ハイセンス 24A50 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥17,700
ハイセンス 24A50 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ハイセンス 24A50 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/10/19 更新

ランク王編集部

ムラの少ない美しい映像が楽しめるハイビジョン液晶テレビ

「直下型LEDバックライト」が画面裏側全体に光源を散りばめるため、豊かな発色と色ムラの少ない映像を楽しめるハイビジョン液晶テレビです。IPSパネルを採用しているので視野角が広く、斜めからでも高画質で美しい映像を堪能できます。

また、低音域のデータ補完を行うことで、従来のスピーカーでは出力できなかった低音を再現する「スーパーバス」を搭載。薄型テレビながら臨場感と迫力のあるサウンドが楽しめます。さらに、外付けHDDでの録画に対応しており、BS・CS・地デジそれぞれ2チューナーを搭載しているので裏番組の録画も可能。見たい番組がたくさんある方には嬉しい機能です。

24A50の基本スペック

種類 液晶テレビ 画面サイズ【V型(インチ)】 24 V型(インチ)
画素数(縦) 1366x768 パネル種類 IPSパネル
LEDバックライト 直下型LEDバックライト 1V型(インチ)あたりの価格【円】 800 円
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル 地上デジタル数 2
BSデジタル数 2 110度CSデジタル数 2
録画機能 外付けHDD 早見再生【倍速】 1.3 倍速
有線LAN HDMI端子数 2端子ARC対応MHL対応
USB端子 1(外付けHDD接続) 光デジタル音声出力端子 1
LAN端子 1 ヘッドホン出力端子
消費電力【W】 38 W 待機時消費電力【W】 0.3 W
幅x高さx奥行 【mm】 553x356x148 mm 重量 【kg】 2.9 kg
省エネ評価 ★★★ 省エネ基準達成率【%(2012年度)】 150 %(2012年度)
年間消費電力量【kWh】 44 kWh 年間電気代【円】 1188 円
多段階評価 ★★★

24A50のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

ハイセンス 24A50の基本スペック

ハイセンス

24A50

価格:17,700円 (税込)

ムラの少ない美しい映像が楽しめるハイビジョン液晶テレビ

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「直下型LEDバックライト」が画面裏側全体に光源を散りばめるため、豊かな発色と色ムラの少ない映像を楽しめるハイビジョン液晶テレビです。IPSパネルを採用しているので視野角が広く、斜めからでも高画質で美しい映像を堪能できます。

また、低音域のデータ補完を行うことで、従来のスピーカーでは出力できなかった低音を再現する「スーパーバス」を搭載。薄型テレビながら臨場感と迫力のあるサウンドが楽しめます。さらに、外付けHDDでの録画に対応しており、BS・CS・地デジそれぞれ2チューナーを搭載しているので裏番組の録画も可能。見たい番組がたくさんある方には嬉しい機能です。
メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 24A50
画面サイズ 24インチ 画素数 1366x768
画質 フルHD 録画性能 外付けHDD
寸法/サイズ 55.3x35.6x14.8cm 重量 2.9kg
機能 3波裏番組録画 省エネ性能 ★★★

ハイセンス 24A50のおすすめポイント

高画質が楽しめるIPSパネルを採用

広視野角を実現するIPSパネルを採用しているので、斜めから見ても美しい映像を楽しめます。さらに、ディスプレイ裏側全体に直下型LEDバックライトも搭載しているので、色ムラが少ない豊かな発色の映像を実現しています。

豊かな低音を再現する「スーパーバス」

従来の薄型テレビでは、低音が不十分というモデルが多いものです。こちらのテレビには、薄型スピーカーで失われてしまう低域部分を補完する「スーパーバス」を搭載しているため、これまで聞こえなかった低音も再現して臨場感あふれる音が楽しめます。

2チューナー搭載で裏番組録画に対応

地デジとBS、CSチューナーをそれぞれ2つずつ搭載。外付けHDDでの録画に対応しているので、番組視聴中でも裏番組の録画が可能です。録画した番組は付属のリモコンで再生機能やスキップ機能なども使用できます。

ハイセンス 24A50の悪い点をレビュー

音がこもりがち

スーパーバス搭載で低音を再現しているモデルで、音に関する良い評価がある一方で、音がテレビ後方から出るため音がこもる、音割れがするなどの口コミが見られました。設定で調整する、スピーカーを別途用意するなどの対処法で問題なく使用できるという声もありました。

画質が微妙

画質については価格の割には良い、まあまあなどの好意的な声もあるのですが、被写体によっては画質が微妙になる、原色が眩しい、白い映像を映し出す際に画面の隅の部分が暗くなるなどの口コミも見られました。悪いというほどの口コミでもありませんが、被写体や映像の色合いなどによっては画質が荒く感じることがあるようです。

視聴予約・録画予約に難がある

テレビ番組の視聴予約は、テレビの電源がついていないと使用できない点に不満を感じる口コミがありました。また、こちらのモデルは外付けHDDを接続することで録画機能を使えますが、録画中のテレビが待機状態ではない点が気になるという声も見られました。

実際の口コミ

先人の方々が仰ってた通りスーパーバスは使えません、onにすると籠るだけで無く中域もダメにします、音割れは半端ないです まぁ2Wのスピーカーですから無理もないでしよう

出典:https://review.kakaku.com

安価なのでさほど期待してなかったのですが、レビュー拝見して購入したわりに画質が意外と残念な感じでした。 テロップとか文字表示とかはクリアなのですが、風景・人物などの画質が個人的に微妙でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

視聴予約したのにテレビつかないなと思って説明書読んだら、テレビがついていない状態だと視聴予約は実行されませんとのこと。はあ?テレビを見ている時しか視聴予約が実行されないって何それ これの前に使ってたシャープのは視聴予約してたらその番組が始まる時間にテレビ勝手についてくれたんですけど、それが普通じゃないの?

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイセンス 24A50の良い点をレビュー

裏番組の録画ができる

低価格のテレビは1チューナーのモデルが多い中、こちらのテレビはリーズナブルな価格ながら、ダブルチューナーを搭載しているので番組を視聴しながら裏番組の録画ができる点が、コストパフォーマンスが良いと高い評価を受けていました。

使いやすいリモコン

録画・再生機能も備えた付属のリモコンの使い勝手が良い、という口コミが多く見られました。操作性の良さはもちろん、質感やボタンを押したときのタッチ感が良く、高級感が感じられるほど、という高評価を得ています。

斜めから見ても美しい画面

IPSパネルを採用しているので、斜めから見ても正面から見るのと変わらない美しい画面で映像を楽しめる点も高評価でした。この価格帯のテレビとしては画質も良く、調整次第で好みの状態に変えられる点も良い評価を受けています。

実際の口コミ

この価格でHDDを接続し、裏番組を録画できるのは素晴らしいです。

出典:https://review.kakaku.com

一番のお気に入りは、リモコンの質感です 重さ ボタンの感触 操作性 反応 とても優秀です 操作するたびに、ウットリします

出典:https://www.amazon.co.jp

画像も正面はもちろんですが、斜めよこからでもきれいでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

24A50と24A40Gの違い

Hisense(ハイセンス)

2K SMART 液晶テレビ24A40G

価格:27,091円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24A40Gは2021年5月中旬発売の液晶テレビで、24A50の上位モデルにあたります。画面サイズは同じ24インチモデルですが、スペックに大きな違いがあります。まず、「SMART 液晶テレビ」は無線LAN接続に対応し、動画ストリーミングサービスを手軽に視聴できます。さらに、スマートスピーカーにも対応しているので、テレビの音声操作が可能です。

 

パネルには視野角の広いADSパネルを採用しており、斜めから見ても高コントラストの映像が楽しめます。さらにSMARTテレビ用に最適な「AIネット映像高画質処理機能」を搭載しているので、ネット動画も最適な画質で楽しめます。

 

動画ストリーミングサービスをよく利用する人であれば、24A40Gの方がスムーズにネット動画を視聴できるのでおすすめです。

24A50と19A50の違い

Hisense(ハイセンス)

ハイビジョン液晶テレビ 19A50

価格:22,781円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

19A50は24A50よりも小さい19インチの下位モデルです。スーパーバスやダブルチューナーなど、共通するスペックも多いこの2モデルですが、大きな違いは搭載しているパネルにあります。IPSパネルを搭載する24A50に対し、19A50はVAパネルを搭載しています。いずれも直下型LEDバックライトを搭載していますが、同じ映像でも見え方に違いが現れると考えられます。

 

サイズは小さいものの、19A50は24A50よりもわずかながら消費電力量が多く、年間電気代も100円ほど高くなります。価格はほとんど同程度なので設置スペースに余裕がない、小さいテレビが欲しいという場合を除けば、24A50の方がおすすめです。

ハイセンス

24A50

価格:17,700円 (税込)

ムラの少ない美しい映像が楽しめるハイビジョン液晶テレビ

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「直下型LEDバックライト」が画面裏側全体に光源を散りばめるため、豊かな発色と色ムラの少ない映像を楽しめるハイビジョン液晶テレビです。IPSパネルを採用しているので視野角が広く、斜めからでも高画質で美しい映像を堪能できます。

また、低音域のデータ補完を行うことで、従来のスピーカーでは出力できなかった低音を再現する「スーパーバス」を搭載。薄型テレビながら臨場感と迫力のあるサウンドが楽しめます。さらに、外付けHDDでの録画に対応しており、BS・CS・地デジそれぞれ2チューナーを搭載しているので裏番組の録画も可能。見たい番組がたくさんある方には嬉しい機能です。

Hisense(ハイセンス) 24A50 テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

リーズナブルな価格で購入できることで知られるハイセンスのテレビですが、高画質でダブルチューナーを搭載、裏番組の録画にも対応するなど、コストパフォーマンスに優れたモデルです。口コミでは、音がこもる、音割れが発生するなど音質に関わるネガティブな声が見られ、画質も被写体によっては荒く感じることがあるといったレビューも見受けられました。

 

しかし、価格を考慮すると機能的には十分なほどで、使いやすさや画面の美しさは高い満足度を得ています。極端な高画質・高音質を求めないのであれば、低価格でも満足度の高いこちらのテレビをおすすめします。