小型ドライヤーのおすすめ商品10選|小さくて持ち運びしやすい!

コンパクトな小さいドライヤーは、パナソニックやテスコムなど多くのメーカーから販売されています。「旅行に持っていきたいけれど種類が多くどれにしていいか迷ってしまう」という人に向けて、小さいドライヤーの選び方とおすすめ商品を紹介します。

2022/03/09 更新

ドライヤーのサイズが大きいと思ったことはありませんか?髪が長い方は長時間ドライヤーも片手で持つ必要がありますし、外出先にドライヤーを持っていこうと思うと荷物がかさばってしまう...。もっとドライヤーが小さければ便利ですよね。

 

実はコンパクトドライヤーと呼ばれる、小さいサイズのドライヤーがたくさんあります。普段の利用でも扱いやすく、旅行時には大活躍してくれる一家に一台はあっても損はしない商品なのです。

 

コンパクトドライヤーと一区切りに言っても、折りたたみ式のものやコードレスのものなど様々なものがあります。そこで今回は小さくて使いやすいドライヤーの特徴・種類・具体的な商品を紹介します。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

今すぐ見る!小さい&軽量なおすすめドライヤー10選
Panasonic

ヘアードライヤー ナノケア  EH-NA0G

価格:29,700円 (税込)

髪の内側までうるおってツヤ感・まとまる髪へ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【髪の表面・内側にもうるおう】

高浸透ナノイーがキューティクルの隙間に入り込み、髪の内側にも潤いを与えてくれます。髪のうねりを抑えて滑らかな髪に導き、毛先までうるおった触りたくなるような手触りの髪を目指せます。

 

【5つのモードで使い分けできる】

仕上がりにツヤ感やまとまりを出したいなら「温冷リズムモード」、毛先の痛みが気になるなら「毛先集中モード」のように目的に合わせて5つのモードを選択できます。

 

【選べる3色】

ネイビー、ピンク、ホワイトの3色から選べます。無料のラッピングもできるので、家族や恋人の贈り物としてもおすすめです。

小さいドライヤーの特徴について2つのポイントがあります。詳しい特徴については商品紹介で説明しますのでここでは、簡単に解説します。

コンパクトヘアドライヤー

小さいドライヤーの特徴としては、持ち運びしやすいことが挙げられます。小型の手のひらサイズなら海外旅行にも持っていけますし、重量も軽いので荷物の邪魔にならないのもメリットです。多少サイズが大きくても折りたたみできるタイプは、トランクに入れても邪魔になりません。

携帯くるくるドライヤー

ドライヤーの種類としては、くるくるドライヤーもあります。ブラシが付いているのでセットしやすいのがポイント。小さいものは携帯にも便利で、出先やオフィスでカールが取れてしまったときもサっと取り出してスタイリングできます。

小さいコンパクトサイズのドライヤーを選ぶメリットは、主に軽くて手が疲れないことと、持ち運びに便利なことです。それぞれについて詳しく解説します。

手が疲れない

コンパクトドライヤーは軽いので、長時間利用でも手が疲れにくいのがポイントです。大きくパワーのあるドライヤーは急いで髪を乾かしたいときに便利ですが、自分で持って使う場合は使用時間が長くなると重くて手が痛くなることもあります。

 

ロングヘアであったり毛量が多い方は、乾かすまでに時間がかかってしまいますよね。乾かすのに長時間利用が必要な人でも、小さいドライヤーを使えば軽いので手が疲れにくく、重くて手が痛くなるというリスクを回避できます。

持ち運びに便利

コンパクトドライヤーはコンパクトで軽いので、旅行や出張などの外出時に持っていきたいときに大変重宝します。ホテルや旅館には大抵ドライヤーが常備されていますが、中には常備されていないところもあります。

 

そういう場合も小さいドライヤーなら、持っていけるので安心です。ホテルや旅館で常備されているドライヤーがあっても、普段から使い慣れているドライヤーを使いたいという人にもおすすめです。

今すぐ見る!小さい&軽量なおすすめドライヤー10選

小さいドライヤーを選ぶポイントは、大きさ・重さ・風量・静音性の4つです。それぞれの特徴について詳しく解説しますので、これから小さいドライヤーを購入しようと思っている人は参考にしてくださいね。

大きさ

ドライヤーの大きさによっては、扱いやすさや持ちやすさが変わります。扱いやすい物を選ぶことが大切ですが、自宅では大きいサイズを使い、旅行時に小さめなコンパクトサイズのドライヤーを持っていくという使い分けもおすすめです。

 

手のひらに収まるサイズは普段使いにも扱いやすく、旅行時にも携帯しやすいなどメリットがあります。使っているときは多少大きくても、折りたたみできるものなら旅行時にはコンパクトに収納できて便利です。

重さ

ドライヤーの重さによっても扱いやすさは変わってきます。一般的なドライヤーの重さは、400g~450g前後です。軽量・コンパクト・扱いやすさという観点で見た場合は、400g以下がおすすめです。

 

小さくコンパクトなドライヤーは、大半が400g以下で重さ的にも扱いやすいでしょう。中には300g以下の超軽量タイプもあるので、軽さにこだわって選びたい人は300g以下のものを探してみるとよいでしょう。

風量

ドライヤーは風量によっても髪が乾くまでの時間が異なります。ロングヘアや毛量が多い人は、風量が1.3m³/分以上あればかなりの大風量なので、素速く乾かすことができます。時短で手早く乾かしたい場合は風量1.6m³/分以上ものなら乾きやすいでしょう。

 

メーカーによる違いはありますが、大風量を売りにしているものは風量1.9m³/分以上~のドライヤーもありますが、小型のドライヤーは全体的に風量を抑え気味な商品が多いです。風量については、髪の長さや毛量に合わせて最適と思える物を選ぶのがおすすめです。

静音性

ドライヤーを使っているときはあまり気づきませんが、深夜や早朝に使うと周りに音が響きうるさいと思われる可能性があります。集合住宅ではドライヤーの音が響くこともあるので、静音性もチェックして選ぶのがおすすめです。

 

静音設計のタイプを選べば、深夜や早朝でも周りを気にせずにドライヤーを使用できます。目安としては普通の話し声が60dBで、怒鳴り声が90dBなので、90dB以下のものを選ぶとよいでしょう。(dBというのは、音の大きさを表す単位のことです。)

パナソニック(Panasonic)

ナノケア EH-NA0B-RP

価格:24,980円 (税込)

高浸透ナノイーを搭載

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナノケアシリーズでは初となる、高浸透ナノイー機能を搭載しています。水分発生量が従来の18倍にアップしており、髪の内側までしっかりと潤いを届けるのがポイント。髪を乾かしながらケアできるので、ダメージが気になる人におすすめです。

 

また、速乾ノズルを使えば、スピーディに乾かすことができるので、ロングヘアの方や毛量が多い方にもおすすめです。デメリットは価格が高めの設定になっていることですが、値段以上の性能は持っています。

風量 1.3㎥/分(ターボ時) 温度 ホット時125℃・スカルプモード60℃
機能 高浸透「ナノイー」・ダブルミネラルマイナスイオン・静電気抑制・「ナノイー」イオンチャージPLUS・UVケア・速乾ノズル(本体内蔵)・セットノズル 重量 575g
パナソニック(Panasonic)

ナノケア EH-NA2B-W

価格:10,040円 (税込)

お手頃価格のナノケア

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトボディでも1.3㎥分とパワフルなので、ロングヘアや毛量の多い人も素速く髪を乾かすことができます。速乾ノズルを使えばさらに時短になるのがポイント。ナノイー機能を搭載しているので、髪の水分を与えしっとりとまとまった仕上がりになります。

 

一つ前に紹介したナノケア「EH-NA0B」は最新モデルのナノイーを搭載していたのに対して「EH-NA2B」は旧式のナノケアを搭載しているため、性能は劣りますが値段は半分程度に設定されているため、お求めやすい商品になっています。

風量 1.3㎥/分(ターボ時) 温度 約110℃(ターボ時/室温30℃の時)
機能 ナノイー・静電気抑制・ナノイーイオンチャージ・速乾ノズル 重量 475g
パナソニック(Panasonic)

イオニティ EH-NE2A-N

価格:2,800円 (税込)

マイナスイオンの格安モデル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温風とマイナスイオンの吹出口を分けたことで、マイナスイオンに含まれる水分量を熱から守ります。マイナスイオンが髪にしっかりと届くので、乾燥を防ぎ髪にツヤを与えるのがポイントです。速乾ノズルは毛束をほぐさずに乾かせるので、毛量が多い人も乾きやすく時短になります。

 

高品質の商品を販売していることで人気なメーカーであるパナソニックのドライヤーの中ではかなり安い価格設定となっているため、サブドライヤーとして使用する場合やとりあえず安めのドライヤーが欲しいという方におすすめです。

風量 1.3㎥/分(ターボ時) 温度 約110℃(ターボ時)
機能 外付けマイナスイオン・速乾ノズル 重量 420g
パナソニック(Panasonic)

イオニティ EH-NE1A-A

価格:2,200円 (税込)

激安のパナソニックドライヤー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温風で髪を乾かしながら、外付けの吹出口からマイナスイオンが出るので乾燥の原因となる静電気を防ぎます。マイナスイオンが温風の影響を受けにくいので、髪のダメージがひどい人も安心です。コンパクトでもパワーがあり、素速く乾かしたいときに向いています。

 

一つ前に紹介した「イオニティEH-NE2A」の旧式モデルで、価格はEH-NE2A以上にやすいです。とはいえ、性能・価格ともにそこまで違いはないので、カラーなどのデザインで決めてもいいと思います。

風量 1.3㎥/分(ターボ時) 温度 約110℃(ターボ時)
機能 外付けマイナスイオン 重量 405g
コイズミ

KHD-9210/P

価格:3,780円 (税込)

独自ノズルで風力がアップ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風量が1.9㎥/分とパワフルなので、ロングヘアの人や毛量が多い人も素速く髪を乾かすことができます。ツインマイナスイオン機能を搭載しており、パワフルな風量でも髪をいたわるのがポイント。

ワンタッチでターボモードへの切り替えができるなど、扱いやすさも魅力です。実際の口コミでも、髪を素早く乾かすことができると好評です。壊れやすいとの声もありますが、この価格帯なら十分の性能はあります。

風量 1.9㎥/分 温度 -
機能 ツインマイナスイオン 重量 515g
テスコム

TID2600

価格:5,980円 (税込)

最大風量 2.5㎥/分という高い速乾性

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大風量 2.5㎥/分と大風量で、髪を素速く乾かすことができます。大風量でも72デシベルと音が静かな静音設計というのも魅力です。プロテクトイオン機能を搭載しているので、乾燥を防ぎます。ロングヘアの人や毛量が多い人も髪を乾かす時間を短縮できるでしょう。

 

また、付属のハンズフリードライスタンドを使うことで、両手が自由に使えてゆったり快適に乾かせます。価格も高くないのでコンパクト・大風量を求めるならこの商品で間違いなしです。

風量 2.5㎥/分 温度 80~107℃
機能 プロテクトイオン 重量 670g
mod's hair

マジックヒートブラシ MHB-2575-W

価格:2,470円 (税込)

折りたたんでコンパクトに収納できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで扱いやすいサイズのくるくるドライヤーは、折りたたむとさらにコンパクトになります。25mmの使い勝手の良いサイズで、海外の電圧にも対応しているので海外旅行に持っていきたいときにおすすめです。

 

立ち上がりも速く、180℃の高温でスタイリングもバッチリ決まります。通常のドライヤーとは仕様がかなり異なり、持ち運び時にもやけどの危険性があるので、使用時には細心の注意を払って使用してください。

風量 - 温度 180℃
機能 折りたたみ式 重量 225g
パナソニック(Panasonic)

ターボドライ1200 EH5101P-A

価格:1,225円 (税込)

キュートなイタリアンカラー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キュートなカラーは気分をあげてくれると口コミでも評判な商品です。コンパクトで扱いやすいのに、ターボドライで素速く乾かすことができます。風量はターボ・セット・コールドの3種類があり、用途に合わせて使い分けられるのもポイントです。

 

コンパクト&軽量で旅行にも持ち運びやすいです。全ドライヤーの中でもトップレベルの価格の安さをほこるので、迷ったら買ってみると良いと思います。旅行用と割り切って2つ目のドライヤーとして買うのも良いでしょう。

風量 1.1m3/分 温度 -
機能 - 重量 395g
シャープ(SHARP)

プラズマクラスターイオンヘアスタイラー IB-CB56-R

価格:8,490円 (税込)

プラズマクラスターでツヤサラ髪に

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ独自のプラズマクラスターを搭載した、くるくるドライヤーです。コンパクトで扱いやすく、ブラシヘッドを外せばさらにコンパクトになるので、旅行や出張に持っていきたい時にも便利。サロン発想のブラシで、スタイリングしやすいのもポイントです。

 

くるくるドライヤーの性能としても、狙ったところに熱を与えやすい設定になっており扱いやすいです。価格はそれなりのお値段なので、ドライヤーの価格と合わせて使えるお金を考えてから購入しましょう。

風量 - 温度 -
機能 プラズマクラスター 重量 398g
LightYou

サーモスタットヘアドライヤー

価格:1,980円 (税込)

大風量・低騒音のドライヤー

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイナスイオンを搭載しているので、髪のダメージが気になる人におすすめです。風量は3段階調製できて、3種類のノズルを使い分けることもできます。コンパクトで扱いやすいので長時間の使用にも便利。サーモスタット機能により熱くなりすぎないので安心です。

 

また風量は1.9㎥/分とかかくのわりに大風量であり、静音性にも長けていることから、性能が高いドライヤーであることが分かります。価格も大手家電メーカーの似たドライヤーよりも安いため、お得な商品となっています。

風量 3段階 温度 -
機能 マイナスイオン・サーモスタット 重量 460g

10選ではご紹介できませんでしたが、無印のトラベルドライヤーも大変人気があります。無印らしいシンプルなデザインでコンパクトなので、旅行時や出張時にも携帯しやすいのが魅力です。

 

専用ポートが付いているので、持ち運ぶときはポーチに入れておけばコンパクトに収納しておけます。重量は320gと軽いので、長時間使用でも手が疲れにくいのもポイントです。シンプルなデザインが好きな人は無印のトラベルドライヤーをチェックしてみてくださいね。

海外で日本製のドライヤーを使うにはいくつか注意が必要な点があります。注意すべきは電圧の違い・プラグの形状・充電電池のタイプです。3つの注意点を紹介しますので参考にしてください。

海外対応ドライヤー

旅行や出張で海外に行くときドライヤーを持っていきたいなら、海外対応のドライヤーを選びましょう。日本と海外では電圧が異なるため、日本製のドライヤーを海外に持っていってもそのままでは使えません。

 

メーカーによる違いはあるものの、日本国内で生産されているものは日本の電圧で使用することを前提としているため、海外で使うと故障のリスクがあります。ただし海外の電圧にも対応しているモデルなら使えますので、必ず対応している電圧を確認して選んでください。

プラグの形状もチェック

コンセントのプラグは国によって形状が異なります。日本製のドライヤーを海外に持っていっても国ごとにプラグの形状が違うので使えません。海外で日本製のドライヤーを使うには、変換プラグが必要です。

 

変換プラグは国別で決まっているので、事前に調べて用意しておきましょう。単体で使用するものもありますが多機能変換プラグなら、1つ持っているとさまざまな国のプラグに対応できるので、あれこれと買い足す必要がなく経済的です。

充電式には注意!

充電式のコンセントドライヤーは海外旅行や出張に持っていくのに大変便利な反面、リチウム電池を内蔵しているタイプは注意が必要です。預け荷物にはNGとなっているため機内持ち込みになりますが、本体からリチウム電池を取り外せないものは持ち込み不可となることも。

 

持ち込めても他の電化製品がある場合は、個数に制限を設けていることがあるので、利用する航空会社の規定を事前に確認することをおすすめします。持ち込み不可となっているのに持ち込んだ場合は、航空法違反になる恐れがあるので注意しましょう。

小さいドライヤーは日常使いにも便利ですし、旅行や出張に行くときもコンパクトなので携帯に便利です。コンパクトでも大風量のものや、マイナスイオンを搭載しているものなど性能で選ぶこともできます。持っておくと便利なので気になる気になる人はぜひチェックしてみてください。