エプソン EB-U42 プロジェクター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥112,068
EPSON EB-U42 プロジェクターの商品概要、説明書、おすすめのポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較情報などをまとめ、EPSON EB-U42がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/26 更新

ランク王編集部

迷っているならこれ!スタンダードなビジネス向けプロジェクター

EPSONのビジネス用プロジェクターの基本的なモデル。無線LANを内蔵していて、ワイヤレス接続が簡単に行えます。また、明るい部屋でもはっきりと映像を映し出せるように、3600ルーメンを確保しています。さらに歪みを自動で感知する「タテ自動台形歪み補正機能」やレバーで補正が可能な「スライド式ヨコ台形補正機能」が搭載されています。

セッティングをスムーズに進められ、部屋を暗くする必要もありません。40インチの投影距離はわずか1.2メートルのため、小さめの会議室でも快適に使用できます。ビジネス用のプロジェクターで迷っている人は、ベーシックなこのプロジェクターがおすすめです。

EB-U42の基本スペック

タイプ 液晶フロントタイプ コントラスト比 15
パネルサイズ【インチ】 0.7 インチ 用途 ビジネス(業務用)
パネルタイプ 液晶(透過型3LCD) 光源 水銀ランプ光源
最大輝度【ルーメン】 3600 ルーメン アスペクト比 16:10
パネル画素数 1920x1200 対応解像度規格 VGA〜WUXGA
最大表示色【万色】 10億7000 万色 Wi-Fi
スピーカー搭載 台形補正 タテ(自動/手動)/ヨコ(手動)
MHL HDMI端子
RGB(VGA端子) コンポジット
USB 幅x高さx奥行【mm】 302x87x249 mm
重量【kg】 2.8 kg 40インチワイド【m】 1.18〜1.44 m
60インチワイド【m】 1.78〜2.17 m 80インチワイド【m】 2.38〜2.91 m
100インチワイド【m】 2.99〜3.64 m

EB-U42のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

EPSON EB-U42の基本スペック

アイテムID:4878416の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:4878416の画像1枚目

在庫なし

Amazonで詳細を見る  楽天で詳細を見る ビックカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー エプソン(EPSON) 商品名 EB-U42
用途 ビジネス用 パネルタイプ 液晶(3LCD)
最大輝度 3,600lm アスペクト比 16:10
映像入力端子 ミニD-Sub15pin、RCA、HDMI®/MHL®、HDMI® サイズ 249*302*87mm
重量 約2.8kg 40インチワイド(投影距離) 118~144cm
60インチワイド(投影距離) 178~217cm 80インチワイド(投影距離) 238~291cm
100インチワイド(投影距離) 299~364cm

EPSON EB-U42の交換用ランプ

EachLight

EachLight プロジェクター交換用ランプ V13H010L96 / ELPLP96【100%新品】互換性のあるランプ 対応機種 EPSON エプソン EH-TW5650 EH-TW5650S EH-TW650 EH-TW650S EB-S05 EB-S41 EB-W05 EB-X05 EB-U42 EB-X41 EB-W41 EB-S41 EB-2042 EB-2142W EB-2247U EB-960W EB-970 EB-980W EB-990U EB-W05C9 EB-X05C9【ケース付き/

価格:11,434円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EPSON EB-U42の交換用ランプは、型番:ELPLP96、仕様:210W UHEランプ。交換寿命は”明るさ切り替え”を「高」で使い続けた場合、約5000時間、「低」で使い続けた場合、約10000時間です。

 

交換目安の時期を過ぎるとランプインジケーターが橙色に点滅します。交換目安の時期を過ぎたまま使用し続けると、突然切れる事がありますので注意が必要です。

 

非純正の交換用ランプが存在しますが、”明るさが不足している”、”ランプが点灯しない”、”交換時期が早くなる”などの不具合が発生する可能性があります。ランプ交換の際は、純正のエプソン交換用ランプのご使用をおすすめ致します。

EPSON EB-U42の専用プロジェクタースクリーン

エプソン

EPSON プロジェクター携帯型ロールスクリーン ELPSC29 100型 4:3

価格:85,636円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ELPSC29は、携帯型ロールスクリーンです。EPSON EP-U42は、90~100型スクリーンがおすすめ。4:3の100型スクリーン。片手で簡単にスクリーンを引き出し、高さも自由設定可能。ワンタッチ式の自立式スクリーンです。

EPSON EB-U42の天吊金具

エプソン

EPSON 天吊金具 ELPMB23 EB-1735W/1730W/1725/1720/W6/X6 EMP-1825/1810/1715/1710/823/400W用

価格:21,182円 (税込)

Amazonで詳細を見る  楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EPSON EB-U42は天井へ固定し、常設で利用することができます。また、高天井や化粧版天井に設置する場合、別途パイプなどを使用し天吊をします。

EPSON EB-U42のおすすめポイント

明るい部屋でもくっきり鮮明に映る

EPSON EB-U42は、3600ルーメンで明るさ十分。わざわざブラインドを閉めることなく、明るいオフィスのまま鮮明に映し出す事が可能。大事な会議等を中断せず、ビジネスがスムーズに行えます。3LCD方式を採用し、明るさに加え、高い色再現性(最大10億7千万色)が持ち味です。

適切な解像度が選べる

EPSON EB-U42は、高精細のWUXGAからお求めやすいSVGAまで解像度のラインナップが豊富です。表や図面などを高精細・広範囲で投写が可能です。

 

又、「ピタッと補正機能」「スライド式、ヨコ台型補正機能」搭載。会議・プレゼンをワンランク上のものへと導いてくれることでしょう。

無線LANユニット内臓

EPSON EB-U42は、無線LANユニット内臓(※他の機種はオプションで付ける必要があります)。又、高性能の割りにお求めやすい価格。すぐれたコストパフォーマンスで、ビジネスの様々な場面に応えることが可能な商品です。

EPSON EB-U42の悪い点をレビュー

時々接続が切れる

動画等も遅延なく流れるようですが、時々接続が切れてしまうようです。せっかく基本性能が優れていても、接続が切れる事があるとガッカリされる方がいても仕方がありません。

 

内臓スピーカーが2Wで物足りない

内臓スピーカーが2Wで、音の良さを求める場合は、物足りなさを感じる様です。ビジネスの場で、音質の良さを求めない場合であれば、全く問題ありません。音質を求めるのであれば、外付けのスピーカーを置くなど、工夫が必要なようです。

それなりの値がする

”性能が良いから適正価格”と感じる方もいれば、”高性能だから、それなりに値が張る・・・残念”と感じる方も多いようです。消費者側としては、量産されることで、価格競争が激しくなり、その結果お手頃価格まで下がれば嬉しいのですが、なかなかそうもいかないようです。

持ち運ぶには少し大きい

プロジェクターの大きさは、縦249×横302×高さ87mmで重さは約2.8kgで3kgの鉄アレイ並み。やや大きめと感じるかたも多いようです。専用のバッグが数千円で購入できますので、そちらも併せて入手しておく必要がありそうです。

EPSON EB-U42の良い点をレビュー

明るい部屋でも鮮明

オフィス等のブラインドやカーテンを閉め、部屋を暗くする必要はありません。明るい部屋の照明が点いたままでも、投写レベルが段違いで良いです。明るさを表す数値は3600ルーメン。色再現性は最大10億7千万色。クッキリ明るい投写が出来ます。

 

1~2万円の安い海外製のプロジェクターに比べるとそれなりの値はしますが、会議などを中断することなく使用できるこの1台で後悔なしのビジネスライフを。

簡単に無線で利用できる

EB-U42は、無線LANユニットが内臓されており、難しい設定はなく、簡単に無線で投写が可能。※他のモデルでも出来ますが、オプションで付ける必要があります。

冷却ファンの音が静か

せっかくプロジェクターが登場するオフィスでの会議中、冷却ファンの音が気になって仕方が無い、そんな経験はありませんでしょうか。EB-U42の冷却ファンは、聞こえないくらい静かな為、全く気にならないようです。

適正価格

高性能な為、価格も妥当。むしろ安いくらいという声も多いようです。消耗品も含めて、安価な海外製品を選ぶか、妥当なEPSONのEB-U42を選ぶか。長い目で見れば日本製のEPSON EB-U42で、結果的にコストが抑えられるのではないでしょうか。

EPSON EB-U42の口コミを集めました

中国製のLED光源3300ルーメン・フルHD対応のプロジェクターを 映画やDVD鑑賞で数日間使用していたが、どうやってもピントが甘く 端がボケボケで目が疲れてしまうので昨年発売で明るさや解像度、 それに価格的にバランスの良いこの製品を購入。 カシオのLED光源の物も検討したが解像度の点で止め。 他メーカーも交換ランプが高価などでパス。 海外製の安いプロジェクターにはたくさんのレビューがあるのに 日本製のプロジェクターについてはレビューがほとんど無くて 戸惑いもあったが、とにかく使ってみたいと思った次第。 届いて早速開封、部屋の遮光カーテンを閉めてまず今の中国製を 映し、その後これに入れ替えて同じ画像を映してみた。 ・・・なんじゃこれ!!! う、う、美しい!! 次元が違う・・・。 隅々まで鮮明でコントラストが豊かでカラーも明るくきれい・・・。 こんなに違うのか・・・もう、戻れない・・。 LED光源ではないのに冷却ファンの音も聞こえないくらい小さいし、 各種設定値の調整幅も大きいので自分好みに細かく設定出来る。 中華製と比較するのは失礼にあたるが価格的な面で比べれば妥当なのかも。 いろいろな面で考えれば私にとってはベストチョイスだったし これから購入検討する他の方には自信を持ってお勧め出来る。 LED光源の製品は、まだまだこれから出て来ると思うので あわてて選択肢に入れない方が良いと思う。 最後に・私はエプソンとは関係無い、ただの簡易ホームシアター愛好者です。

出典:https://www.amazon.co.jp

明るさや解像度の高い機能を持つ、EPSON EB-U42。比較するとその能力の差がよく分かるようです。その高い機能から、一度使ってしまうともう戻れなくなること間違いなしです。

耐久性はまだ不明だが、100インチの大スクリーンに投射しています。全く違和感なし、画像も明るく当初の想定通り、さすがエプソンプロジェクター。無線ランも重宝してますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

EPSON EB-U42は、無線LANユニットが内蔵されており、ビジネスライフがより良いものになります。100インチの大スクリーンに投射しても全く違和感を感じさせないのは、さすがEPSONと言ったところでしょうか。

大きくて重くてかさばるテレビとオサラバしようとプロジェクターを検討し、 まずは手頃な価格の『ELEPHASプロジェクターLED3300lm』を購入しましたが 部屋の照明が点いていると薄れて見辛く『2万円以下ではこんなもんか』と言う評価。 それに比べてこちらは上記機種よりコントラスト比が7倍ほど、 結果lm数は大差ないものの、明るい所での表示が全然違いました。 15000:1くらいあると部屋の照明を点けたままでも鮮明に表示され 全く見辛いと言う事がありませんでした。 家庭でホームシアターとして使う目的であれば1万円、2万円の安物を買うより 多少値は張ってもlmと合わせてコントラスト比の高いものをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

明るい所での投射はごまかしが効きません。ビジネス用としても、ホームシアター用としても、二万円以下で購入できるというのはとてもメリットではありますが、どうせ使うのであればより良いものを使いたいところです。

4台目のプロジェクターです。 まず投影能力に関しては問題ありません。明るさも十分だし、かなりきれいに映ります。 ここまではさすがに日本製と言う感じです。 しかしIT対応能力に関しては完全に落第点です。 PCフリーだとは言え、ほとんど嘘に近い感じです。USBメモリーもFAT32限定で大容量には対応 していません。投影できる動画もavi拡張子のみでそれすらもまた更なる制限がつきます。 USBメモリーを使っての動画投影は諦めましょう。写真は何とかなります。 ミラリングもandroidのみでi-padには対応していません。HDMIケーブルとアダプターが必要です。 廉価な中国製にも普通に備わっている機能が何で日本製にはこんなにもお粗末なのか不思議です。 どんなに基本性能が優れていてもIT対応機能がこれでは......。

出典:https://www.amazon.co.jp

色々な機能を活用したいという方には、「もう一歩足りない」という意見もあるようです。 購入前に、どんな場面で使用するか、どんな機能が必要かということを確認しておく必要があるようです。

授業用に思い切って購入! ミラキャストがsurface bookと思ったより相性良かったです!動画もほぼ遅延なくいけてます。時々接続切れるのが少し残念ですが 内臓スピーカーが、2Wなので少し物足らないかなーとも思いますが工夫で何とか出来る範囲です! 良い買い物だったと思います!

出典:https://www.biccamera.com

動画がほぼ遅延なく流れるのは良いですが、時々接続が切れるという点は確かに残念です。また、内臓スピーカーが2Wで音質を求める方にとっては、物足りないと感じるのもわかります。外付けのスピーカーを検討するのも良いでしょう。

コスパに満足。15000円程度のプロジェクターからの買い替えです。 ルーメンに関しては本器3600lmに対して3300lmなので大差はありませんが コントラスト比は本器15000:1に対して現状2000:1と7倍以上の差があり 実際どのような差が生まれたかと言うと、現状の2000:1では部屋の照明でも 点けていると84インチ相当では薄く見辛いですが、本器では部屋の照明程度は 点いていてもTVと遜色がないくらいに鮮明に表示され、また映像もすこぶる綺麗です。 久々に価格と性能が比例するなと思える機器に出会った気がします。 会社などの仕事で使うならいざ知らず、家でノンビリと大画面シアターを楽しむ目的でしたら安物買いをせず、『3000lm以上 コントラスト比10000:1以上』のものを強くお勧めします。

出典:https://review.rakuten.co.jp

海外のプロジェクターに比べると、価格はそれなりにしますが、映像の綺麗さが、それぞ補ってくれているようです。ビジネス用だけではなく、ホームシアターとして使う場合でも、安物買いをせず、高機能でそれなりの価格のものの購入が良いようです。その結果、コスパも満足なようです。

持ち歩きには少し大きいが、性能は素晴らしいです。

出典:https://www.yodobashi.com

サイズは、249*302*87mm。重量も約2.8kgとそれなりにあります。手帳などのように手軽に持ち運ぶというわけにはいきませんが、専用のバッグも販売されていますので、そちらの入手もおすすめします。

とても明るく価格以上の価値を感じました。

出典:https://www.yodobashi.com

やはり、”価格以上の価値”を感じている方が多いようです。海外製の安価な物で、1~2万円のものもある中で、2桁価格の本製品EB-U42に対し、「とても明るく価格以上の価値を感じました」というこの一言のコメントはとても大きな点ではないでしょうか。

EPSON EB-U42とEPSON EB-2142Wの違い

エプソン

EPSON プロジェクター EB-2142W 4,200m リアルWXGA 3.1kg

価格:171,200円 (税込)

Amazonで詳細を見る  楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EB-U42に比べ、EB-2142Wは、約1.6倍の価格。価格から見ても想像がつくように、更にハイスペックなプロジェクターです。使用用途もビジネスだけでなく、スクールでの使用も可能です。

 

最大輝度はEB-U42が「3600ルーメン」に対し、EB-2142Wは「4200ルーメン」。600ルーメンも上回る1ランクどころか、2ランクも上質な明るさ。最大表示色については、どちらも10億7千万色で同じ数値です。

 

これだけ数値的に差があると、気になるのが製品のサイズや重さについて。機能がいくらよくても、極端に大きく重い、使い勝手が悪いということであると購入も躊躇ってしまいます。サイズは282×309×90mmで、DB-U42と比べて縦横高さが33mm、7mm、3mm大きく、重さは3.1kgで0.3kg程重くなります。

 

確かにサイズも若干大きくなり、重量もやや重くなりますが、600ルーメンの差があり、このくらいのサイズ・重量差であれば、ほぼ気にならない程度と言えるでしょう。

 

かなりのハイスペックプロジェクターですが、その機能に比例して、価格もそれなりに高くなります。製品情報や口コミから見ても分かるように、EB-U42の製品でも、十分過ぎる機能を兼ね備えている為、”どんな場面で使用するか”、”どこまでのものを求めるか”で、どちらを購入すべきか、よく検討する必要があるようです。

EPSON EB-U42とEPSON EB-S05の違い

アイテムID:4880412の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:4880412の画像1枚目

在庫なし

Amazonで詳細を見る  楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EB-S05の価格は、EB-U42に比べ約1/3と安価です。お求めやすい価格からか、売れ筋はEB-S05の方が良いようです。用途は同じビジネス用です。発売日が同じ2017/8/30で、”安価なEB-S05”か、”高機能なEB-U42”、というように比較されます。

 

最大輝度は3200ルーメンで、EB-U42と比較すると、400ルーメン劣ります。最大表示色はどちらも同じ10億7千万色です。

 

サイズは、234×302×77で、縦横高さが-15mm、0mm、-10mmで、一回り小さい外サイズとなります。重量は2.4kgでEB-U42に比べると-0.4kg。やはり、機能が落ちると、サイズも小さくなります。

1台目の購入であれば十分な機能を兼ね備えているのではないでしょうか。しかし、EB-U42のようにハイスペックなものを購入した後の買い替えでは、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

エプソン

エプソン プロジェクター EB-U42 (3600lm/WUXGA/2.8kg/無線LAN内蔵)

価格:108,298円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

 

国内プロジェクターの2台に1台はエプソン製と言われています。プロジェクターは、中国製等の安価な1~2万円のものから、一般的な中小企業向けの10万円前後のもの、または100万円近くするものまで、ピンキリです。安価な海外製品に比べ確実に満足のいく機能が備わっていると言えます。

 

か悪の違いは結局のところ、明るさと解像度がポイントとなってきます。最大輝度であるルーメンの数値と、解像度が良ければ良い程、金額も比例するように上がっていきます。

 

また、ビジネス用として発売されていますが、ビジネス用にはもったいないほどの投写能力から、ホームシアターとして購入・利用されている方も多いようです。

 

プロジェクターを使用する際、海外製のピントのボケたような投写でストレスを抱えるか、クッキリ投写で気持ちよくビジネスライフを送りたいか、よく検討して購入する必要があるようです。

 

暗くせず明るい部屋のままクッキリ綺麗な投写が行えるという部分は、購入して「間違いない」と言えることでしょう。