無料と有料のおすすめメールソフト!Windows10やMacで使える

ビジネスやプライベートに関わらず、複数のアカウントを所有しているとメールの振り分けや管理が面倒だと感じることはありませんか?そんなお悩みをもつ方のために、Windows10やMacで使える無料と有料のおすすめメールソフトをご紹介します。

2021/02/19 更新

Windowsの公式メールソフトはOutlook Expressに始まりWindowsLiveメールへと進化しており、歴代の中でもWindowsLiveメールはシンプルで使いやすいと高評価でした。しかし、既にサポートは終了しています。

 

また、Windows10ではWindowsLiveメールを使用できません。Windows10には標準メーラーがありますが、使いにくいとお悩みの方も多いはず。毎日使うメーラーは使いやすいものを選びたいですよね。

 

この記事では、WindowsLiveメールに代わる便利で使いやすいメールソフトをご紹介します。有料のメールソフトも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでメール管理に役立ててください。

今すぐ見る!無料メールソフトのおすすめ5選

Windows10の標準メーラーは設定が簡単ですが、使いにくいと感じる人が多いです。複数アカウントを使い分ける際はメールの振り分けができると便利ですが、Windows10の標準メーラーでは振り分けができません。

 

また、迷惑メールの設定ができなかったり受信はできても送信ができなかったりなどさまざまな不便さが目立ちます。しかし、メールソフトは他にもあるので自身にとって使いやすいものを選びましょう。

メールには、メールソフトとWebメールの2種類があり、それぞれ使い勝手は異なります。また、ソフトによってメリットやデメリットも違うので、自分が使う上でどちらが使いやすいかを比較してから決めましょう。

メールソフト

メールソフトはパソコンやスマホにソフトをインストールして使用します。初回は設定が必要ですが、2回目以降はIDやパスワードの入力は必要ありません。送受信にはインターネットへの接続が必要で、受信したメールはパソコンやスマホなどのデバイス側に保存されます。

 

ただし、ソフトをインストールしたデバイスでしか使用できないので注意してください。また、デバイス側の容量によって保存できるメール量が変わるので、不要なメールはこまめ整理しましょう。

Webメール

Webメールはソフトのインストールは不要で、データはクラウド上に保存されます。インターネットに接続できる環境があれば、どこからでもメールのチェックや送受信できるのがポイントです。

 

外出先や旅行先でもメールチェックでき、デバイスの容量に関係なく保存できます。ただし、保存期間を設定しているサービスは期間が過ぎるとメールが削除されてしまうので注意してください。

今すぐ見る!無料メールソフトのおすすめ5選

メールソフトを選ぶ際は、自身にとって使いやすいものであるかが重要です。用途や利用環境に合わせて、種類・料金・スマホでも使えるかなどをチェックしてください。それぞれのポイントについて詳しく解説します。

種類をチェック

先程メールソフトとWebメールの違いを紹介しましたが、自宅やオフィスなど使う環境が限られている場合はメールソフトがおすすめです。

 

仕事で外回りをしながらメールチェックや送受信をしたい方や、さまざまな場所でメール管理をしたいという方はWebメールが向いています。

無料か有料かをチェック

ビジネスではなく個人でメール管理をしたい場合は無料ソフトでも十分です。無料でもメールの振り分けや迷惑メールの設定など細かくカスタマイズできます。

 

ビジネス利用の場合は無料ソフトの機能だけでは物足りなさを感じることもあるので、まずは無料ソフトを試し、必要であれば有料版に切り替えるのがおすすめです。

個人利用ならスマホアプリがあると便利

個人でメール管理をしたいという方で、外出先にパソコンを持って行けない場合は、スマホでもメールチェックや管理ができる「スマホアプリ」がおすすめです。

 

ただし、タブレットなどの複数のデバイスでメール管理をする場合は、同期させておかないとデータを共有できない点に注意してください。

無料メールソフトは誰でも気軽に利用できます。無料ソフトはさまざまな種類があるので、その中で使いやすいものを選んでください。ここでは、おすすめの無料ソフトを5つご紹介します。

gmail

Gmailは、プライベートからビジネスまで幅広く利用できます。利用にはGoogleアカウントが必要ですが、登録も利用も全て無料です。パソコン・スマホ・タブレットなど幅広いデバイスで使用できて利便性もよく、セキュリティー面での心強さもあります。

 

アクションの提案機能は、返信が必要なメールやSNSのフォローアップなどがあったときにメールで通知してくれるので、確認漏れが起こりにくいです。

Thunderbird

Thunderbirdは、liveメールに代わるメールソフトとして注目されています。初回のメールアカウント設定は、名前とメールアドレスを入力するだけでOK。あとはデーターベースから自動で情報を取得します。

 

メールをタブで開けるので、複数のメッセージを個別に開きたい時に便利です。受信したメールのアドレスを登録したいときは、ワンクリックで登録できます。また、学習型迷惑メールフィルターやフィッシング詐欺警告機能などの機能も充実しています。

Outlook・WEB版

Office365に付随しているものではなく、こちらは無料で利用できるWeb版のOutlookです。メールの予定表を1か所で管理できるのがポイントで、メールの送受信を始めとして、スケジュールの管理や設定もできます。

 

無料版での継続利用もできますし、さらに充実した機能を求める方はプレミアムにアップグレードも可能。Windows・iOS用・Android用と、デバイス選択が自由です。

Yahoo!

パソコン版は2012年12月よりサービスを開始しており、Yahoo!アカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。文字サイズを選べたり画面をスムーズに切り替えたりと、無料ながら操作性に優れているのもポイントです。

 

きせかえテーマも充実しており、メールの背景や色を自分好みにカスタマイズできます。また、2021年4月より新しいYahoo!メールの提供が開始され、今後も新機能が追加される予定です。

eM Client

eM Clientは商用利用する場合は有料ですが、無料版もダウンロードできます。高機能で使い勝手のよさが高く評価されている人気メールソフトです。メールの送受信を始めとして、カレンダー・タスク管理・チャットなどさまざまな機能が充実

 

Gmail・ビジネス版GmailのGsuite・Microsoft Exchange・iCloudなど、主要メールサービスにも対応しており、WindowsとMacどちらにも対応しています。

無料メールは気軽に利用できますが、ビジネス利用では物足りなさや不便さを感じることも。有料メールであればより機能が充実し、セキュリティ対策やサポート体制面も安心です。ここでは、おすすめの有料メールソフトをご紹介します。

Becky!

Becky!は、1996年にVer.1が公開され、最新のVer.2はWindows95からWindows10まで対応しています。複数アカウントを利用したい方に便利な複数メールボックスの作成や、メールボックスに複数のプロファイルを設定しシーンに合わせた使い分けも可能です。

 

データの持ち出しや同期も可能で、大量のメール管理にはメモを付けたりタスクを追加したりして管理しやすくする機能も充実。1ライセンス4,400円ですが、ライセンス購入後のアップデートは無料です。

Office365(Outlook)

Office365は有料ですが、メールはOutlookが含まれておりExcel・Word・PowerPointなども利用できます。家庭向けと一般法人向けがあり、用途に合わせて選べるのもポイントです。メール以外にもさまざまなツールを使いたい方におすすめ。

 

家庭用プランは、12,984円~/1年か1,284円/1ヶ月がありますが、1ヶ月間無料で試すこともできます。永久ライセンスは、Windows用が32,784円、Mac用が38,284円です。

メールソフトの無料と有料のおすすめを紹介しました。どちらも機能性に優れ、家庭用とビジネス用とで便利な使い分けができます。有料メールソフトは機能も充実して便利ですが、まずは気軽に試せる無料メールソフトから始めましょう。