ミシン針の付け方が知りたい!交換時の注意点を詳しく解説

ミシン針の付け方が分からず困っている方はいませんか?ミシン針の取り付けって難しそうと思う方もいるかもしれません。ですが、手順が分かれば簡単に付けられます。今回は、ミシン針を付ける際の注意点やポイントを詳しく解説していきます。

2021/06/02 更新

自宅で過ごすことが増えたことにより、手縫いではなくミシンを使ったより凝った小物作りにチャレンジしたいという方も多いのではないでしょうか。ですが、ミシンを使用するにはミシン針やミシン糸などをセットしておく必要があります。

 

初心者で意外とつまずきやすいのがミシン針の取り付けです。ですが、慣れてしまえばミシン針の着脱は案外難しくありません。しかし、取り付けの際に注意すべきポイントがいくつかあります。また、ミシン針は徐々に傷む性質のある消耗品のため交換が必要です。

 

そこで今回は、ミシン針の着脱方法や注意点について解説します。針を交換すべき時期についても解説しているので、常にミシンを快適に使いたい方は参考にしてくださいね。

ミシンで生地を縫うには、ミシン針の取り付けが欠かせません。手順を間違えなければ簡単に取り付けられるので、正しい取り付け方をマスターしてくださいね。また、取り付け時の注意点もあわせてチェックしましょう。

 

針を正しい向きで差し込む

ミシン針の差し込み口には針止めネジが付いているので、まずはネジを緩めましょう。その後、針の根元から差し込み口に入れます。なお、差し込み口にはストッパーが付いており、ストッパーに当たるまで差し込まなければいけません

 

針を中途半端な位置で固定したまま使うと、ミシンが故障する恐れがあります。また、ミシン針の装着時には針の向きにも注意が必要です。家庭用ミシンを使用する場合、平らな面を奥側に向けて取り付けましょう

ネジを締めて固定する

ミシン針を差し込んだら、左手で針を押さえながら針止めネジを右手で締めましょう。その後、はずみ車を回し、ミシン針が針落ち穴に入ることをチェックすれば装着完了です。ネジはしっかり締めないと針が固定されず、故障に繋がる場合があるので注意しましょう。針落ち穴に入らない場合は正しく装着されていないため、付け直しが必要です。

工業用ミシン針の正しい向きを確認するJUKI製針の方向チェッカー

家庭用ミシンでは針の方向が違うと装着できないため、向きを間違える心配はほとんどありません。しかし、工業用ミシンの針には平らな面がなく、間違った向きでも刺さってしまいます。針の向きが違うと、縫い目がきれいに仕上がりません

 

そのため、針の方向をしっかり確認する必要があります。針の向きを間違えるのが心配な方には、JUKI製の方向チェッカーがおすすめです。先端に磁石が付いており、ミシン針と接着させることにより簡単に向きを合わせられます。

ミシン針が傷んだときや、太さを変えたいときは交換が必要です。ミシン針を交換するときには、それまで使っていた針を外さなければいけません。そこで、ミシン針の外し方を解説しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

電源を切り押えレバーを下げる

ミシン針を取り外すときは、最初に必ず電源を切りましょう。電源を入れたまま作業すると、誤って針を動かしてしまう可能性があります。針が動くと手に刺さり、ケガをする危険性があるため注意が必要です。また、押えが上がった状態では針をスムーズに外せません。そのため、電源が切れていることを確認したら、押えレバーを下げましょう。

ネジを緩めて針を外す

針を付けるときに締めた針止めネジを緩めれば、ミシン針を取り外せます。針を支えながらネジを緩め、ゆっくり針を外しましょう。ミシン針は力を入れすぎなくても簡単に外せるので、優しく丁寧に作業することが大切です。針を外すときに強い力を加えると故障する場合があるので、針を無理やり取るようなやり方は控えましょう。

ミシン針の付け方や外し方は、基本的には機種ごとに大きな違いはありません。しかし、一部のミシンでは特殊な設定が必要となる場合があります。ここで解説した手順でミシン針の着脱ができない場合は、各メーカーの公式サイトを確認しましょう。使っているミシンのメーカーに応じて、公式サイトのQ&Aページを参照してみてくださいね。

ミシンには3つの種類があり、取り付け可能な針や耐久性などが異なります。家庭用ミシンは返し縫いやジグザグ縫いなど、縫い方を選べるのが魅力です。職業用ミシンは直線状にしか縫えませんが、貫通力が高いため厚い生地もきれいに仕上がります。工業用ミシンは最もパワーに優れている上、耐久性も高く24時間使用が可能です。

ミシン針は9~16号に分類され、号数が大きいほど太い針であることを表します。生地の厚さに応じて、適切な太さの針を選ぶことが重要です。厚い生地に細い針を使うと、針が折れたり曲がったりする可能性が高いので注意しましょう。

 

ハンカチのような薄手の生地を縫うときには、9号のミシン針が適しています。ワイシャツやタオルなど、中程度の厚さの生地には11号前後の針がおすすめです。ジーンズのような厚手の生地には、14号以上の太い針を使いましょう。

ミシン針は消耗品なので、いつまでも同じ針を使い続けることはできません。針を交換しなければ、ミシン本体や作品に悪影響を及ぼします。どのようなタイミングで針を交換すればいいか解説しますので、チェックしてみましょう。

針を交換しないとどうなる?

ミシンを使っていると、ミシン針にトラブルが起きることが少なくありません。厚い生地に細い針を使ったときや、針を落としたときは針の先端が変形する場合があります。また、絡まった糸を強く引っ張った場合、針が折れ曲がることも多いです。

 

ミシン針が変形すると生地をスムーズに通らず、きれいな縫い目ができにくくなります。さらに、最悪の場合はミシンが故障する恐れもあるので注意が必要です。針に少しでも異変が見られたら、迷わず新しい針に交換しましょう

針の交換時期はいつ?

ミシン針の寿命は、生地の質や使用環境などによって変わります。ですが、ミシン針は消耗品のため、寿命に関係なく早めに交換するのがおすすめです。針先の潰れたものでは、きれいな仕上がりにはなりません。また、布の種類や厚さ・薄さなどで複数の針を使い分けるのもおすすめです。

ミシンが使えると衣類を補修できるだけでなく、オリジナルの作品作りが楽しめます。生地の厚さに合わせて針を選び、快適に縫えるように針を交換しながら作業しましょう。ぜひミシン針の付け方をマスターして、自分だけの作品を作ってみてくださいね。