【徹底解説】PCモニターの掃除方法を解説|手垢や拭き跡の取り方【水拭きは?】

PCモニターを掃除したくても、ベタベタした手垢や白い拭き跡がなかなか取れなくて困っている人も多いのではないでしょうか。この記事では、PCモニターの掃除方法や、モニター掃除に適した道具やアイテムをご紹介します。掃除で困ったときに、ぜひ参考にしてください。

2022/05/19 更新

毎日パソコンで仕事をしていると、モニターの汚れが気になることはありませんか。タッチパネル対応のモニターだと、ベタベタした手垢だらけにもなりがちです掃除をしないと、画面の見やすさにも影響してくるので、ここは定期的に掃除をしておきたいところ。

 

しかし、手軽なためついティッシュで拭いてしまい、なかなか汚れが取れなかったり逆に繊維がついたりして、ますます汚れが気になったことはないでしょうか。また、白い拭き跡などが残ってしまうのも悩ましいところです。

 

この記事では、どなたにでも簡単にできるPCモニターの掃除方法をご紹介します。どの方法も意外とすぐにできるので、ぜひ毎日実践して快適なモニターを維持しましょう。

モニターは、ほこりや指紋などで意外とすぐに汚れてしまいますが、ティッシュで拭くとなると静電気で繊維が付着してしまい、なかなかきれいにはなりません。そこで、ここではモニター掃除におすすめの道具をご紹介します。

布で乾拭きがおすすめ

軽い指紋などには、繊維の毛羽立ちが少ないメガネ拭き用クロスや、マイクロファイバーが最適です。気づいたときにサッと拭くことができる上、柔らかい素材なので画面を傷つける心配もありません

 

また、何度も繰り返し使うことができ、ほこりや指紋もとってくれるので優秀なアイテムといえるでしょう。マイクロファイバーは拭き跡も残りにくく、しっかり汚れを絡め取ってくれます。しかし、こびりついた手垢などの汚れは落ちにくいので覚えておきましょう。

しつこい皮脂汚れには液晶用のウエットティッシュ

クロスやマイクロファイバーで取れない汚れには、専用のウエットティッシュがおすすめです。モニターなどの液晶専用なので、画面を傷つけることなく使えます。水滴の跡も残りにくく、指紋などの汚れもしっかり拭き取れる便利なアイテムです。使ったらそのまま捨てられるので楽に使えます。帯電防止効果があるものを選びましょう。

エレコム

エレコム ウェットティッシュ 液晶用 クリーナー

価格:716円 (税込)

液晶画面にやさしいノンアルコールタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液晶ディスプレイ専用のノンアルコールウエットティッシュです。三菱ケミカルの超極細分割繊維をメッシュ状に加工した不織布で、力を入れずに軽く拭くだけで指紋やほこりなどの画面汚れをしっかりと除去してくれます。拭き取り後のホコリの再付着を軽減する帯電防止効果あり

メーカー エレコム 商品名 エレコム ウェットティッシュ 液晶用 クリーナー

モニター用スプレーで取れない汚れにも対応

専用のスプレータイプは、油脂を落とす成分が入っているので溜まった汚れも落ちやすくなっています。また、帯電防止効果があるので、静電気による新たなほこりや繊維の付着を抑えることも可能です。クロスだけでは落ちなかった油脂汚れも、専用のスプレーでしっかりきれいにすることができます。

エレコム

クリーニングリキッド ディスプレイ用 クリーニングクロスセット

価格:400円 (税込)

除菌・帯電防止効果付き

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リキッドタイプのスプレー商品です。アルコールフリーで指紋や油膜汚れをしっかりと取れる優れもの。マイナスイオンが汚れを吸着し、しつこい汚れもしっかりと浮き上がらせます。専用のお掃除クロスも付いているのですぐに使えて便利です。嬉しい除菌効果付きで、スマホやタブレットもきれいにできます。画面に直接は噴射できません。

メーカー エレコム 商品名 クリーニングリキッド ディスプレイ用 クリーニングクロスセット
重量 113g

拭き跡を残さないための基本的な掃除手順は、以下の通りです。

 

  1. モニターの電源を切る
  2. 大まかなほこりを取る
  3. クロスなどで拭く
  4. 乾拭きをする

 

始めにホコリをしっかり取っておかないと、摩擦で画面が傷つく恐れがあるので注意しましょう。また、光沢のないノングレアタイプの液晶は、どうしても拭き跡が残りがちです。ウェットティッシュなどで拭いたあと、乾く前にクロスなどですぐに乾拭きをしましょう。または拭き跡の残りにくいタイプの専用ウエットティッシュを選んでください

PCモニターの掃除の際に気をつけて欲しいのが、やさしく擦るという点です。汚れが取れないからといって、ゴシゴシ強くこするのはやめましょう。また、アルコール成分の入っているウエットティッシュは、モニター掃除には不向きです。液晶パネルの表面にはコーティングが施されており、アルコールにより画面を傷める可能性があるので注意しましょう。

モニターをきれいに保つには、いくつかコツがあります。帯電防止効果があるウエットティッシュやスプレーを活用し、普段からほこりが付着するのをあらかじめ抑えることも1つの手です。また、使わないときはカバーをかけるのも有効でしょう。

 

また、保護フィルムを貼れば直接汚れがつかないようになるので、これを取り替えることで掃除を楽に済ませることも可能です。パソコン周辺や作業中には、なるべく飲食をしないようにすることも汚れ防止になるでしょう。

いずれの掃除道具も、安価で手間がかからずにすぐに使えるものばかりです。パソコン周りに準備しておき、気になったらすぐに拭けるようにしておくといいでしょう。毎日作業終了時に、モニターを拭く習慣をつけるのも良いですね。見やすいモニターだと目の負担も軽減されますので、ぜひ定期的にモニター掃除を心がけてください

# 掃除