【2022最新】アンカーのワイヤレスイヤホンおすすめ3選!口コミも紹介

ワイヤレスイヤホンの需要が高まる中で、アンカーワイヤレスイヤホンが人気を集めています。長時間充電が可能だったり専用アプリから操作できたりと機能性も優れています。今回は、アンカーのワイヤレスイヤホンの選び方やおすすめ商品3選と口コミを併せてご紹介します。

2022/08/20 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

在宅勤務やテレワークが推奨される中で生活必需品の1つとなったワイヤレスイヤホン。数あるブランドの中でも、アンカーのワイヤレスイヤホンは低価格で高性能と評判です。

 

アンカーはモバイルバッテリーメーカーとして有名なブランドで、Googleの技術者によって設立されました。また、2013年にはアンカーの日本法人であるアンカー・ジャパン株式会社を設立し、日本国内での販売やサービスも充実しています。

 

アンカーは高スペックでありながらも初心者に優しい簡単な操作性で、ワイヤレスイヤホン初心者から上級者まで幅広い層に人気のあるブランドです。今回は、アンカーのワイヤレスイヤホンの特徴・ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント・口コミをご紹介します。

アンカーのワイヤレスイヤホンは低価格で高性能と口コミでも大人気です。モバイルバッテリーの技術を活かした長時間再生や安定するフィット感・オリジナルサウンドを提供する専用アプリなどさまざまな魅力をご紹介します。

モバイルバッテリーブランドとして有名なアンカーの特徴といえば長時間再生です。通勤通学や長時間の運動時もアンカーのワイヤレスイヤホンであれば、バッテリーを気にすることなく音楽を楽しめます。また、充電ケース併用で最大40時間再生可能のワイヤレスイヤホンもあり、旅行や出張先でも安心して使用できます。

アンカーのワイヤレスイヤホンは、何千人もの蝸牛形状のデータを元にフィットするイヤホンを生み出しました。また、Grip fitテクノロジーにより、耳に挿入後少しひねることでよりしっかりと耳にフィットします。また、耳掛けイヤホンやイヤーフック・ネックバンドなど、激しいスポーツ時にイヤホンの落下を防ぐワイヤレスイヤホンもアンカーは多く取り扱っています。

アンカーのワイヤレスイヤホンは、専用のアプリを使用することでイコライザー設定やイヤホンの操作をお好みにカスタマイズできます。アンカーワイヤレスイヤホン専用のSoundcoreでは22種類の標準イコライザーに加え、人気アーティストやグラミー賞を受賞した音楽プロデューサーなどのカスタムイコライザーも追加可能。自分好みの細かな調整も可能なので、自分だけの音楽を追求できます。

初めてワイヤレスイヤホンを購入する方は、イヤホンを選ぶ時にどのような形状・種類のワイヤレスイヤホンを選べばいいのか迷いますよね。今回は、使用するシーンに合わせたワイヤレスイヤホンの種類をご紹介します。

完全ワイヤレスイヤホンは用途問わずに誰でも使いやすいため、初心者におすすめのイヤホンです。日常の通勤通学・リモートワークなどの仕事現場でも重宝します。

 

また、多くの完全ワイヤレスイヤホンは片方の電源を落とすと片耳モードとして使用可能となので、ハンズフリー通話にも使えます。さまざまなシーンで使用したいという方には完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

左右一体型イヤホンは、通勤や野外でのスポーツなど外出時に使用することが多い方におすすめのイヤホンです。また、左右イヤホンが繋がっているため、イヤホンの接続が途切れることなく安定した音楽を楽しめます。

 

また、左右一体型にはマグネット式やネックバンド型などもあります。タッチ式の操作が難しいという方は、コントローラー付きの左右一体型イヤホンを選ぶことで有線イヤホンと変わらない操作感でワイヤレスイヤホンの心地よさを体感できます。

激しいスポーツをする方は耳掛けイヤホンがおすすめです。耳掛けイヤホンは落下防止に優れており、ランニング中も耳にフィットします。また、密着型のイヤホンは耳に密着するため、周囲の騒音も気になりません。

 

開放型イヤホンは耳に負担がかからず、長時間使用しても疲れにくい点もメリットです。密着型の耳掛けイヤホンは外部の音が聞こえにくいため、ランニングで使用する方は外音取り込み機能搭載の耳掛けイヤホンを選びましょう。

ハンズフリー通話をしたい方には片耳イヤホンがおすすめです。片耳イヤホンは片方の耳が解放されているため、イヤホンを装着したまま人と会話できます。

 

また、車通りの多い道でスポーツやランニングをする際も外部の音が聞こえるため、安全に音楽とスポーツが楽しめます。ワイヤレスイヤホンで通話したい方には、安全性に優れた片耳イヤホンがおすすめです。

自分に合ったワイヤレスイヤホンを探すポイントはいくつかあります。デザインやカラーも大切ですが、操作のしやすさ・フィット感など見た目では分からないことも多いです。今回は、ワイヤレスイヤホンを選ぶ際に重要なポイントをご紹介します。

コーデックとは、スマホやタブレットなどのデバイス側からワイヤレスイヤホンへ音楽を送信する際の方式です。コーデックの方式によって音質や音の遅延具合が変わります。ワイヤレスイヤホンで聞いている音楽はデバイスの音楽をそのままイヤホンへ転送しているわけではなく、圧縮して転送されることでイヤホン上で再生されます。

 

また、どんなにワイヤレスイヤホン側のコーデックが高くても、スマホ側が同等のコーデックに対応していなければ高音質で音楽を再生できません。デバイス・イヤホンともに同じコーデックであることが重要になります。

コーデック

特徴 音質
SBC

標準コーデック

AAC

iOS、Android8.0以降で採用

aptX

主にAndroidで採用

aptX LL

aptXを低遅延にしたもの

aptX HD

aptXをさらに高音質にハイレゾ相当

ワイヤレスイヤホンの操作方法には、ボタン式とタッチーセンサー式があります。ボタン式はイヤホンのボタンを押すことで再生・停止を行います。タッチセンサー式はボタンがなく、デザイン性に優れていますが操作に慣れるまで時間がかかる方も多いです。

 

初心者の方はボタン式のワイヤレスイヤホンがおすすめです。また、左右一体型であれば、コントローラー付きのワイヤレスイヤホンもあり、より簡単に操作できます。

完全ワイヤレスイヤホンの場合、片耳イヤホンを落としてしまう方も多いようです。そのため、紛失防止に自分の耳の形状に合うイヤホンを探すことが重要です。

 

なかなか耳に合うイヤホンが見つからないという方は、イヤーピースで耳の形状に合わせることができるカナル型がおすすめ。また、スポーツ時に使用する方は、落下防止に優れている耳掛け式やイヤーフックが付いているイヤホンも検討してください。

使用用途にあった機能があるワイヤレスイヤホンを選べば、より音楽を楽しむことができます。「環境音を遮断したい」「突然の雨や汗に強いイヤホンが欲しい」など、具体的なイメージがある場合はイヤホンの基本性能以外にも注目しましょう。

ノイズキャンセリングが搭載されているイヤホンは、周囲の音を分析し雑音だけ遮断することができます。そのため、周りの雑音を気にせず音楽だけに没頭したい方におすすめの機能です。

 

また、マイクに入る雑音を遮断するCVCをノイズキャンセル機能と表記しているイヤホンもあります。CVC搭載イヤホンは通話時の雑音を低減し、クリアな通話が楽しめます。購入する際は、イヤホンとマイクどちらのノイズも遮断できるイヤホンか確認しましょう。

外音取り込み機能とはマイクから周囲の音を集め、耳に伝える機能です。車通りの多い道路でのランニングやちょっとした買い物の会計時などに役立ちます。環境音や人との声がしっかり聞こえるので、イヤホンをしていても人と会話もできます。

ランニング時も雨やスポーツ時の汗などに強いイヤホンを選べば、突然の雨にも対応できます。IPコードを確認し、自分の用途にあった防水・防塵レベルのワイヤレスイヤホンを選びましょう。

 

特に防水に関しては、IPX4以上で生活防水を防ぐことができます。また、スポーツをメインにされる方は汗をかくことが多いため、IPX5以上がおすすめです。

1位
アンカー

SoundBuds Slim

音楽への没入感を楽しめる!Bluetooth対応のワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、アンカーより発売されているIPX7の防水規格のカナル型ワイヤレスイヤホンです。「6mmドライバー」を搭載し、Bluetoothにも対応。パワフルなサウンドを体感でき、1回の充電で約10時間の連続再生ができるのもポイントです。また、マイクを内蔵しており、スマホを取り出さずとも操作が行えるのも便利です。

軽やかな装着感で負担も少なく、スポーツやトレーニング中にもおすすめです。雨や汗にも強いので、毎日欠かさずランニングしている方にもいいですね。加えて、1度の充電で長時間音楽を聴くことができ、充電の手間を省きたい方や、ついうっかり忘れてしまいがちの方にもピッタリです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
約10時間
充電時間
1.5時間
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX7
サラウンド 
-
重量【g】
15 g
2位
アンカー

Zolo Liberty+ [ブラック]

価格:11,949円 (税込)

高音質で機能面も抜群!毎日使いやすい完全ワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、アンカーより発売されている、グラフェン採用のドライバーにより正確かつ高音質なサウンド再生を誇る完全ワイヤレスイヤホンです。フル充電時で最大3.5時間の連続再生ができ、さらにケースを併用すれば最大で48時間まで再生が可能です。加えて、Bluetoothを1度接続すると次回以降は自動で接続ができる「PUSH AND GO」も便利です。

そのため、接続の手間や充電の手間を省いた機能的なイヤホンが欲しい方におすすめです。操作性や使い勝手もよく、毎日使いにもピッタリですよ。通勤・通学で使用しやすいシンプルなデザインなのもポイント。使用頻度が高く、いつでもどこでも音楽を聴いていたい方にうってつけです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
ダイナミック型
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
約3.5時間
充電時間
-
対応コーデック 
SBCAAC
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX5
サラウンド 
-
重量【g】
-g
3位
アンカー

Soundcore Life NC

マイク機能を搭載◎低価格で性能がいい高コスパイヤホン!

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、アンカーより発売されている周囲の音を取り込む機能と「ノイズキャンセリング」の機能を搭載したイヤホンです。ハイレゾに対応しているため、高音質な音楽を楽しめますよ。また、マイク機能もあり外部の音を排除!クリアな音声を相手に届けられるので、通話面でも優秀です。

そのため、ノイズに邪魔されることなく好きな音楽を楽しみたい方にうってつけです。加えて、対応コーデックも3種類と豊富なので、スマホのあらゆる機種で最高クラスの音質を体感することが可能。複数デバイスを持っている方にもピッタリですね。また、価格と性能のバランスがよく、高コスパのイヤホンが欲しい方に最適です。
タイプ
ネックバンド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
約10時間(ANCモード時)約15時間(標準時)
充電時間
約2時間
対応コーデック 
SBCAACaptX
ノイズキャンセリング 
ハイレゾ 
防水・防塵性能 
IPX5
サラウンド 
-
重量【g】
60.5 g
1位
アンカー

SoundBuds Slim

音楽への没入感を楽しめる!Bluetooth対応のワイヤレスイヤホン

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

本商品は、アンカーより発売されているIPX7の防水規格のカナル型ワイヤレスイヤホンです。「6mmドライバー」を搭載し、Bluetoothにも対応。パワフルなサウンドを体感でき、1回の充電で約10時間の連続再生ができるのもポイントです。また、マイクを内蔵しており、スマホを取り出さずとも操作が行えるのも便利です。

軽やかな装着感で負担も少なく、スポーツやトレーニング中にもおすすめです。雨や汗にも強いので、毎日欠かさずランニングしている方にもいいですね。加えて、1度の充電で長時間音楽を聴くことができ、充電の手間を省きたい方や、ついうっかり忘れてしまいがちの方にもピッタリです。
タイプ
カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
構造
-
駆動方式
-
音圧感度 【dB】
-dB
Bluetoothバージョン
Ver.5.0
連続再生時間
約10時間
充電時間
1.5時間
対応コーデック 
-
ノイズキャンセリング 
-
ハイレゾ 
-
防水・防塵性能 
IPX7
サラウンド 
-
重量【g】
15 g

アンカーのワイヤレスイヤホンでは、充電ができないと問い合わせが1番多いとのことです。充電ができないときは、ワイヤレスイヤホンと充電ケースの接触部分をアルコールをつけた布で拭きましょう。

 

掃除で改善がされない場合は、デバイス側に登録されているイヤホンの情報を解除し、再度ペアリングし直すことで改善がされることがあります。どうしても改善がされない場合は、アンカーのカスタマーサポートに問い合わせましょう。

アンカーのワイヤレスイヤホンは、種類も豊富で用途に合わせ選ぶことができます。また、専用アプリを使用することで、今まで体験したことのないオリジナルのサウンドを体験できます。初心者も使いやすい簡単操作に加え、高性能で高いコスパを誇るアンカーのワイヤレスイヤホンで音楽を楽しみましょう

イヤホン アンカーの全商品一覧