【徹底解説】ノートパソコンを売る方法4選|売る前に初期化・データ消去!

不要なノートパソコンを持っている方は、売ることを検討してはいかがでしょうか。意外な高値で売れるかもしれません。当記事ではノートパソコンの売却を考えている方に向けて、売る前にやるべきことやデータの取り扱い方法・おすすめ業者5選をご紹介します。

2021/11/29 更新

不要なノートパソコンを持っている方はいませんか。「動作が遅くなった」「新しいモデルに買い替えた」などの理由で、使わないノートパソコンが家に眠っている方も多いでしょう。ノートパソコンは買取してもらえるので、処分する前に売ることを検討してはいかがでしょうか。買取が成立すれば、お小遣い稼ぎにもなります。

 

ただし、ノートパソコンには個人情報が入っているので、売る際にはデータの取り扱いに注意しなければいけません。また、高値買取してもらうには事前準備も必要なので、売却前に情報を集めておくことが大切です。

 

当記事では、ノートパソコンを売りたい方に向けた情報を集めています。売却前にやっておきたいことやおすすめの買取業者などをまとめました。ぜひ参考にしてください。

何かを売った経験がない方は、「ノートパソコンを売る」といっても方法が思い浮かばないかもしれません。まずは、ノートパソコンを売る4つの方法をご紹介します。

店頭買取で売る

店頭買取は店舗に直接持ち込んで買取してもらう方法です。出張買取や宅配買取よりも買取価格が高くなることがあります。また、目の前で買取してもらえる安心感もポイントです。

 

基本的には近場の店舗に依頼することになるので、業者選びの幅が狭くなってしまうのが難点です。また、店舗によっては予約が必要なので、事前に確認しておく必要があります。

出張買取で売る

業者に自宅に来てもらい、買取してもらう方法です。自宅に居ながらにして買取してもらうことが可能なので、ノートパソコン以外にも不要品がたくさんあるといった場合におすすめです。

 

店舗ごとに出張対応エリアがあるので注意してください。また、業者によっては出張料がかかるので事前に確認しましょう。

宅配買取で売る

宅配を利用して買取してもらうのが宅配買取です。居住地に関係なく全国の業者を利用できます。事前査定がインターネットやLINEでできる場合もあります。

 

業者によっては送料がかかります。また、配送中にパソコンに傷が付くと減額されてしまうので、梱包材を使って丁寧に梱包してください。

フリマアプリやネットオークションで売る

買取業者に売るのではなく、メルカリなどのフリマアプリやオークションに出品するのも1つの方法です。ただし、必ずしも購入されるとは限りません。急いで売りたい場合は業者に売る方がいいでしょう。

 

また、個人間の取引なのでジャンク品の出品は避けてください。トラブルを起こさないためにも、出品する際はスペックや状態を詳細に記載しておく必要があります。

買取をしてもらう前に買取価格の相場を知っておくのがおすすめです。安く買い叩かれてしまうことを防止できます。ただしパソコン市場は常に新しいものほど高く、相場はわずか2~3ヶ月でも変化します。



《一部相場例:2021年11月末現在》

 

  • ASUS ExpertBook B9 B9450FA(元値16万):約55,000円
  • Surface Laptop 3 PKU-00039 (元値22万):約60,000円
  • MacBook Air 13インチ 256GB  MWTK2J/A(元値10万):約45,000円

ノートパソコンを売るならできる限り高値で買取してもらいたいですよね。しかし、何も準備をせずに売ってしまうと期待外れの買取価格になってしまうこともあります。ノートパソコンを高値で買取してもらうためのポイントをまとめたので、事前にチェックしてください。

売ると決めたらできるだけ早く売る

ノートパソコンは新しい型ほど高値で買取されます。僅か2〜3ヶ月の違いでも買取価格は値下がりし、新しいモデルが発売されると、古いモデルの価値が格段に下がってしまいます。

 

家に置いておいても価値が下がっていくだけなので、売ると決めたらできる限り早く売りましょう。業者が高額買取キャンペーンなどを行っていれば、キャンペーンに合わせて売るのもおすすめです。

いくつかの業者で見積もりを取る

同じモデルのノートパソコンでも、業者によって買取価格が異なります。そのため、複数の業者で見積りを取り、見積り額を比較した上で業者を決めるのがおすすめです。

 

見積りはサイト上やLINEなどで取れることもあります。気になる業者があればどんどん見積りを依頼して、高値で売れる業者を見つけてください。

箱や付属品なしは減額の可能性あり

高値買取してもらうには、できる限り新品に近い状態で売る必要があります。そのため、購入したときに付いてきた外箱や付属品があれば一緒に売りましょう。充電ケーブルや保証書の有無も重要です。

 

外箱や付属品がない場合は減額される可能性があります。付属品は取扱説明書に記載されていることが多いので、1度確認してください。

カスタマイズや傷なども減額対象に

ノートパソコンの状態も買取価格に影響します。カスタマイズや傷などは減額の可能性があるので注意してください。そのため、売却前にノートパソコンの掃除しておきましょう。無水エタノールや液晶クリーナーを使って汚れを落としてください。

キャンセルする場合の対応や手数料もチェックしておく

買取価格が高くても、手数料や送料によって手元に残る金額が少なくなってしまうケースもあります。そのため、発送する場合は送料がかかるのか、キャンセルすることになった場合の対応はどうかといった項目も確認しておきましょう。見積と受取金額との差・キャンセル時のトラブルなどがなくなり安心です。

 

依頼してから後悔することがないように、できるだけ返送時は送料無料のところを選ぶのがおすすめです。

10年前や20年前といった古いノートパソコンは、基本的には起動すれば買取可能です。買取価格は0円に近くなることもありますが、廃棄する場合リサイクル料金がかかるため、それよりはお得に処分できます。ただし、業者によっては買取不可の場合もあるので、まずは査定に出しましょう。

 

どうしても買取できる業者が見つからない場合は、ジャンク品の専門業者に相談してください。古いパソコンや動作不能品でも買取できる可能性があります。

ノートパソコンにはたくさんのデータが入っているので、データの扱いも重要です。データのバックアップや消去など、売却前にしておかなければいけないことがあります。業者によって確認事項は異なりますが、ここでは基本的な項目を紹介します。

データのバックアップを取る

新しいパソコンに買い換えてからもスムーズに使えるように、古いパソコンのデータのバックアップを取ってください。バックアップはUSBメモリや外付けHDDなどの外部メモリやオンラインストレージなどに行いましょう。

 

OSによってバックアップの方法は異なります。たとえば、Windows 10の場合は「Windowsの設定」→「更新とセキュリティ」→「バックアップ」の順にクリックするとバックアップ可能です。必要なデータだけを手作業で移す方法もあります。

ノートパソコンを初期化する

ノートパソコンの中には個人情報がたくさん入っており、データを悪用されてしまう可能性があります。売る前に初期化して、パソコンを購入時の状態に戻しておきましょう。

 

初期化をするときには、データをすべて削除するか個人用ファイルを保持するか選択できます。バックアップを取った上で、データをすべて削除しましょう。また、初期化する際は、アップデートを最新の状態まで行う必要があります。

 

ちなみに、PCのデータをゴミ箱にデータを入れ削除・そして初期化しただけでは、専用ソフトを使用することで復元可能です。個人情報が含まれているPCの場合は、データ削除ソフトの利用を強くおすすめします。

ソフトを使って完全にデータ消去をする

初期化をしただけではデータは復元できてしまうことは先述の通りです。そのため、ソフトでの消去を怠ると、データ流出の危険が高まります。流出する可能性のあるデータの種類としては以下の通り。

 

  • 各WEBサイトのログインパスワード
  • 打ち込んだことのある個人情報・クレジットカードの番号
  • メールやSNSでやりとりした内容
  • アドレス帳に登録してある個人情報
  • 画像や動画/サイトの閲覧履歴

※個人情報とはる氏名・メールアドレス・電話番号・住所を指します

 

このデータはソフトを使うとランダムデータで上書きしてくれるので、データを読み込めなくなります。ソフトは有料のものであれば5,000円ほどで販売していますが、買取先がさらにデータ消去を行なってくれるならフリーソフトも可。フリーソフトには「DESTROY」などがあります。

 

もし、自分で行ったデータ消去に不安が残るなら「データ消去サービス」を行っている業者に依頼するのもおすすめです。パソコンは初期化しても消えないデータも存在するため、業者に依頼するのが最も確実といえます。

コラム|なぜ削除したデータが残っているの?

データをゴミ箱に入れて消去・PC自体初期化(フォーマット)したのになぜ残っているの?と思う人もいますよね。PC内のデータはHDDの「保存領域」と「管理領域」で管理されています。このうち「消去する」ちいう動作は「管理領域」が司り、パソコンが私たちに「削除した情報」を見せているに過ぎません。

 

実際に削除されるのは、こののちに、保存領域にあるデータに他のデータを上書きすることでやっと達成されます。この仕組みは、データ救出に役立ちますが、流出の危険性も秘めているため、PC廃棄前にはしっかり削除する必要があります。

 

《特に注意すべき情報》

財務情報(賃借対照表、過去の決算書、損益計算書など)
人事情報(従業員や入社面接者の個人情報、給与など)
顧客情報(取引先、取引内容など)
技術情報(商品・サービスの企画・開発・実績、研修内容など)

ノートパソコンを買取できる業者はたくさんあります。業者を選ぶときには、信頼できる業者を選びましょう。ノートパソコンのデータが完全に消えていないことも考えると、安心して売れる業者を選びたいところです。

 

まず、業者を選ぶときには「古物商許可」を取得しているか確認してください。この許可がない業者は違法に経営している業者なので注意しましょう。

ここからは、ノートパソコンを買取できる業者を紹介します。8社をピックアップしたので、業者選びの参考にしてください。それぞれの業者の特徴を見比べて、自分に合った業者を見つけましょう。

ゲオ|キャンペーン時期が狙い目!

ゲームやBlu-rayなど買取しているゲオでは、ノートパソコンの買取もできます。買取金額20%アップなどお得なキャンペーンを行っていることもあるので、ぜひチェックしてください。ただし、Windows 7・Mac OS 10.7以前のパソコンは買取不可なので注意しましょう。

 

ゲオは宅配買取に対応しています。自宅まで集荷に来てもらえる「らくらく引取買取」と、自分で発送する「発送買取」の2種類あります。送料は無料で査定明細ももらえるので、安心して依頼しましょう。

ブックオフ|確実にデータ消去してもらえて安心

中古本を中心に買取しているブックオフですが、パソコンも買取可能です。データ消去を確実に行ってくれるので、安心して売却できます。また、統一された基準で査定しているので、どこの店舗に売っても適正価格で買取してくれます。

 

買取方法は店頭買取・出張買取・宅配買取に対応しています。全国に600店舗以上あるので、最寄りの店舗を探しましょう。いずれの買取方法でも手数料はかからないので、安心して売却できます。

ハードオフ|ジャンク品でも買取してもらえる

本体から周辺機器まで幅広く買取しているハードオフ。ハードディスクドライブやルーターなども取り扱っているので、不用品のまとめ売りもおすすめです。ジャンク品でも買取してくれるので、他社で買取不可になったパソコンはハードオフに相談しましょう。

 

店頭買取・出張買取・宅配買取から買取方法を選択できます。送料や出張料はかからないので、自分に合った方法で買取してもらえます。

ヤマダ電機|Windows8・10搭載なら壊れていても買取OK

家電量販店のヤマダ電機でもパソコンの買取が可能です。サイト上で簡単に査定できるので、まずは査定から行いましょう。壊れたノートパソコンでもWindows8・10が搭載されているものなら1,000円で買取してもらえます。

 

買取方法は店頭買取か宅配買取の2種類です。パソコンの無料回収も行っているので、どこの業者にも買取してもらえなかった場合は、ヤマダ電機に処分してもらいましょう。

パソコン工房|高値買取が期待できる

パソコン工房は、パソコンの販売・買取を行っているパソコン専門店です。専門店ならではの高値買取が期待できます。データ消去も行ってくれるので、安全に売却したい方にもおすすめです。

 

店頭買取と宅配買取に対応しています。宅配買取の場合は、参考買取上限価格12,000円以上であれば送料無料です。メールで事前査定もできるので、まずは査定から依頼しましょう。

買取王子|パソコン以外もまとめて買取可

買取王子はパソコン専門店ではなく、幅広い品目で買取が可能。家電から本・CD・DVDにゲーム・おもちゃやフィギュア・時計に貴重品など、あらゆるものに対応しています。特にPC・周辺機器は高値買取の実績も高くおすすめ。

 

買取方法は送料0円での郵送買取のみで、特に品目を分ける必要もなく段ボールにまとめて入れるだけ。また、傷があったり付属品がないようなものも買い取り対象となります。

Mac買取ネット|Macの相場がやや高め

MacはApple社で下取りも可能ですが、少しでも高く売りたい場合はこのMac買取ネットもおすすめ。Mac専門業社で知識のあるの専門スタッフが、透明性の高くわかりやすいランク付けで正しく査定します。

 

メリットとしては、Mac関連の買い取り価格が他社よりやや高めに設定されているところ。またまとめての買い取りの場合は金額がアップします。さらに、データ消去も請け負ってもらえるため安心です。

ジャンク品パソコン買取ドットコム|査定に個人情報不要

パソコンは買取前に査定に出したいですが、まだ売るかもわからないのに個人情報を書き込むには抵抗がありますよね。このジャンク品パソコン買取ドットコムは、買い取りを決定するまでは個人情報不要。気軽に査定申し込みができます。

 

ただし、郵送買取は全国対応ですが、出張は福岡市と東京23区&近郊のみ。この点は確認が必要です。

ノートパソコンを売らずに処分したい方もいるでしょう。ノートパソコンは小型家電リサイクル法の対象品目になっているので、リサイクルに出してください。リサイクルに出す方法は、主に次の方法があります。

 

  • 自治体が設置している小型家電回収ボックスに入れる
  • 家電量販店に回収してもらう
  • 回収業者に依頼する
  • メーカーに引取りしてもらう

 

データはこちらで必ず削除する必要がありますが、無料で引き取りしてくれることも多いので、自分に合った方法を探してください。以下の記事で詳しく解説しています。

最近ではノートパソコン買い取り業社も多く、廃棄・リサイクル意外に売却も有力な選択肢です。高値買取してもらうためにも、業者の調査やパソコンの掃除をしておくことをおすすめします。事前にしっかり準備して、安全にノートパソコンを売却してください。