内蔵HDDを簡単に換装【リムーバブルケースの使い方とおすすめ10選】

パソコンの内蔵ドライブは、HDDやSSDの交換がとても大変ですが、リムーバブルケースを使えば簡単です。ここでは、そんなリムーバブルケースについて、その使い方を解説しつつ、おすすめのリムーバブルケースについても紹介していきます。

SATA接続のHDDやSSDを換装したり取り外すのは、経験したことがある方ならその面倒臭さがよく分かるのではないでしょうか。グラフィックボードが邪魔してSATAポートにアクセスしづらかったりSATA電源のケーブルを電源ユニットから引いてくる必要があったりと、ケーブル二本のストレスは大きいです。

 

配線を一度済ませてしまえばしばらく触る必要がないというメリットはありますが、容量がいっぱいになって換装したい、あるいは増設したいと思った時にまた配線地獄を味わう必要があると考えると気が滅入ってしまいますよね。

 

そんな時におすすめなのが内蔵ドライブのリムーバブルケースです。デスクトップPCの5インチベイに搭載されることが多く、ワンタッチでHDDやSSDを入れ替えることができるというメリットがあります。この記事で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐおすすめリムーバブルケース10選を見る

リムーバブルケースとは、パソコンの内蔵HDDをケースに収めることによりHDDの交換を可能にしたケースです。パソコンの5インチベイ等にHDDやSSDを差し込んで使います。パソコン本体を開けなくても、5インチベイに差すだけでHDDを入れ替えできるので便利です。

 

ストレージの増量には外付けHDDを使用する方法もありますが、比較的値段が高くなってしまうので、安価な内蔵HDDを使える他、内蔵HDDが多くなってきた時に、使いたい時に必要なHDDだけ使えるのでパソコン周りのスペースの無駄もなくなります。

 

一方、HDDを頻繁に交換することにより、接点が摩耗したり脱着の衝撃によりHDDが破損しやすくなり、アクセス障害などのトラブルが起きやすくなる点には注意が必要です。

リムーバブルケースをうまく活用すれば、さまざまなメリットがあります。そのメリットについて紹介していきます。

『換装の手間が要らない』

リムーバブルケースのメリットは、なんといってもHDDを差すだけですぐに使用できることです。内蔵HDDのケーブルの抜き差しもないので、比較的簡単にドライブの入れ替えもでき、面倒な配線も必要ありません。やや面倒なのは設置する最初だけです。

 

また、テレビの録画用HDDとしても活用できます。最近では4Kテレビも普及してきて、録画に大容量が必要となり、HDDがすぐに一杯になってしまいます。そんな時に、リムーバブルケースを使えば、HDDを簡単に入れ替えできて、外付けHDDをいくつも用意する必要がなくなります。

『ドライブの入れ替えが容易』

リムーバブルケースは、HDDの入れ替えもワンタッチででき、ケーブルも必要ないので、ビデオテープ交換をするのと同じ感覚で手軽にHDD交換ができます。また、OSも複数使用することができます。

 

用意したHDDの分、OSを使用することができ、もしHDDの不具合によりデータが破損してしまっても、被害はそのHDDだけでパソコン本体には影響がありません。

『使わなくなった5インチベイの有効活用』

パソコン本体のうち、光学ドライブなどの使わないドライブベイもある場合、そのドライブベイをリムーバブルケース用のスペースにして、有効に活用するという方法もあります。リムーバブルケースはコンパクトで、1つのドライブベイしか使わないため、空きスペースの有効活用に向いています

 

普段利用していないドライブベイを、ビデオカセットのように入れ替えて多くのHDDへの記録用に使えるとしたら、とても有効な活用方法と言えましょう。

今すぐおすすめリムーバブルケース10選を見る

リムーバブルケースは配線することなく設置できます。一度設置すれば、HDDなどを差すだけで、ドライブの向きを間違えなければ簡単に使用できます。そしてこのリムーバブルケースにはさまざまな使い道があります。

 

以下にその使い道などについて紹介していきますので、参考にしてみてください。

『2台のパソコン間で挿し直してすぐに共有』

リムーバブルケースを活用することによって、2台のパソコンの間でディスクデータを共有することができます。2台それぞれのパソコンの空いた5インチベイなどを使ってリムーバブルケース用にします。

 

そして片方のパソコンでデータ保存などをしたリムーバブルケースをHDDごと、別のパソコンに移せば、そのままのデータを別のパソコンでも使うことができ、転送時間がなくなり、時間を短縮できます

『ディスクを選択してデータを管理できる』

HDDなどを自由に入れ替えできるということは、それぞれの用途で保存しておくこともできるので、HDDを録画用やデータのバックアップ用、個人情報の保存用などに使い分けることができます。それぞれのHDDにラベルを貼っておけば、何が入っているか一目瞭然

 

さらに、データの種類ごとに、例えば録画用、データのバックアップ用、というように種類ごとに分けておけば、使う時にもその種類の中から探せるので、時短にもなります。このように各HDDなどの情報を管理しておくこともできます

『余ったディスクの有効活用』

HDDなどの使っていない余りがある場合、有効活用したいところですよね。しかし、普通にSATAポートを使ってパソコン本体に増設するには、とても面倒な作業が必要になります。加えて、たくさんのHDDなどを接続しようとすると、SATAポートの数が足りなくなります

 

そこで、空いたディスクベイを使ってリムーバブルケース用にすれば、自由にHDDを取り替えできます。つまりリムーバブルケースのスペースが1つできれば、SATAポートを使う必要がなくなり、SATAポートを確保することも考えずに済みます。

『RAIDも組める』

RAIDとは複数台のHDDを組み合わせることにより、仮想的な1台のハードディスクとして運用し、冗長性を向上させる技術のことです。あくまでも運用に対しての冗長性を確保するものであり、バックアップとは異なります

 

RAIDO構成の種類、使用するHDDなどによってもアクセス性能が変わってくるので注意が必要です。RAIDを組む際、リムーバブルケースと組み合わせて簡単にRAIDを構築できるRAIDユニットもあります

 

RAIDにはいくつかのモードがあり、2台のHDDに同じデータを書き込み、片方が破損してももう片方からデータの読出しを行えるRAID1モードや、2台以上のHDDにデータを分散して書き込み、処理速度を高速化させるRAID0モードなどがあります。

ここで「リムーバブルケースの選び方が分からない…」という疑問が出てこないでしょうか。ここでは、リムーバブルケースを選ぶ時のポイントについて解説していきます。

『搭載可能ドライブのサイズで選ぶ』

リムーバブルケースを選ぶ際、パソコンに搭載できるドライブのサイズに合わせなければいけません。通常は、搭載できるHDDなどのサイズはベイのサイズより小さくなります。例えば3.5インチベイのドライブがある場合は2.5インチサイズのHDDやSSDが使えます。

 

サイズによって厚さも変わってきますので注意が必要です。大きい方が厚くなります。なお最大容量もサイズが大きい方が増えるので、より多くのデータを記録することができます

『搭載可能台数で選ぶ』

リムーバブルケースによっては、1台に複数のHDDを設置できるタイプもあります。特に、RAIDを組む場合などはHDDを最低2台以上組み合わせるため、複数設置できることは最低条件になります

 

このように、用途によっては、HDDを1台だけでなく複数搭載できるものが必要になってきます。

『内蔵か外付けか』

リムーバブルケースは、基本的に内蔵のSATAタイプが多くを占めています。しかし、一部では外付けでUSB接続に対応したタイプもあります。例えば「裸族のお立ち台」という製品は、上部を覆うカバーがなく、ドライブをむき出しで使う設計になっています。

 

ドライブがむき出しではやや心配かもしれませんが、HDDの交換も簡単にでき、サイズもコンパクトなので気軽に使えます。パソコン本体に搭載して安全な内蔵タイプか、設置が簡単で、USB接続で気軽に使える外付けにするかで選択しましょう。

オウルテック

OWL-IE5CB

価格:2,609円 (税込)

HDDとSSDの増設が可能

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5.25インチベイに3.5インチHDDと2.5インチHDD/SSDをそれぞれ1台増設できます前面に電源スイッチが付いているので扱いやすいです。インナートレイは不要で、ドライブの着脱が楽です。実用新案のNSS(Non-scratch SATA)コネクタを採用しており、摩擦を軽減し、5万回の抜き差しが可能な高い耐久性を実現しています。頑丈なステンレスフレームを使用し、ゆがみなどの故障に強く、安心して使用できます。

メーカー オウルテック 商品名 OWL-IE5CB
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 5インチベイ x 1
HDDサイズx設置台数 - サイズ 148x42x184 mm
重量 395g
ラトックシステム

SA25-RC1-BKX

価格:3,073円 (税込)

スクリューレスにより簡単なHDD交換

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SA25-RC1-BKXは、パソコン本体の3.5インチベイに内蔵するSATA接続リムーバブルケースです。2.5インチのHDDやSSDをトレイに入れて交換できますスクリューレスのため交換は簡単です。本体に6Gbps対応のリピーターチップを搭載し、SATAコネクタや接続ケーブルなどによる信号の減衰を補正します。これにより、6Gbps転送時の安定性を向上していますFANレスのため音は静かです。

メーカー ラトックシステム 商品名 SA25-RC1-BKX
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 3.5インチベイ x 1
HDDサイズx設置台数 2.5インチ x 1 サイズ 102x25.5x147 mm
重量 299g
センチュリー

BPN-DE340SS-BK

価格:7,900円 (税込)

背面に8cm冷却ファンを搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレイスルー設計により、ドアを開けてHDDを入れるだけなので、HDDの出し入れが簡単です。5.25インチ3ベイに最大で4台のHDDを搭載することができます。背面には8cm冷却ファンを搭載しており、ファン回転数切り替えスイッチによりHighとLowの切り替えが可能です。アルミフレームを採用しているので軽くて頑丈、冷却もしやすいです。対応ドライブは、25.4mm厚までのSATA HDDです。

メーカー センチュリー 商品名 BPN-DE340SS
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 -
HDDサイズx設置台数 3.5インチ x 4 サイズ -
重量 1.3kg
センチュリー

CERS-BK(ブラック) 技あり楽ラックJr.

価格:1,573円 (税込)

出し入れが簡単

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インナートレイは不要で、SATA HDDをそのまま入れることができ、出し入れが簡単で確実です。出し入れは前面のレバー操作だけでできます。コネクタの取り外しやネジ止めも不要です。背面の電源コネクタは4PINタイプで、S-ATAとパワーコネクタの2種類を搭載しています。作動中はアクセスランプが点灯していて分かりやすいです。カラーはスーパーホワイトとブラックの2色から選べます。

メーカー センチュリー 商品名 CERS 技あり楽ラックJr.
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 5インチベイ x 1
HDDサイズx設置台数 3.5インチ x 1 サイズ 149x42x185 mm
重量 522g
ラトックシステム

SA3-RC1-BKX

価格:5,091円 (税込)

6Gbps対応のリピーターチップを搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコン本体の5インチベイにすっきり内蔵できるSATA接続のリムーバブルケースです。Dock本体には6Gbps対応のリピーターチップを搭載しており、高速転送の安定性を保っています。ドック本体とトレイには、挿抜可能回数500回以上の耐久性に優れたコネクタを装備しており、内蔵するディスクを直接抜き差しするタイプに比べ、HDDコネクタ部が破損しにくい構造になっています。

メーカー ラトックシステム 商品名 SA3-RC1
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 5インチベイ x 1
HDDサイズx設置台数 - サイズ 146x42x214 mm
重量 712g
ディラック

DIR-SG311

価格:2,880円 (税込)

キーロック機能搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホットスワップ機能に対応しており、リムーバブルケースの使い勝手を向上させています。キーロック機能により、不意なディスクの取り出しを防ぐことができます。高速転送デバイスであるSATA Ⅲに対応しており、最大転送レート6Gbpsという高速なデータ転送が可能です。

 

オプションの40mmファンを装着すれば、冷却ファンを使うことができます。そしてアルミ製のボディフレームは、ディスクの冷却効率を大幅に向上させます。回転数はLowモードとHighモードのいずれかから選べます。

メーカー ディラック 商品名 DIR-SG311
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 5インチベイ x 1
HDDサイズx設置台数 - サイズ 513g
重量 -
スターテック(STARTECH.COM)

25SATSAS35

価格:1,973円 (税込)

ドライブの取り外しが簡単なトレイレス設計

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2.5インチのSATAまたはSAS HDDまたはSSDを3.5インチSATA HDDに変換するコンバータです。最大高さ15mmのドライブに対応しており、一般的な2.5インチSATA/SAS HDDを3.5インチHDDと同様に使用することができます。トレイレス設計のため、ドライブのインストールや取り外しが簡単です。耐久性に優れた軽量プラスチック製で放熱用穴が付いているため、空気が流れHDDに熱がこもらない設計になっています。

メーカー スターテック(STARTECH.COM) 商品名 25SATSAS35
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 3.5インチベイ x 1
HDDサイズx設置台数 2.5インチ x 1 サイズ 100x25x145 mm
重量 136g
センチュリー

BPN-DE230SS-BK

価格:5,940円 (税込)

HDDを3台まで搭載できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレイスルー設計により、ドアを開けてSATA HDDを入れるだけです。HDDをスムーズに出し入れできます。最大3台までのHDDを搭載可能です。背面には7cm冷却ファンを搭載しております。ファン回転数切替スイッチにより、HighおよびLowへの切り替えができます。フレームはアルミ製で、冷却効果を高めます。対応ドライブは、厚さ25.4mmまでのSATA HDDです。

メーカー センチュリー 商品名 BPN-DE230SS
設置タイプ 内蔵型 設置ベイサイズx使用個数 -
HDDサイズx設置台数 3.5インチ x 3 サイズ -
重量 839g
ラトックシステム

SA3-DK1-U3X

価格:14,490円 (税込)

HDDに抜き挿しの負担をかけないトレイ式

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノートパソコンやスリムパソコンなどの内蔵ベイがないパソコンでも、外付け型のSA3-DK1-U3Xで手軽にトレイを交換できます。そしてHDDに抜き挿しの負担をかけないトレイ式です。トレイには、抜き挿し可能回数が500回以上の耐久性に優れたコネクタを装備しています。また取り外して保管する時は、添付のコネクタガードで、ほこりや衝撃からコネクタを守ります

メーカー ラトックシステム 商品名 SA3-DK1-U3X
設置タイプ 外付け型 設置ベイサイズx使用個数 -
HDDサイズx設置台数 2.5/3.5インチ x 1 サイズ 192x60x274 mm
重量 2.1kg
RAIDON Technology Inc.

iTANK i310-B31

価格:9,350円 (税込)

コンパクトで頑強なアルミボディ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

市販の2.5/3.5インチSATA HDDを1台搭載できるリムーバブルケースです。高速なUSB3.1 Gen2 TypeCポートを搭載しています。コンパクトなアルミニウムボディは、頑強さと美しさを兼ね備えており、搭載ドライブをがっちり保護します。メンテナンス性に優れるリムーバブルトレー方式を採用し、HDDの交換を簡単にできます。またアルミボディにより、内蔵ドライブの発熱を放熱するファンレス駆動です。

メーカー RAIDON Technology Inc. 商品名 iTANK i310-B31
設置タイプ 外付け型 設置ベイサイズx使用個数 -
HDDサイズx設置台数 2.5/3.5インチ x 1 サイズ 50x131x224 mm
重量 1.6kg

リムーバブルケースは、パソコン用のHDDを直接出し入れしたり、トレイに入れたりするだけなので、HDDなどの設置に配線は必要ありませんHDDなどを差すだけで、向きさえ間違えなければ、ビデオテープと同じような感覚で簡単に使えます

 

製品によって使い方はやや異なりますが、キーロックにより簡単に出し入れができないタイプや、フタを開けて出し入れするだけのタイプトレイに乗せるだけの簡単な構造のタイプなどさまざまあります。

SATA接続のHDDなどを交換するには通常、配線の手間が大変ですが、リムーバブルケースを使えば、ドライブの交換をするのがワンタッチでできて簡単になります。この記事を参考に、ぜひお気に入りのリムーバブルケースを見つけてみてくださいね。