HDDは中古品でも大丈夫?購入・使用時の注意点や取扱店舗などを紹介

HDD購入の選択肢の1つが中古品です。この記事では中古HDDの利用について解説します。中古HDDを購入や使用する際の注意点や販売店などを詳しくご紹介していきますので、中古HDDの購入を検討されている方は、ぜひご覧ください。

2021/12/24 更新

HDDはデータ保存に便利なパーツで、パソコンをはじめ、ナビやレコーダーに使われています。個人でもデータ保存用に、外付けHDDや自作パソコンのパーツとしてHDDを購入する機会があります。

 

HDD購入の選択肢の1つが中古品です。中古のHDDは新品のものより安く購入できる一方、データを保存するパーツなので不安に思う方も多いと思います。中古のHDDならではの注意点があるので、それらを把握した上で購入するのがおすすめです。

 

この記事では中古HDDの利用について解説します。中古HDDの購入や、使用する際の注意点などを詳しくご紹介していきますので、中古HDDの購入を検討されている方は、ぜひご覧ください。

まずはHDDがどのようなものであるのか、その特徴や用途、搭載されている機器などをご紹介します。「HDDのことをよく知らない」という方はぜひご覧ください。

写真や動画などのデータを保存できる記憶装置

HDDはHard Disk Driveの略語で、写真や動画など、さまざまなデータを読み込んだり、書き込んだりできる大容量記憶装置です。不揮発性メモリなので、電源を落としてもデータが消えません。

 

同じような記憶装置であるSSDと比べ、読み取り速度が遅いですが、容量あたりの単価が安く、パソコンやレコーダーをはじめ、さまざまな製品で使用されています。またHDDは個人向けにも内蔵HDDと外付けHDDが販売されており、外付けHDDは写真や動画の外部記憶装置として広く普及しています。

HDDの用途や搭載機器

HDDはそれほど読み取りを速度を求められない場合や、大容量化が進んでいることから一定以上の記憶容量を求められる場合に適しています。

 

HDDはパソコンの他にも、ナビやテレビ、レコーダーといった動画を保存する家電製品やゲームにも搭載可能です。外付けHDDを接続するだけで録画を行えるテレビもあるなど、幅広い用途で活用されています。

HDDはさまざまなデータを格納できる大容量記憶装置ですが、中古品を使用しても大丈夫なのか不安な方も多いかと思います。ここからは、中古HDDの購入や使用する際の注意点を解説していきます。

中古パソコン専門店での購入がおすすめ

中古HDDを購入するなら中古パソコン専門店での購入がおすすめです。中古パソコン専門店では買い取り後に必ず使用テストやエラーチェックを行っており、販売基準に満たないものはジャンク品として取り扱われているからです。

 

中古HDDは見た目で良し悪しを判断するのが難しいため、販売店で内部をチェックしているかどうかが大きな判断材料になります。フリマアプリは信頼できないですし、リサイクルショップでは簡単な接続テストしか行われていない場合もあるので、中古パソコン専門店で買うのが無難です。

HDDの状態をチェック

中古HDDを購入したら、使用する前にセクターエラーチェックを行い、HDDの状態をチェックしましょう。中古HDDはセクターエラーがあるものですが、どれくらい多いかで状態の善し悪しがわかります。

 

チェックはフリーソフトのCrystalDiskinfoなどで簡単に行なえます。チェックの結果、HDDの状態が悪いようなら使うのやめる大丈夫な場合でも中古HDDは突然壊れることがあるので、繋ぎとして使うのがおすすめです。

大切なデータの保存には使用しない

中古HDDに大切なデータを保存するのはやめましょう。先述の通り、中古HDDは状態が良好なものでも突然壊れることがあります。家族との思い出や重要な仕事の資料など、消えると取り返しがつかない、大切データは別に保存しておくのがおすすめです。

 

また中古HDDをシステムドライブに使用するのもやめましょう。更新処理などが行われる際にかなりの負荷がHDDにかかり、異常が発生してしまうことがあります。

新品と中古の価格相場を比較していきます。HDDの価格は記憶容量と、HDDのサイズによって異なります。また同じ容量・サイズでも製品によってピンキリがあるので、あくまで目安としてお考えください。また、中古HDDは調査日に在庫があったもののおおよその平均です。

 

容量/サイズ 新品 中古
1TB/3.5 約6,000円 約2,000円
3TB/3.5 約14,000円 約5,000円
1TB/2.5 約6,000円 約3,000円
4TB/2.5 約14,000円 約11,000円

 

以上の通り、中古は新品よりも大幅に安いものが多いです。状態チェックの手間や途中で壊れるリスクよりも、価格が魅力的に思う方は中古を検討してもいいでしょう。中古に不安がある方は新品がおすすめです。

中古のHDDを販売している店舗を3つご紹介します。

 

  • じゃんぱら
  • ハードオフ
  • ドスパラ

 

それぞれの特徴と公式サイトへのリンクを付けていますので、気になるお店はぜひのぞいてみてください。

じゃんぱら

じゃんぱらはパソコンやスマホ、デジタル家電の中古販売・買取店です。中古品の販売・買取だけでなく、iPhoneの修理も行っています。

 

中古品販売は安いだけでなく、店舗にてHDDの全領域クラスタスキャンなど、万全のチェックを行って販売しています。また中古品の他にアウトレット品や未使用品も販売しているので、中古品に抵抗がある方も一度覗いて見るのがおすすめです。

 

公式サイトはこちら

ハードオフ

ハードオフはパソコン・オーディオ・楽器・カメラなど、さまざまな商品の買取・販売を行っているリサイクルショップです。ネットモールだけでなく、全国に実店舗を多く構えています。

 

中古品は全店舗にある商品を注文できるため、品揃えが豊富で未開封品も販売されています。受け取りは在庫がある店舗に行くことも、近くの店舗に送ってもらうことも、自宅に送ってもらうことも可能です。

 

公式サイトはこちら

ドスパラ

ドスパラは、BTOパソコンを中心とした国内大手のパソコン専門ショップです。創業1992年の老舗で長年培ってきた実績と技術力で、中古品でも満足できる商品を提供しています。

 

中古品は中古パソコンから中古パーツまで取り扱っており、それぞれ厳重に動作チェック。14日間の全額返金保証や最大3ヶ月の動作保証をつけるなど、はじめてでも安心して中古品を購入できます。

 

公式サイトはこちら

HDDはそもそも消耗品です。長く使っていれば、新品でも壊れてしまいます。中古のHDDは新品よりも早く壊れやすいですが、デメリットを把握した上で活用するなら、価格のメリットが大きいです。ぜひこの記事を参考に、中古HDDを活用してみてください。

# 中古