【2021】足元暖房器具おすすめ10選|電気代は?電気を使わないエコな方法も

足先が寒いと悩む方は多いでしょう。そこで役に立つのが足元用の暖房器具です。足元用暖房には、個人向けから大人数向けまで豊富な種類があります。この記事では、足元用の暖房器具を選ぶ際にどのような観点で選べば良いのか、またおすすめの足元用暖房アイテムを紹介します。

2021/10/22 更新

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

寒い季節になると家でも仕事先でも様々な場面で暖房を使うと思います。しかし「身体は温まるのに足元だけ冷たい!」と思ったことはありませんか?空気の性質によりどうしても足元には冷たい空気が集まり辛いのです。

 

そこで生まれたのが足元を温める多くの暖房機器達です。足元・暖房という単語をイメージすると床暖房やこたつをイメージする人が多いかもしれませんが、実はスリッパのようなものや足を乗せて使うものなど使用用途や使用シーンに合わせて多種多様な商品が販売されています。

 

そこでこの記事では、足元用の暖房機器の種類・選び方・具体的な商品を紹介します。ぜひ最後まで読んで、数ある足元用の暖房機器の中から自分に合った商品を見つけてみてください。

今すぐ足元用暖房のおすすめ11選を見る

足元が冷えやすい理由は、温かい空気は上に行き、冷たい空気は下に行く空気の性質によるものです。たとえ暖房をかけて部屋を温めても、空気を循環させないと、足元に冷たい空気が集まった冷気だまりができてしまい、足元が冷えたままになってしまいます。

 

また、末端冷え性の方も足元は冷えやすくなります。特に女性に多いと言われる末端冷え性は自律神経の乱れなどが原因で血液の巡りが悪くなり、足元が冷えてしまいます。

 

原因がわかれば、解決するのは意外と簡単です。以下で簡単に足元を温める方法を解説します。

足元を温める方法

温かい空気が上にある状態の場合、空気を循環させることで足元を温めることができます。簡単な方法としては、暖房とサーキュレーターを併用する方法があります。ですがこの方法は、空気が循環するまでに時間がかかることが欠点です。

 

少しでも早く足元を温めたい方は、足元用の暖房器具を利用することをおすすめします。特にフットヒーターなどの接触タイプなら、使用してすぐに温かさを感じることが可能です。温めるまで1分から2分と早いタイプのものも多くあります。

電気を使わない足元を温めるグッズも!

足元を温めるアイテムは、電気を使わない手軽なものもあります。例えば、足用湯たんぽや、冷え性対策の靴下、カイロなどがあります。どこでも使えるメリットがある反面、温度調節ができないといった欠点があります。

 

以下の記事で足元を温めるおすすめグッズを紹介しています。電気を使わない足元暖房グッズに興味がある方は、ぜひご覧ください。

ここでは、足元を温めることができる暖房器具のメリット・デメリットを解説していきます。暖房器具によって異なる特徴を理解しておくと、自分に合った商品を選ぶことができるでしょう。

電気ヒーター

電気ヒーター(電気ストーブ)はコンセントに挿して、手軽に温かさを手に入れることができます。大きさも様々で、薄型でコンパクトなモデルも多く販売されています。


電気代は他の暖房器具と比較すると高めですが、すぐに暖まるのがポイントです。場所を移動すれば、リビンクから洗面所まで使える汎用性の高さも魅力になります。

こたつ

こたつを単体で買うと、机に加えて布団と場所を取るので収納面が大きなデメリットになります。一方で電気代の安さや、こたつならではの快適さが魅力のポイントです。

 

特に家族で利用されたい方にはおすすめのアイテム。最近では、おしゃれな一人暮らし向けのこたつも販売されています。気になる方はチェックしてみてください。

床暖房

導入金額以外に大きなデメリットがないのが、足元暖房です。一人暮らしや安く済ませたい方は、カーペットに暖房機能を備えたホットカーペットがおすすめです。


ホットカーペットは電気代も安く、置く場所もサイズさえ合えば自由に変えられるので、使い勝手のよい暖房器具の一つです。キッチンやリビングに置くなら、防水や防汚仕様のものを選ぶといいでしょう。

フットヒーター

フットヒーターには、大きく分けて「足置きタイプ」「スリッパタイプ」「足入れタイプ」の3つがあります。中には電気を使わない製品もあります。それぞれの特徴について解説します。

足置きタイプ

足を直接乗せるタイプのものです。サイズが小さく、スペースが小さくて済むので、机の下にも楽に置くことができます。足先からじんわりと暖まることができるので、作業にも集中しやすいです。

足置きタイプには、音が静かなものが多いためオフィスでの利用にも適しています。中には靴を履いたまま利用できる製品も存在します。

スリッパタイプ

足先を入れて使用するのがスリッパタイプです。持ち運びが楽で、オフィスでのデスクワークでの利用にも適しています。電源供給がUSB充電できるものもあります。おしゃれで可愛いデザインの製品も多く、女性に人気があります。

足入れタイプ

足先だけでなく、ふくらはぎあたりまで入れる暖房器具です。足の広い範囲を温めるので体全体が暖まりやすく、腰回りまで温かさを感じることも可能です。足入れタイプを使用し、身体全体の体温が上昇することによって、血液循環もよくなる期待ができます。

その他のタイプ

他にも、ミニカーペットタイプや椅子シートクッションといったように足元用の暖房器具には種類がたくさんあります。説明書にそういった使い方が書いていない場合でも、ミニホットカーペットを椅子用の座布団にしたりと、工夫次第でいろんな使い方ができるでしょう。

 

また、電気を使わない「かいろ」や「レギンス」といった手軽に利用できる暖房器具もあることを忘れずに

今すぐ足元用暖房のおすすめ11選を見る

足元用の暖房器具を選ぶ際には、「使用場所」「使用人数」「温度調整」「給電・充電方法」「発熱体の種類」といった項目を考えましょう。ここでは、これらの項目について詳しく解説をしていきます。

使用場所

どこで暖房器具を使用するか考えましょう。使用する場所の候補としては、次のような場所があるでしょう。

 

  • オフィス
  • テーブル
  • キッチン
  • リビング
  • ソファー
  • トイレ
  • 新幹線
  • 夜行バス

 

まずキッチンやリビングで使用する暖房器具は、防水性があるものを選ぶようにしましょう。防汚仕様だとなお良いです。オフィスの利用であれば、周りに迷惑がかからない省スペースのものや静音性の高いものを選びましょう。


また、複数の場所で使用したいのであれば、持ち運びのしやすさといった携帯性が高いものを選ぶか、複数購入するかを選択しましょう。

何人用か?

一人用であれば、スリッパタイプや足置きタイプのフットヒーターで十分な場合が多いです。フットヒーターであれば、携帯性に優れ、足をすっぽり覆うため温かさも問題ありません。


そして、複数人用であれば、カーペットやヒーターが候補となってくるでしょう。

温度調節

スイッチによる温度調節機能があると、快適さが向上します。女性であればストッキングを履いて使用する場合や、素足で使うこともあるかと思います。そのため、細かく温度を調節できた方が便利です。

 

温度調整機能がなければ、電源のオンオフだけで温度調整を行わないといけません。これは温度が一定になりにくいため、大変手間がかかります。温度調整機能があれば、スイッチ一つで調整ができれば、煩わしさが軽減するでしょう。

給電・充電方式

給電タイプか充電タイプのどちらが良いか選びましょう。これは使用する場所にも適したタイプは異なるはず。充電タイプだとコードレスで使えるため、ちょっとした旅行の時にも利用しやすくなります。


給電・充電方式には、主にコンセントタイプとUSBタイプがあります。USBタイプのものは、コンセントタイプのものに比べて出力がいまいちなことが多いです。しかし、USB口がある場所は多いので、使い勝手は良いメリットがあります

発熱体の種類

暖房器具で熱を発するのが発熱体です。この発熱体には種類があり、それぞれ異なった特徴があります。ここでは、発熱体の種類について解説してきます。

石英管タイプ

発熱体として石英管内に鉄クロム線を用いていたもの。鉄クロム線は酸化しにくいという特徴があり、密封する必要がないため、低コストで生産が可能です。そのため、石英管タイプの発熱体を採用している暖房器具は比較的安価で手に入れることができます。


他には赤外線領域の放射に優れている特徴もあります。価格が安いですが、故障がしやすい点には注意しましょう。

ハロゲンタイプ

ハロゲンタイプは石英管内にハロゲンガスとともに、発熱体としてタングステン線を封入したものです。すばやく赤外線輻射熱を発することができる特徴があります。


発熱体が放出する赤外線領域は近赤外線から中赤外線領域であり、範囲が狭い特徴があります。価格は発熱体の中でも安い部類ですが、発熱体を比較的高温にする必要があり、消費電力が大きくなります。

カーボンタイプ

グラファイトヒーターとも言われることがあるタイプで、炭素を発熱体として使用します。発熱体の中でも、価格は高価でありますが、電気代が安い特徴があります。


赤外線領域は中距離程度であり、範囲が狭いです。カーボンタイプの暖房器具は温まりやすいですが、近くに寄らないと暖かさが感じにくいので、注意してください。

パネルタイプ

発熱体としてニクロム線を用いたもので、絶縁体であるマイカで挟み込むタイプのものです。マイカは熱効率が高い素材であるため、均一に温まりやすい特徴があります。そのため、小型のフットヒーターから大型のパネルヒーターまで幅広く利用されます。

シリコンタイプ

発熱体として二クロム線を用いて、それを耐熱性のシリコンゴムで覆ったタイプです。シリコンゴムは柔軟性が高いので、様々な形にして利用することが可能です。発熱体を覆っているシリコンゴムが均一に暖かくなるので、温度のむらが出にくいメリットがあります。

シャープ(SHARP)

セラミックファンヒーター HX-H120

価格:3,890円 (税込)

加湿機能付きのセラミックヒーター

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープのプラズマクラスター搭載の加湿機能付きのセラミックファンヒーター。温風を出すことにより、空気の循環を生み、上に行きがちな暖かい空気をうまく循環させてくれます。また加湿機能搭載で、暖かさと同時に湿度管理をできるのがポイントです。おまかせ運転を使用すれば、湿度に合わせて適切な温度に保ってくれます。様々なことを1台でこなすおすすめの製品です。

サイズ 45×18×41.7cm 重量 6kg
種類 電気ヒーター
パナソニック(Panasonic)

ホットカーペット DC-2V4-MC

価格:39,000円 (税込)

防水・抗菌加工のホットカーペット

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニック製の2畳相当の大きさのホットカーペット。気軽に床暖房を手に入れることができます。カーペットといっても、防水・防汚加工がされており、フローリングのようにお手入れが簡単です。フローリングのような見た目をしていても、ふんわりくつろぎやすい柔らかさをしています。複数人向けの広い範囲の足元暖房が欲しい方におすすめです。

サイズ 183.6 x 21.9 x 21.4 cm 重量 10kg
種類 床暖房
山善(YAMAZEN)

ホットカーペット YMM-K404

価格:1,975円 (税込)

個人利用におすすめのミニカーペット

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善の40cm四方のホットカーペット。足元暖房としてだけでなく、座布団代わりにも活用可能です。操作は電源のオンオフのみのシンプルな設計。利用上の注意点としては、洗濯できないことです。お部屋やオフィスでの利用には適していますが、汚れやすいキッチンやリビングでの利用には向いていないでしょう。

サイズ タテ40×ヨコ40cm 重量 0.42kg
種類 床暖房
山善(YAMAZEN)

カジュアルこたつ SEU-752

価格:5,980円 (税込)

足元だけでなく足全体がじんわりあたたか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

山善の一人暮らしに最適なサイズのカジュアルこたつ。天板はリバーシブル仕様で、お部屋のレイアウトによって色を合わせることができます。布団を外せば、冬だけでなく、一年中利用することも可能です。温度調整はつまみを操作することで、弱から強まで自由に設定できます。安全機能などはついていないので、連続使用の低温やけどには気をつけましょう。

サイズ 幅75×奥行75×高さ39cm 重量 12kg
種類 こたつ
SAKOBS

フットウォーマー

価格:2,888円 (税込)

即効で足元がぽかぽかに

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SAKOBSが提供するブーツ型のフットウォーマー。足先からふくらはぎ近くまですっぽり包み込み、冬に一番寒さを感じる足元を温めます。女性だけでなく、男性も使えるサイズ。中は通気性の良いマット素材を利用しており、履き心地も抜群です。足元まで暖めるので、足の冷えやむくみに悩んでいる方におすすめの暖房です。

サイズ 34.3 x 29.7 x 12.4 cm 重量 939g
種類 足入れタイプ
センチュリー

温波式足温器

価格:7,980円 (税込)

靴を履いたままでも足元ぽかぽか

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらは靴を履いたままでも、足元を暖めることができる温波式足温器。特に、いちいち靴を脱ぐ必要がないので、オフィスで大活躍するでしょう。お部屋でも、スリッパを履いたまま利用できます。遠赤外線により、体の芯までじんわりと温めてくれます。オフィス用の足元暖房を探している方で、足先の冷えが特にひどい方におすすめしたい商品です。

サイズ 43.2 x 39.4 x 3 cm 重量 1.86kg
種類 足置きタイプ
bluewayjp

フットウォーマー

価格:2,000円 (税込)

カバーが洗濯可能なスリッパ型フットウォーマー

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1分後にすぐ温かくなるスリッパ型のフットウォーマー。炭素発熱芯を採用しており、遠赤外線で足元をゆっくりじんわりと温めます。給電方法はUSB方式であるため、オフィスでの利用もしやすいです。カバーはネットに入れて洗濯ができるので、蒸れやすいスリッパ型でも常に清潔にしておくことができます。価格帯も暖房器具としては安い価格帯なので、お試しの足元暖房にもおすすめです。

サイズ 32.4 x 26.5 x 6.4 cm 重量 358 g
種類 スリッパタイプ
小泉成器

電気スリッパ KDF-4082

価格:5,080円 (税込)

左右分離タイプの電気スリッパ

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コイズミ製の左右が分離した電気スリッパ。左右の足を自由に動かせるので、リラックスしやすい体制を思いのままにとれます。ただし、充電式ではないので暖かい状態で歩き回ることができない点には注意です。カバーは取り外しができ、洗濯可能なので衛生面も安心して使えます。お部屋でも歩き回ることが多い主婦の方などにおすすめの商品です。

サイズ 幅18×奥行37×高さ15cm 重量 0.7kg
種類 スリッパタイプ
パナソニック(Panasonic)

足温器 DF-SAC30-T

価格:8,525円 (税込)

1台3役の足温器

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはパナソニック製の足温器。足温器ですが、あんかやクッションとしても活用可能です。肌触りが良いマイクロファイバーを採用しており、足を入れたときの履き心地も抜群。本体部分は丸洗い可能なので、汗や汚れを気にすることなく利用できます。1台3役として活用できるので、足元暖房でどの種類を購入しようか悩んでいる方におすすめの製品です。

サイズ 41 x 32 x 8 cm 重量 680g
種類 足入れタイプ
アピックス

フットヒーター FSWH-8118

価格:5,480円 (税込)

マイカパネル採用のフットヒーター

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはマイカパネルを採用した足置きタイプのフットヒーターです。音や排気がないので、オフィスでの利用にも適しています。表面は植毛加工されており、素肌で触れても滑りにくいです。切れ忘れ防止の自動オフ機能も搭載され、安全面も安心です。音がしない静かな足元暖房をお探しの方におすすめです。

サイズ 幅40×奥行き35×高さ12.6cm 重量 2.61kg
種類 足置きタイプ
森永エンジニアリング

コンパクトフットヒーター NA-WH1

価格:7,980円 (税込)

竹踏み式のフットヒーター

Amazonで詳細を見る
\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

750gと軽量なフットヒーター。ヒーターには凹凸があり、足を温めながら、竹踏みをするように足裏のツボを刺激することができます。電源を入れない状態だと、ひんやりする素材なので、納涼グッズとして夏場にも使うことが可能です。消費電力が15W省エネ仕様な点もポイントです。

サイズ 幅450mm×奥行115mm×高さ35mm 重量 750g
種類 足置きタイプ

冬に限らず、足元の寒さを感じる方は多いはず。そんなときに足元用暖房が1つあれば、快適に過ごすことができます。足元用暖房には様々な種類があります。どのような場面で使うか考えて、あなたにぴったりの暖房器具を見つけてください!

 

他の足元を暖められる商品については下記を参考にしてください!

# おすすめ # 電気代