【アイロンいらず】ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワにならない小技を紹介!

ドラム式洗濯機の乾燥機能を使うと衣類のシワができやすいと感じている方も少なくないでしょう。そこで今回は、ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワがつく理由と、シワにならない小技を紹介します。おすすめのドラム式洗濯機も解説するので要チェックです。

2022/05/23 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

機能面や節水が魅力的のドラム式洗濯機ですが、いざ乾燥機能を利用してみると、シャツやズボンがシワだらけになって後悔した方は多いはずです。構造上、シワを少なく乾燥できないのか、もしくは自分のやり方が間違っているのか気になりますよね。

 

結論から言うと、ほんのひと手間でドラム式洗濯機の乾燥機能のシワをほとんど目立たなくできます。シワをつけないための注意点やシワを付きにくくする小技を押さえれば、シワを少なくでき、アイロンがけの省略が可能です。

 

そこで今回は、ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワがつきやすくなる原因、シワにならない方法やリカバリー法を徹底解説。また、シワができにくい乾燥方式のドラム式洗濯機も紹介します。

ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワがつきやすいのには、いくつか理由があります。では、どういった理由でシワがつきやすくなるのか、まずは見ていきましょう。

 

 

ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワになる理由の1つ目は、衣類を詰め込みすぎている点です。衣類がたくさん入った状態で乾燥機能を使うと、折り畳まれた状態で乾かすことになるのでシワがついたままになってしまいます。

 

まとめ洗いや人数が多い家庭でよくあるケースですね。ちなみに、乾燥容量は洗濯容量よりも少ないドラム式洗濯機がほとんどなので、衣類がシワになりやすいなら一度乾燥容量を確認してみましょう。

ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワになる理由の2つ目は、洗濯ネットを使用している点です。特にサイズの大きい洗濯ネットを使用すると内部で衣類が動いてシワになりやすいです。使うなら衣類に対してジャストなサイズの洗濯ネットを選ぶべきでしょう。

 

シワにならないために洗濯ネットを使う方も多いかもしれませんが、逆効果になってしまう場合が多いので気をつけなければいけません。

ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワになる理由の3つ目は、シワになりやすい衣類を乾燥させている点です。衣類に使用される糸にはそれぞれ反発性があり、反発性が低いとシワになりやすい素材に分類されます。

 

コットン・レーヨン・リネン・キュプラなどの天然繊維でできた素材は反発性が低いためシワになりやすいです。そのため、シワを防ぐため脱水終了後は衣類を取り出して、脱水で生じたシワを伸ばしてから乾燥しましょう。

シワをつけずに乾燥させるためにできる3つの小技について紹介します。ぜひ、乾燥機能を使用する際に活用してください。

 

 

ほとんどのドラム式洗濯機は、洗濯容量よりも乾燥容量の方が小さいです。乾燥容量いっぱいに衣類を詰め込むとシワになりやすいため、衣類を乾燥容量の半分に抑えて使用しましょう。洗濯機の中に十分なスペースができ、シワがつきにくくなります。また、乾燥後に衣類を放置するのもシワの原因となりますので、乾燥後は早めに衣類を取り出しましょう。

衣類を完全に乾かしてしまうと、内部の水分が蒸発しきってしまい逆にシワがつきやすくなります。そのため、乾燥機能は5〜10分だけ使用して、あとは普通に干して乾かすようにしましょう。

 

干すときも長時間乾かすのではなく、ある程度衣類が乾いたのを確認したら取り込むようにしてください。

氷を入れてから乾燥機能を使うという意外な方法もあります。氷を2〜3個用意し、乾燥機能を使う前に洗濯機内へ投入しましょう。氷を入れることにより、洗濯槽内部に蒸気が満ちてスチームアイロンのような状態になり、シワができにくくなるようです。

 

素材によってシワのできにくさは違いがあるものの、中にはアイロンを使う必要がないぐらいにきれいになる衣類もあります。今回の3つの小技を駆使すれば、ドラム式洗濯機の乾燥機能を使ってもシワが気にならなくなるでしょう。

ライオン

乾燥機用ソフラン 乾燥機 柔軟剤シート

価格:444円 (税込)

パリッと一枚、シワ予防

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライオンから発売されている柔軟剤シートです。乾燥前にこの柔軟剤シートを一枚入れると、乾燥時の熱でシートの成分が溶けて衣類を柔らかくし、シワを防いでくれます。また、衣類のシワを防いでくれるのと同時に静電気も防止するため、冬場の静電気にに悩んでいる方にもおすすめです。また、ほんのりとした香りなので海外製の強い香りが苦手な方にもおすすめします。

乾燥機能を使用してできてしまったシワを戻すために、アイロンをかける以外にできる2つシワの直し方を紹介していきます。

 

シワができてしまったら、もう一度洗濯して陰干しをすることで元に戻る場合があります。その際はハンガーにかけて干すと水分を含んだ重みでシワが伸びやすくなるのでおすすめです。

 

天日干しは乾くのが早い反面、紫外線による衣類へのダメージや長時間干すことでシワが取れにくくなることがあるため、外に干すなら陰干しの方がいいでしょう。

簡易的なシワであれば、シワ取りスプレーを吹きかけるだけで取れる場合があります。使い方も簡単で、シワが気になる衣類にシワ取りスプレーをしっとり濡れるくらい吹きかけて、あとは乾くのを待つだけです。

 

シワ取りスプレーを吹きかけた後に衣類のシワを軽く伸ばしてあげるとより効果的です。ただし、スプレーの種類によって使用できる素材が違うため注意してください。デリケートな素材の場合は使用前に確認しましょう。

乾燥機能のついたドラム式洗濯機の中で有名な日立とパナソニックについて、それぞれの機種や乾燥機能の特徴について比較します。

 

日立(HITACHI)

ビッグドラム BD-SX110EL

価格:208,000円 (税込)

スチームアイロン機能でシワ抑制

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時速約300kmの高速風と60℃以下の低温乾燥で、シワの発生を抑えてくれる「風アイロン」機能を搭載したBD-SX110ELです。湿度コントロールによって衣類を蒸らしながら乾燥させるため、より衣服にシワができにくい環境を洗濯槽内で構築します。さらに、アイロンをかける時間がないときに活用できるスチームアイロン機能も搭載。これ1台あれば、シワに困ることがぐっと減る優秀なドラム式洗濯機でしょう。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー
日立(HITACHI)
商品名
BD-SX110EL
タイプ
ドラム式洗濯機
洗濯容量
11kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量(洗濯時)
78L
騒音レベル
洗い 約34dB / 脱水 約37dB / 乾燥 約48dB
重量
約80kg
サイズ
幅63.0×奥行71.5×高さ106.5cm
主な機能
チャイルドロック・予約タイマー・風アイロン・自動おそうじ・洗濯コンシェルジュ・スチームアイロン
パナソニック(Panasonic)

ドラム式洗濯機 NA-VX900BL

価格:321,124円 (税込)

シワを抑えるふんわりジェット乾燥

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯槽内で衣類にワイドな風をあてることにより、シワを抑えるふんわりジェット乾燥を搭載した機種がNA-VX900BLです。衣類の絡まりを防ぐジェットほぐし機能もあるため、乾燥機能を利用しない場合でもシワができにくい洗い方が可能です。乾燥機能はヒーター式よりも年間約19,000円も節約できるヒートポンプ式を採用しているので、コスパを考えている方におすすめできるドラム式洗濯機となっています。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー
パナソニック(Panasonic)
商品名
NA-VX900BL
タイプ
ドラム式洗濯機
洗濯容量
11kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量(洗濯時)
78L
騒音レベル
洗い 約32dB / 脱水 約41dB / 乾燥 約46dB
重量
約79kg
サイズ
幅60.0×奥行72.2×高さ105.8cm
主な機能
チャイルドロック・予約タイマー・自動槽洗浄・ジェット乾燥・ジェットほぐし

シワのできにくさを比較すると、高速風と温度調整でシワを伸ばす日立の風アイロンに軍配が上がります。洗濯物の容量が多くなるほどその違いを感じるはずです。普段着でYシャツを着る機会が多い方やアイロンをかけるのが面倒に感じる方は、日立のドラム式洗濯機を検討するといいでしょう。

 

ちなみに、衣類にシワができにくくなるほぐし脱水機能があるのは日立やパナソニックだけではありません。以下の記事でもシワができにくくなる機能を持った洗濯機を紹介しているので、気になる方はあわせてチェックしてください。

日立・パナソニックのシワ取り機能の特徴を中心に紹介してきましたが、他のメーカーのシワ取り機能もチェックしましょう。

 

シャープの乾燥機能は、独自の「シワ抑え乾燥コース」により、ビジネスシャツもそのまま使用できるレベルにシワを抑えられます。洗濯時に衣類の絡みを抑え脱水も優しく行うので、シワを防ぐと同時に衣類へのダメージも軽減。

 

また、東芝の乾燥機能は「上質乾燥モード」で、よりふんわりとシワの少ない仕上がりが可能です。大きな洗濯槽・大風量により、洗濯からシワが少なくふんわりとした乾燥まで約90分で完了するので、忙しく時間がない方にもおすすめします。

ドラム式洗濯機に限らず、乾燥機能を使うとシワができやすくなります。今回紹介したシワになりにくい小技を活用して、シワのないきれいな服でおしゃれを楽しみましょう。