【2022最新】ウォークマンのおすすめ8選|人気シリーズも解説

ポータブル音楽プレーヤーとして人気があるウォークマン。最新のウォークマンは高音質で高機能です。最近はスマホで音楽を聴く人も増えていますが、最新のウォークマンを使うと今まで聴いていた音楽の世界がさらに広がります。ここでは特徴や選び方、おすすめ商品を紹介します。

2021/12/27 更新

ポータブル音楽プレーヤーといえばウォークマンという方も多いですよね。最近ではストリーミングサービスを利用してスマホでも簡単に音楽を楽しめるようになりましたが、そんな中でもウォークマンは根強い人気があります。

 

ウォークマンは軽量・小型で簡単に持ち運びができ、外出先でも高音質な音楽を楽しむことができます。また、ストリーミング対応の機種や音質を自分好みに設定できる機能など、便利な機能が搭載されたシリーズも。

 

現在でも新機種を発売しており、なお進化し続けているウォークマン。今回はそんなウォークマンについて徹底解説。自分の好きな音楽を好きな音質で楽しみたい人は、ぜひ最新のウォークマンを使いましょう。

ウォークマンとは日本の代表的な電機メーカーであるソニー(SONY)が手がけるポータブル音楽プレイヤーです。MP3はCDをパソコンに取り組むときの形式の1つで、CDの曲をMP3で取り込むことで、ウォークマンやMP3プレイヤーで聴くことができます。

 

ウォークマンはMP3にも対応しているため、MP3で取り込んだ音楽も聴くことも可能です。一般的にMP3にすると音質は落ちるものですが、ウォークマンにはMP3を高音質で聴ける機能も搭載されています。MP3以外の形式にも対応しているので、音質にこだわりたい人はウォークマンがおすすめです。

 

ウォークマンで再生できる形式(コーデック)
  • MP3
  • WMA
  • ATRAC
  • ATRAC Advanced Lossless
  • リニアPCM
  • AAC
  • HE-AAC

最新のウォークマンは手軽に音楽を楽しめる機能が充実しているので、「PCから音楽を取り込むのが面倒」という方にもぴったり。注目の機能を紹介しますので、参考にしてください。

 

※クリックすると各見出しへジャンプします

ストリーミングサービスを使用できる

ストリーミングサービスとは、定額制で音楽の聴き放題ができるサービスです主なストリーミングサービスに、Spotify、YouTube、Apple Musicなどがあります。ストリーミングサービスを使うと自分が好きなジャンル以外にも多彩な音楽を楽しむことができ、新しい音楽との出会いもあるのが魅力です。

 

最新のウォークマンの中には、ストリーミングサービスをハイレゾ級の高音質で楽しむことができるモデルもあります。ストリーミングサービスに対応しているウォークマンは、膨大な数の音楽を、高音質で楽しむことができます。

ハイレゾ再生に対応

ハイレゾに対応しているウォークマンを選べば、よりいい音質で音楽を楽しむことができます。ハイレゾ音源とは、CDには入りきれなかった情報量の音を持つ高音質音源です。音の太さ・繊細さ・奥行き・圧力・表現力など、CDでは聴こえなかったディテールやニュアンスを感じ取ることができます。

 

ハイレゾ対応のウォークマンであれば、ハイレゾ音源はもちろん、圧縮音源でもウォークマンの高音質化処理により、ハイレゾ音源に迫る豊かな音で再生できます。今まで聴こえなかった音の広がりを感じたい人におすすめです。

音質設定機能を搭載

ウォークマンには音質を調整するためのさまざまな設定があります。例えば「イコライザー」設定では、曲のジャンルやその時の雰囲気に合わせて細かく音質を設定できます。

 

DSEE(高音域補完)機能を使うと圧縮音源に対して高音質化処理を施し、圧縮で取り除かれた高音域を補完することで、オリジナル音源に近い自然で広がりのある音を再現することも。音質を調整する機能を使って、自分好みの音質を実現しましょう。

ウォークマンはシリーズによって価格や機能に違いがあります。シリーズごとの特徴を解説したうえで、シリーズごとの機能の違いを比較します。

 

ZXシリーズ

ZXシリーズはハイエンド・ストリーミングウォークマンです。ストリーミング・ワイヤレス対応などの機能に加えてハイレゾ音源やバランス接続にも対応しており、機能・音質ともに高品質を追求しています。

 

ストリーミングサービスの音楽をハイレゾ級の高音質で聴くことができる、高機能で高音質なウォークマンです。

Aシリーズ

Aシリーズはストリーミングサービス対応のウォークマンです。ハイレゾ音源にも対応しており、ハイレゾ対応の他機種と比べて低価格な点が魅力です。

 

あらゆる音楽をハイレゾ級高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載しているため、ストリーミングサービスの音楽も高音質で楽しむことができます。

Sシリーズ

気軽に音楽を楽しみたい人にはSシリーズがおすすめです。ストリーミングサービスやハイレゾ音源には対応していないものの、比較的安価な点が魅力です。また、再生可能時間は最大約52時間という長さを実現しています。

 

音質にそれほどこだわりがなく、音楽を聴くだけで十分という人や学習時のリスニングに使いたい場合などにおすすめです。

WMシリーズ

ウォークマンが長年培ってきた技術を結集し、真の高音質を追求しているのがWMシリーズです。常に最上級のサウンドを求めている人におすすめ。ソニーこだわりのハイレゾ再生対応高性能フルデジタルアンプは、ライブの熱気や空気感まで伝わるほどです

 

本体ボディの素材にもこだわっており、金メッキが施された無酸素銅切削筐体は高級感があります。価格は高いですが、デザイン・音質ともにこだわり抜かれたシリーズです。

Wシリーズ

Wシリーズはヘッドホン一体型のウォークマンです。軽量ボディに防水機能も搭載されているため、スポーツをするときにおすすめです。また、ウォークマンとしての利用だけでなく、Bluetooth対応機器とも接続ができるためBluetoothヘッドホンとしても活躍します。

機能・性能比較一覧表

それぞれのシリーズの最新機種について比較表にまとめました。必要な機能を確認の上、選ぶ際の参考にしてください。

シリーズ名 価格 容量 再生可能時間 ストリーミングサービス ワイヤレス接続 ハイレゾ対応 バランス接続対応 その他機能
ZXシリーズ 5~8万円 64GB 最大約20時間 Wi-Fi・Bluetooth microSDカード対応
A100シリーズ 3万円程度 16~64GB 最大約26時間 Wi-Fi・Bluetooth microSDカード対応・デジタルノイズキャンセリング
A50シリーズ 2万円程度 16~64GB 最大約45時間 Bluetooth microSDカード対応・デジタルノイズキャンセリング
Sシリーズ 1万円程度 4~16GB 最大約52時間 Bluetooth デジタルノイズキャンセリング
WMシリーズ 10~30万円 128GB・256GB 最大約33時間 Bluetooth microSDカード対応
Wシリーズ 1~2万円 4~16GB 最大約12時間 Bluetooth 防水

シリーズごとの特徴が分かっても、自分に合ったものがわからない人も多いですよね。ここでは、最新のウォークマンを選ぶ際のポイントを解説していきます。

 

容量

ウォークマンを選ぶ際は、自分がどれくらいの量の音楽を入れて持ち歩きたいのかを確認しましょう。容量が大きいほどたくさんの曲を持ち歩くことができます。また、必要な容量は音楽の圧縮方式によっても左右されます。

 

MP3なら数GBでも1000曲単位の曲を入れることができますが、ハイレゾ音源は通常よりも容量を消費します。より多くの曲を入れたい場合や容量を多く消費する音源を利用する場合は、容量の大きいモデルを選びましょう。

 

microSDカード対応モデルを選べば、あとから容量を増やすこともできるので、「今はわからないけどあとからもっと曲を入れたくなるかも」という方におすすめです。

再生可能時間

ウォークマンを移動中や外出先で使いたいという人は多いです。ウォークマンの再生可能時間(充電持続時間)はモデルによってさまざまですが、平均して数十時間程度です。

 

また、度充電すればバッテリーの持ちを気にせず使うことができますが、ハイレゾ音源やワイヤレス接続をONにすると、通常よりバッテリーの消費が早まります。長時間使いたい場合は、持続時間が長いモデルを選ぶか電池の消費が早くなる機能をオフにして使いましょう。

ストリーミングサービスに対応しているか

ストリーミングサービスに対応しているウォークマンであれば、SpotifyやYouTube、Apple Musicなどの聴き放題サービスをウォークマンで楽しむことができます。ストリーミングサービスの音楽もハイレゾ級の高音質で視聴できることが、ウォークマンの魅力です。

 

現行のウォークマンではZXシリーズとAシリーズがストリーミングサービスに対応しています。ストリーミングサービスを使いたい方は、チェックしてください。

Wi-Fi・Bluetoothなどのワイヤレス接続に対応しているか

WiFiに対応しているウォークマンは、USBをパソコンに接続せずに直接音楽をダウンロードしたり、ストリーミングサービスを利用できますまた、Bluetoothに対応したモデルは、ワイヤレスイヤホンやワイヤレススピーカーに接続して音楽を楽しむことができます。

 

音質だけでなく便利さも求めているという人は、ワイヤレス接続に対応しているモデルを選びましょう。

音質

ウォークマンの中には音質をさらに高める機能が搭載されているモデルもあります。音質重視の人のために、音質をよりよくする機能を紹介します。

高音質が魅力のハイレゾ対応モデル

CDよりも音の情報量を多くもつハイレゾ音源。ハイレゾ対応しているモデルを選べばCD以上の音の広がりを楽しむことができます。より音にこだわりたいという人はハイレゾ対応モデルがおすすめです。

クリアな音質を楽しめるバランス接続対応モデル

バランス接続とはヘッドフォンと音楽プレーヤーを接続する方法のひとつです。バランス接続では左右の音を完全に分離し、グラウンド電流を介さずに音の信号を出力可能です。

 

グラウンド電流で音が混ざると音に混濁感が出ますが、バランス接続に対応することでノイズを低減したクリアな音質を楽しめるのが魅力。ただし、バランス接続の場合は対応するイヤホンを用意する必要があります。

ソニー(SONY)

ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

価格:69,632円 (税込)

ストリーミングも本体に保存した音楽も高音質で

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Youtubeなどのストリーミング視聴も、本体に保存した音楽もハイレゾ級高音質で楽しめるウォークマン。microSDメモリーカードに対応しているため、万が一本体容量が足りなくなってしまった場合でも、メモリーの拡張が可能です。片手に収まるコンパクトサイズのウォークマンに好きな曲をたっぷり入れて、心ゆくまで快適に楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507
メモリ容量 64GB OS Android 9.0
Bluetoothコーデック SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC インターフェイス USB Type-C
再生時間 最大20時間 ストリーミングサービス Spotify/Apple Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC など
ハイレゾ/ノイズキャンセリング 〇/- 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
サイズ 約57.9mm x 122.6mm x 14.8mm 重量 約164 g
ソニー(SONY)

ウォークマン Aシリーズ NW-A106

価格:36,618円 (税込)

いつでもどこでもハイレゾ級高音質で

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる音楽をハイレゾ級高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」搭載し、ストリーミング視聴も本体に保存した音楽もハイレゾ級高音質で楽しめます。音源に応じて多彩なイコライザーから音質を選んで音楽を楽しめます。持ち運びやすいコンパクトデザイン。バッグの中やポケットの中に入れたままでも、音楽の再生/停止、曲送り/曲戻し、音量調節などの基本操作がしやすく便利です。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン Aシリーズ NW-A106
メモリ容量 32GB OS Android 9.0
Bluetoothコーデック SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC インターフェイス USB Type-C
再生時間 最大26時間 ストリーミングサービス Spotify/Apple Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC など
ハイレゾ/ノイズキャンセリング 〇/〇 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
サイズ 約55.9mm x 約98.9mm x 約11.0mm 重量 約103g
ソニー(SONY)

ウォークマン Aシリーズ NW-A105HN

価格:35,517円 (税込)

高音質なストリーミング対応ウォークマン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストリーミングサービス対応で、お好みのストリーミングサービスをインストールできます。音の情報量がCDの約6.5倍ある(192kHz/24bitの場合)ハイレゾ音源に対応しており、楽器やボーカルの重厚感を存分に体感できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン Aシリーズ NW-A105HN
メモリ容量 16GB OS Android 9.0
Bluetoothコーデック SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC インターフェイス USB Type-C
再生時間 最大26時間 ストリーミングサービス Spotify/Apple Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC など
ハイレゾ/ノイズキャンセリング 〇/〇 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
サイズ 約55.9mm x 約98.9mm x 約11.0mm 重量 約103g
ソニー(SONY)

ウォークマン Aシリーズ NW-A55HN

価格:27,927円 (税込)

フルデジタルアンプ「S-Master HX」搭載のウォークマン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾ音源のクオリティーを存分に引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しています。スマートフォンやCDプレーヤーなどのオーディオ機器とウォークマンを、別売の録音用ケーブル(WMC-NWR1)で接続してシンクロ録音を選択すれば、曲の再生開始にあわせて自動で録音がスタートし、曲が終了すれば自動で録音もストップします。

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン Aシリーズ NW-A55HN
メモリ容量 16GB OS -
Bluetoothコーデック SBC/LDAC など インターフェイス Hi-Speed USB/WM-PORT
再生時間 最大約45時間 ストリーミングサービス -
ハイレゾ/ノイズキャンセリング 〇/〇 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
サイズ 約55.7mm x 約97.3mm x 約10.8mm 重量 約99g
ソニー(SONY)

ウォークマン Sシリーズ NW-S315

価格:14,818円 (税込)

使いやすさいコンパクトサイズがうれしいSシリーズ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約53gのコンパクトボディで、スタミナたっぷり52時間の長時間バッテリー。周囲の騒音をカットできるデジタルノイズキャンセリング機能が搭載されています。語学学習にも最適な、集中して学習したい箇所を繰り返し聴ける「A-Bリピート再生」や、再生位置を戻す「クイックリプレイ」を採用しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン Sシリーズ NW-S315
メモリ容量 16GB OS -
Bluetoothコーデック SBC インターフェイス
再生時間 最大約52時間 ストリーミングサービス -
ハイレゾ/ノイズキャンセリング -/〇 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・リニアPCM
サイズ 約44.3 x 約94.6 x 約9.9 mm 重量 約53g
ソニー(SONY)

ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z

価格:269,890円 (税込)

真の高音質を徹底的に追求

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウォークマンが長年培ってきたフルデジタルアンプの技術を結集し、真の高音質を徹底的に追求したWM1シリーズです。金メッキを施すなど、高音質を追求するためにパーツも厳選しています。音の表現とディティールを最大限引き出すウォークマンです。さらなる操作性の向上のために新たなUIを採用し、4.0型タッチパネル液晶を搭載しています。音質を最優先したがゆえに生まれたデザインは、握りやすさにもつながっています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z
メモリ容量 256GB OS -
Bluetoothコーデック SBC/LDAC など インターフェイス Hi-Speed USB
再生時間 最大約33時間 ストリーミングサービス -
ハイレゾ/ノイズキャンセリング 〇/- 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
サイズ 約72.9 × 約124.2 × 約19.9 mm 重量 約455g
ソニー(SONY)

ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A

価格:113,500円 (税込)

極みを目指した高音質化設計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かみのある音質まで再現する、アルミ切削筐体モデルです。音楽ファイルの高音域を補完するとともに、サンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、CD以上の音質に変換しています。MP3などの高圧縮音源もCD以上の高音質になり、さらにクリアで躍動感のあるサウンドを楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A
メモリ容量 128GB OS -
Bluetoothコーデック SBC/LDAC など インターフェイス Hi-Speed USB
再生時間 最大約33時間 ストリーミングサービス -
ハイレゾ/ノイズキャンセリング 〇/- 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
サイズ 約72.9 × 約124.2 × 約19.9 mm 重量 約267g
ソニー

NW-WS625

価格:15,378円 (税込)

スポーツ時に大活躍のヘッドホン一体型ウォークマン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetooth機能とメモリーの両方を、約32gの軽量ボディに搭載しています。スマホとつなげてストリーミング配信やYouTube、インターネットラジオなどを楽しみながらトレーニングしたり、内蔵メモリーに楽曲を保存して、これ1台で身軽に走ったり、色々なシチュエーションで大活躍のヘッドホン一体型ウォークマンです。海水対応、防塵・耐寒熱性能を備えたタフネス仕様なので、さまざまなスポーツシーンで思い切り楽しめます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

メーカー ソニー(SONY) 商品名 ウォークマン Wシリーズ NW-WS625
メモリ容量 16GB OS -
Bluetoothコーデック SBC・AAC インターフェイス -
再生時間 最大約12時間 ストリーミングサービス -
ハイレゾ/ノイズキャンセリング -/- 対応フォーマット MP3・WMA・AAC・FLAC・ニアPCM(WAV)
サイズ - 重量 約32g

おすすめウォークマン比較表

  • 商品画像
  • アイテムID:5425640の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5425783の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5426101の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5425842の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5425915の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5425930の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5425932の画像

    ソニー(SONY)

  • アイテムID:5426046の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A106
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A105HN
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A55HN
  • ウォークマン Sシリーズ NW-S315
  • ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z
  • ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A
  • ウォークマン Wシリーズ NW-WS625
  • 特徴
  • ストリーミングも本体に保存した音楽も高音質で
  • いつでもどこでもハイレゾ級高音質で
  • 高音質なストリーミング対応ウォークマン
  • フルデジタルアンプ「S-Master HX」搭載のウォークマン
  • 使いやすさいコンパクトサイズがうれしいSシリーズ
  • 真の高音質を徹底的に追求
  • 極みを目指した高音質化設計
  • スポーツ時に大活躍のヘッドホン一体型ウォークマン
  • 価格
  • 69632円(税込)
  • 36618円(税込)
  • 35517円(税込)
  • 27927円(税込)
  • 14818円(税込)
  • 269890円(税込)
  • 113500円(税込)
  • 17100円(税込)
  • メーカー
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • ソニー(SONY)
  • 商品名
  • ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A106
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A105HN
  • ウォークマン Aシリーズ NW-A55HN
  • ウォークマン Sシリーズ NW-S315
  • ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z
  • ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A
  • ウォークマン Wシリーズ NW-WS625
  • メモリ容量
  • 64GB
  • 32GB
  • 16GB
  • 16GB
  • 16GB
  • 256GB
  • 128GB
  • 16GB
  • OS
  • Android 9.0
  • Android 9.0
  • Android 9.0
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • Bluetoothコーデック
  • SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
  • SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
  • SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
  • SBC/LDAC など
  • SBC
  • SBC/LDAC など
  • SBC/LDAC など
  • SBC・AAC
  • インターフェイス
  • USB Type-C
  • USB Type-C
  • USB Type-C
  • Hi-Speed USB/WM-PORT
  • Hi-Speed USB
  • Hi-Speed USB
  • -
  • 再生時間
  • 最大20時間
  • 最大26時間
  • 最大26時間
  • 最大約45時間
  • 最大約52時間
  • 最大約33時間
  • 最大約33時間
  • 最大約12時間
  • ストリーミングサービス
  • Spotify/Apple Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC など
  • Spotify/Apple Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC など
  • Spotify/Apple Music/YouTube/mora qualitas/LINE MUSIC など
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • ハイレゾ/ノイズキャンセリング
  • 〇/-
  • 〇/〇
  • 〇/〇
  • 〇/〇
  • -/〇
  • 〇/-
  • 〇/-
  • -/-
  • 対応フォーマット
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
  • MP3・WMA・AAC・リニアPCM
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・DSD など
  • MP3・WMA・AAC・FLAC・ニアPCM(WAV)
  • サイズ
  • 約57.9mm x 122.6mm x 14.8mm
  • 約55.9mm x 約98.9mm x 約11.0mm
  • 約55.9mm x 約98.9mm x 約11.0mm
  • 約55.7mm x 約97.3mm x 約10.8mm
  • 約44.3 x 約94.6 x 約9.9 mm
  • 約72.9 × 約124.2 × 約19.9 mm
  • 約72.9 × 約124.2 × 約19.9 mm
  • -
  • 重量
  • 約164 g
  • 約103g
  • 約103g
  • 約99g
  • 約53g
  • 約455g
  • 約267g
  • 約32g

ウォークマンを買ったら自宅でも高音質の音楽を楽しみたいですよね。そんな人にはスピーカー付きのウォークマンもおすすめ。スピーカーにウォークマンを挿し、充電しながら音楽を楽しむことができます。

 

スピーカーもコンパクトなので、気軽に持ち運んで利用できるのがポイント。外出先でも自宅でも広がりのあるクリアなサウンドを楽しめます。

ソニー(SONY)

ウォークマン Sシリーズ NW-S315K

価格:18,008円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウォークマンは1999年の発売以降、毎年新商品を発売していました。しかし、2019年にNWシリーズとAシリーズの新商品が発売されて以来新商品が発売されていません。2022年こそは新型が発売されることを期待しましょう。

ウォークマンの曲の入れ方は複数あります。専用のソフトウェアを使う方法・パソコンを使う方法・パソコンを使わずに入れる方法があるので、ご自分の環境や用途に合わせて曲を入れましょう。詳しい方法はソニーのサポートをご参照ください。

最新のウォークマンについての解説とおすすめ商品を紹介しました。最新のウォークマンは多機能で音質にこだわった商品が発売されています。ウォークマンを使って、スマホでは実現できない高音質の音楽を存分に楽しみましょう。

# おすすめ