ハイセンス 50U8F テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥84,800
Hisense(ハイセンス) 50U8F テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Hisense(ハイセンス) 50U8F テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/12/07 更新

ランク王編集部

AI搭載で感動的高画質!きめ細やかな映像が楽しめる液晶テレビ

AIテクノロジーを搭載した、高画質と高音質が魅力の4Kチューナー内蔵液晶テレビです。東芝映像ソリューションとの共同開発で生まれた「AI搭載高画質映像エンジン」を採用。AIが映像の動きの速さを自動判別してシーンに合った適切な超解像処理するので、どの映像もノイズを抑えたクリアな美しさで楽しめるのが特徴です。

また、なめらかな映像と低遅延を実現したゲームモードplusに加えて、連続録画とチャプター編集が可能な録画機能など、使い方の幅が広がる便利機能も充実。主な動画配信サービスも一通り利用可能なので、テレビであらゆるコンテンツを利用したい方におすすめです。

50U8Fの基本スペック

HDR  対応 パネル種類 VAパネル
画面分割(2画面機能)  画面サイズ【V型(インチ)】 50 V型(インチ)
年間消費電力量【kWh】 131 kWh 画素数(縦) 3840x2160
HDMI端子数 4端子ARC対応 Netflix対応
種類 液晶テレビ パネル性能 4K
倍速機能  倍速パネル 1V型(インチ)あたりの価格【円】 1794 円
BS 4K 110度CS 4K
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル BS 4K数 1
110度CS 4K数 1 地上デジタル数 3
BSデジタル数 3 110度CSデジタル数 3
録画機能 外付けHDD 早見再生【倍速】 1.5 倍速
YouTube Amazonプライム・ビデオ
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
Hulu U-NEXT
Chips!TV 有線LAN
無線LAN ホームネットワーク機能
SeeQVault対応  USB端子 2
光デジタル音声出力端子 1 LAN端子 1
ヘッドホン出力端子 消費電力【W】 200 W
待機時消費電力【W】 0.5 W スマートスピーカー連携 Google アシスタントAmazon Alexa
ゲームモード 重量 【kg】 15.3 kg
年間電気代【円】 3537 円

50U8Fのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ハイセンス 50U8Fの基本スペック

ハイセンス

50U8F

価格:84,800円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

  

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 50V型 ULED液晶テレビ 50U8F
画面サイズ 50インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
サイズ 1122x734x262 mm 重量 15.3kg
機能 スマートスピーカー連携、ホームネットワーク機能、ゲームモード 省エネ性能 ★★★★★

ハイセンス 50U8Fのおすすめポイント

「AIシーン別超解像処理」によりきめ細やかな高画質を実現

AIが5層のニュートラルネットワークを学習し、ぎらつきが目立つ映像を自動で判別。通常のシーンは最適な超解像処理でくっきりしたエッジに、ぎらつきの目立つシーンは弱めの超解像処理を行うことでぎらつきを抑えます。ノイズを抑えたきめ細やかな映像が楽しめます。

高音質を導くフロントスピーカーシステムを採用

重厚感のあるサウンドを届けるフロントスピーカーシステムを採用しています。また、Eilex  PRISMのVIRフィルターを通すことで、より高精度なサウンドを臨場感たっぷりに楽しむことができます。音楽や映画を原音の持つディティールのまま楽しみたい方におすすめです。

低遅延で楽しめる「ゲームモードplus」

「ゲームモードplus」では、ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少ないので、FPSや格闘ゲームなど素早い操作が重要となるゲームをよりストレスなく楽しむことができます。また、3段階超解像処理によりテンポの速い映像も高精細で滑らかなものに仕上げてくれます。

ハイセンス 50U8Fの悪い点をレビュー

初期不良に見舞われた

50U8Fの悪い口コミで多かったのが初期不良に関するものでした。本体に傷や汚れがあるというものから、起動しない、チャンネルが変えられないなど状態はさまざまですが、購入して早々に修理や交換の手間がかかってしまうのは残念ですよね。初期不良に当たる確率はわずかですが、万が一不備があった場合にはできるだけ早めに対処しましょう。

本体が熱くなる

最近の液晶テレビでは本体が熱くなることはあまりないので、悪い口コミというよりは故障しないか心配という声が多く見受けられました。特に、テレビの上部や裏側が熱くなるようですが、多少の発熱は正常の範囲内であるようなので、あまり心配しすぎる必要はありません。

リモコンの反応が遅い

リモコンのボタンを押してからテレビが反応するまでの時間ですが、人によっては遅いと感じるようです。それまで使っていた機種の反応速度によっても感じ方が変わってくるかもしれません。リモコンの反応が気になる方は、実店舗で確認してみると良いでしょう

実際の口コミ

テレビが届き開梱後チャンネル設定をしようとすると、画面が映らず音声のみ。 しばらくいじっていると画面が映りました。 3日間は普通に作動していましたが、3日目に突然画面が消えて音声のみ。中華製ですので日本メーカーより初期不良のリスクは高くハズレくじを引いてしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

他の方のレビューにもありますが熱が凄いです。 画面と裏上部が熱いです。(アチチって感じでは無く、熱いなぁ・・・って感じ)

出典:https://www.amazon.co.jp

 

電源オンから画面が表示されるまで数秒かかる。ちょっとストレス。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

ハイセンス 50U8Fの良い点をレビュー

映像がきれい!

良い口コミとして最も多いのが、やはり50U8Fの強みでもある画質の良さです。近くで見ても遠くから見てもきれいな映像を楽しめるのは、AIによって最適な処理が行われているためです。色彩の鮮やかさや美しいコントラストも魅力的で、高画質を求める方に最適な液晶テレビです。

大画面でネット動画を楽しめる

PCやタブレットで見ることが主流となっていたネット動画をテレビの大画面で見たときは、きれいな映像と大迫力に感動するでしょう。50U8Fでは12種類のネット動画を利用できるので、お気に入りの動画を高画質、高音質の大画面テレビで楽しんでみてください

PCのサブモニターとしても大活躍

最近ではテレビの使い方も多様性があり、PCのサブモニターとして使っている方も多いようです。50U8Fに搭載されているゲームモードに設定すれば、低遅延性を活かしてPCと連動させやすいという口コミもあったので、PC作業でサブモニターを使っている場合には試してみてください。

実際の口コミ

同価格帯のほとんどのテレビは物、人の輪郭がぼやけていたりモザイクのようになってしまっている地デジ映像でしたがこのu8fは3段階処理しているからか近くで観ても遠くで観てもとてもキレイな映像でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

今までテレビを使う事が少なかったですが、YOUTUBE、NETFLIX などスマホやパソコンから視聴していたコンテンツを大画面・良音質で視聴出来るとは!全てにおいて満足できる商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

映像設定を「ゲーム」にすれば描写?が早くなるため、PCのサブモニターとしても不満なく利用可能。

出典:https://www.amazon.co.jp

50U8Fと48X8Fの違い

Hisense(ハイセンス)

48V型 有機ELテレビ 48X8F

価格:127,313円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

  

50U8Fと48X8Fは画面の大きさはほとんど同じですが、50U8Fが液晶テレビであるのに対し48X8Fは有機ELテレビであるという決定的な違いがあります。

 

有機ELテレビには液晶テレビのようなバックライトを搭載しておらず自然光デバイスを採用しているので、画質の良さに優れているだけでなく、素早い動きに追随でき、軽量であるのが特徴です。また、バックライトがないぶん深みのある黒を再現でき、コントラストに優れています。

 

以上のことから、48X8Fはスポーツ観戦や映画鑑賞を楽しみたい方におすすめの機種です。ただし、一般的に有機ELテレビは液晶テレビより寿命が短いと言われているので、長時間視聴する方や、価格を重視したい方は50U8Fがおすすめです。

50U8Fと50U7Fの違い

ハイセンス

50U7F

価格:67,280円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50U8Fと50U7Fはどちらも2020年に発売された4K液晶テレビで、HLGやHDRにも対応しています。また、動画配信サービスや外付けHDDに対応している点も共通しています。

 

一方、両者の大きな違いは映像エンジンにあります。50U8Fが「NEO エンジン plus 2020」、50U7Fは「NEO エンジン 2020」を採用しており、どちらも東芝映像ソリューションとの共同開発によるものですが、画質処理に違いがあるため50U8Fの方が高画質を期待できます

 

他にも、50U8Fは映像シーンに応じてバックライトを調整できるので、暗いシーンはより暗く描写。普段から映画やドラマをよく見る方におすすめです。視野角が広いので大勢で視聴する場合にも最適です。

 

ただし、価格面では50U7Fのほうが安いので、価格重視であれば50U7F、画質や視野角を重視するなら50U8Fがおすすめです。

ハイセンス

50U8F

価格:84,800円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンス 50U8Fについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

50U8Fの概要は以下になります。

 

  • AIによる画像処理が行われるため、シーンごとに最適な超解像度を実現しノイズの少ない美しい映像が楽しめる。
  • 1秒間に120コマ描写できる120Hz(倍速)に対応しているので、素早い動きもくっきりなめらかに映し出す。
  • 視野角が広く斜めからでも見やすい。
  • 12の動画配信サービスに対応している。
  • 人によってはリモコンの反応速度が遅いと感じることがある。

 

以上のことから、

 

  • 暗いシーンの描写で黒浮きしにくいので、映画やドラマをよく見る人
  • 素早い動きにつよいので、スポーツ観戦やゲームをするのに使いたい人
  • 大勢で視聴することが多い人
  • ネット動画を大画面で楽しみたい人

 

そういった方には50U8Fが大変おすすめです。