使い方や注意点、PaSoRiの機種を紹介します。

2022/01/12 更新

駅の改札で交通ICカードをタッチしたり、コンビニで電子マネーを利用したり、社員証やIDカードで入退室するときに「カードをかざす」ことがありますよね。この非接触決済技術FeliCaを開発したのがソニーです。

 

そのソニーが開発した非接触ICカードリーダー/ライター「PaSoRi」は、e-Taxによる確定申告、電子マネーや交通系ICカードの管理が自宅でできるアイテムで、生活を便利にしてくれます。

 

この記事では、ソニーのICカードリーダーPaSoRiの機種を紹介するとともに、ICカードリーダーの使い方や注意点、活用方法について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

Felicaを使った非接触式ICカードリーダ/ライターがPaSoRiです。PaSoRiを使うと、自宅でもe-Taxによる確定申告や電子マネーの利用ができます

 

iPhone・iPadで読み取るiOS対応のものは生産終了しており、現在生産されているものはWindows対応のみです。

マイナンバーカードを使った電子申請やICカードを使った決済など、さまざまな場面で活用できるのがソニーのICカードリーダー「PaSoRi」です。具体的にどんなことができるのか解説します。

マイナンバーカードには「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」を搭載させることができます。署名用電子証明書は、インターネットで文書を作成・送信するときに、本人が作った証明となるものです。利用者証明用電子証明書は、マイナポータルへのログインなど本人の利用を証明します。

 

PaSoRiは公的個人認証サービスに対応しており、上記2つの電子証明書を利用する電子申請が可能です

マイナンバーカードによる電子証明書を利用した電子申請のひとつが、確定申告のe-Taxです。PaSoRiとマイナンバーカード、Windowsのパソコンがあれば簡単に確定申告ができ、紙での申請にないメリットもあります。

 

e-Taxを利用すると、税務署に行かなくても自宅から手続きができ、届出も完了します。移動の交通費や提出の待機時間もかかりません。

 

また、自宅からの申請なら24時間可能です。税務署の開いている時間に合わせて行く必要がなく、早朝や深夜でも自分のペースで申告・納税が行えます。

e-Taxを利用するメリットは他にもあり、一つは申告時の添付書類を省略することができる点です。医療費の領収書や源泉徴収票などを申告書に貼る必要がありません。ただし、確定申告期限から3年間は、添付書類の提出または提示を求められる場合があるので注意してください。

 

さらに、e-Taxで申告すると還付対応が早期になるというメリットもあります。

住民税などの地方税は、これまで紙の申告書でそれぞれの地方公共団体で申請を行う必要がありましたが、eLTAXを使えば、一つの電子窓口でそれぞれの地方公共団体への手続きが可能です。

 

eLTAXアクセス時にはマイナンバーカードを用いた利用者認証と電子証明書による電子署名により安全性を確保し、「なりすまし」やデータの改ざんを防止しています。

近年キャッシュレス決済が普及していますが、PaSoRiがあると、自宅で電子マネーの管理や利用ができます。具体的な利用例を紹介するのでぜひ参考にしてください。

PaSoRiから、楽天Edy・WAONなどの電子マネーへのチャージができます。店頭までチャージしに出かけたり、チャージのために現金を用意する必要がありません。

 

お使いの電子マネーごとにソフトやウェブサイトを使って、電子マネーのカードをPaSoRiに置くことで手続きができます。

FeliCaを利用する各種電子マネーのカードをPaSoRiで使うことで、非接触決済を使って買い物ができます。いちいちクレジットカード番号を入力する手間が不要になります。

 

楽天Edy、WAONなどの電子マネーでの支払いに対応したネットショップを利用する際、パソコンに接続したPaSoRiで電子マネーのカードを読み取ると支払いができます。

PaSoRiと手元のパソコンで、交通系ICカードの乗車履歴や残高を確認できます。専用ソフト「SFCard Viewer 2」(Windows専用)をWebからダウンロードして利用してください。

 

交通系ICカードの乗車履歴が20件まで表示されるので、データを表計算ソフトに取り込めば交通費の精算にも便利です。

ソニー(SONY)

非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

価格:2,855円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ
60×11×100mm
重量
36g
PCとの接続
USB
読み取り方法
非接触式
対応OS
Windows
e-Tax対応
交通系ICカード
楽天Edy
nanaco
×
WAON

現在生産されているPaSoRiは、こちらのRC-S380です。USBからの給電で駆動するマイナンバーカード対応ICカードリーダー/ライターで、FeliCaの各種サービスやe-Taxが利用できます。電子マネーの残高確認やネットショッピング、交通系ICカードの利用履歴や残高確認も可能です。Windowsのみ対応しています。

まだ店頭やネットなどで手に入れることができるPaSoRiの生産終了モデルを紹介します。ただし、Windows用PaSoRiは2019年以降マイナンバーカードの動作確認はメーカー未検証です。また、iOS用は楽天Edyのサービス終了が予定されているため、購入時は注意してください。

ソニー(SONY)

PaSoRi RC-S370

価格:1,980円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

住民基本台帳カードに対応していたタイプのPaSoRiですが、最新のドライバと「PC/SCアクティベーター for Type B」をインストールするとマイナンバーカードにも対応するとクチコミがあります。2019年以降メーカーでは動作確認をしていないとありますので、購入時は念のため、注意しましょう。

本体サイズ
60×11×100mm
重量
36g
デバイスとの接続
USB
読み取り方式
非接触式
対応OS
Windows
e-Tax対応
楽天Edy
交通系ICカード
nanaco
×
WAON
ソニー(SONY)

PaSoRi RC-S330

価格:1,260円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらも古いタイプのPaSoRiですが、最低限の機能で十分な役割を果たします。最新のドライバと「PC/SCアクティベーター for Type B」をインストールすることでマイナンバーカードに対応するというクチコミがあります。2019年以降はメーカーでは動作確認をしていないので、購入時は、念のため注意しましょう。

本体サイズ
60×11×100mm
重量
35g
デバイスとの接続
USB
対応OS
Windows
読み取り方式
非接触式
e-Tax
交通系ICカード
楽天Edy
nanaco
×
WAON
ソニー(SONY)

PaSoRi RC-S390

価格:17,400円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iOS用のPaSoRiです。iPhone・iPadとBluetoothで接続して電子マネーの残高確認やチャージができます。iOSアプリで楽天Edy、WAON、nanaco、Suicaの残高・履歴確認ができますが、楽天Edyアプリが2021年8月17日サービス終了予定なのでご注意ください。マイナンバーカードには非対応、MacBook、iMacなどのパソコン(macOS)では使えないのも注意です。

本体サイズ
87.6×5.5×56mm
重量
30g
デバイスとの接続
Bluetooth、USB
読み取り方式
非接触式
対応OS
iOS
楽天Edy
○(2021年8月終了)
e-Tax
×
交通系ICカード
nanaco
WAON

ICカードリーダーの使い方と注意点を説明します。購入前に把握しておきましょう。特に最新機種以外の購入を検討している場合はサポート状況や対応サービスの確認が必要です。

ICカードリーダーを利用するには、パソコンにドライバーと専用ソフトのインストールする必要があります。ソニーのPaSoRiの現行機種「RC-S380」はパソコンにUSB接続すると、自動的にドライバーソフトウェアがインストールされるので簡単です。

 

ICカードリーダーの利用準備ができたら、使いたいサービスに応じてソフトをパソコンにインストールしてください。例えば、e-Taxで確定申告する場合はWebサイトから「利用者クライアントソフト」をインストールします。

PaSoRiは最新機種以外、生産終了・サポート終了となっています。対応サービスがなくなっているもの、対応アプリが終了しているものなどがあるので気をつけましょう。

 

中古で古い機種を手に入れた場合も、最新バージョンのドライバーやサポートソフトをWebからダウンロードする必要があります。

行政手続きのオンライン化を進めるため、確定申告用にICカードリーダーを購入した人に対して購入補助金が出る自治体があります

 

マイナンバーカード対応のICカードリーダーを購入して電子申告を行った場合、奈良県宇陀市では購入金額の3分の2、山形県酒田市では税抜購入価格を補助する制度があります(いずれも上限3000円)。お住まいの自治体の制度を確認しましょう。

ソニーのICカードリーダー/ライターPaSoRiは確定申告はもちろん、電子マネーの利用・管理などが自宅で簡単にできます。時間短縮・混雑回避ができるICカードリーダーを使って、賢く便利な日々を送りましょう。

関連する記事

マイナンバー対応のICカードリーダー5選|確定申告にもおすすめのサムネイル画像

マイナンバー対応のICカードリーダー5選|確定申告にもおすすめ

2022/01/12

【最新】AmazonICカードリーダーおすすめ7選 マイナンバー対応機種ものサムネイル画像

【最新】AmazonICカードリーダーおすすめ7選 マイナンバー対応機種も

2022/01/12

【最新】ICカードリーダー価格順おすすめ9選|確定申告を快適に!のサムネイル画像

【最新】ICカードリーダー価格順おすすめ9選|確定申告を快適に!

2022/01/12

【徹底解説】ICカードリーダーを認識しないときの対処法|マイナンバーカードの読み取りものサムネイル画像

【徹底解説】ICカードリーダーを認識しないときの対処法|マイナンバーカードの読み取りも

2022/04/08

icカードリーダーのおすすめ6選|中古品は危険がある可能性ものサムネイル画像

icカードリーダーのおすすめ6選|中古品は危険がある可能性も

2022/01/12

激安も!中古タブレットおすすめ10選|注意点や選び方も!のサムネイル画像

激安も!中古タブレットおすすめ10選|注意点や選び方も!

2022/03/01

【徹底解説】プリンタードライバーとは?|トラブル時の対処法ものサムネイル画像

【徹底解説】プリンタードライバーとは?|トラブル時の対処法も

2021/10/22

【2022最新】BTOパソコンおすすめメーカー10選|カスタマイズできるパーツものサムネイル画像

【2022最新】BTOパソコンおすすめメーカー10選|カスタマイズできるパーツも

2021/10/22

スマホに使えるSDカードおすすめ10選|データ移行方法や注意点もご紹介!のサムネイル画像

スマホに使えるSDカードおすすめ10選|データ移行方法や注意点もご紹介!

2022/01/11