9社の掃除機メーカーを徹底比較!目的別のおすすめメーカーを紹介!

毎日の生活に必須の掃除機、何を重視して選びますか?吸引力や値段・使い勝手以外にも、紙パックとサイクロン式どちらにするか…など選ぶポイントがたくさんあって、悩んでしまいますよね。今回は目的別のおすすめメーカーや掃除機の選び方を詳しく解説します。

2021/10/21 更新

「長年使っている掃除機の吸いが悪いから、そろそろ買い替えようかな...」という人や、「新生活の準備で掃除機を買おう!」と考えている方も多いですよね。掃除機は販売メーカーがたくさんあり、悩んだ末になんとなく選ぶということもよくあります。

 

メーカーによって得意不得意があり、それぞれの掃除機の性能に差があるため、購入の前に目的に合ったメーカー選びが大切です。有名メーカーだからとよく検討せずに買ってしまうと、買った後で吸引力が弱いことや音がうるさいことが発覚し、後悔することも。

 

この記事では、あなたの目的に合った掃除機のおすすめメーカーを紹介します。各メーカーの代表モデルを比較し解説しているので、求める性能の掃除機が見つかりますよ。ぜひ、購入の際の参考にしてください。

掃除機は、どういう目的で使うかによっておすすめする製品のタイプが変わります。メーカーを選ぶ前に、まず掃除機の種類や選び方のポイントを確認しましょう

 

掃除機の種類|使い勝手に注目!

まずは掃除機の種類について説明します。大きく分けると、掃除機はスティック型とキャニスター型の2種類です。それぞれの特徴を紹介します。

スティック型

最近定番化しているスティックタイプの掃除機で、軽くて取り回しがいいことが良い点です。充電式になっている製品も多いため、コンセントにつなぐ必要はなく素早く掃除に取りかかれます

 

吸引力が心配という声も聞きますが、スティックタイプでもパワフルな吸引力を発揮する製品はいくつもあります。手軽にこまめに掃除機を使いたい人におすすめですよ。

キャニスター型

カーペットの上でも安定しスイスイ進むので、キャニスター型も根強い人気のある掃除機です。キャニスター型はコンセント接続が必要なため、手軽さではスティック型には劣りますが、その分パワーは強く、パワフルな吸引力が長続きします。

 

ゴミを吸い取る力が強いため、メインの掃除でキャニスター型を使い、ちょっとした掃除にはスティック型を使う家庭もあります。重さが気になるという声もありますが、最近では軽量化が進み、負担もかなり減っています

集塵方法|お手入れの違いは?

次はゴミを集める方法について昔は紙パック型の製品ばかりでしたが、最近はサイクロン式の製品が増えているのです!ここでは2つの集塵方法のポイントを説明します。

サイクロン式

高速回転によってゴミと空気を分離し、ゴミのみをダストボックスに集めるのがサイクロン式です。このタイプは紙パックを買い換える必要がないため、買いに行く手間や費用がかかりません。たまったゴミをこまめに捨てることもできます。

 

ですが、その分フィルターやダストボックスに溜まったホコリやハウスダストを取り除くために定期的なお手入れが必要です。

紙パック型

紙パック式はサイクロン式と違い、お手入れの必要はありません。紙パックごと捨てられてるため、ダストボックスを洗う手間をかけたくない人におすすめです。ゴミをためる容量も大きくまとめて捨てられますが、紙パックを毎回購入するコストがかかります。

 

サイクロン式の頻繁なお手入れを面倒に感じた方が、買い替えの時に「やっぱり紙パック!」と感じて紙パック式を選ぶことも多いようです。それぞれを比較して、自分のライフスタイルに合ったタイプを選びましょう。

コードタイプ|掃除のスタイルと頻度に合わせよう

掃除機には、電源につなぐコード付きとコードレス式の2つのタイプがあります。コード付きとコードレス式、それぞれのメリットやデメリットをまとめました。

コードレスタイプ

コードレスタイプは、電源が必要なく場所を問わずどこでも掃除できます。コード式ではできない車内の掃除も可能です。コンセントの抜き差しが不要なため、思い立ったときにすぐ手軽に掃除できるのが最大のメリットです。

 

ただしコード式と比べるとやや吸引力が劣ります。また電源につながないため充電が必要で、長時間使用し続けることは難しいです。

コード付きタイプ

コード付きのタイプは、コンセントが届く範囲の場所であれば綺麗に掃除できます。コードレスタイプに比べ、パワーがありゴミを一気に吸い取ります。充電が必要なく、掃除したい時にいつでも使用可能です。

 

デメリットはコードが邪魔になることや、掃除をする際コンセントの抜き差しが必要なことです。腰を据えて長時間集中して掃除することが多い方に向いています。

静音性にも注目

掃除機は吸引力が強いものであるほど、音が大きくなりがちです。近所迷惑が気になる人や、夜の時間帯にも手軽に掃除したい人は、静音性が備わってる掃除機をおすすめします。比較的音が抑えられるので、マンションでも深夜の時間帯以外なら安心して使えます。

 

一軒家にお住みの方や、朝や昼の時間帯にしか使わないなら、静音機能のない製品でも問題ありません。ただし70dBを超える掃除機はうるさいと感じてしまうので、動作音の大きさはチェックしておきましょう。

ヘッドの種類でも吸引力が変わる!

掃除機のヘッドは大きく分けて、パワーブラシ・タービンブラシ・床ブラシの3つがあります。パワーブラシは吸引力が高くゴミを剥がす力が強いため、カーペットに絡まったホコリもしっかり吸い取ります。タービンブラシは風の力で回転しますが、パワーブラシよりも少し力が弱いです。

 

床ブラシは前の2つと比べるとブラシがないので吸引力に劣ります。メインで使用する掃除機としては少しパワー不足ですが、リーズナブルなのが特徴です。以下にメリット・デメリットをまとめたので、参考にしてください。

 

ヘッドの種類 メリット

デメリット

パワーブラシ
  • 非常に吸引力が高い
  • カーペットの奥のゴミも掻き出せる
  • 自走式パワーブラシなら回転力だけで前に進む
  • 高価格帯の製品に搭載されていることが多い
タービンブラシ
  • 吸い上げる空気の力でヘッドを回転させる
  • ヘッドが軽いため操作しやすい
  • 吸引力はパワーブラシに劣る
  • カーペット類の掃除には不向き
床ブラシ
  • 値段が非常に安い
  • パワーが弱い

ここでは、掃除機の人気メーカー9社を紹介します。各社それぞれ強みや特徴があるので、掃除機選びの参考にしてください

 

<目次>

マキタ

マキタは業務用から家庭用の掃除機を販売しているメーカーで、コードレス式のスティック掃除機を多く発表しています。吸引力も十分あり、価格もリーズナブルなので購入しやすいメーカーの1つです。本体が軽量で、価格の割に性能が高いのも特徴です。

家で使う分には充分な性能です。軽くて、小回りが効いて、しっかり吸ってくれます。コンセント式での充電なので、充電器の場所を取りません。気づいた時に数時間コンセントを差しておけば、今まで使っていて、充電が切れて途中で止まったということは一度もありません。

出典:https://review.rakuten.co.jp

悩みに悩んでいたところ、ホテルや電車博物館での清掃にマキタが使われているのを見て、購入。 軽くて充電時間も早く、3LDKの我が家では充電切れる事なく掃除かけられます。掃除機の悩みであったヘッドの汚れや髪の毛の絡みは、ローラーではないシンプルな作りのマキタだとありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイソン

ダイソンは広く知られている掃除機メーカーで、パワフルなサイクロンの吸引力と、その吸引力が落ちにくいことが特徴として挙げられます。強力なパワーでゴミを剥がすため、カーペットにもぐりこんだホコリや毛も簡単に吸い取ることが可能。また、スタイリッシュなデザインも特徴の1つです。

いやいや、驚きましたよ。 まるでチョークの粉のようなものが予想以上に取れるではありませんか。 髪の毛のような大きなゴミはこれまでの掃除機でも取れていますが、さらに粉の様なゴミ?、カサカサの粉ですね、これがペールの中に溜まっています。

出典:https://review.kakaku.com

今年1番買って良かった商品!普段めんどくさくて書き込みなんてしないのですが、今回は書かせて下さい!うちは猫を飼っているのですが、猫の毛が凄くとれます!掃除も楽しくなりましたし、チカラのあまりない母も重たくなくて良い!と言っていました。軽量化もしてますし、本当に最高です。ありがとうございました(^^)

出典:https://review.rakuten.co.jp

パナソニック

パナソニックの掃除機は、普段ゴミがたまりやすい隙間や角、壁の際までしっかり吸い取ることが可能です。またクリーンセンサーが内蔵されている機種であれば、目では見えにくいゴミを感知し自動で吸引力を高め綺麗にします。

 

お手入れもしやすくなっており、ダストボックスを丸洗いできるものや、ワンタッチで捨てられるものなど、さまざまな工夫が施されています。綺麗好きな方が欲しくなる掃除機メーカーですね。

まだ毎日使ってないのでこれから思うこともあるかもですが、大満足です。 想像以上にコンパクト設計でした。 なのに吸引力すごい。 掃除が楽しみです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

常用していたスティック掃除機の柄が壊れて急遽購入。 嫁には 思ったより軽く,コードレスなので扱いやすいと好評。 紙パックは不要だし,ハンディーにもなるし,コスパが非常に高い 良い商品だと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

日立

日立はさまざまなタイプの掃除機を発売しており、ロボット掃除機から布団クリーナーまでと非常に多岐にわたるのが特徴です。軽量化にこだわった製品が多く、1kg程度の軽量設計のスティック掃除機もあります

 

軽量でも吸い込む力は強く、壁際のゴミまでしっかり集められます。ヘッドのアタッチメントも種類が多く、目的に合わせて柔軟な使い分けができる掃除機のメーカーです。

一番のお気に入りは、壁際のゴミもとてもよく取れるところです。ヘッドが軽いので隅々にピタッピタッとハマる感じで気持ちよくゴミを吸い取ってくれます。

出典:https://review.rakuten.co.jp

とても軽く、これで吸引しているのか不安になりますが、ごみ取れています。キャニスター型と比べると気軽に掃除できるので、部屋がきれいになりそうです。自走する力がもう少しあると使いやすいかな。

出典:https://review.rakuten.co.jp

東芝

東芝は、吸引力が長持ちし長期間使い続けられる掃除機を販売するメーカーです。東芝から出てるトルネオシリーズのコードレス掃除機は、軽くて吸引力が強いと好評です。また、東芝の掃除機はダストボックスも分解して洗うことができ、清潔に保つことができますよ。

掃除機が壊れたため購入。翌日には届き、助かりました。吸引力も使いやすさも満足です。 付属品も一つのバックにまとめて入れておける点も◎

出典:https://review.rakuten.co.jp

掃除機なのに何故かデザインで決めました。 もちろん性能も申し分ありません。 思ったより音がうるさくなかったのはサプライズでした。

出典:https://review.kakaku.com

シャープ

シャープの掃除機は、軽量化されていてかつ吸引力が強いことが特徴です。中でも「RACTIVE Air」というシリーズの掃除機は、コードレスなのにパワフルな吸引力が持ち味。また、通常の掃除機だけで取れない汚れにも対応している「拭き掃除ができるワイパー掃除機」も販売しています。

本当に良く吸います!以前もシャープ製の掃除機を使用していましたが、その半額なのに使いやすくて、シャープさんの努力を感じました。プラズマクラスターは搭載されていませんが、キチンと掃除機の掃除をしてあげれば、清潔に使える品物だと思います。我が家はフローリングなので、優しさモードで十分綺麗になります!!!

出典:https://review.rakuten.co.jp

最初持ったとき、まず軽さに驚き、軽いのであまり期待せず埃まみれの玄関マットを掃除してみると、とても綺麗になりました。まだ買ったばかりなので、何年持つのかが心配です。でもお値段の割には良い仕事をしてくれると感じました。私は掃除機をかけるのが大っ嫌いな人種なので、まず、重くてコードのある掃除機を取り出す時点で億劫になっていました。でも、この軽さなら、どれ、ちょっと掃除するか。と言う気持ちになれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

三菱

三菱の掃除機の1番の特徴は、排気のクリーンさにこだわって作られていることです。ゴミを吸い取るだけでなく、部屋の空気もきれいにする役割も持っています。またフィルターレスのタイプの掃除機も多く、お手入れが簡単で吸引力が長持ちする製品も多いです。

軽くて吸引力も強いのにヘッドの動きがスムーズ。母は仕事率だの何だの調べて買ったようですが、私はそれより使い勝手、実家は自宅の3倍の広さなのに全然疲れないんです。さっそく自宅用のも買い替えました。床と壁の境などゴミが残りやすい場所も綺麗にしてくれますし、言うことなしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

妻が簡単に取り扱える機種を探していました。ぴったりの機能です。バッテリーの交換でやや迷いましたが、決めました。良かったと思います。ワンモーション・・・なかなか便利で手軽に掃除機に手が伸びます。吸引力は問題がありません

出典:https://review.kakaku.com

iRobot

iRobotはアメリカのロボットメーカーで、有名なロボット掃除機「ルンバ」を開発したメーカーです。自動でゴミを収集し、ほったらかしでも家の掃除ができる優れた製品を販売しています。

 

拭き掃除に対応したロボット掃除機も出しており、吸うだけでは取れない汚れも落とすことが可能です。指定したポイントの掃除や、侵入禁止エリアの設定ができたりと、非常に高性能なのも特徴。ロボット掃除機を検討している方には、まず最初に選択肢に入るメーカーです。

吸引力は従来品を知りませんが個人的には満足です。音はこんなもんでしょう、普通の掃除機と同等かちょっとマシかなというレベル。ダストボックスが水洗いできるのは個人的には一番嬉しいポイントです。あとスマホ連動はいいですよ。毎日10時スタートで11時前に連絡が入るので帰ってきて来てビックリということがありません。

出典:https://review.kakaku.com

初めての購入!他のレビューを見ると、音がうるさいとありましたが、思ったよりうるさくないなと感じました。午前中、子供にお勉強教えてる時間に稼働させてます。毎日の掃除機かけなきゃっというストレスがなくなり、良かった。子供たちも、床におもちゃとかを放置すると、ルンバに吸い取られると思って、お片付けするようになって、一石二鳥!

出典:https://review.rakuten.co.jp

エレクトロラックス

エレクトロラックスは、スウェーデンの家電メーカーです。スタイリッシュな北欧デザインと、高性能な機能を備えた掃除機を販売しています。特にエルゴラピードという人気シリーズの製品は、高い吸引力で微細なゴミもしっかり吸い取ります

 

フィルターは目詰まりしにくく、クリーンな排気で部屋を汚しません。ハンディクリーナーへの切り替えもスムーズに行えるので、細かい場所の汚れが気になった時にすぐ掃除したい方におすすめです。

見せる収納が出来るデザインの自立するハンディタイプの掃除機を探していて辿り着きました。9畳の部屋と3畳のキッチンの1K一人暮らしですが、弱モードでも充分な吸引力があり充電も数日間は持ちます。すいすい軽くて楽々動かせるし、コードレスがこんなにストレスフリーだとは思いませんでした。掃除も丸々水洗い出来て簡単です。付属品も充実しているのに安く買えたので大変満足です。ランプの機能は要らないかな?と思ったけれど、ベッドの下に便利でした。

出典:https://review.rakuten.co.jp

前回もこちらを使用していて、今回新たに注文しました。見た目や機能性、充電時間や使用時間は私にとっては不平はありません。でもスティックに付いたゴミを取り除けないのが残念…。初代はモーター部がゴミかカビか分からないですが、とても臭くなったので今のに買い替えました。使えるのに臭くなったは残念ですが、コストと機能性を考えたらやはりコレだなと思いました。

出典:https://review.kakaku.com

  マキタ ダイソン パナソニック 日立 東芝 シャープ 三菱

iRobot

エレクトロラックス

型番

CL107FDSHW

SV12 FF MC-PK21G PV-BL10G VC-SG910X EC-SR5 TC-FM2X R960060 ZB3425BL
種類

スティック

スティック/ハンディ キャニスター スティック/ハンディ キャニスター スティック/ハンディ キャニスター ロボット スティック/ハンディ/布団クリーナー
集塵方法

紙パック

サイクロン 紙パック サイクロン キャニスター サイクロン 紙パック   サイクロン
ヘッドの種類   モーター式 モーター式 モーター式 モーター式 モーター式 モーター式   モーター式
コード

なし

コードレス コード式(5m) コードレス コード式(5m) コードレス コード式(5m)   コードレス
運転音         58~64dB   58~64dB    
重量 1.1kg 1.54kg 2.7kg 0.86kg 2.3kg 1.2kg 2.4kg 3.9kg(バッテリー含む) 3.3kg
ダストケース丸洗い          

ここまで読んで、「結局自分がどのメーカーの製品を買えばいいかわからない...」という人のために目的に合わせたおすすめのメーカーを紹介します。自分が優先するポイントを満たすメーカーをチェックしてください。

 

<目次>

吸引力で選ぶならダイソン・パナソニック

吸引力で選ぶなら、ダイソンやパナソニックの製品を選びましょう。カーペットに絡みついたホコリや毛、床にはりついたゴミをしっかり吸いたい人におすすめです。吸引力があれば、それだけ掃除にかける時間も少なくなります。

 

ただしお手入れを怠ればフィルターが詰まり、どんどん吸引力が低下します。ダストボックスやヘッドのお手入れは、定期的にしっかり行うようにしましょう

安さで選ぶなら東芝・マキタ

リーズナブルな商品をお求めの方は、東芝やマキタの製品を選びましょう。予算が1万5千円程で、取り回しのいい製品を買うことができます。

 

吸引力が物足りなくて感じても、こまめに掃除することで部屋を綺麗に保つことができますよ。これからの新生活のためにできるだけ費用を抑えたい人や、一人暮らしの人におすすめです。

デザインで選ぶならエレクトロラックス・三菱

同じ掃除機を買うのであれば、デザインの良さで選ぶのも選択肢の1つです。エレクトロラックスや三菱のメーカーは、デザイン性の高い掃除機を販売していて、リビングに出しっぱなしにしておいても、インテリアに馴染みます。

 

エレクトロラックスの掃除機は、北欧デザインでスタイリッシュです。また三菱の掃除機は、モダンなデザインの掃除機を販売しています。インテリアとの取り合わせを考えて選ぶ際におすすめのメーカーですよ。

取り回しやすさで選ぶならシャープ・日立|iRobotもチェック!

取り回しの良さは、シャープ・日立・iRobotの製品が優れています。小回りが利きにくいものや、うまく操作できない掃除機は使っていてストレスを感じますよね。シャープや日立の掃除機は、軽量で操作しやすい機種が多いため、使い勝手の良さを重視する方におすすめです。

 

また、iRobotから発売されているロボット掃除機は高性能で信頼性が高いのも特徴。近年様々なメーカーからロボット掃除機が発売されていますが、購入を検討する際はiRobotも忘れずにチェックしましょう。

部屋が綺麗だと、それだけで気分が明るくなりますね。さまざまなメーカーからたくさんの掃除機が発売されていますが、快適な毎日を過ごすためには、メーカーの特徴を把握して家庭に合った掃除機を選ぶことが必要です。この記事を参考に、あなたの目的に合ったメーカー品を選んでくださいね。