ダイキン MCK55T 空気清浄機の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.16
最安値:¥29,800
ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55がどんな人におすすめなのかを評価しました。

MCK55Tの基本スペック

  • 適用床面積 : 25畳
  • イオン有無種類 : マイナスイオン
  • 風量 : 5.5立方M/M
  • 加湿機能有無 : ●
  • 運転音最小 : 19.0dB
  • 運転音最大 : 53.0dB
  • 集塵フィルタ買替交換対応 : ●
  • 最大消費電力 : 56.0W
  • 自動運転 : ●
  • MCK55Tのショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    ダイキン MCK55Tの商品情報

    ダイキン MCK55Tの基本スペック

    ダイキン

    ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~25畳/加湿:~14畳) MCK55T-W ホワイト

    価格:48,924円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーダイキン (DAIKIN)商品名加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55T-W ホワイト・MCK55T-T ディープブラウン・MCK55T-マルサラレッド
    サイズ700mm×270mm×270mm機能空気清浄機能、加湿機能、PM2.5 99%除去、アクティブプラズマイオン放出機能、有害ガスおよび花粉分解機能
    適用床面積25畳センサーPM2.5も素早く検知する「トリプル検知」センサー
    最大風量5.5(㎥/分)洗浄時間・加湿清浄時間11分(空気清浄モードで8畳部屋を洗浄する時間)
    フィルタの交換周期10年

    MCK55Tのフィルター

    ダイキン

    ダイキン 空気清浄機用交換フィルター(1枚入り)DAIKIN 集塵フィルター KAFP080B4

    価格:4,914円(税込)

    Amazonで詳細を見るヨドバシで詳細を見るビックカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    約10年を目安に交換が必要です。

    ※定期的にお手入れをした場合の交換目安となります。

    ダイキン MCK55Tのおすすめポイント

    PM2.5もすばやく検知するトリプルセンサーを搭載

    MCK55Tは計3種類のセンサーがあり、

    ホコリ・PM2.5・ニオイの多さや強さがどれくらいあるのか

    分かりやすく表示しています。

     

    そのランプの色は緑・橙・赤の順に空気が汚れていることを示してくれます。

     

    就寝時間にランプの光が気になる方は、明るさを調整することも可能です。

    ダイキン特有の空気清浄機能「アクティブプラズマイオン」、「ストリーマ」で有害物質を分解

    イオンを空気中に放出することで、

    カビ菌やアレル物質などの表面に付着し分解する「アクティブプラズマイオン」機能と、

    プラズマ放電の一種である「ストリーマ」で、

    集塵フィルターに捕獲した有害ガス、花粉を分解

     

    以上のダブル方式でフィルターに捕獲したニオイや菌、カーテンなどの付着臭も抑制します。

     

    気になるPM2.5も0.1~2.5㎛の粒子を99%除去可能です。

    どんな室内環境にでも調和するデザイン性

    MCK55Tは直線的なデザインを採用。

    インテリアとしても一役買います。

     

    カラーバリエーションも、ホワイト、ディープブラウン、マルサラレッドの3種類と豊富で、

    シンプルなデザインであることから、様々なお部屋の雰囲気に合わせることが出来ます。

    サイズも700mm×270mm×270mmとスリムな形状のため、場所を選びません。

     

    「空気清浄機は欲しいけど置き場所に困っている…。」といった方におすすめです。

    ダイキン MCK55Tの徹底レビュー (評価・口コミ)

    ダイキン MCK55Tの悪い点をレビュー

    痒い所に手が届かない?MCK55Tを使いこなすにはリモコン操作が必須か

    MCK55Tは空気清浄機には珍しくリモコンが付属しています。

    このリモコンによる操作で慣れてしまえば問題は無いのですが、多機能である故か、

    一部の機能や設定を変更するには、本体の操作パネルからは変更できません。

     

    主に

    ・湿度を変更したいとき

    ・チャイルドロックを使いたいとき

    ・表示ランプの明るさを変えたいとき

     

    以上の操作はリモコンからのみ設定を変更出来ます。

    繊細な人は要注意!他社製品と比べて音が気になる

    他社製品に比べて音がうるさいというレビューが多くありました。

    風量が多くある時ならば仕方ありませんが、最低風量でもうるさいとのこと。

     

    「ストリーマ」が放電しているとシューという音がするので

    それも原因のひとつかもしれません。

    ※ストリーマの出力を抑えることで音も控えめにすることが出来ますが、

    リモコンからのみ設定可能です。

    水タンクに難あり!スリムさ故の欠点も

    スリムさをウリにしている製品のためか、肝心の水タンクが小さく

    水の補給は他の製品に比べて頻繁にする必要があります。

     

    他にも、指をかけるところが無くて不安定だったり、

    キャップがちゃんとしまっているかが分かりにくいとのレビューも見受けられました。

    加湿機能の過剰表示に要注意!

    MCK55T本体には、現在しつどランプという

    室内の湿度が何%かを10%刻みで表示するランプがありますが、

    実際に湿度計で測ったものよりも大きめの数字が表示されます。

     

    加湿性能そのものはきちんと効果はあるようですが

    自分が設定したい湿度に合わせにくいという欠点があります。

    ダイキン MCK55Tの良い点をレビュー

    お部屋の空気の汚れ具合はトリプルセンサーで一目瞭然!

    MCK55Tは計3種類のセンサーで

    ホコリ・PM2.5・ニオイの多さや強さがどれくらいあるのか

    分かりやすく表示しています。

     

    外で干していた洗濯物を室内に取り込んだ際はPM2.5のセンサーが反応し

    料理や食事後にはニオイに反応して空気を清浄したとの声がありました。

     

    また、ランプの明るさは調整することが出来るので

    就寝時等にランプの光が気になる方にもおすすめです。

    空調専業メーカーの本領発揮!空気清浄機としての効果は文句なし

    ダイキン特有のダブル方式が空気清浄機としての効果をふんだんに発揮。

     

    「アクティブプラズマイオン」でカビ菌やアレル物質を分解し

    「ストリーマ」により集塵フィルターに捕獲した有害ガス、花粉を分解します。

     

    有害物質の分解機能により、

    花粉やPM2.5に困っている方も「改善された」との声が多数ありました。

    インテリア重視の方は要チェック!スリムな形状かつスタイリッシュなデザイン

    700mm×270mm×270mmといったスリムな形状から

    MCK55Tの購入を決めたという声が多数ありました。

     

    3種から選べるカラーバリエーションの豊富さ

    スタイリッシュなデザインであることから

    インテリアとしても映える存在に。

     

    「空気清浄機は欲しいけど、置き場所に困っている」という方におすすめです。

     

    ダイキン MCK55Tの口コミを集めました

    本体だけで全ての操作が出きると思っておりましたが、リモコンでしか無理な操作があるのでリモコンを紛失したり、頻繁にあれこれ切り替えする方にはやはり店頭デモ機で操作確認をお勧めします。自分は頻繁に切り替えませんので大丈夫ですがリモコン紛失だけは避けなければと思いました

    出典:https://kakaku.com

    よく物を失くしてしまう方は気をつけてください。 MCK55Tはリモコン操作でのみ変更可能な機能があるので 万が一、リモコンを失くしてしまうと 一部の機能が一切使えなくなってしまうので注意が必要です。

    本体だけで全ての操作が出きると思っておりましたが、リモコンでしか無理な操作があるのでリモコンを紛失したり、頻繁にあれこれ切り替えする方にはやはり店頭デモ機で操作確認をお勧めします。自分は頻繁に切り替えませんので大丈夫ですがリモコン紛失だけは避けなければと思いました

    出典:https://kakaku.com

    ・湿度を調整したいとき ・チャイルドロックを使いたいとき ・表示ランプの明るさを変えたいとき 以上の操作は、本体の操作パネルから設定出来ません。 リモコンを用いて設定する必要があります。

    タワー型の外見は格好良く、性能的にも良いのだとは思いますが、ただ一点、最低風量での運転時にも結構うるさいです。いままでパナソニック製の空気清浄機しか使っていなかったので、まさか低風量時にこんなに音がするとは思いませんでした。もちろん、節電モードにすれば風が止まるから静かですが、それでは意味がありません。形状の制約でファンの径が小さいこと(つまり高速回転)や風の通る部分が狭い上、ダクト状の本体内の騒音が高いところにある(耳に近い)吹き出し口から全部出てくることが原因かもしれません。もう一段階風量を落とした運転モードがあっても良さそうですが、残念ながらそうはなっていません。 カタログや製品レビューには「静か」だと書かれていますが、空気がきれいになった後の平常運転時にはパナソニック製とは雲泥の差です。店頭などでは騒がしいので低風量時の運転音は確認しにくいですが、個室や寝室などの静かな空間での使用を検討している方は要注意です。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    こちらは音についてのレビューです。 パナソニック製品とも比べている内容で 「空気清浄機として、ある程度の効果は欲しいけど音も小さいほうが良い!」 という方は他社製品を検討してみるのも良いかと思います。

    加湿用のタンクが小さく空っぽになるまでの時間が通常の空気清浄機の半分ほどです。 気密性の高いマンションなので仕方ないと思いますが、これもデザインとのトレードオフといったところでしょうか。

    出典:https://kakaku.com

    タンクの水が早く切れるとのレビューは多少見受けられます。 これについては他の製品に比べて形状をコンパクトにした関係上 出てきてしまう問題でもあります。

    湿度の表示が盛り気味ですかね。 吹き出し湿度が65%位なのに常に70%を指してます。 20畳のリビングですが部屋の湿度は60%をキープできていて優秀です。 この季節に窓が結露するほどですから大した物です。

    出典:https://kakaku.com

    加湿性能事態は悪くないようですが、湿度の計測が正しくないのか 湿度計で測った数字よりも、MCK55Tで表示されている数字のほうが 大きく表示されているようです。

    身内のアレルゲン(ペットの毛)対策で購入。 電源を入れるだけの、自動運転で動かしています。 ランプのつく項目はホコリ・PM2.5・ニオイとあり、何が反応しているか一目瞭然です。 3つの部屋の中間地点で動かしていますが、どの部屋のニオイなどにも反応して動いています。 特にニオイの項目は頻繁に稼働しているようです。(芳香剤などの良い香りでも反応している) また、外に干していたタオルを取り込んだりするとPM2.5がよく反応しています。 当のアレルギー持ちの身内は、これをつけからアレルギー咳の回数が減り、夜もよく眠れているようです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    トリプルセンサーについてのレビューです。 本体のランプは緑、橙、赤の順にホコリ等を多く検知していることが分かるので 視認性が良いです。 また、リモコンの操作で明るさを調整することが出来るので 部屋の明かりを消した際、ランプの明るさが気になる方にもおすすめです。

    【清浄能力】 かなり優秀です。花粉症気味なのでこの製品を導入する直前まで、目がシバシバしたり、喉がイガイガしてましたが、この製品が来て丸1日設置したリビングにいたら、全く症状が出なくなりました。 【脱臭能力】 これも凄いです。 リビングはダイニングも兼ねているので、食事後のニオイが酷かったのですが、料理をはじめるとニオイとPM2.5が反応して食後30分位稼働して、稼働が終わった頃にはニオイも取れて、今まで寒い思いして換気してたのはなんだっただろうなぁと早く買っとけばよかったです。

    出典:https://review.kakaku.com

    花粉症患者の方は、家にいても服についた花粉から症状が出る方も多数いますが MCK55Tを使用してからリビングでは発症しなくなったとの声が多数ありました。

    除湿機の給水タンクの出し入れは面倒なので、手の届きやすい所に置こうとしたら、スペースが取れない。そこでコンパクトな機種に着目。 シャープのKI-GS50も魅力的だったが、コンパクトな機種は、メカニカルな構成を従来と変えているものが多く、除湿機能を使った時に水がなくなると悪臭発生等のトラブルの報告が散見される。その点、第2世代の本機種は、レビューを見ても、不具合報告が殆ど無いので、こちらに決めた。 到着して、設置してみての印象は、インテリアとして映える。渋い赤(マルサラ・レッド)の効果かなんとなくやる気の出るデザイン(笑)。

    出典:https://kakaku.com

    水タンクの補給が他の製品に比べて必要とされているMCK55Tですが このレビューでは本製品のスリムさを活かして、手の届きやすい所に置くことで欠点を補完しているように思えます。

    初めて買った空気清浄機であるが、省スペースで場所を取らない。 使い始めてから、部屋のホコリがたまるのが遅くなっているようだ。 ニオイに対しても敏感に反応している。 加湿機能は気化式で穏やかに加湿。フルで加湿しているとやや音が大きいが、私は許容範囲内。 操作もシンプルに割り切っていて好感。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    MCK55Tはコンパクトなサイズのため 「格好良い」、「省スペース」との声が多く寄せられていました。 ただし、このレビューのように 音についても気になるとの声も多くあります。 リモコンからの操作でストリーマの出力を抑えることで 音を小さくも出来ますので、気になる方は試してみるのも良いかと思います。

    ダイキン

    ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~25畳/加湿:~14畳) MCK55T-W ホワイト

    価格:48,924円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーダイキン (DAIKIN)商品名加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55T-W ホワイト・MCK55T-T ディープブラウン・MCK55T-マルサラレッド
    サイズ700mm×270mm×270mm機能空気清浄機能、加湿機能、PM2.5 99%除去、アクティブプラズマイオン放出機能、有害ガスおよび花粉分解機能
    適用床面積25畳センサーPM2.5も素早く検知する「トリプル検知」センサー
    最大風量5.5(㎥/分)洗浄時間・加湿清浄時間11分(空気清浄モードで8畳部屋を洗浄する時間)
    フィルタの交換周期10年

    ダイキン MCK55Tの関連商品と比較する

    MCK55T と MCK55U の違い

    ダイキン

    ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~25畳/加湿:~14畳) MCK55U-W ホワイト

    価格:31,600円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MCK55Tは2016年に発売したのに対して

    MCK55Uは2017年に発売した後継機となります。

    上記製品のスペックの差は全くありません。

    唯一違いがあるところは、カラーバリエーションの違いのみです。

     

    MCK55UにはMCK55Tと同じく

    ホワイト・ディープブラウンのカラーバリエーションの他に

    フォレストグリーンがあります。

     

    ただし、マルサラレッドのカラーはMCK55Tのみのカラーになるため

    空気清浄機としての能力も同じであることから

    お部屋の雰囲気に合わせて赤色が良いと思う方にはMCK55Tがおすすめです。

    MCK55T と MCK55S の違い

    ダイキン工業

    DAIKIN 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55S-W

    価格:138,406円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MCK55Sは2015年発売、

    MCK55Tと比較して1年前のモデルとなります。

     

    MCK55Sはブライトオレンジ・ホワイト・ディープブラウン・ミッドナイトブルーの

    計4色とカラーバリエーションが豊富です。

    こちらもMCK55Uと同様に、各基本スペックもMCK55Tと同じなので

    比較表は割愛しておりますが、唯一の違いとして

    MCK55SにはHEPAフィルターが搭載されていません。

     

    HEPAというのは日本工業規格(JIS)の規格品で

    粒径が0.3㎛の粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率があることから

    花粉やダニなどの微細なものも捕らえる集塵効果があります。

     

    カラーバリエーションにこだわりがないのであれば

    空気清浄機としての能力が高いMCK55Tをおすすめします。

    MCK55T と MCK70T の違い

    ダイキン

    ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 空清~31畳 加湿~18畳 MCK70T-T ビターブラウン

    価格:286,401円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    MCK70TはMCK55Tと同時期に発売されたモデルとなります。

    カラーバリエーションはホワイトとビターブラウンの2種類のみです。

     

    どちらも直線的でスタイリッシュなデザインですが

    こちらの2製品にはスペックの差は大きく違います。

    空気清浄機として能力については

    MCK55Tは適用床面積25畳、洗浄時間が9分なのに対し

    MCK70Tは適用床面積31畳、洗浄時間が11分となっています。

     

    「サイズがひと回り大きい分、MCK70Tのほうがパワフル」といった印象です。

     

    置き場所には余裕があり、「MCK55Tよりも空気清浄や加湿機能が欲しい」という方に

    良い性能ですが、

    空気清浄機は電源を入れてから数時間は付けっぱなしのことが多い製品でもありますので

    1~2分を争うほどまでの効果は必要なく、むしろ置いてても邪魔にならないことを優先したい方にはMCK55Tがおすすめです。

    ダイキン MCK55Tの総合評価

    ダイキン

    ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~25畳/加湿:~14畳) MCK55T-W ホワイト

    価格:48,924円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーダイキン (DAIKIN)商品名加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55T-W ホワイト・MCK55T-T ディープブラウン・MCK55T-マルサラレッド
    サイズ700mm×270mm×270mm機能空気清浄機能、加湿機能、PM2.5 99%除去、アクティブプラズマイオン放出機能、有害ガスおよび花粉分解機能
    適用床面積25畳センサーPM2.5も素早く検知する「トリプル検知」センサー
    最大風量5.5(㎥/分)洗浄時間・加湿清浄時間11分(空気清浄モードで8畳部屋を洗浄する時間)
    フィルタの交換周期10年

    ダイキンの空気清浄機 MCK55Tについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    MCK55Tの概要としましては

     

    トリプルセンサーにより、ホコリ・PM2.5・ニオイをすばやく感知すること。

    ダイキン特有の機能である「アクティブプラズマイオン」と「ストリーマ」で

    有害ガスや花粉を分解すること。

    以上の2つの機能が相乗効果を生むことで、空気清浄機としての高い効果が見込めます。

    JIS規格品のHEPAフィルターを搭載していることも安心できる要素のひとつです。

     

    またそれに加えて、スリムさに加えてスタイリッシュなデザインかつ

    カラーバリエーションも豊富であることから

    置き場所を選ばす、インテリアとしても一役買ってくれることも嬉しいポイントです。

     

    以上のことから

    ・花粉やPM2.5に悩まされている方、タバコや料理のニオイを改善したい方。

    ・空気清浄機の購入を検討しているが、置き場所が限られている方。

    ・カラーだけでなく、インテリアにこだわりのある方。

     

    そんな方々には是非、このMCK55Tをおすすめしたいと思います。

     

    関連する商品

    空気清浄機の人気商品