【2021年最新】全自動コーヒーメーカーおすすめ10選!シロカやデロンギも紹介

全自動コーヒーメーカーがあれば、いつでも豆から挽いた淹れたてのコーヒーを味わうことができます。そこで、今回はおすすめの全自動コーヒーメーカーや選び方をご紹介しています。自分の好みに合った全自動コーヒーメーカーを手に入れて、優雅なひとときを過ごしませんか?

2021/03/31 更新

コーヒー党の方々は、毎日のコーヒーは必要不可欠ですよね。それだけでなく、コーヒーの香りや味にも強いこだわりを持っている方が多いと思います。しかし、毎日忙しい朝に手動でコーヒーを淹れるのは難しいですよね。

 

そこでおすすめしたいのが全自動コーヒーメーカーです!これがあればコーヒー豆と水をセットするだけで手軽にコーヒーを飲むことができます。また、香りや味にも細かい調整がされており、コーヒー党の方々も買ってよかったと思うような商品です。

 

この記事では、全自動コーヒーメーカーの魅力、種類、選び方、人気メーカーからおすすめ商品まで詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

いますぐ「全自動コーヒーメーカーの選び方」をみる

全自動コーヒーメーカーは、コーヒー豆と水があれば、美味しいコーヒーをいつでも挽きたて、淹れたての味と香りで楽しむことができます。忙しい朝でもスイッチを入れればコーヒーを自動で淹れてくれ、その間に身支度などができ時短にもなります。

 

また、全自動コーヒーメーカーのラインナップは豊富で、おしゃれでインテリアにもなるデザイン性の高いものもあります。置いておくだけで存在感があるのも全自動コーヒーメーカーの魅力です。価格は安値のものから本格的な高額のものまで多種多様にあります。

 

そして、機能も充実したものが多く、自分の好みやスタイルに合ったものを選ぶことができます。全自動コーヒーメーカーがあれば、おうちに居ながらカフェで飲む本格的な美味しいコーヒーが味わえるのです。

全自動コーヒーメーカーの種類は大きくわけて3種類あります。それぞれの特徴をみて、最適な全自動コーヒーメーカーを探しましょう。

ドリップ式

ドリップ式の全自動コーヒーメーカーは、操作が簡単なことが特徴です。自動でミルが豆を挽き、コーヒー粉にお湯を注いで抽出します。細かな調整もなく手軽に美味しいコーヒーが味わえます。忙しい朝でも美味しいコーヒーが飲みたい方におすすめです。

 

値段もリーズナブルなものが多く、全自動コーヒーメーカーデビューを検討している方も、手が届きやすいタイプと言えます。

エスプレッソメーカー

存在感のあるエスプレッソメーカーは、本格的なコーヒーを求めている方におすすめの全自動コーヒーメーカーです。コーヒー粉に圧力をかけ抽出する味わい深い濃厚なエスプレッソが味わえます。

 

他にもレギュラーコーヒーやカプチーノ、カフェラテなど多種のコーヒーメニューが楽しめます。機能が多く品質が良いものほど比較的、価格も高額になりますが、こだわりのオリジナルコーヒーを味わうことができます。

カプセル式

カフェポッドタイプの全自動コーヒーメーカーは、好みのカプセルをセットするだけで手軽にコーヒーが楽しめます。コーヒー粉の飛び散りがないので、使用後は空のカプセルを捨てるだけでお手入れも簡単です。また、コーヒー豆の分量調整も不要です。

 

凝縮されたコーヒーが入ったカプセルの種類も豊富で、好みの味を選ぶことができます。お手入れやコーヒー豆をセッティングするのが面倒な方にはおすすめのタイプです。

いますぐ【おすすめの全自動コーヒーメーカー10選】をみる

全自動コーヒーメーカーを選ぶ時のポイント5つをあげてみました。これらに重点をおいて検討してみましょう。

ミルの種類

全自動コーヒーメーカーの魅力は挽きたてのコーヒー豆の味と風味を感じられることです。ミルの種類と特徴をあげてみました。

 

  • プロペラ式→シンプルな仕組みで一般的に多いタイプ。短時間で挽きあがる。

 

  • 臼式→粉粒が均一に挽け、豆の鮮度が保てることが特徴。ダイヤルで挽き目が簡単に調節可能で本格的に豆から味わいたい方におすすめタイプ。

 

  • コニカル式→コーヒー豆をすりつぶして挽くタイプ。エスプレッソ用の極細まで挽ける。挽き目も均一で雑味のないコーヒーの風味とコクが味わいたい方におすすめ。

 

粉砕時間、好みの挽き方ができるかなどを考慮して、ミルの粉砕方法を選ぶといいでしょう。

サーバーの素材

サーバーも全自動コーヒーメーカーの大事なパーツのひとつです。ガラス製のサーバーは、淹れたコーヒーの残量が確認でき、汚れが落としやすいことがメリットです。しかし、割れやすいこと、長時間、保温をすると煮詰まって味が落ちてしまうことが欠点です。

 

一方、ステンレス製のサーバーは割れにくく、保温性に優れています。しかし、付着した汚れが落ちにくいのでこまめな手入れが必要です。また、一人分から淹れられる全自動コーヒーメーカーは、直接コーヒーカップを置ける種類もあります。

フィルター

コーヒー粉をろ過するためのフィルターは、紙フィルターとメッシュフィルターの2種類があります。紙フィルターは使い捨てで掃除の手間を省くことができます。また、抽出する時にコーヒーの油分が紙に吸収されて飲みやすいコーヒーに仕上がることが特徴です。

 

反対にメッシュフィルターは、コーヒーの油分も一緒に抽出されるので、豆本来の味を楽しむことができます。フィルターを買い足す必要がなく、何度でも洗って使えるのでランニングコストはかかりません。

給水タンクの容量

一般的な全自動コーヒーメーカーの給水タンク容量は0.5~0.8Lです。タンクの量をイメージする時はコーヒーカップ1杯約150ml、マグカップ300mlと覚えておくといいでしょう。よく使うカップの大きさと、人数でイメージするとわかりやすくなります。

 

分量の少ないエスプレッソは一度に淹れられる量は1杯から、機種によっては2杯程度です。また、給水タンクの取り外しができるかどうか、メンテナンスも考えて確認をしておくことをおすすめします。

その他の機能性

いろいろな機能がある機種が多いことも全自動コーヒーメーカーの特徴です。蒸らし機能はコーヒー粉全体にお湯がいきわたり、ハンドドリップの味を楽しむことができます。水からこだわりたい方には、浄水機能付きがおすすめです。

 

他にもお手入れが面倒な時、ボタン一つで内部の掃除をしてくれる自動洗浄付きも便利です。また、タイマー機能が付いていると、忙しい朝も美味しいコーヒーが味わえます。多機能付きだと価格はあがりますが、予算が合えば用途に合った機能付きがおすすめです。

 

さらにお手入れのことを考えて、給水タンクの着脱ができるものがいいでしょう。タンクを水洗いできればこびりついたカルキを落とすこともできます。

次に、主な全自動コーヒーメーカーのおすすめブランドの特徴などをご紹介していきます。聞きなれた名前も出てくるので要チェックです。

デロンギ

デロンギと言えば、全自動コーヒーメーカーをはじめとする家電メーカーの老舗です。本場のイタリアの味が堪能できる全自動コーヒーメーカーは人気を誇っています。人気の理由は機能性の高さです。エスプレッソからドリップコーヒーまで多彩なメニューを搭載しています。

 

デザインも本場イタリア仕込みのイタリアンテイストで、インテリア感覚で置くこともできます。本格派を目指す方におすすめのメーカーです。

シロカ

日本発の家電メーカーのシロカは、省スペースでリーズナブルな家電で知られています。日本の省スペースでも使い勝手がよいコンパクトタイプです。場所を選ばないシンプル設計は操作も簡単でわかりやすいことも特徴です。

 

シロカは全自動コーヒーメーカーのミルに力を入れていて、雑味の少ないコーヒーとコクと味を味わえるコニカル式を採用しています。シンプルスタイルで味にはこだわりたい方におすすめのメーカーです。

パナソニック

全自動コーヒーメーカーも含めて、信頼性の高い高品質の家電メーカーで知られています。こだわりのあるバラエティ豊かな機種があることが特徴です。全自動コーヒーメーカーでは「水」にこだわり、沸騰浄水をしてコーヒーを淹れる機種があります。

 

その他にも日本の老舗家電メーカーだからこそできる、斬新なアイデアを活かした細かな機能が搭載されています。手の届きやすい価格帯も人気の理由です。

ツインバード

ツインバードの全自動コーヒーメーカーは、目を引かれるようなスタイリッシュなデザインが印象的です。コーヒーをたてる工程が見えるデザインで、五感でコーヒータイムを楽しむことができます。

 

有名カフェオーナーの監修のもとに開発され、どんな杯数設定でも安定したクオリティー高いコーヒーを淹れることが特徴です。おうちカフェを実現したい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

全自動コーヒーメーカー NC-A57

価格:21,367円 (税込)

本格派の味が初心者でも楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バリスタが淹れたようなコクのある味わい高いコーヒーが楽しめるパナソニックの全自動コーヒーメーカーです。2種類のフィルターで豆を挽き分け、さらに好みに合わせてマイルドとリッチから選べるミネラルフィルターが採用されています。カルキを90%カットする沸騰浄化機能やミルの自動洗浄機能などたくさんのこだわり機能が搭載されているモデルです。好みに合わせて香りや味の違いを楽しみたい方におすすめです。

サイズ 22×24.5×34.22cm 重量 3kg
ミルの種類 プロペラ式 タイプ ドリップタイプ
フィルター 抽出量 約670ml
DeLonghi(デロンギ)

全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ECAM22112W

価格:54,780円 (税込)

日本限定機能「カフェ・ジャポーネ」付きモデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気機能の日本限定「カフェ・ジャポーネ」が搭載されたデロンギの全自動コーヒーメーカーです。エスプレッソのコクとドリップコーヒーのキレが融合された、日本人好みの深蒸しレギュラーコーヒーを淹れることができます。コーヒーの濃さ、量、抽出温度まで細かな設定ができることも魅力です。一杯ごとに淹れるイタリアンテイストの本格的なコーヒーを味わいたい方におすすめです。

サイズ 23.8×43×35cm 重量 9.5kg
ミルの種類 コーン式 タイプ エスプレッソメーカー
フィルター - 抽出量 1800ml
シロカ

全自動コーヒーメーカー SC-A211

価格:9,550円 (税込)

新ブレード搭載で粒度の均一度アップ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー豆をより均一の粒にし、うまみを感じることができるように改良されたカッターが搭載されたモデルです。蒸らしの工程が活かされた、雑味のないコーヒー本来の味を楽しむことができます。また、ステンレスメッシュフィルターが採用されていているので、コーヒー豆の油分が抽出された豆本来の味を堪能できます。スタイリッシュなボディとシンプルな操作ボタンもおすすめポイントです。

サイズ 17.3×22×27cm 重量 2.2kg
ミルの種類 プロペラ式 タイプ ドリップタイプ
フィルター メッシュフィルター 抽出量 580ml
ネスレ日本

ドルチェグスト ジェニオ2 MD9771

価格:15,600円 (税込)

サクッと簡単!おしゃれなバリスタ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水と好みのカプセルをセットして淹れるタイプ代表格のネスカフェバリスタです。全自動コーヒーメーカーではありながら、水とカプセルをセットするだけでコーヒーを淹れることができます。お手入れも簡単で、シンプルに早くコーヒーが飲みたい方におすすめです。カプセルはコーヒーの種類だけでも10種類以上あり、気分でコーヒー以外のカプセルに替えることもできます。

サイズ 16.5×25.8×29.6cm 重量 2.7kg
ミルの種類 - タイプ カプセル式
フィルター - 抽出量 1000ml
ツインバード工業(Twinbird)

全自動コーヒーメーカー CM-D457B

価格:27,800円 (税込)

プロの技を五感で味わえる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツインバードの全自動コーヒーメーカーは、専門店の味をおうちでも味わいたい方におすすめです。コーヒー豆の風味を損なわない臼式ミルで挽き、最適な蒸らしを施します。そして、6か所からのシャワードリップでさらに美味しさを引き出します。ハンドドリップに限りなく近いコクと香りが楽しめます。操作ボタンもシンプルでスリムなボディも人気です。

サイズ 16×33.5×36cm 重量 1.4kg
ミルの種類 臼式 タイプ ドリップタイプ
フィルター 抽出量 450ml
メリタ

全自動コーヒーメーカーAFT1021-1

価格:37,881円 (税込)

メリタゴールドスタンダードで至福のコーヒータイムを

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メリタの独自の抽出理論、「メリタゴールドスタンダード」が集結された全自動コーヒーメーカーです。雑味がでない臼式ミルで挽き、メリタ1つ穴抽出でコーヒーの味と香りを逃がしません。また、3段階の挽き目調節機能やタイマーも搭載されています。ステンレスポットは真空二重構造は挽きたての美味しさを保存してくれます。ホッパー、タンクの取り外しもでき、こまめなお手入れも簡単です。

サイズ 23.7×26.3×44.1cm 重量 4.7kg
ミルの種類 コニカル式 タイプ ドリップ式
フィルター 抽出量 1250ml
象印

珈琲通 EC-RS40

価格:21,680円 (税込)

珈琲通にはたまらない全自動コーヒーメーカー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お湯の流れ、蒸らし時間をマイコンで制御する「マイコン予熱&ダブル加熱95℃抽出」と「マイコンじっくり蒸らし抽出」機能が付いた象印マホービンの全自動コーヒーメーカーです。じっくりとコーヒーのうまみを引き出しでくれます。メッシュフィルターとペーパーフィルターのどちらでも使うことができ、味わいに変化をつけたい時にも便利です。アクセントカラーの保温ポットも保温性は優れています。

サイズ 24×37.5×25cm 重量 4.4kg
ミルの種類 プロペラ式 タイプ ドリップ式
フィルター 紙・ステンレスメッシュ 抽出量 540ml
シーシーピー(Ccp)

【BONABONA】 BZ-MC81

価格:4,380円 (税込)

豆からでも粉からでも!本格コーヒーが楽しめる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー豆からでも、挽いた粉からでも美味しいコーヒーを淹れることができる全自動コーヒーメーカーです。メッシュフィルターでコーヒー豆のうまみがそのまま味わえます。フィルター同様にミル付きバスケットも丸ごと水洗いが可能です。操作ボタンの数も少なく、初めて全自動コーヒーメーカーを使う方にはおすすめです。価格も手ごろでコンパクトタイプなので、置き場所も困りません。

サイズ 28.6×16.1×24.5cm 重量 2.6kg
ミルの種類 プロペラ式 タイプ ドリップ式
フィルター メッシュフィルター 抽出量 580ml
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

コーヒーメーカー 全自動 IAC-A600

価格:6,974円 (税込)

アイリスオーヤマ初の全自動コーヒーメーカー!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家電のことを知り尽くしているアイリスオーヤマが、全自動コーヒーメーカー初参戦のデビュー商品です。リーズナブルな価格とシンプルな機能は期待どおりの高評価。シンプルでありながら、豆の挽き目は粗挽きと中挽きから選択することができます。また、コーヒー豆本来のうまみをそのまま味わえるメッシュフィルターも搭載されています。豆と水の投入口も広く、使い勝手が良いのがおすすめポイントです。

サイズ 33.3×30.7×22.4cm 重量 2.5kg
ミルの種類 プロペラ式 タイプ ドリップ式
フィルター メッシュフィルター 抽出量 600ml
GAGGIA

アニマBX SUP043

価格:75,500円 (税込)

本場ミラノのエスプレッソをそのまま再現

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

究極のコーヒーを求めている方におすすめのミラノで生まれの本格的エスプレッソメーカーです。エスプレッソをはじめ、ラテ系など様々なメニューが楽しめます。バランス調整機能が搭載されていてコーヒー豆の特徴を感知し、豆量を自動で調整して挽くことができます。また、メニュー登録、カップの大きさ、温度や濃さもワンタッチで微調整が可能です。フラットカッターはセラミック製で、豆の加熱を防ぎ静音、耐久性に優れています。

サイズ 22.1×34×43cm 重量 7.5kg
ミルの種類 フラットカッター タイプ エスプレッソメーカー
フィルター - 抽出量 1800ml

スイッチひとつで、挽きたてのコーヒー豆を淹れてくれる全自動コーヒーメーカーはとても便利です。自宅に居ながら豆を挽く音や淹れたての香り、コクのある味を楽しむことができます。全自動コーヒーメーカーで至福の一杯を楽しんでみてはいかがでしょうか。