パナソニック クッキングヒーター KZ-CX1

最安値:¥49,374
パナソニック KZ-CX1 IHデイリーホットプレートの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック KZ-CX1 IHデイリーホットプレートがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2023/11/20 更新

ランク王編集部

しまわずに置けるおしゃれさ!2品同時調理可能なホットプレート

本商品は、パナソニックより発売されている薄型で洗練されたデザインのホットプレートです。片付けをしないで食卓にそのまま置いておける「デイリー設計」になっており、忙しい朝や夜にも大活躍します。さらに、2品同時に調理ができる「ダブルIH熱源」を搭載し、食材やレシピごとに使い分けることができます。

また、スタンバイモードや前面ツマミによって安全性にも配慮。そのため、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心してお使いいただけます。左右で異なる料理を作っていても、それぞれに温度設定を行えるので、焼きムラや失敗が怖い方にも使いやすくておすすめ**です。

KZ-CX1の通販サイト比較

楽天 ¥49,374

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥78,900

在庫 : ○

送料 : 無料~

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

KZ-CX1の基本スペック

設置タイプ
卓上
グリル種類
-
ヒーター【口】
2口
ロースター
-
火力【W】
75W相当〜1400
グリル火力【W】
-W
火力調整【段階】
7段階
クイックラジエントヒーター
-
電源【V】
100V
電気容量【A】
-A
消費電力【W】
1.4 kW
トッププレート色
ホワイト系
左右フリー
-
タイマー
チャイルドロック
-
水無ロースター
-
揚げ物温度調整
自動湯沸し
-
オールメタル対応
-
天面操作
-
標準幅【cm】
-cm
寸法【mm】
本体:幅59.3cm×高さ4.6cm×奥行32.3cmmm
重量【kg】
4.9 kg

この商品が紹介されている記事

IHホットプレートのおすすめ7選|パナソニックは生産終了したって本当?のサムネイル画像

IHホットプレートのおすすめ7選|パナソニックは生産終了したって本当?

2023/11/30

業務用におすすめの大型ホットプレート9選|レンタル業者も紹介【大きいサイズ】のサムネイル画像

業務用におすすめの大型ホットプレート9選|レンタル業者も紹介【大きいサイズ】

2023/09/05

便利な左右温度調整付きホットプレートがおすすめ!|同時に2品調理ものサムネイル画像

便利な左右温度調整付きホットプレートがおすすめ!|同時に2品調理も

2023/08/10

温度も別々!2品同時に調理できる2面ホットプレート【アイリスオーヤマ・パナソニック】のサムネイル画像

温度も別々!2品同時に調理できる2面ホットプレート【アイリスオーヤマ・パナソニック】

2023/08/10

白いホットプレートおすすめ8選|アイリスオーヤマ・プリンセスも!汚れは目立つ?のサムネイル画像

白いホットプレートおすすめ8選|アイリスオーヤマ・プリンセスも!汚れは目立つ?

2023/08/10

【5人家族も】大型ホットプレートの人気おすすめ15選|大きいサイズの基準は?のサムネイル画像

【5人家族も】大型ホットプレートの人気おすすめ15選|大きいサイズの基準は?

2023/08/10

IHクッキングヒーターおすすめ15選|オールメタル対応・卓上タイプものサムネイル画像

IHクッキングヒーターおすすめ15選|オールメタル対応・卓上タイプも

2023/08/10

ホットプレートのおすすめメーカー紹介&おすすめ16選|タイガー・象印ものサムネイル画像

ホットプレートのおすすめメーカー紹介&おすすめ16選|タイガー・象印も

2023/08/10

大人数で楽しめるホットプレートおすすめ10選&パーティー料理のサムネイル画像

大人数で楽しめるホットプレートおすすめ10選&パーティー料理

2023/08/10

日本製のホットプレートはどこのメーカーが発売している?おすすめ商品もご紹介!のサムネイル画像

日本製のホットプレートはどこのメーカーが発売している?おすすめ商品もご紹介!

2023/08/10

【2023年版】最新ホットプレートおすすめ10選!トレンドのおしゃれ・薄型モデルものサムネイル画像

【2023年版】最新ホットプレートおすすめ10選!トレンドのおしゃれ・薄型モデルも

2023/01/28

【2023版】プレゼントに人気のホットプレート14選|誕生日・結婚祝いのサムネイル画像

【2023版】プレゼントに人気のホットプレート14選|誕生日・結婚祝い

2023/01/28

この商品と同じメーカーの商品

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。
パナソニック(Panasonic)

パナソニック IHデイリーホットプレート ホワイト KZ-CX1-W

メーカー
パナソニック(Panasonic)
商品名
KZ-CX1-W(ホワイト)
ヒーター
2口
火力
75W相当~1400W
電源
100V
機能
タイマー、揚げ物温度調整
寸法・サイズ
593×46×323mm
重量
4.9kg
プレートが、簡単に傷が付くし、目立つし。 火力としては問題なし、一般的なホットプレートからみたら、加熱速度が、かなり早い。 IHだからかな。

出典: https://www.amazon.co.jp

KZ-CX1のプレートはフッ素コートされているのでキズがつく心配はなさそうに思えますが、キズがついてしまったんですね。このような口コミはほとんどなかったのですが、対策としては、調理具をキズがつきにくいものにするしかありませんね。
プレートの横幅がありお好み焼きでは2枚を同時に焼けるなどスピードアップがはかれました。焼肉もカタログなどに紹介があるように2つの温度設定が同時に使える点は便利かと思います。一方で難点もあります。ほかのホットプレートなどと比べ専用プレートの縁が低く炒め物などをする際には縁から食材が非常にこぼれや易いです。その対策として専用プレートガードも購入しましたが専用プレートと専用プレートガードとの間に隙間があり食材こぼれ防止には役立ちません。テーブルの上に置いたままで使えるが謳い文句ですがそのために専用プレートも薄くしたのがあだとなっているような気がします。メーカーさんには縁の高い専用プレートの併売わお願いしたい。

出典: https://www.biccamera.com

お好み焼きが2枚同時に焼けるのは便利ですね。しかし、気になるのは専用プレートガードが役に立ってないことです。具がはみ出ないためのものなのに活用できないとなると、炒め物は不安ですね。
購入時の注意点です。 60cmタイプのコンロ台に置いて使用する予定でしたが、本体の右にプラグ?があるので、置けませんでした。台を置いてその上に置くことになりました。 本体サイズにはプラグが飛び出る分が入っていないので、置く場所に気をつけてください。

出典: https://www.yodobashi.com

こちらの口コミでは置き場所について書かれています。卓上に置く仕様ですが、コンロ台に置く場合や小さめのテーブルに置く場合は、本体サイズ+プラグで計算して、場所を確保した方がよさそうです。
あまりに高く感じ購入を躊躇したが、購入して大正解! お好み焼きは1度に大きいのが2枚、フタもあるのでキャベツもジューシー。 おウチ焼肉は最高。片方を高温にしてお肉、もう片方は低温で野菜。 脂が落ちる構造ではないが、キッチンペーパーでサッと拭き取れば問題もない。 プレートを外せば普通のIHとして鍋物も可能。 ただし宣伝にあるような大量の餃子は温度ムラがあり、大量には難しい。 朝食も個人的には1度試して、普通に用意するより面倒に感じた。

出典: https://www.yodobashi.com

焼肉で使用するときの使い方が書かれていてとてもわかりやすい口コミです。また、大量の餃子には向いてないようなので、大量に焼けないのは残念ですが、量を調整して焼いた方がいいですね。
2008年頃発売の同仕様のIHホットプレートからの買い替えです。 専用のプレートは広々と2面で違う料理も作ることもできプレートを外してIH専用の土鍋で鍋料理などで重宝しています。 発売年の昨年11月購入後に10回ほど使用していますが快適です。 価格は手頃とは言えませんが卓上料理が多い家や幼児がいてガスが不安などな方には向いていると思います。 かなり重量があり大きいので収納場所に悩みましたがキッチンのスチールラックの高さを変えて最下段に置いて必要な時すぐに使えるようにしています。

出典: https://www.rakuten.co.jp

こちらの口コミで気になる点は、「かなり重量があり大きいので収納場所に悩む」という内容です。片づけなくてもいい仕様とはいえ、それぞれ使い方はありますから、使わないときに直す方は重さに気をつけた方がよいですね。
【デザイン】 すっきりしたデザインと色で、ダイニングに馴染みます。 無印な感じで、好みです。 【操作性】 操作レバーで使いやすいです。 デジタルは操作がかえって手間で使いにくいので、こちらのがよいと思う。 【火力】 ホットプレートとは思えない、強力なパワーで満足です。 逆にお好み焼きなどは焦げやすいので注意です。 【手入れのしやすさ】 フラットなので、拭くだけで簡単です。凸凹がないスッキリデザインのおかげですね。 汚れもつきにくいです。 【汎用性】 火力が強いので、焼肉から、鍋まで大抵はこなせます。 【総評】 火力が強く使いやすいです。 またダイニングに馴染むし、フラットで邪魔にならないので、 テーブルが大きければ、汎用性も高いので、おきっ放しがいいとおもいます。

出典: https://kakaku.com

こちらの口コミで注目したのはお手入れのしやすさです。ホットプレートは掃除が面倒ですから、これは助かります。お手入れのしやすさを高評価している口コミは多いので、多くの方に認められている性能ですね。
外観もお洒落で常時テーブルに置いていてもOKかと思います。 2口別々に温度設定も出来色々な場面で利用できて大変重宝しています。 調理設定の真ん中のSWレバーが若干慣れないと使いずらい感じがしますが今の所特に問題は無さそうです。 鍋類は支障が出ない様パナソニック製の物を先ずは揃えましたが、他のメーカーのIH対応の鉄製鍋でも使えています。 今までに経験のない感覚の食卓になるかも知れません。但し些か高価ではあります。

出典: https://kakaku.com

こちらの口コミで気になるのは、「パナソニック製以外のメーカーでIH対応の鉄製鍋でも使える」という内容です。他メーカーの鍋類でも使えるのであれば、もともと家にあるものも使用できるかもしれないので、コスパがいいですね。
ずっと小学生の子供2人に料理を教えたかったのですが、激狭キッチンで火力の強いガスコンロの前に親子で立つのが危険すぎて出来なかった。昨日これが届いて、さっそく広い食卓で簡単な朝食メニューを教えました。自分で作ったものは特別に美味しいもので、半熟ハムエッグを克服!?なにより料理ができる自分に自信を持ってくれました。明日はクレープを作ろうと、大喜びです。 夜はプレートを外して鍋を囲みました。火力、文句なしです。 冷凍餃子も、油を少々ひくとカリカリのキレイな焦げ目がつきます。 手入れは、テフロンに慣れている人でも驚くほどツルツルで、水とキッチンペーパーで元通り。鉄フライパンを振り続けてきた私には、夢のようです。 他メーカーで、スタイリッシュで安いものが出ていて気になりましたが、蓋なし。この商品には蓋が付いていたのが購入の決め手になりました(とはいっても、蓋は戦士の盾みたいでデカイですから、片方使いの蒸し焼きの時は普通の鍋の蓋をカパッと置くだけで十分です。) プレートがシルバー、周囲が白、そしてそして!コードも白(よく見ると淡いグレー?)です! しばしば、○印○品やバル○○ーダなどのスタイリッシュなものに限って、生活感むき出しの黒コードにガッカリさせられてきたので、嬉しいです。 今までのホットプレートの中で最も高価でしたが、このデザインに、手入れしやすいプレートを外すとコンロにもなり、左右片方だけでも使用できるという素晴らしさを考えると、今年一番の良い買い物でした。 但しプレート、意外と重いです。

出典: https://www.amazon.co.jp

ホットプレートはガスや火を使わないので、お子さんと一緒に料理するのにとても向いています。また、誤った操作で加熱操作されないようにスタンバイモードもありますので、安心してお子さんと料理できますね。
パナソニックが発売したホットプレート。IH式で独立した2基のヒーターを備えているというのが最大の特長。6月下旬に行われたメーカー主催の体験会に参加し取材した。 本体サイズ幅約59.3×奥行32.3×高さ6.9センチと横長サイズ。シンプルでスッキリとした"インスタ映え"するデザインで、似たような製品として、プリンセスの「テーブルグリル・ピュア」が思い起こされるが、日本の大手家電メーカーが手掛けるだけに、高度な技術が詰め込まれている。 まずは冒頭で述べたとおり、2口の熱源を備えていること。同様の機能はアイリスオーヤマが発売した「両面ホットプレート」にもあるが、フラットな1枚のプレートでこれを実現しており、IHヒーターを採用している点も異なる。 本製品の火力は最大1400Wと高火力。温度帯では140~250℃で、10℃単位で細かく設定できる他、90℃で保温ができるのも特長だ。ヒーターの熱を鍋に伝える間接加熱のシーズヒーターに対して、IHヒーターはコイルから発生する磁力線が鍋を自己発熱させる直接加熱のために安定した温度制御や予熱が早く、消費電力も抑えられることもメリットだ。本製品では、2基と各々2つのセンサーを備えることで、左右で異なる温度制御が可能なため、2品同時調理で卓上でバリエーション豊かな調理を楽しむことができる。 ホットプレートをはじめ、調理器具は熱をいかに冷却できるかが重要だが、本製品ではそのために必要なファンを新規に開発。構造面でも側面から排気できるように設計を見直し、6.9センチという薄型化に成功した。広い調理スペースを確保するため本体の縦横は相応のサイズだが、薄型でスッキリとしたスマートなデザインで、卓上に出しっぱなしでも違和感がなく、ダイニングの主役として常設された、"囲炉裏"のような存在で、新たな食のスタイルを叶えてくれるユニークな商品だ。 調理器具と言えば、お手入れ性も不可欠な要素だが、プレートはフッ素加工でこびりつきにくく、もちろん取り外して水洗いが可能。ただし、本体相応のサイズで重量もあるため、持ち運びやシンクのサイズによっては難儀する可能性も。ストレートでスッキリとしたデザインのプレートは美しくて好感が持てるものの、実用面ではちょっとした課題がないわけではないという留意点も挙げておきたい。

出典: https://kakaku.com

こちらはプロの方が書いた口コミです。デザインやサイズについてや火力、お手入れについても書かれていてとても参考になる書き込みです。使い方は様々ですので、良い面も悪い面も踏まえて検討してください。

KZ-HP2100はKZ-CX1より前に発売された下位モデルで、卓上式のIHホットプレートです。写真を見比べてもわかるように、カラーやアイテム数が違いますが、その他にどのような点があるのでしょうか。

 

どちらも卓上で手軽に調理が楽しめて、プレートなどはフッ素加工されているので、お手入れも楽ちんです。大きな違いはというと、付属品、運転音の調整、寸法サイズ・重量、価格があります。

 

付属品は、どちらも平面プレートとフタが付いていますが
、KZ-HP2100の方は鍋も付いています。

 

この鍋では、だし作りが手間いらずでできる「鍋だし作りコース」があり、煮立ったら自動で火力を落として吹きこぼれを防ぐことが可能なので、簡単にこんぶだしをとることができます。

 

さらに、鍋につきっきりになる必要がないので、だし作りの間に食材を準備することもできます。

 

また、平面プレートにも違いがあり、KZ-HP2100には「ダイヤモンドハードコート平面プレート」という、耐久性が高いセラミックとダイヤモンドの微粒子を添加したフッ素でプレートをコーティングしています。そのため付属されている金属ヘラを安心して使用できます。

 

続いて運転音の調整についてですが、KZ-HP2100には、3段変速ファンが搭載されており、弱火調理で発する音を静音化する設計になっています。

 

寸法サイズ・重量は、KZ-CX1が593×46×323mmと4.9kgに対し、KZ-HP2100は511×55×351mmと3.5kgで、KZ-HP2100の方が少し小さくて軽いです。

 

価格はというと、KZ-CX1より前に発売されているのもあり、KZ-HP2100の方が10,000円~20.000円ほど安いです。価格は幅広いので、ご自身で再度チェックされた方が良いかと思います。

 

どちらのモデルもおすすめですが、検討されているのでしたら、付属品や年式、価格に大きな違いがりますので、どの用途でよく使うかや購入予算を踏まえて選ばれてください。

KZ-CX1とKZ-HP1100は、どちらも卓上で手軽に調理が楽しめて、お手入れも楽ちんなIHホットプレートです。

 

大きな違いは、搭載コース、フッ素加工、運転音の調整、寸法サイズ・重量、価格があり、中でも搭載されているコースは使ううえでかなり違ってきますので注目する点です。

 

KZ-HP1100には、だし作りが手間いらずでできる「鍋だし作りコース」が搭載されています。専用鍋は別購入になりますが、煮立ったら自動で火力を落とすので、鍋につきっきりになる必要なく、こんぶだしも簡単にとることが可能です。

 

フッ素加工については、どちらも加工されてますが、KZ-HP1100には耐久性が高いセラミックとダイヤモンドの微粒子を添加した「ダイヤモンドハードコート」という、フッ素でコーティングされており、付属の金属ヘラを安心して使用できます。

 

続いて運転音の調整についてです。従来のIHホットプレートでよくある、弱火調理で発する音ですが、KZ-HP1100は「静音設計」されているので、3段変速ファンで静音化を実現しています。

 

寸法サイズ・重量は、KZ-HP1100の方が小さくて軽く、KZ-CX1が593×46×323mmと4.9kgに対し、511×55×351mmと3.5kgです。

 

最後に価格ですが、購入方法やショップによって異なりますが、KZ-HP1100の方が15,000円~20.000円ほど安いです。専用鍋は別購入になるのでかなり差額があります。

 

どちらのモデルも手軽に使用できるので、重視する機能や価格を見極めて検討されてはいかがでしょうか。