ソニー MDR-HW700DSの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥37,111
ソニー MDR-HW700DS ヘッドホン の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ソニー MDR-HW700DS ヘッドホン がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/20 更新

編集部おすすめの記事

ランク王編集部

世界初!「9.1ch 3D VPT」搭載の臨場感◎なヘッドホン

本商品は、「世界初9.1ch 3D VPT」を搭載したヘッドホンです。クローズド型のヘッドホンで、サウンドをしっかりと体感できます。ワイヤレスヘッドホンですが、2.4GHz帯と5GHz帯の両方を使うことができるデュアルバンド無線伝送方式を採用。電波障害が起きることなく快適に音楽を楽しめますよ

また、幅広いジャンルの音に対応しているので、映画は臨場感たっぷりにゲームでは敵の足音をはっきりと聞き取れます。音にこだわりたい方に最適です。加えて、各種入力端子があるので幅広い機器と接続可能。すでに持っている機器と接続して、より高品質の音を楽しみたい方にもおすすめです。

MDR-HW700DSの基本スペック

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式
両耳
構造
密閉型(クローズド)
駆動方式
ダイナミック型
プラグ形状
-
インピーダンス 【Ω】
24 Ω
音圧感度 【dB】
-dB
再生周波数帯域
5Hz〜25kHz
ドライバサイズ 【mm】
50 mm
コード種類
-
コード長【m】
-m
最大入力
-
充電端子
microUSB
ワイヤレス 
2.4GHz帯無線
Bluetoothバージョン
-
連続再生時間
-
充電時間
-
対応コーデック 
-
NFC 
-
NFMI・MiGLO対応 
-
TWS Plus対応 
-
マルチペアリング対応 
-
マルチポイント対応
-
リケーブル 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
マイク 
-
外音取り込み
-
音質調整
自動電源ON機能
自動電源OFF機能
防水・防塵性能 
-
リモコン 
-
マグネット連結対応
-
折りたたみ 
-
フルデジタル 
-
サラウンド 
AIアシスタント搭載
-
AIアシスタント呼び出し機能
-
カラー
ブラック系
重量【g】
320 g

MDR-HW700DSの通販サイト比較

楽天 ¥37,111

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥45,000

在庫 : ○

送料 : 無料~

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥43,998

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

この商品が紹介されている記事

【2023年最新】おすすめヘッドホン18選!タイプ別に徹底比較!のサムネイル画像

【2023年最新】おすすめヘッドホン18選!タイプ別に徹底比較!

2023/01/28

【2023年最新】価格別!ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|安い・おしゃれ・選び方ものサムネイル画像

【2023年最新】価格別!ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|安い・おしゃれ・選び方も

2023/01/28

ワイヤレスヘッドホンおすすめ10選|充電しながら使える?【置くだけ充電も】のサムネイル画像

ワイヤレスヘッドホンおすすめ10選|充電しながら使える?【置くだけ充電も】

2023/01/25

ヘッドホンの音漏れは大丈夫?音漏れしない対策・音量を解説!のサムネイル画像

ヘッドホンの音漏れは大丈夫?音漏れしない対策・音量を解説!

2023/01/11

【10分で選べる】ヘッドホン最強おすすめ13選|コスパ最強メーカーものサムネイル画像

【10分で選べる】ヘッドホン最強おすすめ13選|コスパ最強メーカーも

2022/12/29

高級ヘッドホンのおすすめランキング|価格別に紹介【5万円以下・10万円台も】のサムネイル画像

高級ヘッドホンのおすすめランキング|価格別に紹介【5万円以下・10万円台も】

2022/12/23

ソニーヘッドホンおすすめ12選|ドンキにも売ってる?人気シリーズを詳しく解説!のサムネイル画像

ソニーヘッドホンおすすめ12選|ドンキにも売ってる?人気シリーズを詳しく解説!

2022/12/17

【最高峰は?】密閉型ヘッドホンおすすめ28選|コスパの高いモデルものサムネイル画像

【最高峰は?】密閉型ヘッドホンおすすめ28選|コスパの高いモデルも

2022/12/11

立体音響(サラウンド)ヘッドホンおすすめ9選|ドルビーアトモス対応や安いモデルものサムネイル画像

立体音響(サラウンド)ヘッドホンおすすめ9選|ドルビーアトモス対応や安いモデルも

2022/12/02

スプラトゥーン2向けヘッドホンの人気おすすめランキング6選【ヘッドホンいる?】のサムネイル画像

スプラトゥーン2向けヘッドホンの人気おすすめランキング6選【ヘッドホンいる?】

2022/11/02

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】5万円以下のヘッドホン"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

ヘッドホンの選び方とおすすめ商品10選|安い・良音質な高コスパモデルものサムネイル画像

ヘッドホンの選び方とおすすめ商品10選|安い・良音質な高コスパモデルも

2021/12/15

【最新版】ソニーの有線イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーの有線イヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

【最新版】ソニーのワイヤレスヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ソニーのワイヤレスヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/15

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのおすすめ14選|違いや選び方を解説のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのおすすめ14選|違いや選び方を解説

2021/12/14

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説しますのサムネイル画像

価格帯別ヘッドホンのおすすめ12選|価格の違いは何?解説します

2021/12/14

【最新版】2万円~の高級ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】2万円~の高級ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【徹底比較】種類別!おすすめのヘッドホン10選|種類ごとの特徴ものサムネイル画像

【徹底比較】種類別!おすすめのヘッドホン10選|種類ごとの特徴も

2021/12/14

【最新版】ワイヤレス密閉型ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ワイヤレス密閉型ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】左右一体型のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】左右一体型のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【最新版】2万円〜3万円のワイヤレスヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】2万円〜3万円のワイヤレスヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【最新版】ワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【最新版】1万円以上5万円以下のヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】1万円以上5万円以下のヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/16

黒いヘッドホンのおすすめ10選|ワイヤレスやゲーミングヘッドセットものサムネイル画像

黒いヘッドホンのおすすめ10選|ワイヤレスやゲーミングヘッドセットも

2021/11/16

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
ソニー(SONY)

ソニー SONY 9.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS

メーカー
ソニー(SONY)
商品名
MDR-HW700DS
タイプ
オーバーヘッド
装着方式
両耳
構造
密閉型(クローズド)
その他機能
音質調整、自動電源ON、自動電源OFF、サラウンド
気に入ってる点はヘッドホンを頭からはずすと自動で接続中断してくれるのと、耳圧が全然疲れないので深夜帯で何本も映画を見る時には最高です!SONYのサウンド関係はやはり音質も素敵です!

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらは自動電源OFF機能が有効に動作している例です。 MDR-HW700DSは音質が良く、長時間視聴していても全く耳が疲れない、映画鑑賞に最適なヘッドホンです。
音は特に誇張しすぎることもなく、とてもバランス良いと感じます。 長時間使っても疲れることのない柔らかさと側圧は、抜群に良い装着感です。 増設子機も手ごろな価格で、数人での試聴環境も、まともなサラウンドシステムを準備することを考えるとコスパも良いと言えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

最高に装着感の良いヘッドホンを手にして満足しているようです。 9.1chの恩恵を受けるにはゲーム等で使用するのが良さそうです。
まず、バッテリーは非常に長く持ちます。一日通してそれなりの頻度で使用しても夜まで普通に使用できます。 また、PCからのUSB給電で使用していますが、充電速度は体感でかなり早く感じます。 少なくとも、ココ一年ほど利用してバッテリー切れは一度も起きていません。

出典: https://www.amazon.co.jp

バッテリーの性能が良く、USB給電による充電が速いとの評価です。 他のレビューであったような音切れもないとのことで、使用環境によって良い製品と悪い製品という評価に分かれるケースが多いようです。
音が軽いとかサラウンド感が無いとかの評価がありますが、この商品はサラウンド音源を入力してサラウンド機能をオンにして初めて真価を発揮します。 確かに2ch音源を聴くと低音も響かずの音質ですが、サラウンド音源の映画やサラウンド対応のゲームをするととても臨場感があり重低音から高音域まで心地よく響きます。

出典: https://www.amazon.co.jp

きちんと設定すればきちんと動作するという意見です。 ヘッドホンだけではなく再生の対象となるコンテンツやヘッドホンを接続する機器の設定を確認することで、素敵な音が聴けるようなケースがあるようです。
音はいいと思います 銃撃音など低音も効いて迫力があり、かなり気持ちいいです。 ただ他のレビューにもある通り、集合住宅だと音切れが本当にひどく、まったく使い物になりません。 なにもしてなくても頻繁にブツブツ音切れします。

出典: https://www.amazon.co.jp

音質は良いが音切れが酷く不満のようです。 集合住宅であっても、問題なく使用できている方もいるようですが、WiFiの干渉がリスクとなり回避できない場合は有線タイプのヘッドホンを検討してみるのが良いでしょう。
Onkyoアンプ、ダリスピーカーでホームシアターを組んでます。 夜中用のサラウンドヘッドホンとして購入しましたが、これまで聞こえなかった音が聞こえるのが楽しくて、昼夜問わずこれを使ってます。 後継機を待ってましたが、かなり安価で買えたため 大満足です。

出典: https://review.kakaku.com

これまで聞こえなかった音が自分の上下左右から聞こえてくると新たな感動が芽生えるようです。 夜中中心でサラウンドを楽しみたいということであれば、騒音による近所迷惑とならないようにヘッドホンが必須となります。
これまで使用していた7100に比べて、音質はしっとりしている感じです。 フィット感もよく、長時間使用でも疲れにくいです。 良い買い物でした。

出典: https://review.kakaku.com

過去の製品(MDR-DS7100)よりも音質が良くなっているという評価です。 また、この方も装着感が良いので長時間使用でも疲れないと評価しています。
ネットで高評価だったので購入。集合住宅でも周囲を気にすることなく、大迫力の音響で映画を楽しめます。設定も簡単でした。このレベルの後継機が出ますように…

出典: https://www.biccamera.com

ネット上での評価を見て購入し、音響に満足しているようです。 また、集合住宅であってもWiFiと干渉するような問題もなく使用できているようです。
臨場感が格段にアップします。低音の伸びもいいです。 ヘッドホンのつけごこちがいいです。

出典: https://www.biccamera.com

装着感と低音の音質に高評価のようです。 低音については評価者によって高評価と低評価に分かれるようですので、試着と試聴を行って確認しておくのが良いでしょう。