12kgのドラム式洗濯機おすすめ7選|コスパ最強の安い製品も!デメリットはある?

今回は洗濯容量が12kg以上で、コスパ最強・安いドラム式洗濯機のおすすめ製品7選を、搬入方法やサイズ感などの気をつけたいポイントとあわせてご紹介します。大容量ならではのメリットとデメリットも解説していますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

2022/12/15 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
東芝

ドラム式洗濯乾燥機 TW-127X8L-T

乾燥性能や洗浄力に優れるので洗濯物を大量に出す人におすすめ

東芝の最新ドラム式洗濯機である、TW-127X8Lはスマホ連携機能付きで、家の外にいても洗濯や乾燥を行えます。ヒートポンプ搭載で、乾燥容量が7kgと大きく乾燥スピードも速いため、大量の洗濯物を乾燥させたい人におすすめです。温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄Wを搭載していて、洗浄力も非常に高いです。幅が645mmもあるので設置しづらいですが、手間をかけずに洗濯物を処理したい人にはおすすめの洗濯機です。

乾燥方式
ヒートポンプ式
乾燥容量
7 kg
洗濯時間
約35分
乾燥時間
約3時間20分
水道代
20円
電気代(乾燥時)
31.1円
騒音レベル
32/37/49 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
機能
温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W、洗剤自動投入、スマホ連携、ふんわリッチ乾燥
開閉タイプ
左開き
本体サイズ
645 × 1060 × 750 mm
東芝

TW-127X7L(W) ZABOON ドラム式洗濯乾燥機

TW-127X7LはTW-127X8Lの型落ち製品ですが、ほとんど価格が同じである上に、スマホ連携が付いていません。しかし、乾燥時の騒音レベルが42dBと小さく静音性が高いため、静音性の高い大型ドラム洗濯機を求めている人におすすめです。本体価格は20万円程度と高価ですが、乾燥時の電気代が20円未満と安く、ランニングコストを抑えられます。洗浄力はTW-127X8Lに比べると劣るので、洗浄力にこだわる人はTW-127X8Lを選びましょう。

乾燥方式
ヒートポンプ式
乾燥容量
7 kg
洗濯時間
35分
乾燥時間
3時間20分
水道代
20円
電気代(乾燥時)
19.2円
騒音レベル
32/37/42 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
機能
温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W、ふんわリッチ乾燥
開閉タイプ
左開き
本体サイズ
645 × 1060 × 750 mm
日立

ドラム式洗濯乾燥機 BD-NV120EL-W

BD-NX120ELより安い値段で買えるドラム洗濯機

BD-NV120ELはBD-NX120ELの廉価版の製品で、価格が5万円程度安くなっているものの、スマホ連携や、自動投入等の自動化機能が省かれています。東芝のドラム式洗濯機と異なり、ヒーター式になっているため乾燥能力が低く、洗濯物を大量に乾燥した人には不向きです。価格は19万円程度で、次に紹介するBD-NX120CLとほぼ同じ位の値段であるため、機能面に対するコスパに関してはBD-NX120CLの方が優れています。

乾燥方式
ヒーター式
乾燥容量
6 kg
洗濯時間
約33分
乾燥時間
約5時間
水道代
21円
電気代(乾燥時)
26.2円
騒音レベル
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
その他機能
AI自動運転、風アイロン、自動おそうじ機能
開閉タイプ
左開き
本体サイズ
735 × 1060 × 620 mm
日立

ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120CL S

日立のBD-NX120CLはBD-NX120ELの型落ち品で、洗剤自動投入機能こそ付いていないものの、自動化機能が搭載されていて評判が良いのが魅力的です。BD-NX120CLに搭載されている、ビッグドラムアプリは洗濯コースを提案しているため、洗濯初心者でも洗濯を行いやすいです。価格に関しては20万円程度しますが、BD-NX120ELに比べると5万円以上安く購入できるので、BD-NX120ELに手が届かない人にもおすすめです。

乾燥方式
ヒーター式
乾燥容量
6 kg
洗濯時間
約33分
乾燥時間
約5時間
水道代
21円
電気代(乾燥時)
26.2円
騒音レベル
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
機能
AI自動運転、ビッグドラムアプリ、風アイロン、自動おそうじ機能
開閉タイプ
左開き
本体サイズ
735 × 1060 × 620 mm
日立(HITACHI)

ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120BL N

日立のBD-NX120BLは、BD-NX120CLの型落ち製品であり、フラッグシップモデルであるにも関わらず、自動化機能が搭載されていません。そのため、洗濯するのが面倒な人にはおすすめできません。その他の基本性能に関しても、新型モデルと全く変わりません。ほとんど在庫が無いため20万円近い価格となっていて、BD-NX120CLよりも高価です。また、amazonの評判もそれほど良くないため、BD-NX120CLを選んだ方が良いです。

乾燥方式
ヒーター式
乾燥容量
6 kg
洗濯時間
33分
乾燥時間
5時間
水道代
21円
電気代(乾燥時)
26.2円
騒音レベル
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
機能
風アイロン、自動おそうじ機能
開閉タイプ
左開き
本体サイズ
735 × 1060 × 620 mm
日立

ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120EL N

自動化機能が充実しているので洗濯が面倒な人におすすめ

日立の最新フラッグシップモデルの洗濯機である、BD-NX120ELはとにかく自動化機能が充実しているため、洗濯が面倒な人にもおすすめです。BD-NX120Eの洗濯コンシェルジュでは、洗い方を自動学習して好みの仕上がりに近づけてくれるため、洗濯物の仕上がりにこだわる人にも向いています。価格は20万円台後半と非常に高価なため、洗剤自動投入機能がいらない人は、20万円程度で購入できるBD-NX120CLがおすすめです。

乾燥方式
ヒーター式
乾燥容量
6 kg
洗濯時間
約33分
乾燥時間
約5時間
水道代
21円
電気代(乾燥時)
26.2円
騒音レベル
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
機能
洗剤自動投入、AI自動運転、洗濯コンシェルジュ、風アイロン、自動おそうじ
開閉タイプ
左開き
本体サイズ
735 × 1070 × 620 mm
日立

BD-NV120CR ななめ型ドラム式洗濯乾燥機

日立のBD-NV120CRは、扉が右開きになっているため、左利きの人におすすめできる製品です。しかし、BD-NX120BLと同様に自動化機能が全く搭載されておらず、自動化機能以外の性能に関しても違いが無いため、洗濯の手間を減らしたい人にはおすすめできません。BD-NV120CRは生産終了品であり、28万円まで価格が吊り上がってしまっているため、20万円程度で購入できるBD-NV120ERを選んだ方が良いでしょう。

乾燥方式
ヒーター式
乾燥容量
6 kg
洗濯時間
33分
乾燥時間
5時間
水道代
21円
電気代(乾燥時)
26.2円
騒音レベル
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
機能
風アイロン、自動おそうじ機能
開閉タイプ
右開き
本体サイズ
735 × 1060 × 620 mm

洗濯容量12kgのおすすめドラム式洗濯乾燥機の比較一覧表

商品画像
メーカー
日立
日立
日立(HITACHI)
日立
日立
商品名
ドラム式洗濯乾燥機 BD-NV120EL-W
ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120CL S
ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120BL N
ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120EL N
BD-NV120CR ななめ型ドラム式洗濯乾燥機
説明
BD-NX120ELより安い値段で買えるドラム洗濯機
自動化機能が充実していて最新機種よりも安く買える
機能の割に値段が高いためBD-NX120CLを選んだ方が良い
自動化機能が充実しているので洗濯が面倒な人におすすめ
右開きの洗濯機なので左利きの人におすすめ
リンク
乾燥方式
ヒーター式
ヒーター式
ヒーター式
ヒーター式
ヒーター式
乾燥容量
6 kg
6 kg
6 kg
6 kg
6 kg
洗濯時間
約33分
約33分
33分
約33分
33分
乾燥時間
約5時間
約5時間
5時間
約5時間
5時間
水道代
21円
21円
21円
21円
21円
電気代(乾燥時)
26.2円
26.2円
26.2円
26.2円
26.2円
騒音レベル
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
34/37/48 dB (洗濯時/脱水時/乾燥時)
その他機能
AI自動運転、風アイロン、自動おそうじ機能
開閉タイプ
左開き
左開き
左開き
左開き
右開き
本体サイズ
735 × 1060 × 620 mm
735 × 1060 × 620 mm
735 × 1060 × 620 mm
735 × 1070 × 620 mm
735 × 1060 × 620 mm