【最新】外付けDVDドライブおすすめ3選|DVDプレイヤーにも変身!

パソコンをDVDプレイヤーとして使うことができるのを知っていますか?ここでは、パソコンをDVDプレイヤーとして使うときに必要なものについて解説します。パソコンでDVDが再生できないときのチェックポイントについてもまとめました。

2021/11/04 更新

据え置きのDVDプレイヤーをパソコンにつないで、DVD鑑賞ができたら便利ですよね。しかし残念ながら、ノートパソコンにはDVDプレイヤーをつなぐための端子がありません。では、パソコンでDVDを見るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

実は据え置きのDVDプレイヤーがなくても、パソコンをDVDプレイヤーとして使うことが可能です。そこで本記事では、パソコンでDVDを再生する方法や、パソコンでDVDが再生できないときのチェックポイントを説明します。

 

また、DVDプレイヤーをパソコンモニターに接続する方法やおすすめの外付けDVDドライブ3選もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

パソコンにDVDドライブとDVD再生ソフトがあれば、DVDを見ることができます。DVDドライブがない場合は、外付けのDVDドライブを用意しましょう。DVD再生ソフトはMacやWindows10以前のWindowsのパソコンには入っています。

 

しかし、Windows10のWindows Media PlayerはDVD再生に対応していないので、別途で再生ソフトが必要です。詳しくは下の見出しで説明するので参考にしてください。

外付けDVDドライブにはさまざまな種類があります。そのため適当に買ってしまうと、パソコンに接続できなかったりDVDが再生できなかったりすることも。そこで、ここでは外付けDVDドライブを選ぶときに気を付けたい3つのポイントをご紹介します。

対応OSの確認

まず、外付けDVDドライブを選ぶときには、購入したいDVDドライブが自宅のパソコンのOSに対応しているかどうかを確認しましょう。対応していない場合は、うまく動作しない可能性も。基本的にWindowsやMacは古いOSでも対応しています。

 

しかしXPやVistaといったWindowsの一部のOSや、LinuxなどのメジャーではないOSには非対応の機種があるので注意が必要です。

対応メディアの確認

DVDにはさまざまなメディアがあるため、どのメディアに対応しているか公式サイトで確認が必要です。ブルーレイや長期保管可能なM-DISC対応のドライブなら、幅広いメディアの再生ができます。読み取りだけでなく書き込みもしたい場合は、ライティングソフトが付属しているDVDドライブを選ぶと便利です。

USB規格は3.0がおすすめ

DVDドライブはUSBケーブルをパソコンに接続して使います。USBケーブルには1.0・2.0・3.0の3つの規格がありますが、おすすめなのは3.0。データを転送する速度が最も速いです。古いパソコンだと、パソコン側のUSB規格が2.0のものもあり3.0のDVDドライブでも使えますが、転送速度はパソコンに合わせて2.0になります

外付けDVDドライブの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 東芝

FBP-H220

価格:8,580円 (税込)

みたい番組を見逃さない!2番組録画対応の高性能レコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2番組録画に対応しているので、みたい番組が重なっても困らないブルーレイレコーダーです。同時録画だけでなく、ハイビジョンにも対応しており高画質な映像を楽しめます。また、スカパーのプレミアムサービスに加入することで視聴だけでなく録画も可能。

本商品は「スカパー視聴も簡単で使いやすいレコーダーがほしい」という人におすすめです。さらに、外付けHDDに対応しているので、本体容量がいっぱいになってしまっても別売りのHDDを購入することでさらに大量の番組を録画できます。また、AndroidOSを搭載しているので宅外でも録画番組を楽しめるのが魅力です。
3D対応 幅x高さx奥行【mm】 430x51x210 mm
重量【kg】 2.6 kg
2位 シャープ

BD-UT3100

価格:29,800円 (税込)

3番組同時録画できる、4K対応ブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

番組表がきれいで見やすい、4Kテレビのために作られたレコーダーです。また、新作の連続ドラマを4週連続で自動で録画する「ドラ丸」搭載なのも嬉しいポイントです。録画した番組をスマートフォンを使ってリモート視聴できる機能も搭載されていて、とても便利です。
解像度が4Kなので、 美しい映像を堪能したい方におすすめの商品です。また、ドラ丸機能搭載なので連続ドラマが好きな方にはぜひ使ってほしいレコーダーです。番組表が見やすいので、高齢者の方や目が悪い方にも安心して使っていただけます。リモート視聴は外出先で映画を視聴したい方にとって便利な機能でしょう。
無線LAN 3D対応
幅x高さx奥行【mm】 430x57.5x229 mm 重量【kg】 3.3 kg
3位 シャープ

BD-NW2100

価格:29,980円 (税込)

見たいものを逃さず録れる!機能豊富なブルーレイレコーダー

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQUOSタイムシフトを設定すれば、AQUOSで視聴中の番組を自動録画できるブルーレイレコーダーです。来客などの際、一時停止ボタンを押せばそのシーンでストップ。録画はしているので再生ボタンを押せば続きから見られます。

さらに、連ドラを自動で録りおきできる「ドラ丸」も搭載しています。新作の連続ドラマ4週分が録画可能となっています。そして4週間経ったら、古いものから自動消去されるので、空き容量を気にする必要がありません。また、リモコンの「まるわかりボタン」を押せば番組内容を60画面で一覧表示。素早く内容をチェックできます。空き容量を気にしたくない方ドラマを見逃したくない方におすすめです。
無線LAN 3D対応
幅x高さx奥行【mm】 430x48x195 mm 重量【kg】 2.6 kg

DVD再生ソフトには、パソコンにあらかじめインストールされている・有料のソフトを利用する・無料のソフトを利用する3つのパターンがあります。また、Windows10などパソコンにソフトが入っていない場合は、下の2つの方法で利用できるのでそれぞれ詳しく説明するので参考にしてください。

まずはDVD再生ソフトが入っているか確認

パソコンにDVD再生ソフトが入っているかわからない場合は、ソフトの有無の確認が必要です。ソフトの有無は、DVDドライブにDVDを挿入することで確認できます。ソフトが入っている場合は、DVDを入れるだけで自動で再生が可能。また、DVD再生ソフトが入ってない場合は、DVDを入れても再生されません。

有料のDVD再生ソフトを利用する場合

パソコンにDVD再生ソフトが入ってない場合は、DVD再生ソフトを用意します。DVD再生ソフトは有料と無料の2種類があり、有料ソフトの価格は2,000~5,000円程度。有料ソフトは、録画可能・ブルーレイ再生可能・4K対応など、DVD再生以外のさまざまな機能が付いていることが多いです。

 

また、無料ソフトによくある広告表示もありません。そのため、機能的で保証がしっかりしているソフトをお求めの方におすすめです。

無料のDVD再生ソフトを利用する場合

無料ソフトは、その名の通り無料でインストールできるのが魅力。さまざまな種類が出ており、中でもおすすめなのはVLCメディアプレーヤー・GOM Player・DVDFabメディアプレーヤーです。広告表示が出たり日本語対応していなかったりなどデメリットもありますが、無料なので気軽に利用できますよ。

今まで問題なく使えていたのに、なぜかパソコンでDVD再生できなくなってしまった…そんな時は、DVDやパソコンに不具合があるのかもしれません。考えられる原因をまとめたので、参考にしてください。

ディスクに傷がないか

原因の1つとして挙げられるのが、ディスクに傷がついていること。傷がつくと再生できないため、特にレンタルDVDの場合は注意が必要です。レンタル利用者が使ううちに傷だけでなく、指紋や汚れがついていてもうまく読み込めないことがあります。その時は、柔らかい布でディスクの中心から外に向かって汚れを拭き取ると再生できることも。

ディスクがDVDドライブに対応しているか

上でも触れましたが、DVDドライブによって対応メディアは異なります。再生したいメディアが対応しているか、取扱説明書を読んで確認しましょう。ただし、再生したいメディアとDVDドライブが対応していても、海外のDVDでは再生できない可能性があります

 

これは、地域によってDVDの規格が異なるためです。日本のDVDプレイヤーを使用する場合は「リージョンコード2」と記載のあるDVDなら再生することが可能になります。

パソコンの設定を確認

DVDに問題がない場合は、パソコン側の問題かもしれません。考えられるのが、DVD再生ソフトが「自動再生」の設定になっていないことです。ソフトを立ち上げ、自動再生になっているか確認してください。また、自動再生になっているのに再生されない場合は、設定を「毎回動作を確認する」にすると再生できることもあります。

DVDドライバーの確認

DVDドライブを動かしているソフト「DVDドライバー」の不具合で再生できないことも考えられます。Windowsのトラブルシューティングツールを使うと、異常の有無確認が可能。また、DVDドライバーの再インストールも有効です。DVDドライバーをアンインストールし、パソコンを再起動すると自動で再インストールできます。

パソコンのモニターとDVDプレイヤーの両方にHDMI端子があれば、パソコンモニターとDVDプレイヤーをつなぐことができます。しかし、接続できるのはデスクトップパソコンのみでノートパソコンとは接続できません。デスクトップでも機種によってはできない場合があります。

 

また、モニターにスピーカーが内蔵されていない場合は、外部スピーカーを用意する必要も。なお、映像の質はモニターやDVDプレイヤーに左右されます。

パソコンでDVDが再生できると、おうち時間の楽しみ方が広がりますよね。ノートパソコンなら、ポータブルDVDプレイヤー代わりにも使えます。DVDが再生できないときは、本記事でご紹介した方法をぜひ試してみてください。

ブルーレイプレイヤー・DVDプレイヤーの全商品一覧

商品一覧を見る