【2022年最新】データ消去ソフトおすすめ15選|フリーソフトDESTROYも

パソコン(PC)の処分や譲渡の際には、セキュリティの観点から見てデータ消去ソフトは必須となりますよね。HDD内のデータ消去ソフトには、フリーソフトから有料ソフトまでさまざまなものがあります。この記事では、パソコンのデータ消去ソフトの特徴・選び方を解説し、ニーズに合わせたおすすめのソフトを紹介します。

2022/04/19 更新

パソコンを処分する際に必ず必要な作業として、データ悪用を防ぐためHDD内部のストレージデータの削除があります。しかし、ただフォーマットしただけでは簡単に復元ができるほか、消したつもりでも実は残っていたというようなトラブルが起こる可能性も。

 

そんなときに用いられるのがデータ消去ソフトです。フリーソフトから数千円のパッケージ版までと種類が豊富で、それぞれ得意とするデータ方式や消去方法があり、何を選べばいいのか分からない方も多いのではないのでしょうか。

 

この記事では、パソコンのデータ消去の仕組みと使用用途ごとの選び方について詳しく解説します。ニーズに合わせたデータ消去ソフトもご紹介するので、データ消去を確実に行う方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

データの消去自体は、ソフトを使わなくてもPCの操作によって行えます。その操作は主に以下の3種類です。

 

エクスプローラーから

削除

  1. 「ホームボタン」+「Eキー」を同時押しし、エクスプローラーにアクセス
  2. 削除したいファイルを見つける(ファイル検索機能を使う事で、簡単にファイルを見つけられる)
  3. ファイルを選択して「DELキー」、あるいはリボンのホームタブの「削除」をクリックする
ゴミ箱を空にする
  1. エクスプローラーから削除したいファイルを見つける
  2. ファイルに対して「右クリック」を行い、表示されたメニューの中から「削除」をクリック
  3. ゴミ箱にファイルが転送されるので、ゴミ箱アイコンに対して右クリック
  4. 表示されるメニューから「ゴミ箱を空にする」をクリックする
フォーマット
  1. エクスプローラーから「PCアイコン」にアクセス
  2. 「デバイスとドライブ」の項目の中から、削除したいドライブを見つける
  3. ドライブに対して「右クリック」を行い、表示されたメニューの中から「フォーマット」を選択する
  4. 「開始」をクリックする

 

このようにどの方法も簡単な操作でデータの消去が行えます。しかしこの中の「フォーマット」は、選択したドライブ全体の消去となります。安易にフォーマットするとデータのほとんどが消えるので気を付けましょう。

 

ただ、上述した通りデータの完全な消去には向きません。中古ショップへ売却・下取りに出す・譲渡する際は、データ消去ソフトを使った方が確実です。

このように、通常の手段でデータ消去できるのであれば、わざわざソフトを使用する必要ないのでは?と思いますよね。実はデータを保存するHDDのプラッタと呼ばれるパーツが「保存領域」と「管理領域」に分かれており、一度手動でデータを消しただけでは両方に残るデータを一括削除できません

 

見た目上は削除できていても、パソコンが「削除した」情報を私たちに見せているだけで、保存領域自体は削除したデータを別データでの上書き待ちの状態で残しています。そのため、専門業者によるデータ復旧が可能です。

 

これは失われた情報を救出できる反面、適正な処理をせずに廃棄したPCからデータ流出する危険性もあります。このため、大切なデータにはデータ削除ソフトが必要です。

現在データ消去ソフトと呼ばれるものは数多く存在しており、その分選択肢も幅広いため、どれが自分に合ったデータ消去ソフトなのか分からない人も多いのではないでしょうか。ここからは、いくつかの観点から見たデータ消去ソフトの選び方を紹介します。

 

<目次>

まず、フリーソフトを選ぶか有料製品版のソフトを導入するかを考えましょう。それぞれに一長一短があり、状況によってどちらを選ぶかを決めることが必要です。ここでは、どちらを選ぶか迷った時の注目すべきポイントを解説するので参考にしてください。

データ消去ソフトの中にはフリーソフト、いわゆる無料でデータを消去できるものが存在します。メリットはもちろん、無料で使えること。しかし有料ソフトと比べると、以下のようなデメリットが存在します。

 

まずフリーのデータ消去ソフトは、基本的に機能が制限されていると思ってください。機能制限としては使える日数の制限・データの削除数の制限などが挙げられ、加えて特定のデータしか削除できないといった点も存在することがあります。

 

そして厄介なのが、ソフトのインストール時に関係ないソフトのインストールを勧められる点。中にはブラウザのスタート画面を変えるというようなマルウェアが潜んでいることもあります。確実かつ安全に使いたい場合は、有料のデータ消去ソフトを使いましょう。

有料のデータ消去ソフトは、余計な手間をかけず確実にデータを削除することができます。製品によってはさまざまな消去方法に対応しており、1つのソフトでカバーできる機能が広く非常に便利。また、データ消去にかかる時間も少なくて済むのも嬉しいポイントです。

 

企業の内部情報や個人情報など絶対に漏洩を避けたいデータの消去には、信頼性の高い有料ソフトを使用しましょう。1,000円~7,000円程度まで製品によって値段に差があるため、搭載されている機能を鑑みて自分に合ったものを選ぶことが肝要です。

前提として、データ消去ソフトを使う際は自分の使っているPCのOSに対応している必要があります。例えば使っているPCがWindowsの場合、Windows非対応のソフトでは削除ができません。

 

また使っているOSが古い場合、ソフトの対応OSによっては削除が上手くいかないことがあります。そういった問題を防ぐため、古いPCのデータ削除には必ずOSの確認を行いましょう

データ消去ソフトには、それぞれ消去方法に違いがあります。違いと特徴を理解して、自分に合ったものを選びましょう。ここでは、消去レベルと消去スピードについて解説します。

完全消去のデータ消去ソフトであってもソフトによって消去方式(消去レベル)が異なります。家庭や企業内でパソコンを再利用するなら、簡単で速い削除方式である「ランダムライト」「ゼロライト」方式で十分。ただし、PCを廃棄する場合は自分の手を離れるため、しっかりした削除が必要です。

 

中でも、官公庁も使用する「グートマン方式」が一番安全ですが、この方式は。35回データを上書きした上で削除するため非常に時間がかかります。そのため、ちょうど中間ランクのNSA式も十分選択肢に含まれます。

 

※下に行くほど強力なデータ消去です

家庭向け

ゼロ書き込み方式

乱数書き込み方式

1(OxFF)書き込み方式

NIST 800-88方式

乱数+ゼロ書き込み方式 など

グレード1〜4
法人向け

米国国家保全保障局(NSA)方式

NIST 800-88 Advanced方式

米国国防総省準拠方式DoD5200.28-M

米国空軍方式AFSSI5020

ドイツ標準方式 VSITR

グートマン推奨方式 など

グレード5〜11

データ消去には、フリーソフト・有料ソフトどちらを選んでもかなりの時間を要します。消去時間はPCの容量・上書き回数・消去方式で変わりますが、いずれにせよ数時間~数日を消去作業に費やすことになるのが一般的です。

 

上述した通りデータ消去にかかる時間はPCの容量や上書き回数で変動しますが、有料ソフトはフリーソフトと比較してデータ消去が速く終わる傾向にあるため、HDDやSSDの容量が多い場合は有料ソフトを選択するのをおすすめします。自分の所持するPCのスペックに合わせて選びましょう。

データ消去ソフトの中には、1台のHDDの削除しかできないものもあります。加えてライセンス方式は台数が決められていることもあるので、この点にも気を付けましょう。特に法人向けのデータ削除ソフトを導入予定の方は、複数台のHDDに対応しているものを選ぶようにしましょう。

PCが古くてOSから起動できない場合も心配無用。CDブート式なら起動しないPCでもデータ削除ができるので、必ずしもPCが正常である必要はありません。もちろんCDブートでもOS・PCデータの削除両方が行えます。古いPCのデータを完全に削除したい方は、CDブート式のソフトを選びましょう

中にはPCの全データ消去に限らず、一部のドライブデータのみ消去したい・OSごと消去したい・CDやUSBなどの外付けメディアのデータを消したいなどデータを選びたい場合はこの「範囲」のチェックが肝心です。

データ消去ソフトはOSごと削除したい方にもおすすめです。PCを処分する際にOSの初期化をする人も多いと思いますが、それだけではPC内のデータは削除しきれません。OSを削除するとPC内の全データが削除されるので、第3者に復元されるリスクの低下につながります。

データ削除ソフトの中には、全データを一括で消去する機能のほかにも、個人情報やドライブ内部のみなど指定した部分をピンポイントで消去できるソフトもあります。PC自体はまだ使うけれど、プライバシーな情報の漏洩リスクを減らしたい方におすすめです。

指定したフォルダ内のデータを定期的に消去したい場合は、データ消去をスケジューリングする機能が搭載されたソフトがおすすめ。先述したような指定した部分のデータ消去を定期的に行いたい場合に便利です。ただ、このような自由度の高い削除が可能かはソフトによるので、選ぶ際によく確認しましょう。

PCのデータのバックアップを、外付けのHDDやSSDに保存している方も多いですよね。それらの個人情報を安全に消去したい方は、外部メディアのデータ消去に対応しているソフトがおすすめです。USBやSDカードのデータの抹消に対応しているものもあるので、用途に合わせて選択しましょう。

フリーソフトの中でも特に人気なのが、こちらの「DESTROY」です。無料でありながら復元不可能なレベルまでデータを削除したり、OSごと削除することも可能。PCの譲渡や処分用の削除ソフトとしても安心できます。

 

しかし起動にはCDが必要なので、インストールしてすぐに使えるソフトではありません。使用前に少々準備が必要なのがネックでしょうか。

 

ソフト名

DESTROY
対応OS Windows 10/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1
データ消去レベル -
OS削除

wipe-outは、OS問わず完全無料で使用できる点が魅力的なデータ削除ソフト。有料ソフトに比べると上書き回数が少なめですが、上書き3回でも復元が難しいレベルまでデータ削除が可能です。

 

ただ使用にはCDやUSBが必要となるので、その点だけ注意したい所。しかしCDやUSBが利用できることで、ブート起動が可能なのが良いポイントです。

 

ソフト名 wipe-out
対応OS OS問わず
データ消去レベル 上書き1~3回
OS削除 ×

DESTROYやwipe-outと異なり、インストール不要で利用できるフリーのデータ消去ソフトです。USBや外付けハードディスクなどの対象を、上書き3回までの削除方法で抹消することが出来ます。

 

PCの内蔵ドライブも削除可能ですが、Windows 自動インストール キットを用いてブート起動させる必要があるのがやや難点です。

 

ソフト名 ディスク消去ユーティリティ
対応OS Windows 10/8/7
データ消去レベル 上書き1~3回
OS削除 ×

DiskRefresher4 SEは日本の周辺機器メーカーであるアイ・オー・データ機器(I-O Data)から無償で提供されているHDD・SSDデータ消去ソフトです。外付けHDDであれば他社製品にも使用可能です。

 

有料の商品版を使えば消去証明書を発行することもできます。

 

ソフト名 DiskRefresher4 SE
対応OS Windows 11/10/8.1
データ消去レベル 上書き1回 (有償版:1~100回)
OS削除 ×

EaseUS Partition Master Freeはディスク削除の機能以外にもパーティションの移動、調整、リサイズ、復元、結合などのさまざまな機能を備えたソフトウェアです。10回まで削除が可能なため、ほかの無料ソフトに比べると消去レベルが高いと言えます。

 

ソフトウェアのデザインもシンプルで使いやすいです。

 

ソフト名 EaseUS Partition Master Free
対応OS Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
データ消去レベル 上書き1~10回
OS削除 -
AOSデータ

ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版

価格:4,355円 (税込)

データ消去ソフトの中でも定番!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

データ消去ソフトの中でも、特に有名な商品です。ターミネータ10plusは最大で35回の上書きによりデータを削除することが可能で、2度と復元できないレベルまで抹消できるのが最大の魅力。

 

またOSごと削除したり、CDブートから削除ツールを起動できるのも良いポイントです。唯一説明文が英語なのが惜しいでしょうか。

メーカー
AOSデータ
商品名
ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版
対応OS
Windows XP/Vista/7/8(8.1)/10/Server 2003/Server 2008/Server 2012
データ消去レベル
上書き1~35回
対応台数
個人制限無し 法人3台
OS削除
CDブート
AOSデータ

電子データシュレッダー2 1ライセンス版(永続版)

価格:3,108円 (税込)

最大で36回の上書きが可能!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通常は最大でも35回までの上書きしか出来ないデータ消去ソフトですが、この商品は36回までの上書きが行えます。「何が何でもデータを完全抹消したい」という方にはかなり重宝出来るでしょう。

 

OS削除やCDブートなどは不可ですが、対応台数が無制限なのはかなり嬉しいポイント。しかし操作を誤って全データを消去することがあるので、マニュアルは必読です。

メーカー
AOSデータ
商品名
電子データシュレッダー2
対応OS
Windows 10 / 8 (8.1) / 7 / Server2016 / Server2012 / Server2008
データ消去レベル
上書き1~36回
対応台数
無制限
OS削除
×
CDブート
×
ジャングル

完全ファイル抹消17|ダウンロード版

価格:2,600円 (税込)

初心者でも使いやすい、完全ファイル抹消ソフト!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HDDやOS削除の完全消去はできませんが、一つのファイルを完全抹消するのに適したソフトです。操作もファイル上で右クリックをし、「完全ファイル抹消」を選択するだけでOK。初心者でも分かりやすい操作性も魅力です。

 

またスケジュール抹消により、任意のファイルを指定した日時に削除すると言った高度な操作も可能。グートマン方式での上書きができるのもグッドです。

メーカー
ジャングル
商品名
完全ファイル抹消17
対応OS
Windows 8.1, Windows 10, Windows 7
データ消去レベル
-
対応台数
1台
OS削除
×
CDブート
×
フロントライン

完璧・HDD消去3

価格:1,764円 (税込)

安価で性能申し分なしなデータ消去ソフト!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

データ消去ソフトの中では、2,000円以下と安価で求められるソフトです。それでいて35回の上書きが可能であり、CDブートによりOSが起動しなくても使えたりと、使い勝手が非常に良いです。

 

しかしハードディスクを一括削除する場合、起動CDの作成やインターネットに繋がらなければいけないといった、難しい点も存在します。PC中級者以上におすすめでしょうか。

メーカー
フロントライン
商品名
完璧・HDD消去3
対応OS
Windows10(32/64bit),8/8.1(32/64bit),7(32/64bit),Vista(32/64bit),XP(HomeおよびProfessionalEdition),Me,2000,NT4.0,98(98および98SecondEdition),95
データ消去レベル
上書き1~35回
対応台数
1台
OS削除
×
CDブート
ソースネクスト

ドライブイレイサー |Win対応

価格:3,250円 (税込)

データ消去結果が確認できるので安心!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソフトを立ち上げ、HDDを選択して消去をクリック。そんな2ステップでデータ消去が行える使いやすい商品となっています。またデータの消去が本当に出来たのかを確認する機能もあり、比較的安心しやすいです。

 

加えてPCの台数無制限で使用できるので、コスパも十分良いと言えます。ただ多くのデータを一度に消去する場合、数日かかることがあるので注意です。

メーカー
ソースネクスト
商品名
ドライブイレイサー
対応OS
Windows 8.1, Windows 8, Windows 10, Windows 7
データ消去レベル
上書き1~35回
対応台数
無制限
OS削除
×
CDブート
ソースネクスト

Acronis True Image Plus オンラインコード版

価格:2,398円 (税込)

PC乗り換えに打って付け!公式ガイドムービーもあり!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

データを消去する他に、バックアップ機能も付いたお得なソフト。不要なPCから重要なデータを取り出し、それ以外のデータを完全消去するという使い方が出来ます。PCを乗り換える場合に非常に便利です。

 

またデータは復元できないレベルまで抹消できるので、第3者に悪用される心配もありません。公式ガイドムービーも付いているので、分かりやすく操作できるでしょう。

メーカー
ソースネクスト
商品名
Acronis True Image Plus
対応OS
Windows 10 (32ビット/64ビット版)、Windows 8.1(32ビット/64ビット版)
データ消去レベル
-
対応台数
1台
OS削除
×
CDブート
×
パラゴンソフトウェア

Paragon Hard Disk Manager 17 Professional

価格:6,380円 (税込)

多機能かつ使いやすいデータ消去ソフト!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このソフトでは、データ消去以外に以下の操作が可能です。

  • ディスクのバックアップ・コピー
  • パーティション拡大縮小などのディスク管理
  • HDDやSSD、パソコン廃棄時の個人データ抹消

Acronis True Image Plusと似たような商品ですが、CDブートが可能で3台までのPCに使えるので、利便性はこちらの方が上でしょうか。

 

しかし不良セクターがあるとバックアップ機能が使えないので、その点だけ注意。データ消去に関しては復元不可能なレベルまで行われます。

メーカー
パラゴンソフトウェア
商品名
Paragon Hard Disk Manager 17 Professional
対応OS
Windows 7(sp1) Home / Professional / Enterprise / Ultimate Windows 8.1 Pro / Enterprise Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education October 2018 Update(Version 1809)
データ消去レベル
-
対応台数
3台
OS削除
×
CDブート
ジャングル

完全ハードディスク抹消17

価格:3,247円 (税込)

簡単操作で幅広い対象を一括消去!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OSに依存せず、データを丸ごと消去できるソフトです。OSごとPCデータを削除するのを始めとして、外付けハードやUSBなどの削除も可能となっています。操作もプログラムを呼び出して「抹消ボタン」を押すだけなので、非常に楽です。

 

しかし一番セキュリティーレベルが高い消去方法を選ぶと、環境にもよりますが消去に数日かかることがあります。そのため消去時間を気にしない方におすすめです。

メーカー
ジャングル
商品名
完全ハードディスク抹消17
対応OS
Windows
データ消去レベル
-
対応台数
無制限
OS削除
CDブート
ソースネクスト

SOURCENEXTstyle ドライブクリーナー |ダウンロード版

価格:4,159円 (税込)

正解最高レベルのデータ消去が可能!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダウンロードして使用する、ソースネクストのドライブクリーナーです。OS削除やCDブートには対応していないものの、世界最高レベルの消去を行うことができます。USBやメモリーカードに対応しているのも魅力でしょうか。

 

しかし設定する消去レベルが高いほど、数日など要する時間が長くなります。「完全ハードディスク抹消17」同様、時間を気にしない方におすすめです。

メーカー
ソースネクスト
商品名
ドライブクリーナー
対応OS
Windows
データ消去レベル
-
対応台数
1台
OS削除
×
CDブート
×
フロントライン

完璧・データ消去3 Windows10対応版

価格:1,591円 (税込)

安価かつ幅広い完全削除が行えるデータ消去ソフト!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スケジュール抹消や多数データの一括消去など、幅広い消去が行えるソフトです。中でも「焼却炉アイコン」の存在が嬉しく、アイコンにファイルをドロップするだけで完全削除が行えます。ゴミ箱の中身を完全消去できるのも魅力でしょうか。

 

しかし出来る事が多い反面複雑でもあり、使いづらさが否めないのが惜しいです。ですが性能の割に1,500円程度で買えるのは嬉しいです。

メーカー
フロントライン
商品名
完璧・データ消去3 Windows10対応版
対応OS
Windows 10/8/8.1/7/Vista(32/64bit)、 XP(HomeおよびProfessional Edition)/ Me/ 2000/ NT4.0/98(98および98Second Edition)/95
データ消去レベル
上書き1~35回
対応台数
1台
OS削除
×
CDブート
×

法人向けにおすすめなのが、このデータ消去ソフトでは実績も多いjungleの「DiskDeleter」。1年間(更新あり)、同一拠点・同一事業所内において台数無制限で使用可能です。USBメモリタイプですが、USBが使用できないセキュリティのかかったPC用にCD版でも使えます。

 

ラインナップにKIT、UX、TX、とありますが、未だ32bitの古いPCも使用している事業所であればKITがおすすめ。特にXP世代に導入したPCをずっと使用している場合はこちらが該当する可能性が高いです。

 

ちなみに、「データ消去をビジネスで行う(第三者から金銭を受け取って行う)」場合は、「ライセンス版」が必要になります。

データを削除をする際には正しい使い方で安全に行いたいですよね。無料のデータソフト「DESTROY」を例に使い方を紹介します。

 

  1. ソフトを使用するために必要なCDディスクを用意し、ソフトの書き込みを行う。
  2.  書き込みが完了したら「DESTROY」を起動させて、削除したいHDDを選択。
  3. 上書きの回数を選択します。回数によって精度、所要時間が異なる。
  4. 作業が完了すると最終確認の画面が表示される。

 

ソフトによって必要な機材や手順が異なるため、事前に使い方を確認して有効活用しましょう。

自分でデータ消去をするのに不安がある方や、確実にデータ消去したいけれど1度しか行わないためソフトの購入にも踏み切れないという方は、業者に一任するのも選択肢に入れましょう。データ消去を専門にしている業者はたくさんあるので、信頼できる業者を選んで依頼することが大切です。

PCメーカーは自社で製造したPCを無料で回収する義務があるため、PCそのものを廃棄する場合には製造メーカーに連絡すれば無料で安全かつ確実にデータの抹消が可能です。ただ、2003年以降に製造された家庭用PCが対象になっている点に注意しましょう。「PCリサイクルマーク」が貼付されているのが目印です。

自分でPCを処分する際、対策をしないと第3者がデータを復元して悪用することがあります。個人情報や企業秘密の保持のために、PC処分の際にデータ消去ソフトの使用は必須です。この記事を参考に、自分のPCと使用用途を鑑みて最適なデータ消去ソフトを選びましょう。