ハイセンス KJ-55X9500Gの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥72,800
43e6800 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、43e6800 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/08/05 更新

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

高コスパなゲームモニターとしても優秀なテレビ

現在東芝と業務提携を結んでいるハイセンスのコスパに優れた43インチ液晶です。こちらの最大の特徴はなんといってもこの価格で4Kチューナーとネット対応をしている点で、画面自体は少し白飛びがきついものの暗いシーンなどでは明るさをいかんなく発揮。長時間視聴を行っても疲れづらいのは大きなメリットと言えます。また、ゲームのコントローラー操作の遅延を少なくしてくれるゲームモードも対応しているため、格闘ゲームやFPSなどの瞬時の判断が要求されるコアなゲーマーにも人気のあるモデルになっています。

ランク王編集部

この商品の紹介

こちらはソニーの液晶テレビで2019年発売のモデルです。AndroidTVが標準で搭載されており、YouTube以外にもAndroidTV対応のアプリも楽しむことが出来ます。その他AmazonプライムビデオにNetflix、HuluやDAZNなど数多くの動画配信サービスにも対応しています。付属のリモコンにはYouTubeワンタッチボタンが搭載されているため、通常のチャンネル操作と同じ感覚でYouTubeを視聴することが出来ます。また、スマートスピーカーとの連携も強く、GoogleアシスタントとAmazonアレクサに対応出来ますのでWi-Fi環境で数多くのサービスと連携させることが可能です。

編集部おすすめの記事

KJ-55X9500Gの基本スペック

種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
HDR方式 
HDR10ドルビービジョンHLG
映像処理エンジン
高画質プロセッサー:X1 Ultimate超解像エンジン:4K X-Reality PRO
バックライト
直下型LED部分駆動
倍速機能 
倍速駆動パネル
1V型(インチ)あたりの価格
-
BS 4K
110度CS 4K
地上デジタル
BSデジタル
110度CSデジタル
BS 4K数
2
110度CS 4K数
2
地上デジタル数
2
BSデジタル数
2
110度CSデジタル数
2
録画機能
外付けHDD
Android TV
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
DAZN
FOD
dTV
ひかりTV
ひかりTV4K
TSUTAYA TV
Hulu
U-NEXT
Rakuten TV
TELASA
Chips!TV
有線LAN
無線LAN
Bluetooth
Wi-Fi Direct対応 
ホームネットワーク機能
ソニールームリンク
DTCP-IP 
HDMI端子
4端子ARC対応eARC対応
USB端子
3
光デジタル音声出力端子
1
LAN端子
1
ヘッドホン出力端子
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
248 W
待機時消費電力【W】
0.5 W
リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携
Google アシスタントAmazon Alexa
DOLBY ATMOS
音声実用最大出力【W】
20 W
スピーカー数
フルレンジ×2(バスレフ型スピーカー)トゥイーター×2
ゲームモード
幅x高さx奥行 【mm】
1228x776x274 mm
重量 【kg】
19.1 kg
多段階評価 
★★
省エネ基準達成率 
124%(2012年度)
省エネ性マーク(緑) 
年間消費電力量【kWh】
212 kWh
年間電気代【円】
5724 円

KJ-55X9500Gの通販サイト比較

Amazon ¥72,800

在庫 : ○

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

国内モデルを検討するならこちら

4Kチューナーは必要ないという方はこちら

この商品が紹介されている記事

【ゲームモード】ゲーム用テレビおすすめ18選|低遅延で応答速度が速い機種は?のサムネイル画像

【ゲームモード】ゲーム用テレビおすすめ18選|低遅延で応答速度が速い機種は?

2022/08/08

【2022最新】ハイセンスの4Kテレビ13選|特徴・比較・選び方まで紹介のサムネイル画像

【2022最新】ハイセンスの4Kテレビ13選|特徴・比較・選び方まで紹介

2022/08/05

【2022年最新】4Kテレビの買い時はいつ?おすすめ商品14選も紹介!のサムネイル画像

【2022年最新】4Kテレビの買い時はいつ?おすすめ商品14選も紹介!

2022/08/05

【最新版】8万5000円未満の50インチ以上のテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】8万5000円未満の50インチ以上のテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/08/04

【2022最新】壁掛けテレビ人気おすすめ13選!壁掛け金具は?やり方は?のサムネイル画像

【2022最新】壁掛けテレビ人気おすすめ13選!壁掛け金具は?やり方は?

2022/07/26

【2022】サイズ感も!50インチの液晶・4K・有機ELテレビ人気おすすめランキング22選のサムネイル画像

【2022】サイズ感も!50インチの液晶・4K・有機ELテレビ人気おすすめランキング22選

2022/07/26

【2022年|家電芸人おすすめテレビも!】液晶テレビおすすめランキング38選のサムネイル画像

【2022年|家電芸人おすすめテレビも!】液晶テレビおすすめランキング38選

2022/04/28

【コスパ最強】55インチのテレビ人気おすすめ10選|4K・有機ELも【大きすぎる?】のサムネイル画像

【コスパ最強】55インチのテレビ人気おすすめ10選|4K・有機ELも【大きすぎる?】

2022/04/12

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】のサムネイル画像

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】

2022/04/05

【最新版】50インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】50インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】50インチクラスの4K対応テレビ 20選"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】50インチクラスの4K対応テレビ 20選"今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスの4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスの4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】ゲームモード搭載|ハイセンス液晶テレビ 15選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ゲームモード搭載|ハイセンス液晶テレビ 15選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスのテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスのテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】ハイセンスの4Kテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ハイセンスの4Kテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスのフ4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスのフ4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【壊れやすいメーカーってある?】テレビの人気メーカー12社の特徴一覧!気になる口コミも紹介!のサムネイル画像

【壊れやすいメーカーってある?】テレビの人気メーカー12社の特徴一覧!気になる口コミも紹介!

2022/04/04

【最新版】32〜43インチテレビ"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】32〜43インチテレビ"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】4K液晶テレビ(49インチ以下) "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】4K液晶テレビ(49インチ以下) "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/09

【2022最新】ハイセンス(Hisense)液晶テレビのおすすめ16選|評価・耐久性・ゲームモード!のサムネイル画像

【2022最新】ハイセンス(Hisense)液晶テレビのおすすめ16選|評価・耐久性・ゲームモード!

2021/10/26

パナソニック

TH-65GX850

価格:186,078円 (税込)

4K高画質と映画館のような高音質を楽しめる4Kテレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、立体音響のドルビーアトモスに対応した高音質の4Kテレビです。「転倒防止スタンド」採用モデルであり、地震に強く安心して設置ができます。最新の音声フォーマットで、映画館でも採用されている「ドルビーアトモス」に対応。立体音響を実現し、迫力のテレビ体験ができます。

さらに、従来のステレオ音響も立体音響に変換する技術も搭載しているので、贅沢に高画質テレビを楽しみたい方にピッタリです。「Netflix」や「Hulu」などのネットコンテンツに対応していますよ。ネット機能が充実しているだけでなく、4K高画質と映画館のような高音質も魅力の1つ。好きな時に好きな動画を視聴したい方にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65 V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
1454x894x319 mm
重量 【kg】
35.5 kg

ハイセンスの43e6800が持つ最大の特徴が高画質「NEOエンジン」です。

 

これにより、非常にクリアで優れた映像美を可能にしています。

 

美しいグラフィックで番組・コンテンツを楽しみたい場合に最適なテレビであるといえます。

格闘系やFPSといったテンポの速いゲームを楽しむときに大切な要素が、「遅延」です。遅延が少なければ少ないほど、快適にゲームを楽しめます。

 

ハイセンスの43e6800では「低遅延ゲームモード」が搭載されているため、ストレスフリーにこれらのゲームを遊ぶことができます。

普通の早送り・巻き戻しなどの機能だけでなく、「1コンテンツリピート再生」「追っかけ再生」などの再生機能が43e6800には備わっています。

 

これらの再生機能によって、録画した番組を幅広く楽しむことができます。

テレビに向かって正対して見たときのグラフィックはとても優れている一方、斜め気味に見た場合に「やや白っぽい」と感じることがあるかもしれません。

 

43e6800の購入を考えているのであれば、「正面で視聴するスペースを部屋の中に確保できるか」を検討することをおすすめします。

43e6800には字幕機能・倍速再生機能がありますが、「倍速しながらの字幕表示」はできません。

 

溜まった録画番組を手短に消化したいときに倍速再生を使う人は多いと思いますが、その場合は不便と感じるかもしれません。

スピーカーがテレビの背面に設けられており、音の通りでやや物足りなさを感じることが考えられます。音質自体も凄く良いというほどではなく、平均的です。

 

「音に拘ってテレビを選びたい」という場合はおすすめできませんが、「ある程度の音質があれば充分」なら、ハイセンスの43e6800を選択肢に入れてみても良いでしょう。

ハイセンス43e6800の最大の強みは、コンパクトでバランスの良い性能を持っているという点です。

 

スタンド込みでの重量が「9.1kg」と控えめであり、ある程度の性能も持っていることから、コストパフォーマンスの良さもおすすめできます。

ハイセンス43e6800の特徴の1つが、「低遅延ゲームモード」です。PS4などの家庭用ゲーム機でディスプレイとして活用する場合、43e6800はとてもおすすめです。

 

ゲーミングディスプレイとしての利用だけでなく、PCに繋げてネットサーフィンを楽しむ場合も快適に使用できます。

ハイセンスの製品は、メーカーによる3年間保証を受けることができます。

 

新たにテレビを購入する際に故障は大きな不安の種ですが、長期間の保証があるため、万が一にも備えることができます。

 

テレビの保証期間が1年というメーカーも多数ある中で、ハイセンスの「3年間」というのは魅力の1つであるといえます。

YouTubeやNetflixといった動画サービスを利用できるテレビも最近では増えており、ハイセンスの43e6800もそれに該当します。

 

YouTubeなどをワンボタンで素早く起動することができ、とても快適です。テレビで好きな動画を楽しみたいという人には、ハイセンスの43e6800はおすすめできる製品です。

単純に綺麗な画質のテレビが欲しいならもっと高いものを選んだ方が幸せになれると思いますが、私みたいに結構ガチでPS4などのゲームをするなら買って損しないと思います。 値段を考えればとてもいい買い物が出来たと思います、耐久性も心配ですがメーカー保証の3年もあるんでサポートに期待したいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

テレビゲームの快適さを求めるのであれば、ハイセンス 43e6800はおすすめのテレビです。 ただ口コミにもある通り、「とにかく綺麗な映像」をとにかく求めるのであればよりハイレベルなテレビを選択したほうがいいのかもしれません。 コスパ面では43e6800はとても優れています。
視野角が意外と狭い。 正面から外れて見ると、画面全体が白っぽくなってしまう。 正面から見る分にやはり綺麗で感動しました。 音に関してはこだわりがないので普通かな。

出典: https://www.amazon.co.jp

「正面からずれて見た場合、やや白っぽく見える」という口コミも散見されました。 とはいえ、正面からの画質に関しては概ね高評価なようです。正面から視聴できるような位置にテレビを置く必要があるでしょう。
購入して一週間ぐらいして朝になるとテレビがついてる。 消し忘れたのかと思い2~3日後にまたテレビがついてる(*_*) それからは1週間連続で朝の4時前後に勝手にテレビがつくようになった。 Hisenseジャパンに連絡して本日基盤交換してもらいました。

出典: https://www.amazon.co.jp

「朝になると勝手に画面がオンになる」という口コミもありました。全ての製品ではなく、一部で起きている症状のようです。 もし動作不具合を起こした場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。
7月27日辺りに納品後、10月27日ちょうど3ヶ月、画像が映らなくなり、テレビ欄は映るが、字幕と声だけ…HDDやプレステも映らない。 明日辺り、メーカーに問い合わせして、対応に期待。

出典: https://bbs.kakaku.com

ハイセンス 43e6800の口コミ・レビューを見ていると、動作トラブルのものがいくつか見受けられました。 メーカーによる3年保証はありますが、不安だという方はよく調べてみる必要があるでしょう。
気になるところは画面の色が少し白っぽいと思います。 でも「NETFLIX」や「YouTube」等の動画配信サービスにも接続できますし最新の機能が有り満足しています。 PCのデスプレイとしても「ゲーム」で4Kで接続して満足しています。値段で考えて素晴らしいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

PC用・ゲーム用のディスプレイとしては良いパフォーマンスを持っていることがわかります。 Netflixなどの動画サービスにもしっかりと対応しているため、大画面で動画を楽しみたい人にもおすすめできます。
頻度は多くないですが、朝の4時頃に勝手に電源が入ります。 ネット接続していても切っていても入ります。 月1~2回くらいですが気味が悪いです。 その他、性能に関しては文句なしにコストパフォーマンスが高いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

性能面では高評価している一方で、この「勝手に電源が入る現象」に不満を覚えている人がやはり多いようです。 口コミ・レビューを見ていても、この現象が起きる時間帯は「早朝」で一致しています。
デザインや操作性は圧倒的に◎ 重さも半分以下なので設置は一人でできてしまいます。十年間の進化を感じました。 価格を考えればコスパは最強。

出典: https://review.kakaku.com

9.1kgという重量、操作のしやすさを高評価のポイントとして挙げています。 お手軽に4Kテレビを購入・使用するのであれば43e6800は良い選択肢となりそうです。
A6800からの買い替えです。ネオエンジンがパワーアップしたということで 期待してたのですが、違いがわかりません 画質が良くなったようには見えません 完全に期待ハズレです。テレビスタンドもチープで安っぽく感じます。 A6800かE6800で迷ってるのなら、価格が安いA6800をお勧めします。

出典: https://www.amazon.co.jp

ハイセンスには「43a6800」という別モデルのテレビもあり、値段が若干安くなっています。 43a6800についてはこの後取り上げますが、両者のスペック差・価格差などをよく比べて検討してみてください。
ハイセンス

43A6800

価格:63,900円 (税込)

一人暮らしにもオススメの高コスパテレビ!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外メーカー、ハイセンスの43インチ4K内蔵テレビです。4Kチューナー内蔵、最低限のネット連携機能を備えて5万前後の非常にコストパフォーマンスに優れたテレビですので、セカンドテレビや限られた予算の一人暮らしでも選びやすいのが大きなメリット。画質は少々白っぽいのと残像感があるというのはありますが、4Kのパネルということもありそこまで大きくは気にならないレベルです。また、ゲームモードが搭載されているので一瞬の遅延が命取りになるゲームをする場合の安価なモニターとしても優秀。とにかく低予算で回したい方におすすめです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
パネル種類
VAパネル
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
961x606x214 mm
重量 【kg】
11.7 kg

まずは「43a6800」との違いについて見ていきましょう。この2つはともに画面サイズが43インチ型であり、画素数・画質・録画機能(外付けHDD)といった性能も基本的には同じです。なのでどちらを選んでも、使用感で大きく差が出ることはないといえます。

 

スペック面ではほぼ同じですが、価格や省エネ効率では違いがあります。まず価格について見ていくと、43e6800が「55,000円前後」なのに対し、この43a6800は「5万円前後」となっています。価格面では43a6800の勝利です。

 

しかし、年間電気代(省エネ性能)で比べた場合は43e6800に軍配が上がります。こちらの年間電気代が「約2,600円」なのに対し、43a6800は「約2,800円」となっています。重量についても43a6800は「11.7kg」43e6800は「9.1kg」であり、後者のほうがコンパクトです。5,000円の価格差はありますが、電気代の差などを考えれば43e6800を採用するメリットも十分にあります。

ハイセンス

65U7E

価格:129,800円 (税込)

大型テレビが驚きの価格

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発売以来、そのコスパの高さから非常に注目されているハイセンスの65インチテレビです。65インチという大型テレビにも関わらず価格が100,000円前後と驚きの価格。画質もハイセンスのテレビの中では悪くなく、落ち着いた配色の印象があります。
ネットブラウザがついていたり、4Kチューナーが搭載されていたり、ゲームモードに対応していたり倍速液晶がついていたりとフルスペックながらもしっかりと価格が抑えられているのが人気の秘訣です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
映像処理エンジン
レグザエンジンNEO plus
パネル種類
VAパネル
録画機能
外付けHDD
スピーカー数
ツイーター×2ウーファー×4
幅x高さx奥行 【mm】
1450x924x354 mm
重量 【kg】
30 kg

次も同じくハイセンスから。「50e6800」について見ていきましょう。型番の数字で示されている通り、50e6800は50V型のテレビとなっています。画面サイズが大きい分、価格も上乗せされており、43e6800より15,000円ほど高めです。画面サイズを重視するかどうかで、どちらを購入するか考えてみてください。

 

 

その他のスペックは、43e6800と大差ありません。画素数・録画機能・スマートスピーカー連携といった点も同じです。ただ、重量は当然50e6800のほうが大きく、年間電気代もやや高めです。43e6800は約2,600円でしたが、50e6800は約2,700円となっています。

 

単純に大きな画面でテレビ視聴を楽しみたいのであれば、50e6800はおすすめです。43インチと50インチでは臨場感でも大きく差が出てきます。15,000円という価格差は決して小さいものではないので、画面サイズに拘らないのであればコスパの良い43e6800を選ぶのもおすすめです。

パナソニック

TH-65GX850

価格:186,078円 (税込)

4K高画質と映画館のような高音質を楽しめる4Kテレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、立体音響のドルビーアトモスに対応した高音質の4Kテレビです。「転倒防止スタンド」採用モデルであり、地震に強く安心して設置ができます。最新の音声フォーマットで、映画館でも採用されている「ドルビーアトモス」に対応。立体音響を実現し、迫力のテレビ体験ができます。

さらに、従来のステレオ音響も立体音響に変換する技術も搭載しているので、贅沢に高画質テレビを楽しみたい方にピッタリです。「Netflix」や「Hulu」などのネットコンテンツに対応していますよ。ネット機能が充実しているだけでなく、4K高画質と映画館のような高音質も魅力の1つ。好きな時に好きな動画を視聴したい方にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65 V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
1454x894x319 mm
重量 【kg】
35.5 kg

ハイセンス(Hisense) 43e6800 テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

ハイセンス43e6800の最大の特徴は、やはり「コスパが良く、バランスのいい性能を持っている」という点です。ある程度のスペックを確保しつつ、お手軽に4Kテレビを楽しみたいという人に強くおすすめできるテレビです。

 

また、GoogleアシスタントやAmazon Alexaといったスマートスピーカーにもきちんと対応しているため、スマート家電を揃えたい人にもおすすめです。

 

テレビは色んなメーカーから数多くの製品が出ているため、自分のニーズに沿っているものがどれなのかを吟味することが大切です。ぜひ、自分にあったテレビを探してみてください。