10万円以下のおすすめドラム式洗濯機5選

価格が高いイメージがあるドラム式洗濯機ですが、10万円以下で購入できる機種があることをご存知でしょうか?10万円以下で買うことができれば初期投資をグッと抑えることができますね。10万円以下で買えるおすすめドラム式洗濯機を選び方と合わせてご紹介します。

2021/10/20 更新

縦型洗濯機と比べてスタイリッシュでおしゃれなドラム式洗濯機。そんなドラム式洗濯機に憧れて、欲しいと思う方も多いのではないでしょうか。しかしドラム式洗濯機は高価な機種が多く、価格が高いからという理由で諦めてしまっていませんか?

 

確かに実際にドラム式洗濯機の価格を確認すると、20万円・30万円の値札がずらりと並んでいるのが目立つでしょう。しかし、価格が高くて予算内では収まらないと諦めるのは早いです。高価なイメージがあるドラム式洗濯機ですが、実は10万円以内で買える機種も販売されています。

 

本記事では10万円で手に入る憧れのドラム式洗濯機おすすめ機種を、メリット・デメリット・選び方のポイントを踏まえながらお伝えします。ドラム式洗濯機を安く購入したい方、または10万円で買える理由を知りたい方はぜひ参考にしてください。

今すぐ見る!10万円以下のおすすめドラム式洗濯機5選

ドラム式洗濯機の価格は7万円~30万円程度が相場となっており、安い機種だと1万円代で買える縦型洗濯機に比べて相場はずっと高いです。ドラム式洗濯機の乾燥機能にはヒートポンプやヒーターなど熱を扱う機能が搭載されているため、価格も高めになってしまいます。

 

例えるなら洗濯機の中にエアコンが入っている!と思っていただけると、価格が高い理由をイメージしやすいのではないでしょうか。容量で価格の変わる縦型洗濯機と違い、乾燥機能など機能の充実度で価格が変動するのもドラム式洗濯機の特徴です。

価格が高めなドラム式洗濯機ですが、機種によっては10万円以下で買えるものも。それには以下のような理由があります。10万円以内での購入を検討している方は、ぜひチェックしてください。

10万円以下のモデルには乾燥機能がない

ドラム式洗濯機を10万円以下で買える最大の理由に「乾燥機能がない」ということが挙げられます。乾燥機能がないと不安と言う方もいらっしゃるでしょう。しかし東京ガス都市生活研究所の調査では、洗濯機の乾燥機能は実は6割の人が使っていないというデータが出ています。あまり使われないのであれば、乾燥機能なしの10万円以下のドラム式洗濯機を選ぶ方が初期投資を抑えられますね。

温水洗浄機能が付いているので、部屋干しの臭いが付きにくい

乾燥機能がないと気になるのが「部屋干しの臭い」です。しかし、乾燥機能なしのモデルでも「温水洗浄機能」が備わっています。温水洗浄機能は40℃から60℃のお湯で衣類を洗濯できる機能です。水ではなくお湯で洗うことで臭いの元である菌の繁殖を抑え、部屋干しした時に臭いが出にくくなります。

 

さらに水洗いに比べて皮脂や油汚れが落ちやすいメリットがあります。ヒーターで暖めて水をお湯にする分、水洗いするより電気代は少々かかってしまうのがデメリットですが、それを差し引いても嬉しい機能と言えるでしょう。

今すぐ見る!10万円以下のおすすめドラム式洗濯機5選

10万円以下のドラム式洗濯機を選ぶメリットは価格の安さだけではありません。ドラム式ならではのメリットをデメリットと合わせてご紹介しますので、参考にしてください。

メリット

10万円以下のドラム式洗濯機のメリットには以下のようなものがあります。価格だけではない機能面のメリットをここでしっかりとチェックしましょう。

衣類が傷みにくい

ドラム式洗濯機の洗浄方式は衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」です。一方で縦型洗濯機はたっぷりの水で衣類をすすいで洗う「もみ洗い」方式となり、洗浄方式に違いがあります。衣類に優しい洗い方は圧倒的に「たたき洗い」になります。たたき洗いの場合はもみ洗いと違い、衣類同士が絡まることが少なく、衣類へのダメージが軽減されます。おしゃれ着洗いにこだわる方にはドラム式洗濯機がおすすめです。

水道代の節約に

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べると水道代を抑えることが可能です。ドラム式洗濯機はヨーロッパでは以前から主流の機種です。ヨーロッパの歴史では水源が豊富ではない・水が硬水という点から、少量の水・少ない洗剤で洗えるような洗濯機が定着してきたという背景があります。水を潤沢に使えない地域で使われることからわかるように、ドラム式洗濯機は使用する水が少なく、水道代の節約になるのです。

コンパクトなモデルが多い

ドラム式洗濯機はサイズが大きい・重量が重い機種が一般的ですが、乾燥機能がない10万円以下の機種に限って言えばコンパクトサイズの機種が展開されています。乾燥機能がないため本体に使用する部品も少なく、横幅もキュッと細くなったコンパクトボディを実現しています。部屋のサイズに合わなかったり置き場所がなくて購入を断念した方や、ワンルームで一人暮らしの方へもおすすめできるサイズになっています。

デメリット

10万円以下に限らず、ドラム式洗濯機には以下のようなデメリットがあります。購入前にはメリットと合わせてチェックをしておきましょう。

本体の手入れが面倒

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べるとお手入れが少々面倒なのがデメリットです。それは縦型洗濯機と比べると構造が複雑なためゴミ・ホコリが貯まりやすい、カビが生えやすいというのが理由です。ドアのゴムパッキンも汚れが溜まりやすい箇所であるため、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

洗剤自動投入口がある機種ならこの部分の掃除も欠かせないため、機能性の充実に合わせてお手入れの手間も増えてしまいます。乾燥機能がある場合は乾燥フィルターを毎回掃除する必要がありますが、乾燥機能がない機種であれば特に気にする必要はありません。

10万円以下のドラム式洗濯機を選ぶ上で大切なポイントを紹介します。何を基準に選ぶのか、しっかりとチェックをしましょう。

容量

まず必ずチェックしたいポイントに一度にどれくらいの量を洗濯できるのか、「容量」を確認することが挙げられます。小さすぎれば1度に洗いきれずに何回も洗うことになり、手間・水道代・電気代も余計にかかってしまいます。

 

逆に大きすぎれば設置スペースが無駄になる・価格が高くなるなどのデメリットがあります。目安の洗濯量としては1日1人1.5kgですので、家族の人数に合った容量を選ぶことが大切です。シーツなどを洗いたい場合は大きめの容量を選ぶのがおすすめです。

扉の位置

ドラム式洗濯機の扉は「右開き」と「左開き」の2種類があります。縦型洗濯機であれば扉の位置は気にする必要がありませんが、ドラム式洗濯機の場合にはとても重要なポイントになります。選び方は洗濯機を設置した時に、壁がどちら側にくるか?で変わります。

 

開いた時に扉が壁に沿うように、つまり洗濯機の右に壁がある場合は右開きを、左に壁がある場合は左開きが基本になります。逆に設置した場合、扉を開いた時に扉と壁に挟まれて作業がしづらくなってしまいます。壁が気にならない場合は利き手に合わせて選ぶのも良いでしょう。右利きの場合は左開きの扉が使いやすくなります。

静音性

洗濯機を購入する際に気になるポイントの1つに「音」があります。洗濯機を回していると意外と音がするもので、日中ならそれほど気にならないかもしれませんが夜に回す時・集中したい時などは音が気になってしまいます。

 

音の大きさの基準の1つにdb(デシベル)という数値があり、この数値が55dbを超えると一般的にはうるさいと感じます。30から40dbほどの数値であれば気にならないくらいになるため、音を気にする方・夜中に回すことが多い方は仕様書のdb数値をチェックしましょう。

設置スペースや搬入経路の広さ

コンパクトな機種が多いと言っても、設置スペースに置くことができなければドラム式洗濯機を買う意味がありません。設置スペースの寸法を図る・洗濯機本体のサイズを仕様書や店頭で事前にチェックすることが大切です。

 

そして意外と見落としがちなのが搬入経路の確認です。設置スペースは大丈夫だからと購入はしたけど、いざ搬入する際に洗濯機が設置スペースまで運べないということになっては大変です。設置スペースだけでなく、搬入経路のチェックを合わせて行いましょう。

アクア

AQW-FV800E

価格:54,900円 (税込)

節水能力に優れたコンパクトなドラム式洗濯機

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

標準使用水量が57Lと少ないため、節水にこだわる方には特におすすめしたい1台です。温水洗浄・多彩な洗浄コースがありご希望に合わせた洗濯方法を選べます。手洗い感覚で汚れをしっかり落とす3ステップ洗浄は、汚れをしっかり落としつつも衣類に与えるダメージを最小限に抑えます。泥んこ予洗いコースは、予洗いで泥落とし・本洗浄とで更に洗剤投入でキレイに洗い上げるため、小さなお子様がいるご家庭で重宝する機能です。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー アクア 商品名 ドラム式全自動洗濯機
タイプ 乾燥なし 洗濯容量 8.0kg
乾燥容量 - 標準使用水量(洗濯時) 約57L
標準コース目安時間(洗濯時/洗濯乾燥時) 約39分 騒音レベル 洗濯:約32dB・脱水:約44dB
便利機能 お湯洗い・3ステップ洗浄・自動おそうじ・ドアロック・待機時消費電力ゼロ・残時間表示・予約タイマー・お洗濯終了ブザー・無段階水位・チャイルドロック 1回あたりのコスト -
寸法・サイズ 595mm×625mm×860mm 設置可能防水パン(奥行内寸)585mm以上
アイリスオーヤマ

HD71

価格:59,800円 (税込)

温水の力で臭い・汚れをしっかり落とす

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らし・2人世帯におすすめの7.5Lサイズです。洗濯コースは12種類から選ぶことができ、ライフスタイルに合わせた使い方が簡単にできます。お湯洗いの温度は40℃・60℃の切替が可能で、汚れを落としたいなら40℃・臭いも気になるなら60℃と使い分けできるのも嬉しい機能。洗濯槽は黒カビが発生しにくいステンレス製を採用し、チャイルドロック機能も搭載。お子様のいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 ドラム式洗濯機
タイプ 乾燥なし 洗濯容量 7.5Kg
乾燥容量 - 標準使用水量(洗濯時) 72L
標準コース目安時間(洗濯時/洗濯乾燥時) 約50分 騒音レベル 洗濯:約41dB・脱水:約48dB
便利機能 予約タイマー機能・部屋干しコース・温水コース・チャイルドロック・洗濯槽温水洗浄 1回あたりのコスト -
寸法・サイズ 595x672x860 設置可能防水パン(奥行内寸)595mm以上
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ドラム式洗濯機 FL71

価格:58,800円 (税込)

一人暮らしにぴったりサイズ

楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らし・少人数にぴったりサイズのドラム式洗濯機です。洗浄コースはダイヤル操作で選択できるため難しい操作は一切なしでお使いいただけます。洗浄コースによって、回転洗い・たたき洗い・ソフト洗いを自動で切り替えるため、衣類に合わせて効果的に洗浄してくれるのが便利。洗剤投入ケースは外して丸洗い・ドアもさっと拭くだけで綺麗になるのでメンテナンスも簡単です。

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 ドラム式洗濯機
タイプ 乾燥なし 洗濯容量 7.5kg
乾燥容量 - 標準使用水量(洗濯時) 72L
標準コース目安時間(洗濯時/洗濯乾燥時) 約50分 騒音レベル 洗濯:約41dB・脱水:約48dB
便利機能 予約タイマー機能・部屋干しコース・温水コース・チャイルドロック・洗濯槽温水洗浄 1回あたりのコスト -
寸法・サイズ 595x672x860 設置可能防水パン(奥行内寸)595mm以上
アイリスオーヤマ

FL81R-W

価格:67,800円 (税込)

60℃・40℃の温水洗浄で汚れと臭いをしっかり落とす

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少人数世帯にぴったりの8kgサイズのドラム式洗濯機。豊富な洗濯コースと衣類に合わせて温水の温度が選べるのが魅力です。乾燥機能はありませんが、すすぎの際の温度を高く設定する「部屋干しモード」を使えば乾燥時間を20%から30%短縮することが出来るので、部屋干しで気になる臭いを軽減してくれます。本体に高さがあるため衣類の出し入れがしやすいのも嬉しいポイントです。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 ドラム式洗濯機
タイプ 乾燥なし 洗濯容量 8.0Kg
乾燥容量 - 標準使用水量(洗濯時) 77L
標準コース目安時間(洗濯時/洗濯乾燥時) 約55分 騒音レベル 洗濯:約40dB・脱水:約50dB
便利機能 予約タイマー機能・部屋干しコース・温水コース・チャイルドロック・洗濯槽温水洗浄 1回あたりのコスト -
寸法・サイズ 607x672x954 設置可能防水パン(奥行内寸)595mm以上
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ドラム式洗濯機 HD81AR

価格:89,800円 (税込)

気になる部屋干し臭を除菌するAg+機能搭載

楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8kgサイズの少人数向けドラム式洗濯機、この機種最大の特徴はAg+機能を搭載していることです。臭いの原因である菌を除菌することで汗の臭いや部屋干しの嫌な臭いを軽減することができます。衣類だけでなく洗濯槽の内部まで除菌・抗菌してくれるので、洗濯機の悩みで特に多い黒カビの繁殖を抑えてくれるのも大事なポイントですね。冬場の寒い時期でも、若干温度を上げて洗濯する省エネ洗濯で電気代も簡単に節約できます。

 

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 商品名 ドラム式洗濯機
タイプ 乾燥なし 洗濯容量 8.0Kg
乾燥容量 - 標準使用水量(洗濯時) 77L
標準コース目安時間(洗濯時/洗濯乾燥時) 約55分 騒音レベル 洗濯:約40dB・脱水:約50dB
便利機能 予約タイマー機能・部屋干しコース・温水コース・チャイルドロック・洗濯槽温水洗浄 1回あたりのコスト -
寸法・サイズ 607x672x954 設置可能防水パン(奥行内寸)595mm以上

安いドラム式洗濯機が欲しいけど、やっぱり乾燥機能が欲しい!そんな方には型落ちモデルがおすすめです。家電製品は年に1回モデルチェンジする時期があり、その際に型落ちになった機種は新型と入れ替えするために処分価格で販売されるからです。

 

ドラム式洗濯機のモデルチェンジ時期は9・10月が多いです。もし乾燥機能付きのドラム式洗濯機が欲しい場合は、この時期に購入するといいでしょう。乾燥機能付きのドラム式洗濯機を格安で手に入れるチャンスです。特に9月は家電量販店の決算時期とも合わさるため特におすすめです。

いかがでしたでしょうか?価格が高いイメージのあるドラム式洗濯機ですが、乾燥機能付きの機種を選ばなければ10万円以下の格安価格で購入が可能です。乾燥機能付き機種の場合も安くなる時期を把握することで初期投資をグッと抑えることができますね!