ハイセンス 50E6000 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥79,800
ハイセンス 50E6000 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ハイセンス 50E6000 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/12/07 更新

ランク王編集部

細部の質感まで美しく!輝度アップの独自機能でゲーム映像も滑らか

高精細ノイズ処理機能「NEOエンジン」搭載の4K対応50インチテレビです。立体感や平坦さを忠実に再現するので、粗さが目立ちがちな大画面でもより精細な映像を楽しめます。また、エリア別高精細復元やHDR再現処理など、対象物の鮮やかさと奥行きを忠実に再現するという特徴もあります。

さらに、バックライトと液晶パネルの間に「バックライトブーストフィルム」を装備。遮られた光量を再利用して画面の輝度を向上さるので、コントラストがより豊かに表現されています。スタイリッシュなフレームレスのデザインは、インテリアになじみやすくおしゃれな空間を演出してくれます。

50E6000の基本スペック

HDR  対応 画面サイズ【V型(インチ)】 50 V型(インチ)
年間消費電力量【kWh】 101 kWh 画素数(縦) 3840x2160
HDMI端子数 4端子ARC対応 Netflix対応
種類 液晶テレビ 1V型(インチ)あたりの価格【円】 1236 円
BS 4K 110度CS 4K
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル BS 4K数 1
110度CS 4K数 1 地上デジタル数 3
BSデジタル数 3 110度CSデジタル数 3
録画機能 外付けHDD YouTube
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
U-NEXT 有線LAN
無線LAN DTCP-IP 
SeeQVault対応  USB端子 2
光デジタル音声出力端子 1 LAN端子 1
ヘッドホン出力端子 消費電力【W】 130 W
待機時消費電力【W】 0.5 W スマートスピーカー連携 Google アシスタントAmazon Alexa
ゲームモード 重量 【kg】 11.7 kg
年間電気代【円】 2727 円

50E6000のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ハイセンス 50E6000の基本スペック

Hisense(ハイセンス)

50E6000

価格:64,145円 (税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー Hisense(ハイセンス) 商品名 50E6000
画面サイズ 50インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1112x693x235mm 重量 11.7kg
機能 有線・無線LAN/TCP-IP/Google アシスタント/Amazon Alexa 省エネ性能 ★★★★

ハイセンス 50E6000のおすすめポイント

質感も色彩も繊細に表現する「NEOエンジン」で見やすさ調整もおまかせ

50E6000搭載の高精細ノイズ処理機能「NEOエンジン」は、大画面テレビで目立ちやすい映像の粗さを解消します。BS・CS・地デジそれぞれに最適な高精細化をほどこし、色彩や動きを細部までクリアに再現するのが特徴です。また、HDR再現処理やテクスチャー復元など、質感や奥行きまでリアルに表現。部屋の明るさやコンテンツなど、環境に合わせた自動画質調整もお任せです。

リアルでクリアなサウンドを追求した音響技術

画面下部のスピーカーから音が聞こえる従来の液晶テレビと異なり、50E6000は画面から音が聞こえる「ダイレクトサウンド」を採用しています。音と映像を同じ位置から発生させ、より自然な音として体感できるのが特徴です。また、音の奥行きを再現する「DOLBY AUDIO」や、映画やドラマなどの中でも人の声を強調できる「Clear Sound」など、没入感の高い音響機能を搭載しています。

HDMIからのPCゲームにも対応する「低遅延ゲームモード」搭載

50E6000はシビアな反応を要求される格闘ゲームにも適しています。最小遅延を約0.83msに抑えた「低遅延ゲームモード」は、ボタン操作から画像表示までのタイムラグがなくストレスを感じません。素早い動きにありがちな残像感を軽減するSMRも採用しており、FPSゲームをプレイする方には特におすすめです。

ハイセンス 50E6000の悪い点をレビュー

使用中のテレビから10インチアップしたら画質が微妙

液晶テレビはメーカーごとの仕様や画面のサイズによって、見え方が大きく異なる家電の一つです。10インチアップしたら画質が劣るような気がする、という口コミがありました。インチアップすると液晶パネルを照らすバックライトの光量とともに目に入る光の量も変化します。このため色味が淡く見えたり粗さを感じることもあるため、画質にこだわる方はチェックが必要です。

サウンド設定が豊富すぎて設定が面倒

50E6000は臨場感あふれるサウンドと共に、聞く方それぞれに快適な音にするための豊富な設定ができます。しかし、聞こえやすさやコンテンツごとにいい音になるよう設定できるものの、設定箇所が多すぎて慣れるまでに時間がかかりそうという口コミがありました。豊富な設定が逆にアダとなっているところもあるようです。

リモコンが使いづらい

50E6000のリモコンには賛否があるようです。国産メーカーと類似性があり迷わず使えるという声もある一方、慣れるまで使いづらい、反応が鈍いなどの口コミがありました。ケーブルテレビやAlexaとの連携ができず、他の機器を同時に設置している場合には複数のリモコンを使う必要があります。1つのリモコンで操作したい方にはデメリットです。

実際の口コミ

今までのメーカーの物より10インチアップしましたが値段は3分の1で凄く安いせいか画質は劣るような気がします。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

 

音声も昔の様に籠った感じでは無くかなりクリアーに聞こえます。逆に設定出来る個所が多すぎて慣れるのに時間がかかりそうです。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

 

リモコンがアレクサでリンクできずjcom のリモコンでもリンクできずいちいちテレビのリモコンを使わないといけないので本当に失敗でした。

出典:https://product.rakuten.co.jp

 

ハイセンス 50E6000の良い点をレビュー

画質の良さは値段以上

比較的低価格なのが購入の決め手になる中、実際視聴してみると画質が良かったという声が多いのが50E6000の特徴です。中でも中国メーカーなので安かろう悪かろうと思っていたが満足のいく高画質だったという方もいました。家電店に並ぶ国産メーカーのテレビと遜色ない、という口コミは購入の後押しになりそうです。

YouTubeでもLiveみたいな迫力

YouTubeなどのネット動画でもライブのような迫力で見られるという口コミがあります。50インチの大画面から音が聞こえる「ダイレクトサウンド」の効果です。想像よりも音が良かったのでスピーカーを別途購入するつもりだったが不要、との声もありました。

VODコンテンツを見るのに便利

50E6000は、合計11個のVODサービスに対応しています。ハイセンス独自の「VIDAA」を採用しており、動画配信サービスやメディアプレーヤーなどが使いやすいのも特徴です。好みに合わせてコンテンツの表示順序を入れ替えるなどのカスタマイズもできるため、ネットや4K動画を楽しみたい方に適しています。

実際の口コミ

中国のメーカーだけど、画質は国産とあまり違いは感じませんでした。 何より4K内蔵でこのコスパは国産テレビではありえない価格なので購入の決め手になりました!

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

 

とにかく画面がデカくまるでヨドバシカメラのテレビコーナーでMISIAのLive映像を見てる感覚。もちろん、単なるYouTubeの映像ですけどね。

出典:https://review.rakuten.co.jp

 

中国の中でもハイクオリティと聞いていましたが、本当によかったです。 Netflixボタンがリモコンにあるのもプラスです。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

 

50E6000と55X8Fの違い

Hisense(ハイセンス)

在庫なし

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

55X8FはBS・CD 4Kチューナー内蔵の有機ELテレビです。ハイセンスの最上位モデルで、東芝映像ソリューションと共同開発した高画質エンジンを搭載しています。従来以上に繊細で鮮明な色彩表現を求める方におすすめのハイスペックテレビです。

 

有機ELディスプレイの特性を引き出す独自の新開発技術を多く採用し、静止画のような風景から疾走感のあるスピーディーなシーンまで、すべてをクリアに映し出します。地デジ画像を4K画質で視聴したい、よりダイナミックなサウンドを体感したい方には、55X8Fが最適と言えるでしょう。

50E6000と50F60Eの違い

Hisense(ハイセンス)

50F60E

価格:54,980円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50F60Eは地上デジタル・BS・110度CSそれぞれにWチューナーを内蔵したモデルです。4Kチューナー非搭載という点では50E6000と異なりますが、地デジ映像を4Kの解像度と同様にアップコンバートして美しく見られるのがメリットです。

 

また、50F60EはVOD非対応、Googleアシスタントなどのスマートスピーカーにも対応していません。しかし、明暗の差を豊かに表現するHDR10規格やDOLBY AUDIOによるサラウンド音質は50E6000と同等。最小限の機能で高コスパなテレビを求める方にはおすすめです。

Hisense(ハイセンス)

50E6000

価格:64,145円 (税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンス 50E6000 テレビ の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

50E6000は高精細のノイズ処理エンジンを搭載した4K対応テレビです。輝度調節やエリア別高精細復元など、大画面でも細部にわたるきめ細やかな画質処理によってクリアな映像を映し出します。

 

一方で、50E6000の画像に関する口コミの中には、やや色味が淡い・粗さを感じるというものがありました。また、機能面ではサウンド設定が豊富すぎて逆に設定が面倒だという声もあります。しかし、高コスパで配信コンテンツを気軽に見たい・好みの音を楽しみたい方にはおすすめのテレビです。低価格で見応えのある50インチテレビへの買い替えを検討中の方はぜひチェックしてください。